上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ともともの29歳と数十か月の誕生日です。
諸手を挙げてお祝いする年齢ではないかもしれませんが、
あとあと遺恨を残さぬよう、ランチデートしてきました。

場所は葉山の森戸海岸に面した「la-plage」、フレンチです。

お酒を飲む事を十分に予測し、電車とバスで森戸海岸に。
絵に描いたような小春日和。
相模湾の奥に、マウント富士の威容が出迎えてくれました。

相模湾からの富士山

富士山の手前に見える灯台は、「裕次郎灯台」と呼ばれています。
どこの裕次郎か、おそらく石原の、だと思います。
右端に見える島は、江ノ島です。
地元の人も、「今日は富士山がきれいに見えるねえ、と立ち話していました。」
それを聞いたともとも。「日頃の行いがいいからや」と自慢げ。
むしろ、今回ディナーでなく、ランチを予約した僕の手柄でしょう。

さて、散歩したあとレストランに移動。
看板がお出迎え。お店はマンションの2階です。

la-plageへ

↑バス通りの看板

早速注文しましょう。今日は誕生日だし贅沢します。
他にも\3,150からコースがありました。


メニュー

↑葉山の地魚と鎌倉野菜のコースを注文!



ま、おいしい食事紹介の場合、往々にして解説は鬱陶しいものです。
なので、写真を中心に紹介します。
ちなみに、写真撮影の許可をもらおうとしたら、
「バッシバッシ撮ってください」との事でした。
ブログ採用させていただきます。


まずは、散歩で乾いたのどを潤します。(AM11:40)

地ビール

↑湘南ビール(ともともはシャンパン飲んでました)

夏、海水浴場でよく見かけた「湘南ビール」の幟。
バイクのため飲めなかった敵が討てました。
美味しいビールだ。僕の好きな黒ラベルに似ている気がします。

さて、最初のお皿。

アミューズ

↑アミューズ(里芋、ラディッシュ、タコマリネ)

カリフラワーのムース

↑2皿目:カリフラワーのムースと昆布森の雲丹の取り合わせ

昆布森の雲丹とは?三浦半島で、素潜りしていたらたくさんウニ見かけますからね。
相模湾の昆布を食べているんでしょうか。

鮪のあぶり

↑3皿目:三崎港石川さんの赤身鮪炙り、サラダ添え

でました!三崎のマグロ。これはおいしかった。
葉っぱの下にたくさん隠れています。すごいボリューム。
「石川さん」ってマグロ船会社の社長でしょうか。

おいしいパン

↑パンもおいしかった。焼きたてです。お替りしました。

ウニのムース

↑スープ:厚岸町坂下さんの牡蠣とサフランのスープ

厚岸町(あっけちょうと呼ぶ)は、北海道だね。
濃厚な牡蠣スープでした。
「坂下さん」は海女さん達を取り仕切る社長だと思います。

スズキのポワレ

↑メイン:スズキのポアレ(鎌倉の温野菜がたくさん)

スズキ(僕にとってはシーバスとして馴染み深いものですが・・)のポアレ。
たっぷりの鎌倉野菜(品種も風変わりなものあります)と淡白なスズキはベストマッチです。
大きな切り身で食べごたえも十分。

洋梨のコンポート

↑デザート:洋梨のコンポートとバニラアイス

マカロンとコーヒー

↑コーヒーとティフール

ティフールとはおそらく茶菓子。ともともは大喜びしてました。

満足のコースです。
お腹すかせていかないと、食べられないくらいボリュームもあるし。

ちなみに食事席からも相模湾+富士山は丸見えでした。
カフェも併設してあり、外テラスから森戸海岸に出られます。
料理のみならず、立地としては葉山御用邸に負けるとも劣らない一等地です。ほんとに。


あー、いい誕生お祝でしたね。
晩御飯のあと、さらにデザート食べました。

鎌倉レ・ザンジュのケーキ

↑鎌倉 レ・ザンジュ のケーキ(洋梨のタルトが有名のようで)

一日2回のデザート。ともともにとっては誕生日特別ルール。
「明日15km走ってチャラにするからいいねん。」とか。



スポンサーサイト
2008.11.29 LSDに挑戦
フルマラソンに向けて、LSDという練習を初めて行いました。

これは、今まで行ってきたペース走(何㎞を何分で走るか)ではなく、
Long Slow Distance、できるだけ長時間ゆっくり走る練習です。

「もっと速く走りたい」のをぐっと我慢、息が上がらない程度の速さで、
黄金色に輝く銀杏並木を楽しみながら、時にはお喋りしながら。

しかしながら、笑顔も2時間が限度でした。
下半身が重く重く、足が前に出ません。腕を振ることすら滞りがちに。

ふと見ると、「足が重いねえ、お尻も攣りそうになってきた」というのりのりさんは、
なぜか笑顔でした。

アチラの世界に行ってしまったようです。
ランニング・ハイとかいう、アレでしょうか?

とにもかくにも、2時間45分、走り続けました。
本番では、あと2時間くらいは走らなければならないのですが。

とてもきつかったけれど、今後どのくらい力がついていくか、楽しみです。

夕食はのりのりさんに準備してもらいました。
福島から立派なお野菜をたくさん頂いたので、
大根と白菜の特集をしていた『オレンジページ』、買ってきました。

雪見鍋
ぶりと大根の雪見鍋。
片栗粉をまぶして軽く焼きつけたぶりと大根、火が通った頃に大根おろしを加えます。
おだしはめんつゆです。

ぶりのだしが出て、けれど大根おろし効果で意外とあっさり。
衣カリッのぶり、大根の歯ごたえ、食感も楽しくてこの冬の定番となりそうです。

〆はうどん
〆はおうどんです。溶き卵と、たっぷりのあさつき。
御馳走様でした。
のりのりさんはこれでさらに、オレンジページ信者になったようです。
STEP UPビギナー
よこすかシーサイドマラソンが終わった後、
今週は脚を休めるため、スポーツクラブで筋トレだけに取り組みました。

