先週の大雪がようやくほとんど溶けたと思ったら、関東地方は明日、また雪の予報です。


その、先週の雪の日、我が家は

ディズニーシーにいました。

手元に、頂き物のディズニーリゾートチケットが3枚。
けれど、2年前にハロウィーンシーズンのディズニーランドに足を踏み入れ、あまりの混雑ぶりに辟易して一時間で退散したことがトラウマで、さほど行きたいとも思えず。

それでも「極寒の1月、2月の平日、できれば雨の日なら空いているらしい」という情報を得たのりのりさんが代休を取ったのですが、なんとも都合よく(?)お天気も悪くなってくれました。

ディズニーフリークの知人に見るべきポイントを教えてもらって、屋内のショー型アトラクションを中心に効率的に回りました。

リトル・マーメイドのゾーン。

こういう乗り物はまあ、どこのテーマパークでも差はないのではないかと思いますが、
ワイヤーを使ったショーはさすがに面白かったです。


アリエルも寒い中ご苦労様なことです。
時々ちゃんとヒレを動かしていたので感心してしまいました。

アラジンのジーニーが3Dで飛び出してくるショーや潜水艇に乗ってニモたちに会いに行くアトラクションなど、どれもディズニーリゾートのイメージを覆す程の待ち時間で見られました。


予想より早くかなりの雪が降ってきたので退園しました。

この地球儀のある噴水が印象的だったのでしょう、
帰宅後ムスメは絵を描きました。

おお、ちゃんと日本がそれらしい形になっている!
でも、アリエルちょっと豊満すぎるよね…。

およそ二年ぶりに髪を切りました。

美容院に行くのが億劫で伸ばしっぱなしにしていたところ「ヘアドネーション」というものを知りました。

ヘアドネーションとは↓(JHD&Cのサイト)
https://www.jhdac.org/index.html

近くのドネーションサロンにて、

細かく分けてゴムで縛ってからバッサリ。



31㎝取れました!

短いとシャンプーもドライヤーも楽チンですが、また2年くらいがんばろうかなと思います。

切ってもらっている間の、美容師さんとの会話。

美: 旦那さんは短いのが好きとか長いのが好きとか、あります?

私: ・・・いや、もう、好きもキライも、ねえ。

ちなみに、短くした写真をのりのりさんにLINEで送ってみると反応は、

「短くなった分、速く走れるんじゃない?」
でした。


ムスメの前髪は、のりのりさんが切っています。


2018.01.14 初釜2018
社中の初釜に行ってきました。

出産の少し前にお稽古を中断してからも、折に触れお茶会などに誘って頂いています。

昨年まではお茶会も薄茶席だけ、と時短参加をお願いしていましたが、今年はやっと朝から参加できました。

そう、昨年の今ごろまではまだ、長い時間の外出は母親がいなくては…という感じだったのに、今や
「お母さん、好きなことしてていいよ」と言うようになりました。

そんなわけで席入りから。


お軸は淡々斎(!)の「和敬清寂」


食事は葉山の日影茶屋のお弁当でした。

先生のお点前で濃茶を頂いた後、薄茶は皆で交代で点てました。気楽なお茶会です。

5年もお稽古をお休みしているときれいさっぱり忘れているし、それよりも左利きの私はお茶をやっていないと右手をほとんど使わないので、何を扱うのにも手がプルプルして仕方ありません。
お抹茶を棗からすくうことがどうしても出来なくて(無理にやったら絶対畳にぶちまける)、
「せんせー、できませーん」と、文字通り匙を投げました。



ムスメは日々成長してできることが増えていくのに、こちらは劣化する一方です。


明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

元日、(ほぼ)毎年恒例の初詣鎌倉ハイキングに出掛けました。



何年前はムスメをおんぶしながら歩いたねー、
その次の年は早々に歩かないってグズったり、
そのまた次の年は休憩所での焼き芋を楽しみに頑張って歩いたっけ、と親は新年早々、ムスメの乳幼児時代に思いを馳せていましたが、

5歳になったムスメは、

わざわざ歩きにくい道を選んだり、


岩に登ったり、


斜面を上ったり

親よりも余計な動きが多かったにも関わらず、山道だけでも5㎞はあったでしょうか、歩き通しました。

鎌倉宮でお参りをした後、
2018年初ランチは

醤油ラーメン。
今年も麺ばっかり食べそうです。

どうやって帰る?また山道通って行く?とムスメに聞くと
「それでもいいよ」との頼もしい答え。

結局は、途中でアイスクリーム食べたいからと、小町通りをひやかしてから電車に乗って帰ることにしましたが。

来年は往復ハイキングかもしれませんね。



『ぶたのぶたじろうさん』という絵本があります。

(内田麟太郎・文、スズキコージ・絵)
最近のムスメのお気に入り絵本です。

ぶたのぶたじろうさんはぶたですが、よくある食いしん坊でのんびり屋というキャラクターではなく、
好奇心旺盛で勇敢な「ぼうけんやろう」、どんな困難にもユーモアをもって立ち向かいます。

文字数も多く、オチの付け方が独特なので(あれ?この文で終わり?と思うこと数度)、読み手としては集中力が必要ですが(と言いつつ寝落ちも数えきれず)、ここふた月ほど寝る前の読み聞かせはこのシリーズばかり。

きっと、ぼうけんやろうは

木や岩を見れば登らずにいられないムスメにとってのヒーローなのでしょう。

ムスメのぼうけんやろうっぷりもなかなかで、
先日遊園地に行った時は

身長が110㎝を超えていたのでバイキングに初めて乗ってみましたが、

途中で怖くなって泣いたらどうしよう…
というのは全くの杞憂、「体がくすぐったい~」と言いながらぎゃはははと大笑いしていました。
降りるなり「もう1回!」と言われましたが、ハハは目が回ったので諦めてもらいました。

次にのりのりさんと行った時は、一人で乗り込み、動きに合わせてバンザイしてみせたそうです。やめれ。

そんな「ぼうけんやろう」(娘に野郎もないものだけど)、

暮れに訪れた福島では予想以上の積雪に大はしゃぎ。

スキーにも挑戦!

…しましたが、少々手こずったようで、レッスンは早めに終了となりました。

以前なら、失敗したことはその後しばらく口にもしなかったのですが、最近は前向きで、
「ちょっと怖かったんだよねー」とカラリ笑っていました。

そして翌日鬱憤を晴らすかのように、

スケボー初挑戦。


ひとりで乗れるところまで行きました~。

新年も、ぼうけんごころをウズウズさせ続けて欲しいものです。
大怪我しない範囲でね。