ランニングを始めた頃、雑誌ランナーズで大会広告で見かけました。



 野辺山を制した者はウルトラを制す。



ここ数年、もっとドSの大会もいくらか増えたようですが、
今でもその地位を失っていないようです。

何でもやりたがりの自分は何度か出場を考えましたが、
結局はビビって数年間、出場を見送っていました。


ところが一転、昨年の11月、大会に迷わずエントリーをしました。


妻のお腹が大きくなり、安定期に入り、順調に大きくなり、
12月に女の子が産まれると知った頃でした。
無事に誕生したら、まだ見ぬムスメは5ヵ月になっているはず。


ムスメの生誕を祝い、健やかに育つ事を願うため、
自分らしく、野辺山に行っちゃおうか!と決断したわけです。


ムスメにしたら意味不明でしょうが、とにかく走りたくなった。
毎年だと冬にフルマラソンの本命レースを設けるけど、今年はこれ1本と決めました。
ちゃんとトレーニングしたら、屈指の難コースも克服できるだろう、と。


そして、昨日、念願がかないました。
朝5時にスタートし、午後5時40分、全て出し切って無事にゴールしました。

不安で始まり、苦痛に顔を歪め、笑顔でフィニッシュしたオヤジの休日を紹介します。


◆スタート前

暗闇のなか、ホテルから10分ほど歩いてAM4時に会場到着。
既に異様な活気に包まれていました。

コース上42kmと87kmに預ける荷物を最終点検したり、キャリーバッグを預けたり。
不安で落ち着かないので、トイレの列に並んで過ごしました。

DSCF6035_R_20130520214512.jpg


◆スタート

15分前に整列。
空が明るくなってきた。天気は良さそう。
覚悟はしていたはずなのに、リタイアのことを想像してしまうほど不安でした。

DSCF6038_R_20130520214515.jpg


◆スタート~10km

しばらくは平坦なロードが続きます。
2000人のウルトラランナーが、誰もいない公道を埋め尽くし、少しずつ縦に伸びていく。
(注:42kmの部、71kmの部、100kmの部が同時スタート)

