上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2週連続で走ってきました。ハーフマラソン。

昨日、例の如く、15km持久走をやってのハーフチャレンジ。

受付会場の山下公園は、少し風があるけどちょっと肌寒い、マラソン日和。
紅葉も最終盤です。

マリンタワー

↑横浜マリンタワー

車を駐車場に入れ、まずは受付でゼッケンと計測チップをもらいます。
大会参加はこれで5回目なので、ちょっと小慣れてきました。

受付

↑受付会場

車内でノンビリしたあと、アップをしてスタートラインに。

スタートは、山下公園前の銀杏並木です。
先々週の横浜国際女子マラソンと同じ場所。
かなり気分がいいです。

スタート地点

↑スタートラインは最高です

今日の作戦。
前半10kmは、先週の横須賀より早めの、キロ 5分15秒
後半はビルドアップで、最後の6kmは、キロ 5分以内目標。
うまくいけば、自己記録更新です。

前半10kmは、予定よりちょっと早め。余裕はまだあり。
広い国道を走るのは、爽快です。マラソン大会でしか出来ませんから。

高カロリー携帯食品や、ゼリーを適宜補給しながら、15km地点へ。

前回、ここで上げ過ぎて、ともともが置いていかれた。
今回も、同じペースまで上げたけど、ともともは必死に付いてきてました。

ただ、前半は夫婦の会話があったのに、ラスト6kmは、たった一言のみ。

僕: 最後の給水、どうする?

ともとも: ・・・・

僕: 僕は取らないよ。

ともとも; ウウ


辛すぎて、声にならなかったようです。不憫です。


結果は、自己記録を1分30秒以上も更新!お見事!


5kmラップ:

0-5k  26:04

5-10k  26:10

10-15k  25:57

15-20k  24:40

ラスト1k 4:41


プラン通りの内容でした。

最後に呼吸が苦しくなっても、脚が残っていたのがうれしい。

昨日の15km走も含めて、とても良い練習になりました。
1月の勝田、サブフォー行きそうじゃない?本気でそんな気がしてきた。


横浜マラソンは、運営もかなりしっかりしていたので、来年も出場したい。
気持が良い大会です。

12月は大会が無いので、気を抜かずにトレーニングを継続しましょう。



スポンサーサイト
いよいよ、よこすかシーサイドマラソンです。
始めてのマラソン大会だった昨年と違って、
距離への恐怖感はないものの、
アガリ症の私は、どうしても緊張感におそわれます。

「あんなぁ、私子供の時ピアノの発表会で、緊張してな、同じフレーズ3回繰り返して弾いてしもてん」
「緊張がうつるからそういう話はやめてくれよ~」
と、のりのりさんに緊張が伝染したところで会場に向かいます。

シーサイド
天候は曇り、気温9.5℃。旭日旗が風を受けています。

さて、今回のよこすかシーサイドマラソンには、作戦がありました。
それは、
「ハーフマラソンの記録を狙うのではなく、
フルマラソン前の30km走練習代わりにする」というもの。

フルマラソンは、30kmからが苦しいのです。
その30kmの壁を超えるためにも、30km走練習が重要なのだそうです。
そこでハーフマラソンを30km練習の代わりとするのですが、
それでは負荷が足りないということで、昨日の15㎞走があったというわけです。

そして作戦通り。
昨日の疲労が、びんびん響きました。

よこすかシーサイドマラソンのハイライト、観音埼付近のアップダウンで息が上がり、
何故か絶好調ののりのりさんに遅れをとる事態に。

のりのりさん、これまでにない痛みがハムストリングスにあって、
今回は大幅失速かも、と言っていたくせに。

のりのりさんの予定通り、ラスト5kmはビルドアップ走です。
「ほら、ペース落ちてるよ、ファイトファイト」
「アタシはな、世の中で一番ファイトが嫌いやねん!」

私が疲れてくるとますます元気を取り戻すのりのりさんです。

「もうあと3km、頑張って頑張って」
「この世で2番目に頑張れが嫌いや~!」

そんな小競り合いもありましたが、
なんとかヨレヨレで(のりのりさんは元気いっぱいで)ゴール。

そして結果は……昨年よりも2分以上もタイムを縮め、
総合順位も700番台から600番台へ。
「練習は裏切らないね」のりのりさんは言います。
(ヨレヨレの私はまだ相槌も打てません。)