週末、再始動します。
目標は一昨日書いたように、1月末の館山若潮マラソン(初フルマラソン)での4時間完走。
もちろん、ともともも同じ目標です。

再始動に向け、一流マラソン雑誌「ランニングマガジン」を読みました。
そしたら、こんな記事が。
題して、「STEP UPビギナー」。まさに僕達のこと。

曰く、「やる気満々で、急激に練習量を増やすことは、
故障のリスクを一気に高め、危険である。」と。

一昨日のブログに書いたように、僕はやる気満々でした。。
あやうく故障してしまうところでした。
要は、20%程度の練習量UPが適正との事。

そこで、見た目とは異なり、意外と物事に真面目に取り組む僕としては、
参考になる練習メニューを見習うことにします。

新!練習メニューの参考

↑大変参考になるメニュー

<フルマラソン4時間完走のための最初の4週間 メニュー>

・平日夜、3回程度。10km(55分)又は15km(90分)のペース走。
・土日のいずれか、LSD(2.5~3時間程度)又は90分走(ロード15km、クロカンでもいいかも)

と決定。マラニック(マラソンとピクニックを足した造語のようです)に関しては、
ともともと意見交換したんですが、
お弁当持っていくの?とか
帰りはバスで帰るの?
などと意見がまとまらないので、当面は中止。
良く理解してからやってみようと思います。

とにかく、総力UPの土台づくりを初めからやり直す事をやってみようと思います。

そこで、明日の再始動第一弾は天気が良さそうなので、LSD3時間程度をやってみます。
LSDは会話しながら走れる程度のペースで良いので、
今まさに見ごろの紅葉を鑑賞しながらのんびり走ってこようと思います。

さあ、再始動だよ。

お天気の良い週末の午前中などジョギングしていますと、
周りの何気ない風景が楽しいものです。

走り終わってからのりのりさんに、
「川に鴨がいっぱいいてたなあ」とか、
「あそこのマンションのベランダで亀が3匹甲羅干しさせられてたでしょ」とか、
「今日は猫がいつもより少なかったよね」とか、同意を求めるのですが、
のりのりさんは素気ないものです。

「よそ見ばっかりして!真面目に走ってるの?」などと。

平日は夜に走るから景色など見えないし、
海とか川とか、見どころ満載だし。
それに私だって本番はまっすぐ前だけ見て走りますよ。

と、思っていたのですが。

「オールスポーツ」というwebサイトがありまして、
プロのスポーツカメラマンがさまざまな競技で参加者を撮影し、
webに公開しています。

今日、よこすかシーサイドマラソンの写真が掲載されたので見てみました。

もしもしお姉さん、どこ見ているのですか。

バッチリ、よそ見しながら走っていました。
のりのりさんから、厳重注意を受けました。

ランニングマガジン
『ランニングマガジン』
これでも読んで、走り方について研鑽積みたいと思います。

きんぴら
本日の一品。
大根と糸コンのきんぴら。の、残り。
味がよくしみて、おいしくできました。
好評シリーズ「データで見るよこすかシーサイドマラソン」も最終回です。
たった2回ですが。

公式記録が発表されました。
いろんな視点がありますが、今後の練習・目標を検討するために、
自分たちの走力を客観的に見てみました。

完走タイム比較

僕達が参加したクラスのタイム別(5分ごと)の人数です。

まず、女子。2時間00分~2時間15分が最も多いです。
そういう点では、1時間55分台で走破したともともは、かなり「走れている」女子です。
これ以上のタイムは、まさに競技志向といえると思います。
がんばろう。もうちょっといけるかもしれません。

一方、僕。ほぼ平均ぐらいでしょうか。
ともともと同じぐらいのポジションを狙おうとすると、
1時間40分ぐらいで走らないといけない。
1kmラップで5分を切らなければ実現不可能。
よって、僕にとっては実現は不可能です。
体調を悪くするはずなので、諦める事にします。


さて、次の目標は1月25日の館山若潮マラソンです。

フルマラソンにエントリーしています。

まずは目標。
ハーフと同じペースでいくと、3時間50分程度。
イコールこれが目標ですが、ちょっと気が重い。
なので、4時間を切る、ことを目標にしたいです。
もちろん二人とも。
今度こそ、二人同じ時間でゴールしたいです。
よこすかではゴール寸前で裏切られましたので。(2秒負けた)


フルマラソンを4時間で完走するため、これまでよりも過酷なトレーニングを課そうと思います。
今のところ考えているのは、

日常のジョギング距離 10km→15kmに延長(コースは決定)
週に40km以上走るのが目標
クロスカントリーのコース 7km→10kmに延長(コース検討中)
本番まで30kmのLSD(Long Slow Distance)を2回実施。
本番まで通算 300km走る

こんな感じで。
今回のハーフを走ってみて、タイム以上に感じたこと。
それは走れば走っただけ、走れるようになっている、と当り前のこと。
それを信じてもうちょっとプッシュしてみようと思います。

ま、練習メニュー案は、ともともには内緒ですが・・・

これを見たら、きっと喜んでくれるはずです。

練習再開は週末になりそうですね。
膝や足首などの痛みもなく完走できたのは、
何と言っても名コーチによる名トレーニングメニューのおかげ様。

昨日は昨日で60分間のリフレクソロジーに(私だけ)行き、
アロマオイルの香りに心癒されながら疲労も飛んだのですが、

…やってきました、一日遅れの筋肉痛です。

のりのりさんも、筋肉痛があるようですが、
「どうしても筋肉をいじめたい」というので、ジムに行ってきました。
参加賞
マラソン参加賞のTシャツを着て。
当日はマラソンフリークたちが、過去のいろんな大会のTシャツを着ていました。

さて、およそ2週間ぶりの筋トレの結果、
「変な汗かいた。めまいする」というのりのりさん。

ご褒美
完走のご褒美に頂いたワィン。
白をキンキンに冷やしておいたのですが、
「早くご飯が食べたい」というので、今日のところはお預けとなりました。

食事の間も話題はマラソンです。
「もっと、もっと上を狙えるよ。よこすかでだって、やれたじゃん!」

のりのりさん、ちょっと、松岡修造みたいですよぅ。



23日のよこすかシーサイドマラソンに関しては、
昨日のともとものブログにも書いてありましたが、大成功でした。

しかし、昨日のブログ。何か書き足りない。
単に、「何も言えねえ」と書きたかっただけ?との疑惑が。
さらに、僕が名コーチである、という事も書き足りない。

そこで、『データで見るよこすかシーサイドマラソン』と題して検証してみます。

今回は僕たちものせられているかもしれない!?
昨今のマラソンブーム特徴とは?と題して考えてみます。

今回のエントリー総数(10km+ハーフ)は4429人。
内訳は10kmは2801人、ハーフは1628人です。
(1.8kmファミリー部門と、5km走は除きます。)