牧場の敷地を越えたところで、不整地ロードに入った。

DSCF6048_R_20130520214519.jpg

単なる不整地じゃない。
大小さまざまな石がゴロゴロしていてすごく走りにくい。

10km地点、まだまだ準備体操。
ちなみに、ゼッケン下の紙はムスメの足型スタンプです。

DSCF6049_R_20130520214521.jpg


◆~20km

不整地は続く。ほとんどが上り。
まだまだぴんぴんしていたけど、急な上りは無理せず早歩き。
コース最高標高1,908mを目指す。

DSCF6051_R_20130520214524.jpg

前方でランナーが人垣を作っていた。
あ、そういうことでしたか。

DSCF6052_R_20130520220126.jpg

その直後、20kmのチェックポイントに到着。
辛そうなランナーもいたけど、まだ早いでしょ?
まだまだ余裕。

DSCF6053_R_20130520220128.jpg


◆~30km

実はこの不整地、下りも結構神経を使います。
足元を見ていないと、石に乗り上げたり、凹凸で躓きそうになる。
何人か思いっきり転倒するランナーもいました。

ようやく舗装道路に入りました。しかも、下り。

DSCF6055_R_20130520220130.jpg


あまりに気持ちが良くて、始めは飛ばしてしまいましたが、すぐに自制。
先はまだまだ長い。

再び、不整地に入ったところで、30km通過。まだまだ笑顔です。

DSCF6056_R_20130520220131.jpg


◆~40km

とても良い天気で、気温が上がってきた。
けど、林間を吹き抜ける風は、ことのほか気持ちがよく。
空を見上げて、どこまでも走れそうな気分になりました。

35km稲子湯エイド。ここではおしるこをいただきました。

DSCF6058_R_20130520221352.jpg DSCF6057_R_20130520220133.jpg

林道から出て、車線が広い道路を気持ち良く下って、40km到着。
まだまだ、元気だけど、少しだけ疲労。もしかすると空腹かも。

DSCF6059_R_20130520221353.jpg


◆~50km

暑くなってきた。
42km着替ポイントの荷物にTシャツを入れておいて救われました。

42km八峰の湯エイドにて着替
DSCF6060_R.jpg

一応、12時間を目標にしていたのですが、予想通過時刻より20分ほど遅れていた。
不整地の上りで少しノンビリし過ぎたようです。

下りは少しだけペースアップを意識して走りました。

日差しが強くて、暑くなってきた。
エイドには大きな柄杓と、たっぷりの清水が準備してあって。
さすが、有名大会です。エイドのサポートもさすが、充実しています。

50km小海公民館エイド ちょっとバテていました。

DSCF6061_R_20130520221355.jpg


◆~60km

この辺から、少しきつくなってきた。
気温が高く、エネルギーも不足気味。
目の前のランナーがフラフラ歩きながら、胃を押さえ、嘔吐していたりして・・


しかし、こんな人もいるのです(100kmの部)。
ぷーさん。
DSCF6062_R_20130520221356.jpg

本人に聞いてみると、野辺山は2度目とか。
これを脱いでもタイムは変わらないと思いますよ、と。
普通の格好では走る気も起きないようです。おそるべし。


ランナーはきつくなると、距離を意識してしまうもの。
59kmの北相木村役場エイドまでは、5kmぐらい往復するコース。
つまり、先行するランナーとすれ違うわけです。
やはり、先を行くランナーは走り方がまったく違う。
とても60kmを過ぎているとは思えないほど、軽やかに通り過ぎて行きました。

ようやく59kmエイド到着。

DSCF6064_R_20130520222851.jpg


おにぎりを食い散らかし、味噌汁をガブガブ飲んで出発。



◆~70km

平凡だけど、少しづつ上っていきます。
周りを走るランナーもまばらになってきました。何となく同じメンバー。
きつい上りは早歩き、傾斜が落ち着く直前に再びラン。

そうこうしていたら、異質なモノが見えた。

DSCF6067_R.jpg

何か変。

DSCF6068_R.jpg

出ました、サラリーマンランナー。
これまでも色々な大会で見かけましたが、まさかウルトラにも・・

上りだったので、しばらく会話していきました。
彼の場合も、マラソンは全てこの格好で走るとか。もはや性癖。

当然、サラリーマンとして通勤・勤務服なのかと思いきや。


 いや、仕事に行くときは短パン・Tシャツです。


あまりの珍回答に、前を走るランナーも振り返って微笑むほどでした。

上りの途中に70kmチェックポイント。

DSCF6069_R_20130520222858.jpg

笑っていますが、結構きつくなっていました。


◆~80km

野辺山には二つの難所があると言われています。

一つは、約20kmほどの不整地。確かに大変だった。
けど、オレもまだ若かった。


二つ目は、79kmの馬越峠。
峠だから、車が登れるほどの上りなのだろうけど、80km走ってきた後だから。
少しづつ近づいている。

71km部門のフィニッシュ地点を過ぎる。
みな、両手を上げて、仲間と喜んで。
100kmの部ランナーは、馬越峠に向かう。

73kmエイドを過ぎると、えげつない勾配の道路に入る。
みな一斉に歩き出す。

DSCF6070_R_20130520224017.jpg

とにかく、急な勾配。足柄峠の後半、蕎麦やを過ぎた後の勾配と同じぐらい。
元気だったら、何とか上っているだろうけど、80km過ぎているから無理も利かない。

歩くと長い。次のエイド76km地点まで3km、約30分かかった。
エイドで食べたぶどう、おいしかったー、忘れない味。

その後、さらに3km。みなでトボトボ歩いた。そして、ようやく!

79km馬越峠エイド
DSCF6073_R_20130520224018.jpg

天国に見えました。
固形物は食べられないので、オレンジを大人食いして糖分補給。

目の前には急勾配の下り坂。
肩甲骨周りと股関節をしっかり動かしてから、ランスタート。
残り20kmだし、せっかくだから思いっきり飛ばして下り始めました。
まだまだ着地筋が元気でした。

