上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてシュラフを買ったときから気になっていた奥秩父縦主脈を一人で歩いてきました。
奥秩父山塊の背骨のように東西に伸びる主脈には2500m超の山が連なり、
金峰山、甲武信ヶ岳、雲取山などは百名山に選ばれる名峰です。
縦走路のスタート地点は『瑞牆(みずがき)山荘』で、
山梨県の韮崎駅からバスで1時間半程かかります。
ゴール地点は東京の多摩駅とする人が多いようです。
距離だけでも70km、普通に歩くと4~5日の工程ですが、
トレイルランニングの強者は1泊(寝ないでスルーする人もいるとか!)で行っちゃうとか。
自分の場合は、2泊3日の工程で最低でも雁峠(半分くらいに)、イケれば飛龍山(6割くらい)までと思っていましたが、
結局雁峠までで下山しました。
これは、【遊びはやり尽くす前に終える】という私流の美学に基づきます。
思ったよりもアップダウンが激しく、久しぶりに山に入った身には、かなり良いトレーニングになりました。
(少しも走ることがなかったのに、翌日は激しい筋肉痛です。)
初日、予報では午前中雨でしたが、回復してくれました。
金峰山手前の尾根です。



金峰山山頂は眺望が良いそうですが、何も見えません。



午後3時、本日の宿、大弛小屋に到着。



今回初使用のフロアレスシェルターです。
床は無いですが、ツエルトに比べてはるかに快適でした。




またまた初登場のソーラーパネル付LEDランタンのおかげで、
夜も快適に過ごせました。



翌朝、きれいな夜明けが見たくて早起きしたところ、
見事な朝焼けを見ることができました。





国師ケ岳(2591m)山頂より、富士山。
カメラマン出過ぎだぁ。少し残念。





国師ケ岳を過ぎると、人気がなくなりしっとりした森を気分よく歩けました。





甲武信ヶ岳(2475m)山頂。ガスが出てきました。





破風山(2317m)山頂。
西側の登りが今回の工程で最も辛かった。
文字通り直登。











日本三大峠、雁坂峠。
ちなみに残り2つは針ノ木峠、三伏峠だそうです。



少し疲れてきたところで、雁峠が見えてきた。
晴れていると広々してとても気持ちが良いそうです。





歩きながら翌日のことを考えていました。
少しやり足りないけど、次回の分を残して、
ここから下山し、朝一番のバスで帰ろう。
(オレ流、遊びの美学。決してへたれた訳ではありません)
翌日の早朝は、写真の【新地平】方面に暗闇の中歩き出しました。



ほどなくして、本日宿、笠取小屋に到着。



テント設営して早速、カップ麺で補給しつつ、百均で買った惣菜で一杯。
なんと贅沢な夕暮れ。





翌朝、3:30起床。



ガスがすごくて、前が見えない。
かなりビビっています。
前日に写真を収めた雁峠の分岐です。
朧月がホラー感を高めてくれました。





1時間ほどすると明るくなり、渓谷沿いを歩いているとリアルな【熊出没注意】の看板発見。
水場もあるし、いかにも熊が出そうなので、鈴と笛でアピール。



笠取小屋を出発してから誰とも会わずに林道入口まで来ました。
早朝の散歩は気持ち良かったけど、暗闇や熊出没が怖かった。。
『トレイルランニング等の行為は禁止します』との表示に苦笑い。





新地平バス停前。







2泊3日の一人旅もこれにて終了。
ほとんど人と話さずに好き勝手に山を歩くという贅沢旅でした。
一昨年、北アルプスの針ノ木雪渓を訪れた際に前泊した大沢小屋の小屋番の方に教えていただいた百瀬慎太郎という人の句です。
山を想えば 人恋し
人を想えば 山恋し
いずれ娘に『お父さんは好き勝手に山歩いて楽しそうね』とイヤミを言われる事でしょう。
スポンサーサイト
ひらがなが書けるようになってきたので、
暇があればクーピーで手紙を書いています。
『〇〇(僕の名前)さま いつまでもおげんきで 〇〇(ムスメの名前』
武士のムスメが父上に書くような文章に思わず笑ってしまいますが、本人はいたって真剣です。

それだけでは飽きるのか、絵を添えてくれるようになりました。
乗り物に乗っていたり、アニメのキャラクターだってり、
記憶を頼りに描くということができるようになりました。

テレビで【チームラボ】(光を使ったアート集団)をみるやクラゲの絵を書いて
『ハサミで切って』と私に頼み、
どこからかセロープを探してきて、紙に貼り付けていました。

子供の成長に比べ、自分は劣化の一途です。
白髪が増え、ランニングの調子も上がりにくくなっています。
そんななか、植村直己の著書にはまっています。
きっかけは近頃読み漁っている『山岳文学』でしたが、彼の作品は冒険+旅の要素が加わり、自分好みです。

現在、これを読んでいますが、25年前に読んでいたら違う人生だったかも、
という空想が楽しいのかもしれません。
高校生になったらムスメの机にコッソリ置いて、
反応を見てみたいと思います。
2017.08.21 ハチ刺され
昨日、久しぶりにムスメと二人で動物園に行きました。
天候不順で屋外プールって気分じゃないのと、
前日にカブトムシの新聞記事を読んだからです。
おしゃべりしながら自転車に乗るのは楽しいです。
幼稚園のザリガニがなぜ死んでしまったのか、ムスメなりの仮説を聞いたり。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
真っ黒な雲のせいか、日曜には混雑している【長い滑り台の公園】もガラガラでした。

