妻とムスメが大阪に帰省している間に南アルプス一人旅に行って参りました。
(妻は原因は逆だと主張するでしょうが)
目的は、
1.テント泊(ダラダラ酒を飲む+野営訓練)
2.ヤマトイワナ釣り(テンカラ)
3.ファストパッキングによる縦走
の豪華三本立て。
出発前のスケジュールは(ご存知の無い方もいるので簡単に)
・鳳凰三山縦走(がんばって走る)
・鳳凰小屋のテン場で一泊
・徒歩、バス、ランでヤマトイワナの釣り場まで大移動
・両俣小屋のテン場で一泊(釣り三昧)
甲府駅に降り立ち、広河原(南アルプス登山口の一つ)行きバス停の長い列を見て、
道のりが険しいことに気づかされました。
臨時便でも対応しきれず、自分を含めて20人近くは立席。
エアコンが効かない古いバスの中は、
バックパックを背負ってアジア・中近東の路線バスを乗り継いだ記憶を呼び戻してくれるほどの困難さ。
結局、耐えられずに通路に座るものの2時間超で広河原へ到着。
予定通りなら少し手前の『夜叉神峠』で下車するつもりでしたが、
この辛さを【ヤマトイワナに癒やしてもらおう】ということで、広河原まで来ちゃいました。
一人旅の気楽な良さかもしれません。
広河原からさらに奥地の北沢峠行きバスも大混雑。
(北沢峠峠は甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳の登山口)。
人混みを避けるために来た南アルプス、ここまでは横浜と何ら変わらず。
『野呂川出合』というのはバス停で下車し、
両俣小屋を目指して未舗装の林道を歩き始めると一転の静寂。
ヤマトイワナがいるという野呂川をはるか下方に見ながら、
小屋まで2時間ほど、非現実の世界へ徐々に近づいて行きました。
小屋番いわく
『目の前にもイワナいますよ』
そそくさと設営完了後、目の前に流れる清流にチェックイン。
横浜を出て約8時間後の事でした。

流れを観察すると、魚が捕食レーンでせっせとお食事中。しかも複数。
オヤジのテンションmax。
毛鉤を入れてみるけどガン無視。
見えている魚は食べない、というが。
釣り上がりながら、2つか3つ目の小さな落ち込みで、少し沈む毛鉤を変えてみた。
魚が毛鉤を追いかけた。
んで、何投かあと、引ったくったのが見えたので、
ビシッ!
と合わせました。そして昇天。

職業、イワナ。好物は昆虫類。
初めて見るボディカラー。
婚姻カラーでなくノーマルにしてこの暖色系。
釣り人は最初の一本を釣ると落ち着くのです。
かつてはこのタイミングで一服したものだ。
引き続き、桃源郷と化したテン場目の前の沢をノンビリ釣り上がり。
少し良い型掛けました。

こちらも見える魚を狙い撃ち、捕食シーンは記憶に録画済み。
すっかり釣り人と化してしまいました。
1時間ほど、200mほどで3キャッチは大満足の結果でした。
深追いしないのが中年の余裕。
テン場に戻って、早めの晩酌タイム。
ウイスキー2種類、焼酎、梅酒と寝袋は削っても酒は必要十分持参しました。
(普段は自宅で一切飲まないのですが)

ヤマトイワナの捕食シーンを再生しながら、
明日は何しよう、と贅沢な時を過ごしました。
翌朝4時、起床。
18時頃に気を失うように寝付いたのですが、
深夜寒くて何度も目を覚ましました。
【寝袋やダウンが無くても何とかする訓練】でしたので、
慌てることなく重ね着をして十分な睡眠を確保できました。
体調も天気も良さそうなので、
せっかくだから南アルプスのピークを見てこよう
ということで、最小限の荷物だけ持って5:30にスタート。
魚も釣りたいし、単独なので欲張らずに間ノ岳を目指すことにしました。
森林限界を超えると、すごい景色が見えてきた!


南アルプスの南側(塩見、赤石)との分岐。
塩見岳方面に縦走するというトレランも野営も大好きというオジサンとしばし話が盛り上がり。
その後は絶景の稜線を間ノ岳まで。
昨年の八ヶ岳、北アルプスでも感じたけど、
山好きがアルプスを目指す気持ちが分かる気がします、この天空を歩いている感じ。
間ノ岳(国内3番目に高い3190m)

色んなポーズで何度も撮り直ししてもらっていた単独行のオバさん(推定50代)に撮ってもらいましたが、
オバさん 『 三角点入れますよね?』
自分 『いや、別にいいです、こだわりないですし』
オバさん  『いやー、絶対にいれた方が良いから入れますよ!』
とゴリ押しされた画角です。
背後には雪が残る北岳(国内2番目、3193m)が見えます。
ラン友のSさんと一緒なら間違いなく
『北岳まで行こう!』
となりますが今回はお気楽だけど単独なので、
次回に取り置きしておきました。
振り返ると富士山。やはり、少しだけ高い気がします。
テンション高めの山頂を後にして、来た道を戻ります。
そういえば、トレランもしようかな、
ということで天空の稜線(下り)を怪我しない程度に走りました。気持ちいいー!

