上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第31回横浜マラソン(ハーフ)に参加してきました。

今シーズン初めて、ふたりで参加するレースです。
のりのりさんの膝痛、私は河口湖マラソンからまだ1週間ということもあり、
記録狙いではなく練習として走ることに。

ペースはフルマラソンのペース程度、上げても4'42/kmまで、
後半気分が盛り上がってガチンコ勝負がしたくなったら都度相談、と決めました。

よこはま-2
昨日の雨がウソのような快晴。気温も高め。
私にはありがたいけれど、のりのりさんはどうなるやら・・・・・・。

一応、陸連登録選手なので前方からスタートできます。
先頭は70分台狙いの選手なので、やや後方の控えめな位置について、スタート。
スターターは林文子市長、ゲストに横浜マリノスの中村俊輔選手が来ていました。おおー。

号砲後、まずは集団の流れに乗って走ります。
最初のラップ、4'48/km。まあまあのペース、これで行きましょう。

横浜マラソンは、山下公園前、黄金色の銀杏並木を走れることが嬉しい。
ま、それは数百メートルのことであとは単調な工場地帯の風景なのですが。

5km、10km、と4'50/kmを大きく外れないペースで快適走。
隣を走るのりのりさんを見ると額も首筋も塩を噴いていますが、
向かい風もあってグロッキーにはなっていない様子。

11km付近で、先頭集団とすれ違うのですが、
私たちが参加している練習会のメンバーさんの姿も!速っ!
その後も、ランニングブログでよく見る人たちも続々。

彼/女たちもつくばなど、フルマラソンから1週間しか経っていない筈なのに、
激走しているように見えます。逞しいなあ。
私はというと、河口湖の疲労かハムストリングスがパンパン、足首にも痛みが。
下半身全体が重く、これ以上のペースアップはキツい感じ。

15km過ぎ、のりのりさんが少しペースを上げたのですが、私はついて行けず。
練習とはいえ100分は切りたいねえ、と言ってたのですが、
すみませんね、今日は無理そうです。
ということを察したのりのりさんも、再度ペースを落として並走。

脚は上がらないけど呼吸は上がっていないので、
のりのりさんとお喋りしながらゴールを目指しました。

途中何度か、沿道に知り合いのサブスリーランナーKお兄さんが登場!
「Kさぁん!」と手を振ると、ジャージにランニングシューズのKお兄さん、
デジカメを持って走る走る!それはもう見事なスピード!
そして笑顔でパシャパシャ写真を撮ってくれました。
その後も神出鬼没しては写真撮影をしていたKお兄さん、
応援ありがとうございました。

結局、夫婦ガチンコ勝負は回避して笑顔で手つなぎゴール!
よこはま1
1時間42分でした。
やっぱりふたり走りの方が楽しいです。お喋りしながら走れますしね。
あ、それはガチンコじゃないからでもありますが。

本日のご褒美ランチは中華街へ。
中華1 中華2 中華2
日本人向けにアレンジされていない、外国っぽい味でした。
テンメンジャンのタレの水餃子が美味しかった!

そしてその後は、元町へ。
元町
なんでも、のりのりさんが、
スタージュエリーで誕生日プレゼントを買ってくれるそうですよ。
(ジャージで入店してしまいました。)

男の甲斐性
男の甲斐性を見せつける、豪華二本立てです。
着けるのが楽しみ。早く明日の朝にならへんかな。

今、元町商店街でお買い物をしたら、スクラッチカードが付いてきます。
ウチキパン1 ウチキパン2
削ってでてきた600円分の金券を手に、
前から食べてみたかったウチキパンへ。
あー、ホントに、早く朝が来て欲しいです。


スポンサーサイト
皆さまの応援と、のりのりさん全面的サポートのおかげで、
自己ベストが更新出来ました!
ガーミン
3時間15分37秒!パチパチパチ!

ウソです。
なんと、年に1度あるかないかのホンキ本命レースで、
まさかのガーミン操作ミス。スタートボタンが押せていませんでした。
いくらなでしこジャパンの佐々木監督が男前だからって、
手を振ってる場合じゃなかったですよ。トホホ。

1㎞を過ぎたあたりで気づいて慌ててボタンを押し、
近くのアフロヘアランナーに現在の距離とタイムを教えてもらいました。

 でもさー、この差、走りながら計算できるん? ……出来ない!