ひとしきり遊んで動物園へ。
夏期限定のカブトムシ会場へ。 
ここは2年前の夏にも二人で来ましたね。
あの頃はカブトムシに触れることを、周りの子に自慢していました。

中は家族連れで混雑していました。
ムスメは3世代で来ているらしい大家族が取り囲む飼育槽へ仲間入り。

カブトムシをシゲシゲと眺め、独りおしゃべりが始まりました。
(自分は少し離れて観察)
『おんなはどこ?』
大家族のおばあちゃんが、ビクッと反応。
どうやら、オスしかいないので気になったらしいですが、自分はあえて放置。
大きな声でムスメが続けて。
『オトコを探しているんだよ』
大家族のお母さん、近くのお母さんたち、みなさん失笑。
ムスメはその後、何度か繰り返していました。
確かに他の飼育槽でもオスばかりだったので、
ムスメはその疑問に対して
【オンナはオトコを探しに行ったので不在】
という仮説を立てているようでした。
同じ場所で2年の成長をシミジミと感じたわけです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
起伏に加えて広大な敷地なので、全部歩くのは結構大変です。
自分と一緒の時は、後半必ずダッコまたはおんぶになります。(妻との時は何とか歩くそうです)
しかし、今回は約1.5kmを”ほとんど”全部歩きました。
ほとんど、というのはハチに刺されたからです。
少し目を離していたら(ムスメの積んだブロックを戻している間)、
焦った顔で走って来たムスメ。
『ハチに刺された』
どこを?と聞くと、膝の内側を指差し。確かにプクッとしていました。
どんなハチだったか聞くと。
『このぐらーい』と10cmくらいの大きさ。
たぶんそんなに大きくないよ、と聞くととても小さいハチの様子。
ムスメの様子も変化ないので大事じゃなさそうだけど、腫れても大変なので入場口まで抱っこして走りました。
ハチに刺された時の処置については山雑誌で散々読んで、一度は実践しています。
•針の有無を確認 →見当たりませんでした
•ポイズンリムーバーなどの器具で幹部のを抜く→自宅に置いて来たのでどうしよう!?
•水で流す
入場口のお姉さんにハチ刺されを伝えたら、
すぐに救急箱を貸してくれました。
そしたら何と!毒抜き用のシリンジが常備されていた!素晴らしい。
注射と勘違いして嫌がるムスメをなだめて処置開始。

液が出て来たので、たぶん大丈夫。水で流して、ムスメを安心させるためカットバンを貼って完了。

この間、泣くこともなく、終わったら
『お腹すいたからハンバーグ食べよう!』
と話すムスメに、再び成長を感じたわけです。
来年も来ましょうね、カブトムシ。
ここ【ゴールデン・サンズホテル】は当初の読み通り子供連れにピッタリのホテルです。

まず、大きな屋外プールがあります。深さが異なるいくつかのプールがあり、滑り台もあります。



エントランスロビーを水着のまま通過しても大丈夫です。

ムスメのお気に入りは最も浅いプールで、
小学校低学年くらいまでの子供達で賑やかです。
(写真は夕方で空いてきた時のもの)

ぱっと見ですが、東アジア系4割、中東系3割、白人系3割って感じです。
黒 チャドルの方も多いです。
エレベータのドアが開いてチャドルの方が複数いた時、ムスメはビクッとしていました。
屋内の遊戯施設があります。

子供だけ入館料(2hでRM24 約500円)が必要です。
中央の赤と、左の青の滑り台は絶叫系です。
ムスメは初めていった時、青を一度だけやってみましたが(落ちる時も相当迷った挙句)、
その後、二度と滑ることはありませんでした。
(相当怖かったらしい=>半ベソ)
滑り台を囲うようにして、アスレチックになっているので、
虹色の滑り台と合わせて、楽しいようです。


こういうホテルでは普通かもしれませんが、
ムスメ曰く【夢のような朝食】も楽しみです。
ランニングして一汗かいた後は格別です。

時々【横浜に帰りたい】と訴えるムスメには少しかわいそうですが、
親には必要な休日なのですよ。
マレーシアのペナン島に来ています。
出発の1週間前、パスポートの有効期限が6ヶ月未満であることが発覚。
最短の発行予定日が出発予定日の翌日というあり得ない状況でしたので、
一日繰り上げ発行の温情を勝ち取ろうと尽くしましたが
下手な小芝居も小役人には通じず、ジ・エンド。
たった1日間に合わないということがとても悔しかったけど、
逆に見れば一週間の旅行でたった一日なので、
自分だけ遅れていくのもアリかなと考え、
片道の航空券を追加購入して前述の母娘先行旅になったわけです。
羽田空港のチェックイン時に持込荷物の規定重量7kgを大幅にオーバーしていたため、
着込んだりポケットに入れたりしても適わず、不要なモノを自宅に送り返す、
といった些細なトラブルはありましたが、
乗換えも大変スムーズで、10時にペナン島のホテルに到着しました。
朝食後、早速プールに浮かんでいたムスメと再会、
早速水着に着替えてプカプカした訳です。

妻と互いの旅路を話しましたが、
マレーシアのように治安も良く旅行しやすい国なら
今回のように移動日をズラすのはアリかなと感じました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。