10kmマラソンの年代別は、このようになります。

10km年代別

30代と40代で全体の50%を超えます。
やはりマラソンは健康増進活動と決して無縁ではないようです。

つぎに僕達も参加したハーフマラソンの年代別は、このようになります。

ハーフ年代別

距離を考えると競技性が高まるこのクラスでは、
30代と40代が全体に占める割合はさらに顕著になります。約60%。
さらに、50代以上が占める割合が、10km(20%)に比べ増えている(22%)事も驚きです。
逆にみると、若者たち(20代以下)はマラソンしなくても健康なんでしょう。
うらやましい。
僕達は30代前半~中盤なので健康指向を先取りしている(危機感先行)ということになります
ま、きっかけはまさにその通りでした。

最後に、昨今のマラソンブームの特徴を顕著に示すデータです。

男女別年代比率

これは、男女それぞれの年代別割合を男女別に並べたグラフです。
(参加男子全体でそれぞれの年代は何%になるか?ということ。女子も同じく)

男子に関しては、予想通り。
お腹廻りが気になりだす30代・40代が多く、50代も元気な人が多い。
10代・20代はマラソンなんて・・・・なんだ、と感じている。
僕もそう思っていましたので。。いつまでも健康が一番です。

ところが、女子については違う傾向があります。

20代+30代がとても多い。全体の約60%です。

昨今のマラソンブームの特徴はこれなのではないでしょうか?
女性誌で特集されているからか、この特徴があるから特集されるのか分かりませんが、
走る女たち(ご批判を怖れず~40歳ぐらい?)は意外と多いです。
理由は分かりません。へたに書くと女性から非難されそうなので、控えます。

ただし、このグラフは10kmとハーフを足したものです。
20代+30代の女子で、10km走とハーフの参加者別の割合は、
10kmで60%、ハーフで53%となり、走る女たちにとってハーフは高い壁であることが分かります。
そういう点では、ともともはすでに一皮むけてしまった気がします。すごい。

さっすが名コーチです。
3か月で仕上げました。


あれこれ書いてきましたが、だいぶ楽しかったので第二回を予告します。
第二回目は、公式記録が発表された後にお伝え予定。
僕達の結果と今後の目標(タイム)について書いてみようと思います。
たぶん、名コーチぶりがさらに明らかになるはずです。
乞うご期待。
シーサイドマラソン
第33回よこすかシーサイドマラソン。

ワタクシ共、TEAM Y.F.G(ヨコハマ・フタリ・グラシ(仮称))、
笑顔で完走、してきました。

「何も言えねえ」という気分ではありますが。

「自分を褒めたい」ので、
記録を残しておきましょう。

とにかく、体調も気候も最高のコンディションでした。
ウォーミングアップ
天候、晴れ。気温、11.2℃。
猿島を眺めながらのウォーミングアップ。
身体の軽いこと。

「目標タイム110分」のスタート位置へ。
参考までに、先頭は目標70分とのことでした。速!

さあ、スタートです。
なつめやしの植えられた海岸通り、
東京湾を横目に、潮風も爽やかです。

この余裕がいつまで続くかと案じたのですが、
結論として、のりのりさんは名コーチでした。

だてに280kmも走ってこなかった。
何箇所かあるアップダウンも、顎上げながら走る人々をゴボウ抜き。

高地トレーニングの成果です。息も上がらず。
(注:横浜最高峰大丸山、157m)

復路の上り坂ですらのりのりさんと会話を交わす余裕に、
隣のおじさまランナーが「なんで会話できるんですか・・・ゼエゼエ」と言うほど。
(このおじさまは余程悔しかったのか、ゴール寸前で私達をダッシュで抜いていきました。)

練習は裏切らない!
結果は、目標の2時間切りを達成、1時間55分台でゴール。

ちなみに、記録は私の方が2秒早く、順位も私の方が2つ上。
ふたり、つないだ手でバンザーイ!とゴールすることに気を取られていたのりのりさん、
その瞬間私は「あ、ココがゴールラインだ」と、足を一歩前に出したのです。ふふふ。

ワタクシは種目別(ハーフ女子15~39歳の部)では
115人エントリー中、なんと30位以内の好成績。
いよっ、名コーチのりのりさん!

さて、これを単純に倍にすると、フルマラソン3時間50分。
そうはいかないんですよねえ…。

ともあれ、お疲れ様でした。楽しく走れましたね、のりのりさん。

お疲れ様
本日のランチ。
横須賀の中華料理屋にて、サンマーメン(右)とタンメン。
御馳走様でした。
三浦津久井浜で開催している「ピザーラ クアアイナ カップ2008」
に参加している後輩を見に行ってきました。
今夜、三崎港で開催されるパーティに参加し飲食する予定との事。
飲酒運転させないためにも、彼の自動車を代わりに乗って帰って来ました。


津久井浜はウインドをしに訪れていますが、電車では初めてです。

京急津久井浜駅

↑京急津久井浜駅

ノスタルジックです。とてもいい。
スナックの看板に「レーザースク」と書いてありました。



津久井浜駅前商店街

↑津久井浜までの商店街 地味です

5分ほど歩くと、津久井浜に到着します。


津久井浜

↑津久井浜

どうやら強風は止んでしまって、今日のレースは終了してしまったようです。。
しかし、この時期にウインドサーフィンねぇ・・・30歳過ぎてからは遠ざかっています。


後輩とランデブーし、状況を聞きました。
午前中に強風が止んでしまい、レースは一部のみ成立。
後輩自身のヒートは成立しなかったようです。つまり一日待ちぼうけ。
これがあるから、ウインドのレースはね。
相当好きじゃないと遠方からは参加しにくい。

後輩の車で帰宅しようと思ったところ、駐車場の出口が大渋滞しているので、
近くの不二家で一服することに。

不二家のケーキ

↑僕はイチゴのタルト、ともともはティラミス風

明日はいよいよシーサイドマラソンですので、高カロリーは良しとしましょう。

明日は高気圧が張り出し、いい天気になるようです。風弱し。
同じ三浦半島で開催される2つのイベント、マラソンとウインドレース。
どうやら天気は、マラソン日和を選んでくれたようです。

