昨日、トレイルランニングのとある練習会に参加してきました。

ハセツネCUPという、トレイルランニングレースを牽引してきた大会があります。
参加者は2000人で日本最大規模にもかかわらず人気がありすぎて予選会ができたほど。
今年の10月に開催されますが、私も参加します。
実は13年前に友人に誘われて無事に完歩(23時間35分)しているので2度目の参加です。


昨日の練習会とは、この大会に向けて実際のコースを走るものでした。
この大会に精通した、あるランナーが企画運営・講師をしています。


今日どうしても書きたかったこと『トレイルランニングのマナー』を改めて考えさせられるエピソードを紹介します。


------------------------------------------------------------

私が『えー!まじで?』と
に感じたエピソードは昨日の練習会の一幕。

先頭を走る講師役の真後ろを走っているときのこと。
前方からハイカーが近づいて来たのが見えました。
フラットでぎりぎりダブルトラック(スレ違い可能な幅)で出会い。
講師はハイカーを少し待たせて走ってスレ違い。
僕の後ろには数人のランナーがいたので、
僕は咄嗟に止まってハイカーを先に行かせました。
その間、20~30秒ほど。

数十m先で我々を待っていた講師に合流してランニングを再開した直後、
思いもよらないことを講師から言われました。
『あのぐらいなら、走ってすれ違っても大丈夫ですよ』

自分がトレイルランニング界のレジェンドである石川弘樹さんとのエピソード(このあと書きます)を話したらさらに、

『この山域はハセツネの歴史を知っているハイカーが多いから大丈夫』
『石川さんは疲れていたんじゃない?』

色々書きたいけど、事実はここまで。

------------------------------------------------------------


続いては、日本のトレイルランニングを黎明期より牽引してきたレジェンド、石川弘樹さんとのエピソード。

今年の5月8日、彼の壮大な企画の2日目、西丹沢のダブルトラックで遭遇しました。
(Facebookで自分たちの近くに泊まっている記事を見かけて、待ち伏せしていたのですが)

2016年5月7~8日のブログ【石川弘樹さんは後半】

あちらが登りで私が下り、ダブルトラックなのに、
走り下ってくる私を見かけた瞬間に彼は立ち止まり、

『先にどうぞ!』

と道を譲ってくれました。あの笑顔で。
私がランナーであることが明確なのにも関わらず。
それ以降、ランニングの際は相手が誰でも自分はマネすることにしています。

石川弘樹さんはそうした謙虚な姿勢をかつてレポートにしています。

Run smart on dirt. 願うこと ・・・



いくつもの人気レースをプロデュースしている彼が、前述のハセツネCUPに対して、
とてもネガティブな印象を持つことも触れられています。

------------------------------------------------------------


ことは趣味のトレイルランニングについてですから、
あくまで自分の好みの問題であります。

ある意味ユーザとして、自分の主張と異なることを受け入れるかどうかの問題と、
自分がトレイルランナーとしてどう振る舞うかとの区別ですが、
時と場合によって変化することと、根っこに近いことがありますが、今回は明らかに後者。

ハセツネCUPの出場が、もしかすると今回で最後になるのかなと感じた訳です。
その分、今回の大会で出し切りたいとは思っています。
三連休を利用して、長野県白馬村で開催際されたロゲイニングイベントに出場してきました。

・制限時間は一日目5時間、二日目4時間
・提供される地図を頼りにチェックポイントを見つける
・チェックポイントにはそれぞれ点数が付いている(スタート30分前にリストが配布される)
・二人以上のチームで探し回る
・獲得点数の合計を競う

山ランニング友達のSさんとチームを構成しました。
金曜深夜に都内某所に車で出発し、白馬到着が早朝。
ワイルドな行程でした。

一日目のスタート直後にロストしスタート地点に戻ってしまったときは、
二人ともションボリしましたが、
苦手な地図読みで無理をせず得意なランで走り倒すと割りきった結果、
二日目は実力以上の結果を得ることに成功し、
良い思い出になりました。


