ずいぶん遡ることになりますが、冬休みの一日、ムスメをのりのりさんに託して、行ってきました。

森美術館で開催中の「村上隆の五百羅漢展」。



五百羅漢展といえば数年前にも、増上寺のものを見たことがあります。
五百羅漢展


村上隆の五百羅漢図も実はこの増上寺のものがベースになっているとのことです。


館内は撮影自由。

金色にそびえ立つのは「宇宙の産声」。

これまで、いわゆる「現代アート」と言われるものは苦手だと思っていたのですが、村上作品は非欧米的というのか、オリエンタリズム?というのか、見ていて疲れないというか、とてもしっくり来る気がします。
そして音声ガイドで聞いたこの言葉も、鑑賞の助けになりました。

「無意味こそこの世の真理である。
作品の内容とタイトルに関連はない。
見る人が深読みしようとした時にその思いは拒否されず、より奔放に意味内容を妄想できる。それが醍醐味」。

さて、いよいよ五百羅漢図へ。


高さ3m、全長100mのこの迫力。

もちろん500人の羅漢さんたちは微細に描き分けられています。




漫画っぽい。
解説によると、村上氏は「漫画家になりたかったけど、才能がなくて諦め、芸大に進んだ」のだそうです。

私が羅漢さんの中で特に好きなのは、

ラゴラまたはラーフラと言う名前のこちら。
お腹を開いて心の中にいる仏さまを見せている、とても印象的な姿です。
ラゴラの仏像も各地の寺院にはあるそうで、一度見てみたいと思っています。

この五百羅漢図は、東日本大震災時に多大な支援を表明したカタールへの感謝として、ドーハで初めて公開されたそうです。
カタールへの人々は羅漢さんを見てどう感じたのでしょう。

五百羅漢は五百の苦しみを癒すともいうそうですが、癒しというよりは元気をもらった感じです。
ついでに言うと作品とは関係ないのですが、音声ガイドの声と語り口があまりに素敵で何度も聞き返してはうっとりしていたので、余計元気になったのかも。
案内を見ると声の主は俳優の斎藤工さんでした。おばちゃん、すっかり虜よー。


久しぶりのおひとりさまランチも堪能。


その頃ムスメは…、




のりのりさんに、感謝。(今年は若冲も見たいな~。)





所用があり、日本大通りまで出掛けることになりました。
のりのりさんの仕事場のほど近くも通る予定。
ちょうど到着するのが昼頃と予想されたので連絡すると
じゃあランチに合流するか、ということに。

ところが、みなとみらい線に乗ったころからムスメが騒ぎ始め、
焦ったせいで降りる駅を間違えてしまいました。
それに気づかず、「駅を降りたらアッチ」と思い込んでいた方向へ歩き出し、
しばらくして隣の駅で降りたことに気づいたので苦手な地図など見てしまったら最後
歩けど歩けど目的地に着きません。

結局正反対(だったのか?)の方向にかなり歩いてしまっていたようで、
のりのりさんには先に昼食を済ませてもらうことに。
そして私が目的地近くのカフェでランチセットを注文した頃、
食後のコーヒーを飲みにのりのりさん登場。
私が道に迷っている間ぐーすか寝ていたムスメも目覚め、
外出先で突然父親が現れた状況にキョトンとしながら
三人それぞれ、ランチセット、お弁当、食後のコーヒーを楽しみました。

10439596_673234519419022_1642569014_n.jpg


のりのりさんに、実は駅を降り間違えて、と説明しようとすると、
「で、関内駅まで行ったんでしょ」と結論を先に言われてしまいました。
なんで分かるの?!
私のこれまでの方向音痴ぶりを見ていたら、
行ってしまいそうな方向など聞かなくても分かるのだそうです。

昼休みが終わって、のりのりさんは仕事場に、
私とムスメは肝心の用事を済ませに、と別れました。
用事はすぐに終わったのですが、このまま帰るのももったいない気がして、
再びみなとみらい線に乗り、オープン1周年の「マークイズ」へ。

以前も行こうと思ったのですが、あまりの行列で諦めた、
キドキド」。今日はすんなり入店できました。

まずは、私が入ってみたかったボールプールにムスメを入れると、
キドキド (2)
始めは立ち上がることも出来ずに戸惑っていましたが、

キドキド (1)  キドキド (3)
次第に調子が出てきました。

キドキド (4)
ねこ車発見。

10432287_673277482748059_1034670354_n.jpg
バランスを取るのが難しく、何度も転びながらも楽しそう。  

キドキド (5)
マグネット、家でも大ブームです。

キドキド (6)
本当は、動物の形のプレートに紐を通す知育玩具ですが、
長いものはとりあえず首にかけることになっているムスメ。

いやー、これは楽しいです。大人も楽しめます。
写真は撮れませんでしたが、
大きなビニール製のホイールに入ってぐるぐる回転する遊びなど、
(ムスメはまだできませんが、クライミングやアスレチックのようなものも)
身体を使う遊びも多いので私もすっかり遊び疲れてしまいました。

もしのりのりさんが平日に休めたら、一緒に来よう。
ムスメと一緒に、というか、ムスメをはしゃがせることにはしゃぐ姿が
目に浮かびます。

帰りの電車では再びぐっすりだったムスメ。
キドキド (7)
今日は少しだけバギーに乗ってくれましたが、途中からはずっと抱っこ。
「乗る?」と聞くと「ナイ、ナイ!」(しない、の意?)でしたが
帰宅して玄関にバギーを置くと自分でちょこんと座りました。
なーぜー!?