結局5時間ほどで再び両俣小屋。
テン場に戻ると、居るわ居るわフライフィッシャーだらけ。
自分もかつてはフライに傾倒していました。
道具は押し入れに眠っています。
(今回はテンカラです)
イワナはものすごく臆病だとは言われ(人間の評価でしかないですが)
人が入ると出なくなる(捕食を中断して隠れる)ので、黄色信号点滅。
かつては本気出焦ったでしょうが、自分も歳を重ねました。
まずはウイスキーをチビリとやり、
湯を沸かして主食のアルファ米とインスタント麺でランチをとることにしました。
そして、全ての釣り人が出払ったあと、再び目の前の沢から入渓。
たしかに昨日より魚影が少なく(見えない)渋かったけどキレイなイワナが出てくれました。

先行者に追いついたところで納竿。
結局、2日で6本、出方も掛け方も大満足の釣果でした。
テン場で酒をチビチビやっていると釣り人が続々戻ってきました。
近所の人に声をかけると、そのうち一人がこの川(野呂川)の大ファンで年に20日は伊豆から通っているとか。
手書きの釣りマップの完成度が素晴らしく、
欲が出て危うく金を積んでしまうところでした。
彼いわく、入渓ポイントが限られるものの(大部分は切り立った渓谷、次の写真)
入ってしまえば【パラダイス】だそうです。
バラダイスは危険たっぷり。こんな渓谷です。

ムスメに
父さんはヤマトイワナのパラダイスに行ってきます
と一筆認めてからチャレンジしたいと思います。
2番目の夜は、前夜の反省を活かし、
着れるもの全部を着て(レインジャケット・パンツ)、
冷えを感じた背中部分に取り外し可能なリュックの背中部分を敷き、
足はリュックに突っ込んで、
首にはネックウォーマーをして寝ました。
耳栓をしていたので音には気が付きませんでしたが、
深夜、顔似ポタポタと水滴を感じましたが
(翌日、深夜に雨が降ったことを知ったわけですが)
4時に目が覚めるまで、寝返りすら打ちにくい狭いツェルト内で熟睡できました。
一晩で進歩しました。
 
最終日は色々と考えたけど、
もう十分、帰ろう
と。
土曜日の登山客を満載してきたということは、最終日も満載になるのは自明なので、早めに下山することにしました。
さよなら、両俣小屋。

普通に行けば、広河原まで々ルートなのだけど、
なんだか人が満載のバスにはギリギリまで乗りたくないので、
野呂川をはるか下の方に見ながら歩いたり走ったり、
3時間かけて広河原に到着しました。
トレイルランニングを始めてから考えていたことがあります。
自分の趣味
《20代後半から》
・渓流釣り フライフィッシング→ルアー

・海のルアーフィッシング シーバス、根魚

・海の船釣り

・ランニング ロード→トレイルランニング

・ファストパッキング(テント担いで)
そしてとうとう、趣味は一周しました。
ファストパッキング+渓流釣り(テンカラ)
まだまだやりたいことがあります。
クライミングと沢登り。
ジイさんになってからだと寿命を縮めそうなので、
早めに着手したい
と、こういうときだからこそ強く感じます。
クライミングできたら、こんな斜面も楽々登れるだろうから、
あの淵に悠々と泳ぐヤマトイワナにこちらから会いに行けそうです。

ただ、快晴の稜線を次のピークまで走り抜けるのと、
ヨダレが出そうな淵に毛鉤を入れるのは、同じ場所でできません。
どうしても標高差を行き来する脚力が必要なのです。
楽々と昇り降りする脚力がないと結局は両方楽しめないから、
明日から少なくとも夏休みまで、
仕事もトレーニングも頑張ろうと心からそう考えています。


楽しい一人旅でした。


2017.07.16 皆勤賞
あっという間に、年中の一学期が終了しました。

今学期、ムスメは初めて皆勤賞でした。
お腹ひとつ壊さず、食欲も旺盛なので体は目に見えて大きくなり体重は20㎏超え。
最近ムスメに抱っこやおんぶをせがまれた時は
「これは避難訓練」と自分に言い聞かせています。

幼稚園での遊びも少しお姉さんらしくなり、「おうちごっこ」(おままごと)に熱中しているようです。

その影響なのか、家に帰ると

洗い物とか、


床掃除とか、
やりたがるのは微笑ましいやらハラハラするやら、
朝のせわしない時間帯にはやきもきするやら。

そうそう、これもできるようになりました。

公園で、小学生のお姉さんがやっているのを見て憧れだった、


木登りから、


ぶら下がって、


着地。
見ている方が怖いです。

長い夏休みもいろいろなことに挑戦してほしいのものです。安全第一でね。
またまた行って来ました。三鷹の森ジブリ美術館。

電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、やっと美術館の入り口が見えるや、特大の声で「やったー!!」と叫び、小躍りしたムスメ。