ええい、しゃあない。ガーミンが走るんやない。ウチが走るんや。
そんなわけで、余計なことは考えず、ガーミンは平均ラップだけを見ることにしました。
10㎞地点でラップボタンを押しなおしたので、以降はほぼ正確な計測です。


11-15㎞ 23'54(平均4'46/km) 4'40 4'44 4'45 4'44 5'01 
以下30㎞まで目標ラップ4'42/km 

10㎞地点でのりのりさんと再会!
捨てずに持って走ったカッパを預け、グロスタイムを聞いて
慌ただしい再会になってしまいましたが、のりのりさんの顔を見て、
ガーミンパニックやら何やらで強張ってた気持ちが少しほぐれました。


16-20㎞ 23'48(平均4'45/km) 4'42 4'43 4'39 5'05 4'39 

朝ご飯をしっかり食べたので(起床後にお餅2個、スタート1時間前におにぎり1個)
お腹はまだまだ重いくらいですが、疲労回復のためにも
アミノ酸・クエン酸入りのジェルをチビチビ舐めてエネルギー補給。
富士山、きれいやわー。

21-25㎞ 23'20(平均4'40/km) 4'40 4'39 4'40 4'41 4'40

こうやって結果を見ると、まずまずのぺースですが、
体感としては、維持するのが少し辛くなって来ていました。
ちょっと気を抜くとペースが落ちていて、慌てて修正の繰り返し。
それで、25㎞地点でののりのりさんとの再会でも
「苦しいよ~」が第一声になってしまったのです。

でもねえ、のりのりさんが泣きそうで、それが伝染しそうでしたよ。
本当に本当に、応援ありがとう。
手つなぎゴールも嬉しいけど、
もうすぐ応援ポイント!と思いながら走るのも、とても励みになります。


26-30㎞ 23'34(平均4'42/km) 4'32 4'49 4'43 4'49 4'41

2度目の河口湖大橋はけっこう脚に来ます。

今シーズン3度行った30㎞走では、一度もレースペースで走り(れ)ませんでした。
他のメンバーが4'40/kmくらいで走った時には
完全に置いてけぼりをくらったことを思い出し、
やっぱり練習でさえやってないことは無理なのかも、との思いが頭をよぎります。

いやいや!
「それは2週も3週も連続でやった疲労があったからでしょ」と、
回廊練習会のメンバーさんに言われたことも思い出し、
なんとか自分を奮い立たせます。


31-35㎞ 23'37(平均4'43/km) 4'39 4'41 4'46 4'38 4'53 
以下ゴールまで目標ラップ4'39/km

ここまではウォーミングアップ。
30㎞以降さらにペースアップできれば合格、と前からのりのりさんと話していました。
先シーズンの湘南国際マラソンに比べれば、30㎞時点での余力はずっと残っているし
気力も落ちていない。
でも実際はペースアップではなく維持するのでいっぱいいっぱい。

そしてもうひとつ、ペースが上がらない理由(言い訳)としては、
河口湖の2周目になると、周回遅れランナー(15㎞後ろを走っている人たち)と、
狭い片道走行の道路を一緒に走らなければならないこと。

マラソンの楽しみ方はそれぞれだから、
6時間で完走を目指すこともアリ、と思います。
ただ、「河口湖ウォーキング大会」じゃないの?と思うような、
お友達と横に並んでお喋りしながら歩いてる、のはどうなんでしょう?

対向車線には、スピードを落としているとはいえ車が走っていて、
警察が何度も「ランナーは左に寄って!」と拡声器で注意をしていますが、
前に進むにはどうしたって車道側にはみ出すか、
ランナー(&ウォーカー)の間を「すみません!通ります!」と言いながらかいくぐるか。

周回遅れモンダイは、給水所でも。
お水は十分な量でしたが、テーブルが短いので
水を求めるランナー(&ウォーカー←しつこいですが)が二重三重になっていて、
ロスが大きそうでいくつかの給水所はパスしてしまいました。
水以外にも種類豊富な給食(チョコ、バナナ、オレオなどのお菓子)があったのに。くー。


