2017.04.06 春休み
春休み最後の日は、


お花見がてら、金沢自然公園と動物園へ。


草ボーボーの奥に、オカピがいます。
オカピは舌が50㎝もあって、自分の目や鼻まで届くそうです。

キリンさんに話しかけて、オカピを見たら


坂道をずーっと上ってゾウさんを目指すのが定番コースです。


風に舞う桜の花びらを追いかけています。
今年の桜は、満開を見る前に風と週末の雨で散ってしまいそうですね。


ちょうどゾウの調教タイムでした。
体重を計ったり、身体中に異変がないかチェックしたり。
背中の上は、ゴロンと寝転がせて確認していました。
向かって右のヨーコさんは足に出来たおできの治療中です。
…と、飼育員さんによるそんな話をじっと聞いているムスメでした。

左はチャメリーさん、25歳。
ここには出てきていない、オスのボン40歳との間に「赤ちゃんが生まれるように応援してね!」と書いてありました。
お家のために15も年上の男の元に嫁にやられたみたいでなんだかなあと思わなくもないですが、ゾウ世界ではこの年の差は一般的なのでしょうか。


昼食後は再び遊具の方へ。


この春は桜よりも菜の花とコブシの方が印象に残りそうです。

よく歩いたしよく遊んだし、さあ帰ったらゆっくりおやつ…と思ったら、

自転車を降りてすぐに近所の公園で2回戦~。


母娘密着の春休みも終わり。
(と言ってもしばらくは長い短縮保育期間がありますが。)
いよいよ年中さんになります。


オットが全身麻酔で手術を受けようとしている時にナンですが、ムスメと二人、大阪に帰省していました。

(手術日は立ち合うつもりだったのですが、4歳児がいることを告げると、院内感染が心配なので来なくてよいと看護師さんに言われたそうです。)

帰る度にムスメをどこにつれて行こうかと考えるのですが、ムスメに尋ねると動物園(天王寺とか王子とか)も、水族館(海遊館とかニフラム?とか)も「行きたくなーい」。

近所の公園が一番、なのだそうです。






希望通り、自宅から徒歩圏内の公園をハシゴしてきました。
ま、この日は万が一にも万が一、のりのりさんの入院先から電話がかかってくると一大事だったので、近場がちょうど良かったわけですが。

明日もいつもの公園にと言うムスメを、翌日は


より遊びごたえのある場所へ。
巨大な遊具を見つけて走り出したムスメです。





ラグビーボールのモチーフがあちらこちらに。

そうです、

花園。花園ラグビー場の隣に大きな公園があるのです。

とにかく広くて遊具もバラエティに富み、幼児から小学生高学年くらいまで楽しめそう。


遊具の下は土ではなく砂場になっています。

ムスメがハマッたのは、こちら。

クライミング。


これが結構高くて、初めて登った時は焦りました。
階段などないので、よじ登ったら最後、同じように降りるしかないのです。

数回は下から降り方を指示しましたが、ムスメは怖がることもなく
「両足ついてる時に片手を離して次に進むってお父さんに教えてもらったの~」と言いながらクリア。

降りきると始めの位置まで100メートル程でしょうか、全力で駆け戻り、同じコースを辿って

またまた登るを繰り返すこと、エンドレスに思えました。

帰省すると甘いものはたくさん出てくるし外食も増えるしでかなりのカロリーを摂取することになりますが、これくらい運動すればカロリー収支もトントンでしょうか。

と、言いつつ、帰宅するなり

最近出来たというコメダ珈琲でスイーツをご馳走になった母娘です。

さて、3月は地方巡業月間。
次の週末は福島帰省です。
食欲旺盛ぶりをお祖父さんお祖母さんに存分に見て頂けるよう、健康と安全に留意したいものです。


最近のアレコレです。

この1年ですっかり伸びた髪を毎朝おさげにしたりツインテールにしたりしていたのですが、
急に「エルサもアナもメイちゃんもしない」と言いはじめ、
(エルサ=後ろに三つ編みを垂らす、アナ=おさげ、メイちゃん=ツインテール、それぞれアニメのキャラクターの髪型です)