80km地点。気持ち良くなってきた。

DSCF6074_R_20130520224019.jpg


◆~90km

85kmぐらいまでは、ほぼ下りが続きます。
5kmラップを27分ほどで気持ち良く下ってきた。
平地になり、少し重さを感じたけど、ゆっくりならまだまだ走れる感じ。

87km川上村原公民館エイド、着替えポイント。
荷物には、ムスメの特選写真を仕込んでおきました。
うどん食べて、ムスメの写真に癒されて出発。

最後のチェックポイント90km地点。
胸にはムスメの写真(入浴時の写真)を貼っています。

DSCF6076_R.jpg


◆90~95km

前日の選手説明会でも、ホテルの食堂でも聞いていました。

 90km過ぎの上りも結構辛いよ。

そんなに急じゃないのです。
しかし、90km走ってきた脚には効きました。
雨も強くなってきて、少し壮絶な感じになってきた。

3年前は90kmエイド以降、平地も下りも走れなくなった。
とにかく、腹筋周りが痛くて、脚が動かなかった(実は腸腰筋の痛みだった)。
今回はは50km超を2回、ジョギングでもアップダウンをを多く走ってきた。

身体は応えてくれました。

長い直線の先に、95kmの表示発見。いよいよ、クライマックスです。
DSCF6079_R.jpg


◆95km~フィニッシュ

雨の中、淡々と前進。
歩いても完走は確実だけど、全力で前進。

ゴールまで4km

DSCF6080_R_20130520225850.jpg

フィニッシュ地点の近くを通るので、音楽とかMCの声が聞こえてくる。


3km

DSCF6081_R.jpg

2km

DSCF6082_R.jpg

沿道の声援が「おかえり」に変わる。ウルトラならでは。

1km

DSCF6084_R.jpg

鳥肌がたち、辛いことが喜びに変化してきます。

防寒用ウインドブレーカを脱ぎ、ムスメの写真と一緒にラストスパート。
いまごろ妻の背中で泣いているのかなあ、と想像して。


17時40分ごろ、感動のゴール。

DSCF6086_R_20130520230645.jpg


100kmのダメージは相当なもんです。

DSCF6088_R_20130520230646.jpg



ムスメよ、おかげで数年来の夢が正夢になりました。
オヤジに負けぬよう、健康に育ってね。
走ってきました。今シーズン2レース目にしてラストラン。

新宿は快晴ですが、強風のせいで、日陰は極寒でした。
妻はムスメと自宅だから独りだし、練習不足だから目標らしい目標もないし。
これまでの東京とは明らかに違うテンション。

DSCF6013_R_20130224172705.jpg

自宅で済ませたはずのお手洗い(大)でしたが、不十分だった感じ。
常に清潔が身上なので、ウォシュレット無しは基本NGですが、
今日はマラソン大会だから仕方ない。
帰宅したら存分に洗おうと思っていましたが、
何気なく並んだ高層ビル群内にあるトイレはなんと!温水シャワー付。

これで一気に気分が良くなりました。
あまりにも気分が良いので、自宅に電話して妻に伝えました。
温水シャワーで洗ったよ、と。


荷物預けも整列も、三年目ですから余裕を持って済ませました。

スタート10分前ごろ、エリートランナーたちが整列。
初マラソンの佐藤悠基の姿も見えました。

DSCF6027_R.jpg

9時10分、フルマラソンスタート。紙吹雪の中、僕もボチボチとスタート。

DSCF6036_R.jpg DSCF6038_R.jpg

号砲台には、猪瀬の姿が。
開会の挨拶、イマイチだったぞ。

DSCF6053_R.jpg

靖国通り、毎度なら近道の右車線を走るのだけど、
今日はおそろしくノンビリ走っていたので、安全な左車線に。

DSCF6058_R_20130224190141.jpg

この方、御歳72歳の女子。お話しましたが、目標5時間だそうです。
下り坂を6分/kmを安全走行。ジョギングよりも遅いペース。


◆スタート~5km 30:01


DSCF6059_R.jpg

7km付近。沿道の観客にとってもらいました。
意外と快く撮っていただけたので、ブログ用の写真は同じ方法で撮ることに決定。

寒空で待っていたせいか、水分を摂り過ぎたせいか、済ませたはずの(小)が不十分な感じ。
いつもよりペースが遅いせいか、トイレはどこも行列あり。
しかたなく、去年お世話になった皇居前のトイレにピットイン。