浜松から、のりのりさんのお友達がやって来ました。
三浦で開催されるウィンドサーフィンの大会に参加するためです。
Uさん
↑「髭の手入れしてきました。」

今日は風が吹いたと楽しそうな声。
昨日よりは温かかったとはいえ、本日の気温16℃。

のりのりさんの釣りキチぶりも相当なものですが、
こんな日に風を喜ぶ彼は風キチといったところでしょうか。

鍋をつついたあと、宴は続いています。
お土産集合
いろんなお土産集合。

中東土産のアラックという強い強い蒸留酒。
水割りにすると白濁しました。
マスカットのような、お花のような香り。

Uさんには、うなぎパイと三ヶ日みかん頂きました。
みかんと言えば愛媛か有田しか知らなかった私には初めてです。

そろそろ寝ないと、明日は早いんですよ~。
シーサイドマラソンまであと3日だが・・・・
どうやら風邪をひいてしまったようです。

先週末の喉の痛みは、一時良くなったはずなんですが。
月曜にインフルエンザ予防接種をしたのに、ワインを暴飲したのが悪かったか。
周囲にも風邪の人が多いですから。

パブロンを飲んで休むしかないな

↑いよいよ本番なんですが・・

明日から、神奈川の海で開催されるウインドサーフィンのレースに参加する
後輩が遠方から泊まりに来ます。土曜日まで。
とっとと後輩にうつして直したいです。
それとも、ともともにうつってくれてもいいかも。
ただ、その場合、マラソンの時に面倒になるかも。

いずれにしても、甘いものをたくさん食べて、ゆっくり休みたいと思います。


発泡スチロールスチロールの中身はかれい一夜干し、
かれい一夜干し

ではなくて新聞紙
発泡スチロールの中

…にくるまれたお鍋でした。
保温

師走並みの寒さということで、シチューにしてみました。

働き者の発泡スチロールです。
やっている人も多いでしょうが、
新聞紙やバスタオルでくるんだお鍋を入れて煮込んだり、
パン作りではお湯を張ったボールなどを入れて発酵器としても使います。

冷凍の食材あれこれが入っていたこの容器。

いつまでも台所にでんっ、と置かれているので
のりのりさんは「これ、捨てない?邪魔だよね?」と言っていましたが、
少し前に自分でも発泡スチロール煮込みをしてみたところ、
「おお!いいアイデアだ!」とのこと。

ようやく市民権を得た次第です。

まあ、嵩張るので、台所がなんとなくすっきりしないのは事実ですが。

シチューは、ほうれん草も入れて彩りよく。ごちそうさまでした。
ほうれん草入りシチュー

それにしても、メインはシチュー、主食はご飯という時の副菜はいつも悩みます。
今日は納豆も頂いたけれど、変な取り合わせ?
皆さんどうしているのでしょう。
2008.11.18 昨日の出来事
昨日のブログ、ともともはベロベロな状態で書いたので内容が不明瞭です。
ちょっと補足します。

目的は、会社の同期のシリアーヨルダン旅行写真を見る、というもの。
音楽を挿入した見事なDVDを見せてもらいました。
お酒は軽く飲もうね、というはずがだいぶ盛り上がってしまい。

ハッピーアワーでスパークリングワインを各々3杯。
そのあと、おいしい白ワインをなんと3本。
酔っぱらうはずです。
帰りの電車は、かなりきつかったです。

一方の同期の友人はというと。
品川から数駅で乗り換えるはずが、36駅乗り過ごし終点までいったそうな。
もちろん、上り電車は終了で。
タクシーで最寄りの繁華街まで行ってマンガ喫茶に転がり込み、
4時に起きて帰宅したとのこと。
夕方会社で会った時には、また目が窪んでいました。
気の毒でした。事後処理がたいへんそうで。。

さて、横浜も今晩は冷え込みそうです。

ストーブ

↑石油ストーブ登場!

これからは忘年会シーズン。
同期会やらチームの忘年会やら、本部の忘年会やら
避けては通れぬ?お酒の席が予定されています。

きちんと家に帰る余力だけは残して嗜もうと思います。

2008.11.17 ワイン3本
いやはや、酔っ払いました。
品川の、スペイン風バールにて。
・砂肝のオイル焼き
・チーズ盛り合わせ
・ハム盛り合わせ
・アンチョビキャベツ
・ラム肩肉
・わたり蟹クリームパスタ
等々。

と、ハッピーアワーのグラスワインに加え、
3人で3本のワイン。

よくも品川から家まで帰って来られたものです。
あ~酔っ払い。おやすみなさい。

品川にて
↑品川のイルミネーション。
昨晩は、会社の先輩の結婚披露宴に出席のあと、
横浜→近所に流れてしまい、就寝が深夜でした。

今朝、起きたらなんと午後2時。
ともともも同じ時間に起床。
昼ごはん食べた後は、雨が降っていることもあり本を読んで過ごしました。

何とした体たらく。

あんまりにも不甲斐ないので、夕方、小雨の中10km走ってきました。

晩御飯は、我が家定番のキムチ鍋。
キムチ、豚肉、もやし、豆腐、ニラ、ネギ、マイタケ、平茸に、
おろしニンニクと赤トウガラシと桃やのキムチの素。
季節を問わず、定番ですので、ブログにも何度か登場していますが、
実は、一番おいしいのは、最後に食べる雑炊です。
野島産の海苔を刻んで食します。

キムチ雑炊

↑キムチ鍋の後の雑炊

これから寒くなると、ますます美味しくなります。

食後、ともともは週に一度のハーゲンダッツを食べていました。
そのともとも、今週はシーサイドマラソンのため炭水化物を多く摂るそうです。
マラソン後、体重だけが増えていないといいんですが。。。



2008.11.15 かぶりもの
先輩の結婚披露宴二次会での幹事を仰せつかったのりのりさん。

頭をすっきり丸め(3ミリ)、礼服にびしっと身を包み、いざ出発。
会場は新横浜です。

が、中華街へ。
まずは小腹が空いたのでおやつ。
中華街1
粒が大きめのタピオカ入りホット・ココナッツミルクと、
皮モチモチ海老ぷりぷりの韮まんじゅう。

小雨も降ってきたので用事を済ませることに。
そう、これを買うためにわざわざ中華街に来たのです。
紙製のお面です。かなりキュート。
記念撮影
記念撮影してみました。

のりのりさんは、もう一人の幹事さんとこれを被るのだそうです。
今頃、盛り上がっているでしょうか?
花嫁様のご友人たちに、ドン引きされていなければいいのですが・・・。