それでは鬱陶しかろうにと思っていたら、
「シータみたいにしたいの」と言います。

シータというと天空の城ラピュタの主人公ですが、彼女もおさげでは?
「シータが、髪をバザバサーってなったところ」なのだそうです。

分かりにくいなあ。
シータがムスカに銃で撃たれて、おさげを吹き飛ばされた場面のことですね。

と、いうわけで美容院へ。
銃で吹き飛ばされた風ではなく、きれいな前下がりのボブ。
シータというより、昨今流行りの女性芸人そっくりになりました。
そして自分からシータがいいと言ったのに、
「シータ」と呼ぶと怒ります。

そんなムスメの、ここ数週間のブームは、

ぬりえです。

ザザザーと大胆に塗ります。


あっという間に塗り終わるので、

私がやってみようと買ってあった大人のぬりえまで、


ザザザー。


ザザザー。

ノートと色鉛筆(クーピー)の減りは凄まじいですが、
集中し始めると30分は静かなので助かります。

2017.02.21 楽しみなこと

ムスメが今一番楽しみにしているのは、
三鷹の森ジブリ美術館に行くことです。



昨年11月にも行ったのですが、↑
出迎えてくれるトトロに歓声をあげ、
ラピュタのロボット兵を飽きることなく眺め続け、
何より実物(?)大のネコバスに大興奮、いつまでも遊んでいられる様子でした。

ジブリ美術館は予約制で、毎月10日に翌月分の入館予約ができるようになります。
入館も二時間刻みの予約制(退館時間は自由)。
なので週末の良い時間帯は争奪戦ですが、
マラソン大会エントリーでクリック戦争には慣れっこののりのりさん、希望の日時で予約してきてくれました。

チケット買ったよ、とムスメに伝えて以来毎日、折に触れ「早く行きたいなー」とネコバスの顔真似をしながら言っています。


このトトロも連れて行きたいのだそうです。リュックに入れて。

実はムスメと同じくらい私も待ち遠しく思っていたりします。
前回は16:00入館で、日も暮れかけていて出なかった中庭やあまりの人混みに入れなかったショップも見てみたいし、ミニシアターの短編アニメーションも味わい深くて楽しみです。


まあ何と言っても、ネコバスに喜ぶムスメの顔を見たいというのが一番ですが。

2017.01.31 理不尽な話
明けても暮れても、

ストライダーを乗り回しているムスメです。

登園前に「幼稚園行きたくない」と言い出して泣いたことがあるのですが、
「分かった、じゃあ先生にお休みの電話してくるね」と言うと
「やっぱり行く~、ストライダー乗りたいの~」とやはり泣きながら自転車に乗り込みました。

さて、先週末のムスメのリクエストは「プール」でした。
最近は父娘ふたりで出掛けることも増えていましたが、
この日は「お母さんはプールに入らなくていいから、上(ギャラリー)から見ててね」とのことなので同行しました。

上から見ていると、浮き輪をしながらとは言え、のりのりさんから多少離れても平気な顔で、教えたわけでないのにバタ足のような動きで前に進んだりと、随分水に親しんできたようです。

時々、休息なのか浮き輪を置いてジャグジーに父娘並んで入り、何やらお話をしていたりするのは微笑ましい光景でした。

ところが、後で何を話していたのかとのりのりさんに聞いたところ、
「お母さん、怒りっぽいんだーって言ってたよ」と笑うではありませんか。

何よ何よ、聞き捨てならないじゃないのよ。
「自分は短気で怒りっぽい、DNAだから仕方がない」と開き直っているのはのりのりさんの方なのに。
そりゃあ、平日密着24時間母娘やっていたら、お小言のひとつやふたつ、いえみっつ、言うでしょうよ。
週末になるとアイスクリーム買ってくれるお父さんはさぞ優しいでしょうよ、ねえ。

と、抗議すると
「ほーら、怒りっぽいねえ」とまたニヤニヤされました。
理不尽な。

怒りっぽいお母さんですが、幼稚園の隣のクラスの先生によると
「ムスメちゃん、お昼1時くらいになると私に『お母さんに会いたくなっちゃったー』って言いに来るんですよ」とのことでした。ほなまあいいか。
菩薩のような母親になりたいものです。

この日のランチは
 
野毛のセンターグリルに行きました。
ナポリタンの発祥は横浜のホテルニューグランドですが、
トマトソースでなくケチャップを使ったのはこちらのお店が最初だとか、諸説あるとか。