DSCF6065_R.jpg

スッキリした直後、苦い表情でランナーを応援する猪瀬を発見。
慣れないハイタッチをしている猪瀬に(小)後、無洗の左手をタッチ。してやったり。


日比谷公園で10km。
ポーズはイチとゼロ。今後もコレで行きます。

DSCF6066_R.jpg


◆5~10km 31:53  *トイレロスあり*


先頭集団が見えた。
後で知りましたが、ペースメーカにはコニカの宇賀地強が走っていたようで(左側に写っている)。
まだ大集団でした。

DSCF6070_R.jpg

僕はというと、安全走行継続中。
こんな仲間が回りに多かったせいか、沿道が常に賑やかでした。

DSCF6071_R.jpg

品川の折り返しで15km。良い場所が無かったので、写真は無し。

◆10~15km 30:10



ここから日比谷までは、ずっと向かい風でした。
手を振るドラえもんと接触したり、後姿美人を振り向いて現実を知ったり、
安全走行のまま、日比谷に戻ってきました。

20km地点。
DSCF6074_R.jpg


◆15~20km 30:28

日比谷のJRガードを超えると、銀座の目抜き通りです。

銀座四丁目交差点。
DSCF6077_R.jpg

20kmまでは安全走行しようと決めていましたが、コレ以降はノープラン。
少し身体が重くなってきたけど、痛いところも無いので、少しだけペースアップしてみました。

これまでの20kmはほとんど抜かれ通しだったのが、周りと同調するペースになりました。

25km地点。昨年は確かこの辺で妻と再会したような。
DSCF6080_R.jpg

◆20~25km  29:11


浅草の折り返しまで、単調なコースが続きます。
普通なら身体がきつくなってきて、精神的に一番いやな距離なのでしょうが、
今日は安全走行が長かったせいか、調子が良いせいか、楽な気分で走れました。

浅草寺の雷門前、遠くから有名人ムードが見て取れましたが、この人たちでしたか。
DSCF6085_R.jpg

一旦は通り過ぎましたが、よく見たら妻が大ファンの為末さんがいらっしゃるでは!
走り戻って、握手してもらいました。本人はあっけに取られていましたが。

ちょっとずつペースを上げて、様子をみましたが、異常なし。
30km地点通過。
DSCF6086_R.jpg


◆25~30km 28:38


思ったよりも余裕が残っているので、残り10kmを過ぎたところでギアチェンジ。
といっても、とにかく多くのランナーが走っているから、抜かすのも大変でした。

再び銀座四丁目を通過し、海側へ。
新しくなった歌舞伎座前を通過。

DSCF6088_R.jpg


歌舞伎座を過ぎると、35km地点。
まだまだ余裕あり。これからがマラソンよ。
DSCF6089_R.jpg

◆30~35km 26:16


いつもなら見向きもしない(できない)エイドで補給し、
最大の難関?佃大橋の登り坂もなんなく通過。
下り坂を駆けても、どこにも痛みが無いから、もう心配無しでしょう。

残り5kmになったところで、再びギアチェンジ。一所懸命走りました。
40km地点。いつもは記憶が曖昧になる場所ですが、今日は笑顔です。
DSCF6090_R.jpg


◆35~40km 25:07


この時点で、あわよくば!と思っていたサブフォーを断念。
実は、僕のGPS時計の平均ペースが4:36まで改善していたから、
もしや!と思っていましたが、東京は大回りカーブが多いから、実質43kmぐらい走るのです・・

DSCF6094_R.jpg

ゴールが見えてきた。涙は無いけど、楽しかったぞ。

DSCF6095_R.jpg

◆ゴールタイム 4:02:** (ネット)


秋以降、長い距離を走っていなかったので、不安でしたが完走できて良かった、良かった。
ビルドアップできたので、5月のウルトラに向けたトレーニング再開のきっかけとなりました。 