帰宅は深夜の予定。
酔っ払いついでにお面被って帰って来てほしいと期待しています。
仕事が立て込んで、久しぶりに残業してきました。
帰ってくると、キッチンにとてもいい香りが充満していました。

特大煮込みハンバーグ

↑特大の煮込みハンバーグ

その大きさにびっくり。
「レシピ通りなんやけど」と首をひねるともとも。
しかし、味は最高でした。
昨日の炊き込みご飯といい、おいしい晩御飯が続きます。

さて、ちょっと風邪気味です。喉が腫れています。
早く寝れば良いのに、晩御飯後、メバルを探しに行ってきました。
が、完敗。久しぶりにツルっ禿でした。

横須賀シーサイドマラソンまで残すところ1週間です。
出来れば万全の体調で挑みたいものです。



2008.11.13 悪夢
朝、コーヒーを飲みながらのりのりさんがなんとなく恨めしげな眼をしていました。
「怖い夢を見たんだよ」

なんでも、恐るべき殺人鬼が、ばっさばっさと多くの人を殺し、
とうとうのりのりさんも襲われそうに!
見るとその殺人鬼は私だったそうです。
しかも、凶器は、釘。
釘って・・・。

「逃げようとするんだけど、強いんだよ」
釘持った私が。

そんな夢を見たのは、どうやら今読んでいる小説の影響があるようです。

先月、『虹の谷の五月』という小説を読んでから
船戸与一がマイブーム、というかウチブームとなっています。

『虹の谷の五月』は、ジャピーノ(日比混血の少年)が主人公の、
冒険と成長の物語。
そう書くとなんだか青臭いですが、これが実に面白かった。
なので、船戸与一作品を何冊か買ってきました。

その中から私は、『夢は荒れ地を』を。今度はカンボジアが舞台です。

そしてのりのりさんが読んでいるのが『猛き箱舟』。
とにかく、「ノワールだよ、非常にノワール、人が相当死ぬよ」だそうです。

「釘で?」と聞いてみました。
ふっ、と笑ってのりのりさん。
釘ではないけど(そりゃあそうでしょうよ)、「言っちゃっていいの?」
思わせぶりです。あ~、気になる。

しばらく船戸ブームが続きそうです。
(マイブームって言葉はもう古いのかしら。)

本日の一品(の、残り)
炊き込みごはん
ひじき入り炊き込みご飯。
2合炊いたけれど、ほとんど食べてしまいました。
走ったあとは、お腹が空くのです。
2008.11.12 派遣に告ぐ!
派遣社員に怒っています。

うちのチームに所属している派遣社員Aさん。
歳は僕と同じぐらい?で現在妊娠中。
隔日出勤のCADオペレータ採用です。
本社に来てから1か月、仕事ぶりを見ていると、CADよりも雑務中心のようで。
これまで僕自身は仕事の依頼をしたことなかったんです。
見ていると、全体的に可も無く、不可も無く、というおとなしい印象。

今日、お客さんから借りてきた古い図面(手書き)を見ていたら、
今後の設計を考えると、いずれCAD化しなきゃならないなあ・・と思い。
自身はCADで図面書くのが本来は大好きなんだけど、
単なるトレース(書き写し)だからなあ・・・と悩む。

そこで、Aさんに頼もう、と思いつく。
後輩社員なら、「これ、今週末までCADで書いてな、きっちりやれよ!」と檄を飛ばせるが。
派遣+女性は今の世の中、意外と使いにくい。。(いろんな人に反論されそうですが。)

そこで、Aさんに聞いてみた。
客への納期を考慮すると、「来週末には出来そうです」、を期待しながら。

僕:「この図面、トレースするのにどれぐらいかかる?」
A:「・・・・・・・(図面を眺める)」
僕:「ざっとでいいんだけど、3日?5日ぐらい?」
A:「・・・・・最近CADやってないから、分からないですね・・・・」
僕:(だんだんイライラ)「途中で無理です、間に合いませんだとまずいんだよねぇ・・・残業も無理でしょ?」
A:「だいぶかかると思います。」
僕:「じゃあ、どのぐらい?(って最初から聞いてんじゃないかよっ!!)」
A:「・・・・・・・・・・・・」
僕:「・・・・・・・・・・・(かなりイライラ、何を考えているだ?こいつは。)」
A:「・・・・・・・・・・・・今回は止めておきます?」
僕:「(えっ!?何言ってんだ!CADオペだろうがぁ!) あ、そう、じゃ自分でやるわ」

信じれらます?このAさん。
妊娠しているのは大変だろうから、10時半に出勤するのは別に構わない。
気分が悪そうだった時、「先に帰っていいよ」と僕が帰したこともある。
おしゃべりしようが、遅刻しようが、要するに業務推進の力になればいいのよ。
そのための雇用だろうから。


けどさ、ただのトレースじゃん、それがやれなくてどうすんのよ!
それでもCADオペなのかよ!

ただの事務職よりも、高い給料もらってんだろうが!

怒りの背筋

↑俺は、俺は、怒っているんだ! ぷんぷん

あーあ、使いにくい。
誤解を恐れずにあえて、派遣Aさんに告ぐ!

とっとと辞めなさい。
2008.11.11 成長ぶり
寒くなりました。

のりのりさんは身体が北国仕様なので、手足が多少冷たかろうとへっちゃらな様ですが、
私はやれ膝かけだ、五本指のハイソックスだと防寒グッズを揃え、
それでもなお、縮こまっています。

冬の到来にも関わらずピンピン元気なのがうちの観葉植物たち。
アンスリューム
特に手前のアンスリューム。

去年の夏、家にやって来た時は一回り小さな鉢でした。

今年の夏もきれいなピンクの花を咲かせてくれ、
花が落ちても成長を続けています。
鉢が窮屈そうになってきたので植え替えると、
(正確には、のりのりさんに植え替えてもらうと、)
ますます元気に、上へも横へも伸びてきています。