36-40㎞ 23'02(平均4'36/km) 4'37 4'44 4'37 4'37 4'27

あぁもう残り7kmしかありません。泣いても笑っても。
必死のパッチで腕を振って、「粘れ、粘れ」と呪文を唱えます。
呼吸も、スピード練習の時のようなヒーハー呼吸になってきました。

ヒーヒーヒー、ハーハーハーと言いながら走っていると、
その呼吸音と目がチカチカするようなウェアに驚いて道を空けてくれる人、多数。

その上、「ファイトです!」「頑張れ!」という応援まで頂いてしまいました。
沿道の方でなく、同じコースを走っているランナーからの応援なんて初めてです。
よっぽどヒドイ形相だったのでしょうか。

42km地点
↑だったんですね。


41-F   10'10(平均4'52/km) 4'35 4'22 1'44  

どうにか、こうにか。
グロス(号砲からのタイム)で3時間21分。

3時間20分を切れなかったことは悔しいですが、
36-40㎞で最速ラップを出し、最後に4'22/kmまで上げられたことには合格点を。
昨シーズンと違ってマニュアル通りではなかった練習も、
決して間違っていなかったことが分かって安心しました。

何よりも、のりのりさんのサポートあっての自己ベスト更新。
東京マラソンでは私がサポートしないと。ねえ。


今日は久しぶりに、フルマラソンを目一杯走った後の猛烈な筋肉痛に襲われています。
どのくらい猛烈って、痛みのために全ての動きがノロいので、
うっかりするとおトイレに間に合わなくなってしまうくらいです。

少しだけ休んだら、また練習再開です。
長々お付き合い頂き、ありがとうございました。


りんご1 りんご2
今年も美味しい、福島のりんご。
ビタミンCをたくさん摂ったら、
河口湖で増えたメラニンも、パッとなかったことにならないでしょうか。

とうとう、この日が来ました。

妻、ともとものお披露目ホンキレース、第36回河口湖日刊スポーツマラソンの朝。


AM5:00

起床後、妻がシャワーや見繕いをしている間、1Fキッチンで朝食を作りました。
横浜から持参したお餅にチーズを乗せて。

河口湖 028

通常は外国人が溢れるこのゲストハウスも、たぶん100%ランナーか関係者です。
キッチンも、インスタントの朝食を調理するランナーでバタバタしていました。

辺りには、変な緊張感が漂っています。妻ももらってしまったようです。元気がない。

①おもち


AM7:00

意を決してゲストハウスを出発。
毎度のポーズにもキレが無いぞ。

②しょんぼり

スタートエリアまでは徒歩で10分ほど。
既にマラソン大会独特のムードです。俺もどうしてか、緊張してきた。

③玄関

スタートライン付近はすでに大混雑。

④会場へ

トイレを探してちょっと慌てました。無事、トイレを済ませて整列ラインへ。

スタートライン前方に登録者ゾーンがあるので、チマチマと並ばせてもらいました。

⑤会場は混雑

スタート15分前。緊張感はMAX。
ホンキレースで並んだ事ある人は、解るよねえー。俺もかなり緊張してきた。

勝負顔になった妻と握手をして分かれました。
辛いだろけど、楽しんできてね。いってらっしゃい。

⑨いってらっしゃい!


AM8:00

なでしこイレブン佐々木監督の号砲でスタート。おれのエヅキ感もMAX。軽ーく気分が悪い。

スタート時計を押す妻に、ガンバレ念を送りました。

⑩スタートライン通過


⑪行列

ちょっと移動し、続々とスタートするランナーをしばらく見ていました。

前の方の人たちは、緊張で顔がこわばった人が多く、後ろはお祭り騒ぎ。
マラソン大会の嗜み方は人それぞれです。


AM8:50(10km地点)


35分ごろトップ集団がきました。すごく早い。

⑬10km過ぎトップ


待つのは長いねえ。長い。
予定ラップ表を握り締めて待つことさらに15分。エヅイきて、気持ちが悪い。

そろそろ予定の時刻だな、と思ったら。

きたきたきた!遠くから手を振っています。我がガッツ妻だ!