一応、いつものポーズも。
DSCF6097_R.jpg


パンとかアミノ酸とか、サプリ系食品に食べ飽きると、これがおいしいのです。
DSCF6099_R.jpg


久しぶりのフルマラソンでした。練習不足だけど、こんな楽しみもあるのね。

ムスメよ、来年も走るから応援しにきてね。
今シーズン初レース、よこすかシーサイドマラソンでハーフを走ってきました。

スピード練習不足なので、レースを利用してコンディションを上げたい、
せめて平均4分30秒/km⇒95分は切りたい、と考えていました。

調子もいい、体調もいい、天気もいい、の三拍子が揃ったレースは久しぶり。

シーサイド2012 004_R


スタートラインは混雑も無く、気分良くスタートできました。

シーサイド2012 008_R


スタート~5km
 4:15/4:31/4:32/4:30/4:27 22:05

スタート直後、飛ばしすぎに気がついてすぐに修正した結果、
想定ペースで順調に入れました。

シーサイド2012 024_R


5~10km
 4:30/4:31/4:32/4:38/4:35 22:46

☆0~10km 45:01 

走水のアップダウン(25m)を最小限ロスでクリア。
10kmは宣言通りの45分で通過。まだまだ余裕ありました。


10~15km
 4:32/4:48/4:29/4:47/4:36 23:12

よこすかシーサイドマラソンはここが醍醐味であり、辛いところ。
観音崎からたたら浜に抜けるトンネル部分の海抜は約50m。
ここを往復2回越えるのは、かなりキツイ。
どうにかこうにか、前のめりでクリア。


15~20km
 4:41/4:16/4:19/4:21/4:21 21:58

横須賀美術館を過ぎて再び走水のアップダウン(25m)を過ぎると16km。
雪化粧した富士山がクッキリと見えました。ここで登り収め。
あとは、ゴールまで下りのみ。エンジン全開。
4:15まで上げようと思っていましたが、平地になって少し減速。
途中から10kmのランナーたちと合流するので、少し走りにくくなった。

20~ゴール
 4:19/0:22

ラストは再び広い直線道路なので、ラストスパート。
最近は根性がついたのか、ラストスパートが出来るようになった。
成長の証です。


ゴールタイムは、宣言通りで95分。

シーサイド2012 034_R



そういえば、同じ日に開催された第1回富士山マラソン(旧 河口湖マラソン)は
当日朝の渋滞で走れなかったランナーが続出だったようです。

 
 富士山マラソン公式HP 

 
ランナーズのレースレポでは、これまで見たこと無いほど酷評されています。
 
 ランナーズ 大会レポ
 
河口湖マラソン時代から評判が良くなかった運営でしたが、とうとうこんなに・・


よこすかシーサイドマラソンは、付近の神奈川マラソン、三浦国際に比べて
とても顕著な特徴があります。

それは、スタートライン・スタート直後がとても穏やかなこと。
直前のトイレ待ちが少なかったり、荷物預けがスムーズだったり、
申請タイム順整列が守られていたり、理由は様々だと思いますが、
結局は参加者数が適正なのだと感じます。


よこすかシーサイドはコースはタフですが、とても良い大会だと思います。
来年は夫婦で走れるといいですね。

のりのりさんのシーズン初戦、よこすかシーサイドマラソンです。
今朝に限って今季一番の冷え込み。
今日は各地でレースが開催されていますが、
寒さに弱い人は憂鬱な朝を迎えたことでしょう。

私はスタート・ゴール地点で観戦。
久しぶりに、ふたり揃ってのアレ。
シーサイド2012

「私の分も頑張ってねー」と送り出しました。
さて、宣言通りのタイムで戻ってきますやら。


ハーフの部はコースの前半にループ状の折り返しがあります。
なので一旦スタート地点に戻ってくるのですが、
折り返し
ん?ちょっと設定ペースより早い気がします。
後半の崩れにつながらなければよいのですが。
ま、調子が良い、ということでしょう。

私は冷えてはいけないので暖かい所で休んでいよう、と車の方に戻りました。
が、早起きしたせいか、レースの雰囲気に興奮したせいか、
小腹が空きましたよ。
と、いうわけで
モーニング
喫茶店でモーニング。
2度目の朝食?おやつ?
二人分の朝食、ということにしましょう。

新聞など読んでいるといい時間です。
10kmだとこんな余裕はないし、フルマラソンだと待ち時間が手持ち無沙汰だし、
ハーフは付き添いも楽しいですね。


再び、スタート・ゴールゲートへ。
10kmの速い人たちがゴールの外でゼイゼイ言っています。
道の向こう側(スタート地点)では3kmのレースも始まったりして、
賑やかです。

撮影ポイントを確保しながら時計を見ていると、
今日のゴール予想時刻が迫ってきました。
迫って、きましたよ……、まだ来ないけど。

あぁ、もうあと少しで宣言タイムをオーバーしてしまう!
やはり前半はオーバーペースだったか?と思ったその時。

来た来た来た。
シーサイドゴール
口は開いていますが、脚はしっかりしています。

ゴールを過ぎたところで駆け寄ると、
塩を吹いた顔にはやり切った笑顔。
ぎりぎりに思えたタイムはどうだったのでしょう、記録証が楽しみです。

やはり前半は突っ込み気味で、上り坂にもヤラレタ!そうですが、
昨年よくあった内臓の不調などもなかったとか。
シーズン初戦、良い手応えでスタートできたようです。
レースの詳細レポは、明日、乞うご期待。