かつてサボテンを枯らしてしまったことのあるワタクシとしてはかなり嬉しい成長ぶり。

この成長ぶりは私の腹周りみたいだって。
のりのりさん、そういうの、余計なひと言っていうんです。
ちょっと理系っぽい独り言を書いてみます。

基礎代謝とダイエット(逆に肥満)には密接な関係があるそうです。

まずは、僕とともともの基礎代謝の測定値。

基礎代謝

僕の基礎代謝:1776kcal
ともともの基礎代謝:1072kcal

基礎代謝とは、一日中安静にしていた場合の消費カロリーです。

次に、ジョギングした場合にはどうなるか。

”運動の強さ”を示す単位に『メッツ』という単位があります。
安静にしているときには、『1メッツ』となります。

また、メッツと消費カロリー(kcal)の換算式は、

[kcal/時間]=[体重kg]×[メッツ]×1.05 だそうです。


いよいよ、理系っぽくなってきました。ともともはこの辺で脱落しそうです。

じゃあ、ケーススタディしてみましょ。

【ケース1:ジョギングも筋トレもしない日】
”生活活動強度2(やや低い)”と仮定しますと、

僕=基礎代謝+活動による割増分=1776+888=2664kcal
ともとも=1072+536=1608kcal

その差、なんと1056kcal !
週末、トレーニング休暇日に僕だけ釣りに行き、
ともともはホットカーペットでゴロゴロ、、という日はさらにその差が広がっているはず。
昼ご飯もおやつもはほぼ同じ量、晩御飯はご飯の量だけ違うかな?


【ケース2:ジョギング10kmした日】
ジョギングの運動の強さは、時速10kmで10メッツだそうです。
僕達のペースはほぼ同等です。1時間走ります。

僕の10km走:70kg×10メッツ×1.05=735kcal
ともともの10km走:**kg×10メッツ×1.05=400kcal (体重内緒につき、概算です)

ケース1の数字を足しますと、ジョギングした日の合計がでますので、

僕=2664+735=3399kcal
ともとも=1608+400=2008kcal

その差は、なんとなんと 1391kcal !!


【結論】

僕の場合、ジョギングをすると約3400kcalを摂取してもOKということが分かりました。
なるほど、晩御飯を3膳食べても太らないはずだ。
今後もトレーニングを続けながら、おいしいご飯をたくさん食べよう。

一方、ともともは・・・・ 全ては語るまい。
本人はこの数字(僕との差)を見て、
ハーゲンダッツ(約300kcal)を週に1回だけ、と決めたようです。
2008.11.09 釣り○○日誌
本日、のりのりさんは
超、 超、 超~、 ご機嫌です。

朝まだ暗いうちから釣りに出掛け、
「釣れちゃったよ~、ほら」と、
1目(メバル)
メバルの写真を見せてくれました。
しかも、この一匹を皮切りに釣れること釣れること、
「もう写真なんて撮ってるひまなくて」というくらいだったそうです。

ご機嫌でアイロン掛けに10km走、夕食の仕込みをさくさくこなし、
「じゃ、ちょっくら行ってくる」と午後再び釣りへ。

するとなんと。
2目(シーバス)
またまた釣れるわ釣れるわ。
長らくお目にかかっていなかったシーバスちゃんに、

3目達成!(サバ)
サバまで。真サバです。

「いや~、手がさあ、魚臭くって。あ~、臭い臭い」

手の魚臭さを喜ぶ人がいるとは思いませんでした。
釣りに出掛けては、肩を落として帰ってきた日々が続いていましたが、
ようやく、長いトンネルを抜けたようです。

さて、立派なサバが釣れたから、今夜はサバの味噌煮かしら、と期待したのですが。
「サバは、釣れたら骨をボキッと折って血抜きをするんだ…けど」
サバの顔を見たらできなかったそうです。

「メバルの煮付けを作ってやりたい」とのことでしたが、
本当、ありつけるのでしょうか?
2008.11.08 初メバル!
今日はトレーニングのオフ日。
午前中は家で読書とかしていましたが、
雨が上がった午後、ウズウズしてきたので近くの海に行ってきました。

前置き。
シーバスがなかなか釣れないので、今年の冬はメバルをやろうと思い、
Yahoo!オークションで、ロッドとリールを購入していました。

メバルロッドとリール


↑ロッド(メジャークラフト クロステージCRS-S702)とリール(ダイワ カルディアKIX2004)


さて、本題。
これまで、シーバスをやっていて”間違って”釣れたことはありました。
けど、”狙って”釣るのは初めてです。
そこで、道具の感触を確認すべく、昼に行ってきました。
(ルアーでのメバル釣りは、夜間がセオリーです)。

雨上がりなので、適度に潮が濁っていていい感じ。
いろんな小魚もちらちら見えます。
ブラブラしながら、適当なルアーを選びキャスティングしていると・・・・

初メバル!

↑な・なんと開始から30分程度で初メバルゲット!チビなのでリリース。

結局は、この1匹だけでしたが、メバル特有の”クックックック”という当たり、病みつきです。
ロッドもリールの感触も大変良さそう。感度がとてもいい感じ。


帰りに釣用手袋を購入し、夜釣り準備は万全です。

今年の冬は、ともともにメバルのおいしい煮付けを作ってやりたいです。
2008.11.07 コツコツ
今週の「横浜ふたり走り」も30km達成です。

走るのは、筋肉作りだけでなく、骨を鍛えるのにもいいそうです。
(もちろん、雑誌「ターザン」の受け売りです。)
走ると骨に刺激が加わり、骨を作る細胞が活性化されるのだとか。

ジムのお風呂場では毎日、おばさま方の
「お医者に、骨粗鬆症だって言われちゃったのよ」
などという会話が繰り広げられていて、
女性としては、上がる一方の体脂肪率の次に気になるところです。

そんなわけで、本日の一品。
炒り豆腐。
おぼろ豆腐
お味噌汁でも鍋でも冷奴でも、絹ごし派ののりのりさんですが、
今日は木綿豆腐、美味しいと食べてくれました。
木綿豆腐は絹ごし豆腐の3倍くらい、カルシウムが多いのだそう。
(↑これは、朝日新聞で読んだのです。)

突然ですが、今日からカルシウム強化月間ということにしました。

ふりかけ
ふりかけ好きののりのりさんは、小魚ふりかけ。

でも、煮物に煮干し入れるのは、ヤダって言うんですよねえ…。
またしてもジョギングネタです。
ブログのタイトルを”横浜ふたり暮らし”改め ”横浜ふたり走り”としようか思案中。

ともともが、仕事帰りに「ターザン」という雑誌を買ってきました。
スポーツクラブに常備してあるので、表紙はよく目にしていました。
美しい肉体作りのためのエクササイズを特集していることが多い雑誌です。

ターザン表紙

↑表紙は”美しく走る女”の象徴? 長谷川理恵

世の中、空前のジョギングブームなんです。
天の邪鬼ですが、これは例外としましょう。

さて、ページをパラパラ読みますと、走り始める人たち向けであることに気が付きます。
自分たちのジョギング歴もまだ2か月とちょっと。
初心者です。何かヒントはないかと読み進めますと。

ターザン1

↑あなたの走力をチェック!