ただし、今回の大会もまた練習の一環。
きっと1月の勝田マラソンに生かされることでしょう。

が。
予想以上に私のダメージは大きく……
過保護フルコース
帰宅後はのりのりさんによる「過保護フルコース」。
炊事洗濯家事一切は勿論、マッサージ等メンテナンスまでやってもらっています。

疲労回復には美味しい鍋が欠かせません。
三大栄養素にビタミン・ミネラルも豊富な、カキの土手鍋。
土手鍋
明日は休養日です。
ため息ばかりついていましたが、ついに初めてのマラニックです。
のりのりさんは職場で今回のマラニックについて離したところ
「そりゃぁキ●ガイですよ」と言われたそうです。紙一重だと私も思います。

ところで過去に参加したマラソン大会や最近の練習で、ある傾向が出てきました。
それは、私が調子の悪い時はのりのりさんの調子が良く、
私が調子を取り戻すと途端にのりのりさんの調子が悪くなるというもの。
傾向というか、もはやジンクス。

「ともとも、ヨレヨレで転んだりしてねー。ひゃっひゃっひゃ」
冗談にしてはのりのりさん、目が本気ですよ…。

キ●ガイもジンクスもさておき、スタート地点の小田原アリーナ到着。
受付でゼッケンとコップを貰いました。
マイコップ
他のマラソン大会ではエイドステーションに水の入った紙コップが置かれ、
飲んだあとの紙コップはポイポイ捨てられてしまうのですが、
この大会では一人ひとつのコップを最後まで持って走ります。

号砲などはなく主催者の「じゃあ、行きますか」の声で一斉にスタート。
小田原城
6.0㎞地点。
最初のエイドステーションは小田原城です。
タイムを競うマラソン大会だと我さきにと水に手を伸ばしますが、
順番にマイコップを差し出し、談笑しながらチョコレートなどを食べています。

完走祈願
完走祈願をして再びスタート。
箱根湯本までは皆で一緒に行き、その先はそれぞれのペースでゴールを目指します。

いざ、箱根路。
箱根路へ
まだ余裕の表情です。
しかし、トンネルを抜けるとそこは…

箱根路
上り坂が延々続きます。

駅伝選手のようには…
テレビで見る箱根駅伝の選手たちのようには、とうてい…。
とにかく長い長い坂道でした。

富士屋
19.5㎞地点。
箱根といえば富士屋ホテル。走って素通りです。

しだれ桜
桜がまだまだ楽しめます。向こうの山も山桜が満開の様子。

この大会ではエイドステーションが5㎞ごとに設置されていました。
これがなんとも、痒い所に手の届いたサービスなのです。
水、スポーツドリンクの他に飴、チョコレート、
そろそろしょっぱいものが欲しくなってきたと思うと味噌や塩の添えられたきゅうりにトマト。
なんとビールまで出されました。
私たちは遠慮しましたが、美味しそうに飲み干す人も。
逞しきランニング猛者たち。

そして金時山への登山道に入る手前のエイドステーション。
エイドステーション
27.5km地点。
ちょうどお腹の空き始めた頃、絶妙のタイミングでのおにぎり。

「持って行ってね」と渡されたお菓子をバッグに入れ、登山スタートです。
峠へ

山道はさすがに走れないのでハイカーの邪魔にならない程度の早足で登ります。
富士山
乙女峠展望台に着くころには霧も晴れ、富士山も大きく見えてきました。
富士山を見ると、なんだか元気になります。

が、思った以上に歩きにくい道、
いつの間にかのりのりさんと離れてしまいました。
(自分のペースを守ることが大切ですからね)
それでもどうにか金時山征服。

苦手な山の下り道ではのりのりさんと離れてしまい
(自分のペースで走ることが大切ですからね)
尻もちをつくこと2回、足元は泥だらけです。

道中、この世のものとは思えない大きさのカエルの大群を直視しかけ、
火事場の馬鹿力で駆け抜け余計なエネルギーを消耗するなど
私はすでにヨレヨレ、のりのりさんはジンクスどおり妙に元気です。

至れりつくせり
33.5㎞地点。
次第に「次は何が出てくるかな」と楽しみになってきたエイドステーション。
ドライフルーツ!
のりのりさんは目ざとく好物のマンゴーに手を伸ばしていました。
「もう少しでうどんですよ」とスタッフ。