⑭10km過ぎ きたきた

右手に持っているのは、防寒雨合羽。
エイドで捨てずに回収ね、再利用できるね、100均だけどね。

⑮10km過ぎ きたきた2


応援するだけで疲れてしまったので、ゲストハウスに戻って休憩しよう(+ブログ作成)。


AM10:00(25km地点)

周回コースなので、同じ場所でも25km地点になります。
僕がブログを書いている間に、妻は河口湖を1周してきたことになるわけです。ごくろうさん。

25km通過の目標スプリットは1時間59分。
スタートロスを1分とし、25km+αの地点なので、早ければ10時過ぎには通過するはず。

10時を過ぎても、来ません。

10時01分でも来ない。

10時2分、3分、4分・・・・がんばって走っていると思うと、今度は感動が込み上げてきた。
やや気分が悪くなった、そのとき。


きたきたきたきた! 妻が走ってきたぞ。

今度は動画を撮ったので、写真はありませんが。
併走しながらやり取りした夫婦の会話を正確に再現します。

 25km地点の夫婦の会話

 【僕】(手を振って、名前の連呼)

 【妻】 苦しい、苦しい、上がらん

 【僕】 がんばって、がんばって、がんばって、ゆっくり、ゆっくり

 【妻】 苦しいよ、苦しい。

 【僕】 あー、あぉー、マイペース、マイペース、楽しんでな。
     (この辺から感激して込み上げてきた)


 【妻】 まだ早いから(泣くのは)、まだ早いから(泣くのは)。

 【僕】 (蚊の泣くような小声で)ゴールで待っているからね。

 【妻】 (振り返り、手を振って)ありがとうー。


すごく疲れました。自分が走った方が、気が楽かもしれないです。

それでは、10時半を過ぎたので、ゴール地点に移動しようか。
トップはそろそろゴールですね。

栄光のゴールになることを祈っていますよ。



AM11:00(42km地点)

ゴール直前の地点でランナー達をしばらく眺めていました。

ダラダラの河口湖1周コース(27km)参加者を全然違うスピードで追い抜くエリートランナーはカッコいい。
苦しんでいる人、最後の力を振り絞っている人、みんなカッコいい。

妻は予定通りなら、38kmぐらいを4'40"/kmぐらいで走っているはず。
一番辛いところだろうな。がんばれ。


AM11:20(42km地点)

予定なら、そろそろ姿を現すはず。ドキドキしてきた。
フルマラソンランナーも増えてきた。みんな必死のラストスパート。
最高の瞬間はもうすぐです。


そのとき、黄色い短パンの妻が見えた。
表情は苦しそうだけど、快走しているぞ。

42km地点

自己ベストを大幅に更新しそうだ。感極まった。

興奮したので、ゴールまで併走しました(僕は歩道)。

そして、栄光のゴール。

大声で「おめでとう」と叫んだのです。聞こえたかな。
とても感動した。

栄光のゴール

すばらしい記録。ナイスランだった。

そして、妻と再会。出し切ったようです。おつかれさん。やったね!

おつかれさん

疲労しているのに、すいませんが、いつものポーズをお願いします。

河口湖 092

やはり、キレがあるね。すごいぞ、ガッツ妻。


AM12:00

ゲストハウスまで歩いて戻り、シャワーを浴びてサッパリした後、昼食をいただきました。

昼ごはん

走った後は、こんなモノがとてもおいしいのです。

ストレッチ後、布団にもぐりこんだ妻。

おやすみなさい

本を読んでいるようにみえますが、既に眠っております。

おつかれさんでした。良い夢をみていることでしょう。



明日のブログは、本人の完走記でしょうね、お楽しみに。
2011.11.26 前夜です。

あぁ、週末を迎えてしまいました。
DNSを決めたのりのりさんは、完全サポート体勢でいてくれます。

紅葉見物客の混雑を避けて、午後、ゆっくりドライブスタート。
初めて立ち寄る、まだ新しい足柄SAでは、
kawa5 kawa6
カーボローディングと称してお団子におはぎを食べてみたり。


いよいよ、
kawa1
富士山も見えてきました。大きいなー。
明日も晴天の予報だから、富士山がきれいに見えるはず。
見守られている、と感謝の気持ちで見上げるのか、
あまりの辛さに恨みがましく見上げることになるのか・・・・・・。