レベル1:超初心者=5分未満しか続けて走れない。 これはクリア。
レベル2:初心者中級=5分以上15分未満しか続けて走れない。 これもクリア。
レベル3:初級者上級=15分以上走れるが、ランニングの習慣がない。 またまたクリア。
レベル4:初心者上級(トレッドミルランナー)=トレッドミルなら30分程度走れる。 これもクリア。
  注)トレッドミルとは、スポーツクラブにあるランニングマシーンね。

俺達、初心者じゃないじゃん

これじゃ読むところないなと感じつつ、謙虚な気持ちで記事を読み進めます。

すると”ビギナーのトラブルと悩みにズバリ答えます!”と何やらありがちなコーナーが。

Q:3か月でフルマラソンを完走する練習方法を教えて。

自分で考えたら?と思いつつ、これまた謙虚に読んでみました。
あれこれとテクニカルな事が書いてあります。
要するに、本番に向けて徐々に負荷を上げていくべき、という内容です。

そして、最後にこう書いてあります。

ターザン2

↑フルマラソンを完走する秘訣?

曰く、7.5分/kmで120分を走る。120分走れたら、フルマラソンは完走可能、と。
さらに、いきなりフルマラソンが不安なら、10km程度のレースに出るのも悪くない、と。

つまり僕達すでに、フルマラソン完走可能です。

勝手に自身過剰になりました。
これで安心して1月下旬のフルマラソンを目指せそうです。
4時間15分ぐらいで走れたらうれしいね、と欲が出ています。

最終的には、長谷川理恵のベスト、3時間15分が目標です(ウソ)。



2008.11.05 まゆげ
昼休み、歯ブラシを口に突っ込んで鏡を見ると、
「へのへのもへじ」の「へ」みたいな黒い汚れ(?)がおでこについていて、
何かと思うと眉墨でした。

どうも昼食後、机に伏して昼寝をした際、
右の眉の描いた部分が手の甲かハンカチについて、
顔を動かしたときにそのままおでこにスタンプされてしまったよう。

あの顔のまま、人に会わなくてよかった。
いやいや、前の席の人は指摘したくてもできなかったのかも。

中東土産
馬鹿話はさて置き。
のりのりさんのお友達から中東旅行のお土産をいただきました。
オリーヴ石鹸(ローズの強烈な香り)と、
アラックという蒸留酒。
水で割ると白濁するのだとか。
度数の強いものは60%にもなるそうです。
週末でも、開けてみましょうか。ベロベロになりますよ。
アメリカの大統領選挙の結果も気になりますが、
自分たちにとっては、自分の体成分測定結果のほうが気になります。

2か月に一度と決めている、体成分測定をスポーツクラブで実施してきました。
9月6日以来です。

この測定は、体脂肪計のお化けみたいな機械に乗って測定します。
前回の結果と比較されるので、2ヶ月間のトレーニングによる変化を確認し、
今後のトレーニングに活かす、という目的で利用しています。

気になる結果ですが、

インボディ3

↑僕の総合グラフ(☆が今回)

インボディ2

↑僕の測定総評(「理想的」な体型です)

インボディ結果1

↑ともともの測定結果(「やせ」→「細め」に変化)

この他にも、「筋肉量の部位別バランス」など細かい数値がありますが、
僕、ともともにも共通していることは、

♪体脂肪が増えたこと
♪太ももの筋肉が増えたこと

これらは、ジョギングを始めたことと、それに伴いお肉料理が増えていることが考えられます。

僕の変化としては、

♪筋肉量が減った分、体脂肪が増えてしまった。
♪上半身の筋肉量が減った。

2度/週の筋トレは変わらず行っていましたが、
ジョギングを始めてから、ウエイトUPを控えていた事が原因と考えます。
今日はすべてのマシンでウエイトUPしてみました。
辛いですが、少し辛抱して続けていくと結果が良くなるかもしれません。

ともともの変化としては、

♪主な部位で周囲長がUPしている。

確かに体脂肪が増えていますが、もともと骨にラップをくっつけたぐらいの
肉しか付いていなかったので、”標準”に近づいているということでしょう。
本人は、劇的な筋肉量増を狙っているようですが、
もう少し様子を見てみてからでも良いんでないかね。


いずれにしても、筋肉量を常に上昇させなければいけない、
という強迫感に囚われそうになりますが、あくまで健康維持の指標ですから。
中年体型にならないように、且つ楽しくジョギングできるような体型を維持したいですね。

ま、僕は「理想的」ですから。
雑誌のランニング特集(「走る女は美しい」)を読んで、
明日にでもフルマラソンを3時間台で走れるような錯覚に陥ったふたりでしたが、
…妄想でした。10㎞を56分。

それでも、記録は伸びています。

走った後はとにかくお腹が空いて喉が乾いてそして眠くなります。
なんて原始的。でもおかげで体調は良好です。

そんなわけで今日も美味しいご飯が頂けました。
夕餉
のりのりさん作、白菜と鮭のクリーム煮(奥)、卵とトマトのあっさり炒め。
お気に入りの、オレンジページレシピです。

クリーム煮の出来には本人も大満足のようで、
「これはいろんな食材でアレンジしよう」とのことですから、
この冬の定番メニューとなりそうです。

最近のりのりさん、レパートリーが増えてきました。
レシピに忠実だから失敗もないし。

今度のお昼はカルボナーラを作ってもらおうと思います。
なぜカルボナーラか?
理由と共に写真をブログにアップするのが楽しみです。
ともともの断崖絶壁好きはすでに公認です。
先週、「鋸山行きたいなぁ」とぼやいていたので、連れて行きました。

久里浜フェリー乗り場

↑東京湾フェリー 久里浜(横須賀側)乗場

今回で2回目の東京湾フェリーです。
先々週に行った「くりはま花の国」近くなので、迷わず到着!