前の二回に比べると、さほど混雑もしておらずムスメの好きな展示や実物大(?)ネコバスはゆったり見たり遊んだりできました。

と思ったら、企画展の内容が変わったばかりでその展示室ばかりは入室待ちの行列、
面白そうな内容でしたが、まぁきっとまた来るでしょうからその時に。

その代わりに初めて図書閲覧室に入ったところ、ムスメ好みの絵本がズラリ。
『しゃっくりガイコツ』という絵本をたいそう気に入り5回は繰り返し読んだ後
「これ、借りられるの?」
「ううん、お店だから買うの」
「じゃあ、これ買って」と抱き抱えて離しません。
以来、寝る前にも繰り返し読んでいます。

短編映画を見て、カフェでアイスクリームを食べて。


メイになりきって井戸で水を汲んで。

あと十年かもう少ししたら、親とでなくデートで来るかもね。父ちゃんに尾行されないようにね。

さて、幼稚園では「年中さん」になってはや2ヶ月。
最近は「ワンピースが汚れるのがいやだからお外(園庭)には行かない」とのことで以前のようにストライダーを乗り回したりしません。

汚したくないとは言っても

公園には行くので、砂やら樹液やらでそれなりには汚れているのですが。

クラスメートの男の子と一緒に。
ふたりの視線の先には、

タイワンリスが、人間の子どもなどお構いなしで、たわわに実る木の実を食べ続けていました。
朝晩は過ごしやすいですが、日中は30度近くまで上がることもあるこの頃です。
最近の休日は、
【ムスメと遊ぶこと】と【走ること】とのバランス
に悩んでいます。
先日のプログでも妻が書いている通り、
たとえトレランのレース中でも、
『帰って水鉄砲遊びしたいな(会いたいな)』
と考えて、途中棄権してしまうほどその差は拮抗しています。
ムスメの遊びは基本的に動的なので、同じ日にランニングと合わせると肉体的にはかなり追い込まれます。
そのせいか、近頃の週末はムスメよりも就寝が早いです(20時頃)。
そんなオヤジの悩みを知ってか知らずか、
知恵がついたムスメはランニングに対して『待った!』をかけてきます。
夕方一緒に遊んでいると、
『今日は走らないで』とか
『明日は駆けっこ(レース)あるの?』とか
突然探りを入れてきたりします。
これが絶妙でして、その想いを忖度して目一杯遊んでしまうと、
前述のように身体がクタクタになるわけです。
妻はランナー精神を多いに理解してくれていますから、
かなり助かっています。
そんなわけなので、長い時間を走るトレーニングが
決定的に不足しています。
なので、昨年のハセツネ前に【深夜ランの練習】として行っていた金曜日の帰宅ランを再開することにしました。
先日、都内の自社オフィスを19時過ぎにスタートし、
横浜駅までの約30kmを帰宅ランしました。
昨年は途中駅までは電車を使い、自宅まで走りましたが、
何度も走るとコースに新鮮さを失いかけていたので、
都内から蒲田辺りまではとても楽しく走れました。
今週末もこのパターンで両立しようと画策中です。
↓前回帰宅ラン、多摩川の橋
電車に揺られ、久しぶりの「こどもの国」へ。



実はGWのど真ん中、5/4にも
「意外と今日なんかは道も混んでいないのでは」という謎の自信を持って向かったのですが、
確かに高速道路は空いていたものの、「こどもの国」の看板が見え出した辺りから車がピタリと止まり、長い長い駐車場待ち渋滞に巻き込まれ結局入園を諦めたという経緯がありました。

今日はのりのりさんがトレランレース出場のため不在なので、母娘ふたり電車の旅です。


大きな木があると、登れないか確認せずにはいられません。
読めるカタカナが増えてきました。
「あ、か、ま、ん、アカマンだって!」
似てるけど、ツですよ、アカマツね。


よじ登り系遊具が最近のお気に入りです。


小山を上っては


駆け下りて。

牧場に向かいがてら、

ミニアスレチックをこなし、


ポニーに乗り、


動物たちにおやつをやる、定番コースをなぞりました。

遊具の次にムスメが長居したのは、こども動物園の最奥にいる、


ロバのチイくんの前でした。
穏やかな性格なので、子どもたちが撫でまわしても嫌がることなく、
ヤギたちのように「おやつくれー」と歯を剥き出しにもしてこないので、安心したようです。

いつまでも離れがたい様子でしたが、
「そろそろおやつにしようかなー」と水を向けると、さっさと手を洗いに行きました。

そう、ここまではウォーミングアップのようなもの。

お休みの日のお約束。
前回来たのは12月、気温10℃の寒い日でした。
ムスメはアイスクリームを食べるのに気温など関係ないようですが、私にとっては苦行。
外でのアイスクリームが美味しい季節になって、嬉しいです。

そうこうしていると、

「帰宅は夜」と言っていたのりのりさんが迎えに来てくれました(詳細後日)。
飛びつくムスメ。
次は3人で来ましょうね。父娘だけでもいいですけどね。