遅れましたが、日曜日のレースレポートです。

実家から阿武隈急行(通称:アブ急)に乗って保原駅で下車。

DSCF6025_R.jpg

保原は叔母が住んでいたり、父の実家に行くときに通るので、子供の頃からなじみです。
まさか、マラソン大会で訪れるとは考えもしませんでした。

DSCF6001_R.jpg

駅を出ると、送迎バスが待ち構えていました。
DSCF6002_R.jpg

徒歩で会場まで行こうと思っていたけど、係員に誘導されるがままに乗車。
同じ車両に乗っていたランナーは100名ほどだったので、混雑もなく乗り込めました。

DSCF6003_R.jpg


乗車してわずか数分で下車。距離にして1kmありません。

DSCF6004_R.jpg


会場まで徒歩で向かうと、既に各レースが始まっていました。
どうやら、子供たちの競争の様子。
子供一人に対して一人の大人(おそらく親)が歩道を並走していきます。

DSCF6009_R.jpg


受付は昨日済ませているので、特別賞の引き換えをしました。
遠来賞は福島県とその隣接6県以外の参加者全員に配られています。

DSCF6016_R.jpg DSCF6017_R.jpg

見事な桃(あかつき)です。食べてみましたが、かなり上質の桃です。


荷物預け(15分ほど待ち)とトイレ(20分ほど待ち)を済ませると、スタート15分前。
暑いからアップをしようか迷いましたが、5分走って2本だけウインドスプリントをしました。

汗が噴き出してのぼせてきたので、会場に備え付けシャワーで頭部を冷やしてスタートラインに整列。
地方のレースは、スタートラインに余裕があって、とても良いです。

9時55分、すでに照り照りの太陽に照らされてスタート。

50分を切れれば良いかな、なんて考えていましたが、
スタート直後は周りに押されてペースが上がってしまいました。

 S~1km  4:25
 1~2km  4:30

周りが落ち着いてきたので、自分もペースを回りに合わせてペースダウン。
3kmぐらいから、微妙なアップダウンが続きます。

給水所ではコップ3杯ぐらいを頭から被り、スポンジで首や脇下を冷やす。
これを繰り返すことで、体温が上がりすぎるのを抑えながら走ります。

 2~3km  4:53
 3~4km  4:51

精神的には、この辺が一番きつかった。
この付近のコースが真南を向いているので、夏の太陽が目の前から照らしてくるし。
折り返したら歩こうかな、なんて考えていました。

 4~5km  5:06

折り返して以降、日差しが後ろ射すようになり、正面から微風も感じるようになった。
さらにkスポンジの取り方、冷やし方を工夫したら走りやすくなった。

 5~6km  4:58
 6~7km  4:52

アップダウンが終わり、距離も残りわずかになったので、ペースアップ。
周りが落ちてきたので、走っていて気持ち良く走れました。

 7~8km  4:38

アブ急の陸橋上りで苦しみましたが、何とか乗り切り。

 8~9km  4:51

ラストは、中年ガールと競うようにラストスパートし、ゴール。

 9~10km  4:30

ネットタイムは47分台。思ってた以上に走れました。


DSCF6018_R.jpg

背後の気温表示に注目。スターと時点で32℃。
写真はカラ元気です。


妻が居ないのでオシャベリ相手もいないし、妻の表彰待ちも無いので、すぐに帰ることに。
会場を後にする間も、10kをゴールするランナーが続きます。皆ヘロヘロ。

DSCF6024_R.jpg


駅まで歩いていたら、送迎バスが途中でピックアップしてくれました。
首都圏大会ではありえないホスピタリティ。

保原駅で着替えをして再びアブ急に乗車。
ホームは95%走り終えたランナーです。

DSCF6029_R.jpg DSCF6030_R.jpg


エアコンでほっと一息、と思ったら太ももに異変が!
DSCF6037_R.jpg

どうやら↓コレで日焼けした皮が、大量の発汗のせいで浮いてきたようです。
キス釣り 034_R


アブ急車内で、皮を剥き剥きしたのは言うまでもありません。