2014.05.07 ボート・キス
ボートキス釣りのシーズンが開幕しました。
庭の花々といい、東京湾の魚といい、動植物が季節を運んでくるかのようです。




そういえば、昨年の同じ時期もボートに乗ってキスを釣りました。

 2013年の記録

具合が悪いのに強行したため、珍しく船酔いし、自宅に帰るのに四苦八苦したっけ。


船宿のおばさんがその事を覚えていました。

「あー、去年、具合が悪くて帰ったお客さんだ!」と。

大正解。覚えていてくれましたか。


今年は体調・睡眠十分でした。
朝一番(6時)に出船し、いつものエリアにアンカーを落として開始。

1投目から当たりがあり、間もなく1匹目がヒット。
まあまあのキスからスタート。

それ以降はコンスタントにつれ続け。
当たりが無くなり、30mほど移動してみると、再び釣れ始め。

9時ごろには、二人分の食卓に十分な数が釣れました。
もちろん、小さい型はリリース。

余裕がある釣り人は、魚に、自然にやさしいものです。


どうせなら帰宅後にさばいて、昼に食べようと思いたち、LINEで妻に連絡。

お持ち帰りは18匹。

P5054417.jpg

父親の留守をとがめるムスメをなだめながら、さばきました。

天ぷら作りも上手になった気がします。
揚げたてが一番おいしい。


P5054419.jpg


船宿のおばさん曰く、この時期ではとても良い釣果だそうで。
海上で近くをすれ違ったお父さんは「当たりがない・・」とぼやいていました。

このところ、キス釣りは失敗がないので、分かってきたのかもしれません。


海上で一人、小物釣りに興じるのは、とても風流なのです。
この時期のボートキスは、毎年の恒例になりそうです。


夏前にもう一度、三浦半島の金田港でやってこようか。
マゴチをホンキで狙ってみるとか。
東大寺 (1)
あー。

東大寺 (2)
うん。

東大寺南大門の金剛力士像のお顔。の複製。実物大です。


金沢文庫博物館で開催中の「東大寺」展に行ってきました。

絵巻や書状など、なかなかお目にかかれないものが多く展示されていましたが、
プーシキン展の時のようにムスメが騒ぎ出さないうちに、
是非見ておきたいもののところへ一直線。
東大寺 (8)
左の四天王(の広目天)は、館内ではチラシほど色鮮やかには見えませんが、
厨子から出してあるので後ろ姿もじっくり眺めることができました。

でも一番見たかったのは、会期中特別公開している、
運慶作の大威徳明王像。
大きな作品ではないし、惜しいことに腕も足もなくなってはいるのですが、
精悍なお顔やぎらりとした玉眼にはすーっと引き寄せられるような魅力があります。

RIMG0077.jpg
博物館を出て称名寺内を散歩する間も、ムスメはずっと眠っていました。

そのムスメは週末から鼻水たらーり、咳もこほこほだったのですが、
東大寺 (5)
ご機嫌も良いし食欲もあるよう。
念のため小児科を受診しお薬を貰ったら症状も収まってきました。

が。
子供の強力なウィルスが家庭内に蔓延。
本日、わたくしが発熱してしまいました。
葛根湯飲んで寝ていることにします。


2013.09.27 ユトリロ展
横浜高島屋で開催中の「生誕130年 ユトリロ展」を見てきました。

風景画、特にパリの街角などを多く描いた画家です。

ユトリロは孤独な人だったようです。
母親は美しく恋多き女性で、ユトリロの父親も誰なのかわからないのだそう。
その母親は息子の世話を母(ユトリロの祖母)に任せ、
祖母がまだ幼い孫に何の気なしに日々ワインを飲ませていたせいで
アルコール依存症になったりと、子供の頃から孤独と多くの問題を抱えたユトリロ。

そんな解説を見たせいか、前半は特に寂しげな絵が多いように感じました。
街角、建物の壁、そして教会、そればかり。
後半になると少し華やかさがあって、人物も出てくるのですが
人物というのは「腰周りの大きな女性」、
これはユトリロを苦しめてきた女性の象徴なのだとか…。

そんな薀蓄満載の解説や、
描かれた街角や建物の写真もちりばめられ、
楽しく鑑賞してきました。

プーシキン美術館展では大興奮だったムスメが、
今日はすっかり眠っていてくれたおかげでもあります。

そのムスメは、
ユトリロ 016_R
歯ブラシでの歯磨き、始めました。
ガーゼ磨きでは、指が千切れるかと思うほど噛まれるのです。

意外と
ユトリロ 021_R
おとなしく磨かれています。今だけかな。