Sさんと。二日目のスタート時点は雨でした。





このチェックポイントを探し回ります。
二日目間で50km以上も走りました。




こんな場所も通ります。膝まで泥沼。
写真に写っていますが、自転車の部もあります。




宿泊は会場内に野営。




ツェルト内はこんな感じです。
寝不足と疲労のおかげで熟睡しました




食事は事前に準備したドライフードにしました。
大会の規定は特にないから、名物のそばでも食べに行けば良いのに、と考えるところですが。




ゴール近くの用水路でアイシング兼シューズの泥落とし。




二日目のゴールでSさんと。
意地になって走り倒して大満足。





このイベントは我々のような初心者向けですが、
同じ主催者が年1度開催するほうは、ぐっと難易度が上がるようです。

帰りの車中、来年はそちらの大会に出場しようか、
と二人で相談したのは言うまでもありません。
2016.06.26 SPAトレイル 
本日、SPAトレイルに出場しました。

現在、自宅に戻る電車の中です。

SPA=温泉でして、群馬県のスタートが四万温泉、ゴールが草津温泉、
距離が72km、累積標高が+4600m。

これだけ見ると、自分が参加したトレイルレースで最も過酷ですが、
林道が多く、激坂やガレ場が少ないので、他と比べると走りやすいコースでした。


今年の春最後のレースであることと、
数少ないラン仲間全員(僕を含めて3人)が出場するので、
この日のために厳しいトレーニングを積んできました。


結果、目標の11時間切りを達成し、
総合順位も160番台だったので、
心から満足しています。

天候も身体のコンディションも最高の状態でした。

たぶんそれほどダメージを受けていない(少なくとも2週間前の八重山トレイルやりは)ので、
少し休んだら、丹沢辺りをノンビリ山を走りにいきたいです。


写真集。


第2エイドステーション(野反湖、35km)

まだまだ元気でした。


第5エイドステーション(67km)

少しだけ余裕が残っていました。
ダメージをに比べると痩せてます。




日本のトレラン界で最も有名な鏑木毅さんと、野反湖をバックに奇跡のツーショット。
今回のコースプロデューサーです。




70km地点のこの表示は、
彼の手書きのメッセージです。



昨年春に出場した比叡山トレイルレースでも感動した。



10時間を、越えるレースは準備も大変だけど、満足度が桁違いです。

あー、楽しかった。
久しぶりの投稿になりました。

ブログ更新が遅れてしまう原因。

①電車内で仕事をしてしまう(スマホかノートパソコン)
②帰宅後に余裕が少ない
③書こうとして力む

過去を振り返るツールとしてとても有効なので、
もう少し更新頻度をあげようと思います。


さて、去る6月12日に「八重山トレイルレース」に参加しました。
39kmなので、エントリーした数ヶ月前は
6月26日の70kmレースに向けた調整レースのつもりでした。

しかしいざスタートしてみるとホンキになってしまいました。

気温が高く、暑さに順化できていない身体が大量の汗をかいてしまい、
準備はしていたもののラストは熱中症の症状(吐き気、めまい)で
かなりきつい状況になってしまいました。