そう、マラニック参加者は地蔵堂の足柄古道万葉うどん
うどん券一杯分が頂けるのです。

ざるうどん
のりのりさん、ざるうどん。

湯うどん
ワタクシ、湯うどん。
長~い長~いおうどんで、つゆにつけるまでに四苦八苦、テーブルはびちゃびちゃ。

こちらのお店はマイ箸を持っていくとお替りひと玉(\100)を無料にしていただけます。
私たちもお箸を持って行きましたが、走ることを考えると食べられず。
しかしここでもやはりランニング猛者たちはぺろっとお替りをしていました。

食後はしばらくウォーキングをしてからラン再開。
午後の日差しが肌にチリチリしてきました。
一体何時間、走っているのでしょう。

バカ殿
43.5㎞地点。
エイドステーションの人たちは、ボランティアうんぬんサポートうんぬんというより、
イベントを楽しんでいるようです。
竜福寺のエイドではコスプレをしたスタッフが待ち構えていました。
のりのりさんもみかんを食べながら、用意されていたバカ殿かつらでポーズ。

さて。ここから先、私はほとんど記憶らしい記憶がありません。
足の痛みは気のせいだと自分に言い聞かせながら
何も考えず、ただ足が勝手に前に出るのに任せるのみ。

のりのりさんが「○○○?」「●●●?」と何かを問いかけても
「う~、あー」「あああ、ううー」と言葉にならない声を出すばかり。

48.5㎞地点。最後のエイドステーションは足柄大橋。
そこからはひたすら酒匂川サイクリングロードに沿って走ります。
西日が差してきて、時計を見るのさえイヤになってきたころ
「あ!ゴールが見えてきたんじゃない?」
のりのりさんの指差す先に小田原アリーナが見えてきました。

「ううう~」と私がまたも返事できずにいると、後ろを走っていた女性が
「そうですよね?あれですよね!」と喜びの声。

のりのりさんは心もちスピードアップ。
苦痛にゆがむ顔で追いつく私。そして負けじとついてくる先ほどの女性。
けれどもう足はこれ以上、上がりません。

各エイドステーションと同じく、
ゴールでもスタッフが手を振って迎えてくれました。
完走!
祝!完走!8時間49分!長かった~!

達成感より喜びより、ただ、ホッとしました。
「いや~よかったよかった。ウルトラマラソン完走も、見えてきたでしょ?」
って、何ですか、それ。のりのりさん。
イワシの頭も信心から…ジンクスって恐ろしいです。
昨日のブログにもありましたが、川崎ハーフ

お見事!目標達成!

ぱちぱちぱち。

僕の事を「ビッグマウス」と思っていた方、是非思い直してください。
やればできる子なんだと。

ただし。
目標タイム1時間50分をほぼ狂いなく達成したことばかりがうれしいのでは無いのです。

実のところ、僕のレベルなりのレースプランをほぼ達成出来たことがうれしいのです。

<直前にともともと確認したレースプラン>
 注:その後、ともともは話を聞いていなかったことが発覚。

1.実現可能な平均目標ラップタイムを5分20秒/kmとする。
  →トータル1時間52分31秒
 *横須賀シーサイドよりも10秒/km早い。
 *最後の練習で、5分10秒ラップの10km走を実施しているため達成可能と判断。

川崎ハーフ 目標ラップタイム

↑腕に書き込んだラップタイム(5分20秒/km 5km/10km/15km/20km)

2.スタート時の渋滞も考慮して、最初の5kmは27分ぐらいで良しとする。

3.10kmは54分でも良しとし、抑え気味でスタミナを温存する。

4.10km~15kmのラップを5分10秒/kmで押す。

5.15kmで1時間20分を目標とし、行けるようなら出来るだけペースを維持してみる。

6.最後の数kmは気持ちで押す

トレーニング結果を参考に、以上のレースプランを前日の晩にともともに話しました。
(ひつこいようですが、レース後、ペースを全く気にしていない事が発覚。そもそも時計持たず。)


その結果ですが、

 5km通過 27分31秒 
 10km通過 54分16秒 (5kmラップ26分44秒) 