バイクは一番先(自動車や人よりも)に乗船するようです。
多くのおじさんライダー(本格派)達と共に、バイクで乗船。

東京港フェリー内

↑フェリーの船内

プチ船旅ですが、旅行気分は盛り上がります。

金谷港到着!

↑房総半島側の乗場 金谷港到着(背景は鋸山)

東京湾は波穏やかでした。30分ほどで金谷港に到着。
お昼前でしたが、昼ごはんを食べる事に。
前もって決めていた通り、金谷港からバイクで30秒ほどの
回転寿司店に到着。

金谷の回転寿司

↑金谷港からバイクで30秒 船主

回転するからと言って、侮るなかれ。
地物のお魚、「黄金アジ」「ヒラメ」「黒ムツ」「金目鯛」「〆サバ」「サワラ」「アナゴ」「生シラウオ」他、
どれもこれも美味でした。
昼前から混んでいるのは、そんな理由なんでしょうか。

ちなみに、僕よりも数段燃費(基礎代謝)が小さいともともも、
全く同じ数量をパクパク食べていました。

口の中に〆サバの余韻を残しつつ、鋸山に向かいます。
ロープウェイ、有料道路、そして無料の観光道路と3つの選択肢がありましたが、
迷わず無料の観光道路にて中腹まで向かいます。

無料駐車場に停めるとすぐに、「鋸山日本寺」の入り口が。
拝観料600円2人分を支払い、入山。

鋸山マップ

↑鋸山マップ(赤線が移動ルートです)

人の流れに任せていると、すぐに大きな薬師如来さんが見えてきます。

鋸山日本寺大仏

↑31mの大仏様

立派な石仏です。ヨルダン・ぺトラの遺跡群を思い起こします。
ただ、何故だかさらっと感じます。
歴史の浅さ所以でしょうか。それともお気軽に拝観できるからでしょうか。

観覧後、さらに人の流れに任せて階段をテクテク登っていきます。
道中、すれ違いで下って来る人達の「疲れた~」という愚痴に、
不安を覚えつつ、階段をずんずん登っていきます。

765段の階段

↑日本寺から山頂展望台までの階段

他の人たちがバテテいるほど、自分は気になりませんでした。
日頃のジョギングが足腰を強くしてくれているんでしょう。

ちなみに帰り道、階段の段数を数えたら、765段ありました。
普通のビルに例えますと、65階に相当します。
偶然にも、横浜みなとみらいのランドマークタワーにほぼ相当します。



「山頂展望台」というネーミングに、多少の胡散臭さを予感していましたが、
良い意味で裏切られました。
秋空の下に、広々とした視界が開けました。

鋸山山頂展望台

↑山頂展望台から東側を望む

ところで、鋸山には「地獄のぞき」と呼ばれる断崖があるはずです。
ともともとうろうろ探してみると、見つけました!

山頂展望台1

↑地獄覗き発見!

石切り場だったとか。垂直に切り立った山肌にはゾクゾクさせられます。

ともともは文字通りかじりつくように 岩肌を眺めていました。

山頂展望台2

↑切り立った岩肌と 30女の頭皮

「地獄のぞき」とは、おそらくあの岩の上から地球をのぞくことなんでしょう。

地獄のぞき

↑地獄のぞきを望む

ともとも(赤いカバンの娘)に言わせると、先端にある草のせいで、
じごくが見えなかったとか。
たぶん、写真の瞬間は草しか見えていないはずです。

ちなみに、自分は地獄なんて見たくないので、のぞいていません。


久しぶりに断崖を鑑賞し、満足顔のともとも。
下山後、700余段の階段で「膝が笑っている」とプルプルした膝を見せびらかすともともを乗せ、
金谷港に隣接するお土産施設「ザ・フィッシュ」に立ち寄ることに。

建物に入ってすぐ、バターの香りがお出迎えしてくれました。
見ると、バームクーヘンが人気のお店。
バームクーヘン、大好きです。買うことに決定。

見波亭 バウムクーヘン

↑いい香りの正体 見波(みなみ)亭のバームクーヘン その名も「のこぎり山」

ここのバームクーヘンは、かの有名なお菓子のコンテスト”モンドセレクション最高金賞”受賞とか。
明日の朝ごはんにミントティーと一緒に食べよう。

ザ・フィッシュには海側にレストランと、お土産お菓子・海鮮コーナーあり、結構楽しいです。
その他に千葉名物「落花生」の甘納豆と地元産の海苔の佃煮も購入。
ともともには甘いものをたくさん食べてもらいましょう。へへヘ。


帰りのフェリーは行楽帰りの人で賑わっていました。
船室から見える景色は、秋ですねぇ。陽が短くなりました。

東京湾フェリー

↑秋空と東京湾フェリー(すれ違った別機です)

ともともは乗船直後にアイスを食べ、熟睡しています。
これまでに、2度ほどバイクの後部座席で「居眠り乗車」の疑いがあるので、
そっと寝かせてあげました。

横浜周辺もすっかり秋本場です。
次はバイクで鎌倉の紅葉でも見に行きましょうか。



東京では木枯らし1号が吹いたそうです。
確かに一昨日くらいからぐっと寒くなりました。
さすがに夜のランニングも、ノースリーブではつらくなってきました。

フットサルだウィンドサーフィンだキャンプだと、
なにかと外遊び用の衣類も取り揃えているのりのりさんと違い、
私はジャージなど持っておらず、長袖のTシャツさえ1枚しかありません。

そんなわけで、アウトレットに買い物に行ってきました。
新しいウェア
のりのりさんは、この他に目の覚めるような真っ青のTシャツも購入。
(これは早速着たので洗濯機の中。)
鮮やかなグリーンも気に入ったようでしたが、
真っ赤なキャップとのコーディネートはちょっとチンドン屋さんのようでした。

ワタクシ、三十女はピンクが好きなんです。
ソックスもピンクのハート模様です。

本屋さんでは、ランニングの参考書も購入。
走る女は美しい
「走る女は美しい」
ストレッチやら各社シューズ情報、フルマラソンに向けてのトレーニングなど、
のりのりさんも興味深そうに見ています。

なになに?
ランニング開始から1ヶ月ほどで体重が落ち始める、ですって?
ともともの体重
なんですか、この右肩上がりのグラフは。ねえ。

ともあれ、本日のクロカン・トレーニングでレース前目標の200㎞突破。
あと3週間、走り続けますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。