途中まで目標のタイムを上回るペースでしたが、
残り5kmで不本意なペースになっていまい、
結局は8分ほどオーバーしてしまいました。



翌日の月曜日、歩くのが困難なほどの筋肉痛。
翌日も激痛でした。しかも強い疲労感。
過去を振り返ると、ここまでひどいレースはあったかな?と思うほど。


こういう時、酸素カプセルやマッサージという手段もありますが、
今回は初めて「ニンニク注射」を試してみました。

前の週にたまたま受診した職場近くの皮膚科で、
初回2000円という貼り紙を思い出し、
水曜日、外出先から戻る時に寄り道してうってみました。

まー元気になること。疲労感が抜けました。
しかし筋肉痛は依然として抜けず。

金曜日にも再びニンニク注射を打ち、
本日土曜日になってようやく走ることができました。


いよいよ来週は春のメインレースである、SPAトレイルレースです。

楽しみだー、天気が荒れませんように。


ラン友Sさんと二人で、丹沢1泊2日の旅に行ってきました。

スタート地点は丹沢登山の玄関、大倉。
多くの人で賑わっていました。
8:40スタート。



まずは、大倉尾根を塔ノ岳まで900m程度の登り。
約8kgの荷物を背負っているので、トレランのようにはいきません。



塔ノ岳(とおのだけ 1491m)に到着。
少し休んで丹沢山に向けて出発。

100名山の丹沢山(1567m)に到着。
軽い達成感。



短時間で補給して、蛭ヶ岳に向けて出発。
ほどなく、今回一番の絶景に思わず声が出ました。



赤いバックパックは友人S。


神奈川県最高峰の蛭ヶ岳(ひるがたけ 1673m)に到着。
かなりの達成感。
ちょうど昼時なので、ランチとしました。
ガスで湯を沸かしてカップラを作る友人S。
自分はドライフーズの豚汁の旨さに感激しました。





ここから、檜洞丸までがクサリ、ガレ、急登あり、しかも強い日差し、水切れでしんどかった。

Sさんがいつの間にか撮影してくれました。





地図に記載されていた水場で十分に給水して元気になった代わりに、
虻みたいなのに刺されてしまい、すごく痒かったので『ポイズンリムーバ』で毒を吸出中。



友人Sはダニみたいなのに刺されたので(咬み後がくっきり)こちらもポイズンリムーバ。
まさか、2度も使うことになるとは。

檜洞丸(ひのきほらまる 1601m)手前の青ケ岳山荘で待望のコーラを買ってがぶ飲みしました。
ちなみに、500ml常温で500円なり。



あとは西丹沢の箒沢公園橋までほぼ下り。
途中から沢と平行して気持ちがよいトレイルが続きます。



16:30、目的地の大石キャンプ場に到着!
25km、8時間の長丁場でした。

管理者が不在なので電話したら、
 
他に客もいないし、明日も行かないから好きに使ってね。
代金は洗濯機の所にでも置いておいて!

という言葉に甘えて、バンガローを使わせていただきました。

そして、クールダウン兼入浴



✳patagoniaのこのイメージ(短パンは同じモデル)


友人S(48歳 普通の家庭あり)があまりの気持ちよさに、
イワナになってしまった。
✳時刻は17時です。




バンガローで遠路担いできたウイスキー200mlとつまみで宴会。




アルファ米やらをいただいて、20時前には就寝しました。




二日目。
色々と選択肢がありましたが、
1つの偶然をうまく利用して石川弘樹という日本を代表するトレイルランナーと遭遇することを目的としてコースを選びました。

東海自然歩道FKT


前日朝、高尾山を出発したことは知っていました。
距離的に1泊目は西丹沢付近でない?と予測していましたが、
キャンプ場に着いて携帯の電波が有効になって彼のFBをみたら、
この写真。
場所は自分達の1km上流でしかも4分前。

※勝手に利用してスイマセン。



彼の行動を予測し、畔ケ丸(あぜがまる 1292m)に先回りし、下りの途中で登ってくる石川さんと遭遇する計画としました。

格好は昨日のFBで彼が着用していた同じ色の短パンと、
先日の奥三河パワートレイルで買った、
石川弘樹デザインのTシャツ(注 彼はレースプロデューサ)を着用して。


夢が叶いました。
石川弘樹とトレイルで奇跡の遭遇。



事情を知らない彼は、下ってくる僕を見るや、
立ち止まって道を譲ってくれた。
さすがはレジェエンド。

写真を撮らせていただき、握手までさせてもらいました。
ショーツがカラーまで同じであることを伝えて、
鹿のように軽く登っていく後ろ姿を見送りました。




結局15km走ってキャンプ場に戻り、
川で汗を流しました。野生感が戻ってきた!




バスで駅まで。旅は終わりました。