 15km通過 表示が無かったので計測不可

 ゴール 1時間50分フラット (11kmラップ55分44秒) 


平均すると、

 スタート~5km  5分30秒/km

 5km~10km   5分20秒/km

 10km~ゴール  5分4秒/km


これは、レースプラン通りというより、出来すぎです。
特に、10km以降のペースは練習でもやった事ありませんでした。
そりゃ、きつかった訳です。腹も痛くなるでしょうよ。

当日は、4m/秒ぐらいの風が吹いていました。
行きが向かい風、折り返して帰りが追い風。
向かい風を走ってきて、10kmの時計を見たとき、達成の「予感」はありました。
それを冷静に見れたのも良かったのだと思います。

何はともあれ、これまで走ったことないスピードで、どんどん抜いて行くのは気持ちがよかった。
そして、僕のレベルなりに、レースの楽しさを感じました。
(くどいようですが、手をつないで一緒にゴールしたともともは、何も考えていなかった模様)。

結局、LSDでスタミナがついて、ウインドスプリントでスピード開発できたということでしょうか。

走ることは簡単だけど、マラソンは奥が深い。
10kmでもハーフでフルでも、結局10秒、20秒の積み重ね。

休養したら、また鍛練しよう。

川崎ハーフマラソン、出場してきました。
昨日に引き続き緊張感漂う朝。
緊張のあまり、シューズの中敷きを忘れるという失態まで。
家からさほど離れていない所で気づいたのが幸いでしたが、
のりのりさんにまで緊張感が感染、
会場に向かう電車の中では、二人とも目をギョロギョロさせていました。

今回はのりのりさんの会社の同期Kさんも参加しました。
先に会場に着いていたKさんも私に負けない緊張ぶりでした。
ウォーミングアップのし過ぎで早くも疲れさえ感じさせます。

陽が射さず気温も低かったですが、
心配していた雨は午後まで持ちそうな様子、いざスタートです。

「僕は2時間切れればいいから…」というKさんとはスタート後に分かれ、
いつものようにのりのりさんんとふたり走りです。

横須賀シーサイドマラソンや館山若潮マラソンと違って終始平坦なコース。
景色も変化がなく面白みには欠けますが、その分記録は出易いようです。
参加人数も1500人程度と小規模ですが、走り込んでいそうなランナーばかり。

そんな中、チーム「ふたり暮らし(仮称)」は……、
レース展開の解説と講評はのりのりさんに任せることとしましょう。
目標にしていたラップをほぼクリアしつつ、後半はこれまでにないスピード感で快走。
10㎞過ぎ、私は急にペースが落ち始めましたが
「頑張りどころだよ」とののりのりさんの声になんとか持ち直しました。

若潮マラソンでは25㎞過ぎ、後ろから次々と抜かれ気分も落ち込みましたが、
今回はリベンジのように何人もごぼう抜き。

ラスト3㎞のプラカードが見え、いよいよ目標達成が見えてきたその時!

「お、お腹イタイ。イタタタ」
のりのりさんが右のわき腹を押さえ、今にも足が止まりそうです。
若潮マラソンラスト3km地点での悪夢再びか?

抜きつ抜かれつしていた私たちと同じような夫婦ランナーが
「頑張って」と憐みの目を向けながら離れて行きました。

「目標は1時間50分。いける。絶対いける」
あれはビッグマウスだったのか!?

しばらく表情もなく走っていたのりのりさんでしたが、
ゴールのトラックが見えてようやく復活。あぁ、ヨカッタ。本当に。

トラックに入るとこれぞラストスパートといわんばかりの疾走。
ウィンドスプリントの練習が効いています。
そして目標の1時間50分台も達成。
今回もふたり仲良く同時にゴールです。

互いの健闘を讃え合いつつゴールの先を見ると、なんとそこには。
「僕は2時間切れれば…」と控え目に言っていたKさんが、
水の入った紙コップをふたつ持ってにこやかに立っているではありませんか。
「人生ビッグマウス」がモットーの(?)のりのりさんと対照的なことです。

なにはともあれ、完走そして記録更新です。祝杯を上げねば。
川崎ハーフ後
美味しいビールでした。2杯も飲んでしまいました。
お疲れ様でした。

記録更新記念鍋
晩御飯はやっぱり鍋。キムチチゲ。
この写真、見飽きられたかしら…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。