宿にチェックインしてから、マラソン受付へ。
すっかり暮れてきましたね。
スタート・ゴールのゲートの前で写真を撮ろうと思ったら、なんと!
kawa2
練習会、走友会で仲良くなったKさんたちにバッタリ!
こんな大勢の人がいるのに、なんて偶然。
お互いベストを尽くして、ここに戻って来られますように。

受付会場は、
kawa3
こんな感じ。

中央のステージからは、
ゲストの有森さんとか芸人さんとかの賑やかな声が聞こえていましたが、
身体を冷やしてはいけないので、早々に退散。

そして、前夜のカーボローディングは勿論、
kawa4
「ほうとう不動」のほうとう。
こんなに何度も食べるとは思っていませんでしたね。

 →あの時も、
 →この時も。

さあもう、こんなに炭水化物を摂って、逃げられなくなりましたよ。
台所が使えるこの宿では、ランナーたちがそれぞれのカーボ食を作っているようです。
のりのりさんが炊飯器のセットをしてくれたので、
明日のおにぎりを握ったら準備完了です。
では、明日、行ってきます。おやすみなさい。
第36回よこすかシーサイドマラソンは10㎞の部にエントリー。

それは突っ込んで走りますよと公言しまくった直後、土曜の夕刻のことでした。

何気なく見た、「あべコーチ」のブログの記事に衝撃。
(※あべコーチ=アベ・アスリートサポート・プロジェクトの阿部康志コーチ。
 有名な小出監督の佐倉アスリート倶楽部のコーチでもある。)

その内容は、以下のようなもの。

  フルマラソン1週間前の週末には、10~15㎞の刺激走をする。
  刺激といっても、走力強化や呼吸の追い込みを狙うのではなく、
  血液の流れを良くして、本番用の身体にシフトするのが目的。
  スピードで刺激を入れるのは、途中の1~2㎞程度。
  安定したペースで、全力を出し切らないこと。

え、え、え~。
10㎞ガチンコ勝負はダメってことですか?
「レース前に好タイムを出して、本番失速というパターンも多い」と。

コーチ(のりのりさん)、どうしましょう?

慌ててふたりで『ランナーズ』のバックナンバーやらマラソン指南書を
ひっくり返して読みました。

結論は、このタイミングで10㎞を走るのは良くても、
追い込むのはやはり良くないらしい、ということでした。

作戦変更です。

よこすかシーサイドマラソン10㎞は、フルマラソンレースペースで。
前半5㎞を23分30秒(4'42/㎞)、後半23分(4'36/㎞)、
最後の2kmはピリっと刺激を入れてペースアップ。


そして、当日。
なんと、もう4度目の出場となる大会ですから、勝手知ったるもの。
ハーフよりも遅いスタート時間だから電車も空いているし、
受付けも毎回スムーズだし、なんと言ってもご機嫌のお天気です。
のりのりさんが出ていたら、暑さに苦しんだかもしれませんが。

ウォーミングアップに2㎞ほどジョグをし、迎えた本番。
ガチンコじゃないから、気ぃ楽やわ~とスタートしました。

結果。

4'39-4'40-4'37-4'39-4'36
4'34-4'37-4'34-4'13-4'04

私の持っているガーミンは、距離をショートカットして測るクセがあるので
ゴールまでにはさらに12秒ほどかかっています。
ネットタイム45'34でゴール。
最後はちょっと興奮して上げすぎましたが(最高心拍180bpm)、
気持ち良かったからヨシとしよう。

ハーフと違うのは、上り坂の手前で折り返すので、ほとんど高低差がないこと、
ハーフより海側を走るので、景色が良いこと。
自分のタイムよりずっと前からスタートする不届き者が多くてうんざりしますが、
狭くて追い越せないわけでもないので、記録の出やすい大会かと思います。

終わった後は

三浦半島特産品コーナーの

シーサイド1
キャベツスープ50円。
汗たくさんかいたから、しょっぱいものが美味しいです。

シーサイド2
佐島の昆布購入。お鍋の季節ですからね。


今週はもう、軽~い軽~いジョグだけ。
「スタート地点で、走りたくてウズウズするくらいでいい」と、
先日の走友会でサブスリーランナー、Kお兄さんが言っていました。
風邪と体重だけ、充分気を付けなければ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。