日曜日のことです。
関西からほとんど出たことのないオカンをつれ、鎌倉に行って参りました。

混雑を考えて家を8時出発。
まだ人通りの少ない若宮小路を歩きながら
「こんな観光地やのに、お店ちっとも開いてへん」とオカン。
母上、まだ9時前だからですよ。
八幡さま
それでも既に観光客の姿があります。
お宮参りの親子連れもたくさん見かけました。大安だからでしょうか?

あちこち見てまわると、このようなものが。
さざれ石
「君が代」に出てくる「さざれ石」なのだそうです。
何故小石が岩になるのかと思っていましたが、こういうことだったのですね。

「いや~、苔むすどころか、木ぃ生えてるわ」
苔の生すまで
覗き込むオカン。

鎌倉観光定番コース、次は江ノ電に乗って長谷寺へ。
人も増えてきました。
長谷寺
ここだけ満開の桜。

木瓜(ボケ)もきれいでした。
木瓜


立派な観音さまにお参りしたあと、ご朱印をいただいたオカン。
ご朱印

男前が曳く人力車にも乗りたそうでしたが、
今日はタイムアップ。
朝とはうって変わって初詣のような人混みの小町通りでお土産も買いました。
少し寒かったですが、鎌倉観光の王道は楽しんでもらえたでしょうか。


さて、帰宅後のりのりさんに、若宮小路の桜は、
一部咲き
まだこれくらい(↑)だったと報告したところ、

「じゃ、花見ランはまだ来週も楽しめるね」

「花見」と「ラン」は一緒にするものなんですか…やっぱり。
予想はしていましたけど。ね。
昨日、野島防波堤で久しぶりのシーバス釣りをしてきました。
野島防波堤には、村本海事の船で渡ります。

朝は肌を切るような北風でした。
けど、ざわめく波はルアーシーバス釣りにとっては、好条件。
色々迷いましたが、黒鯛師が多かったので、
比較的空いていた「青灯」と呼ばれるところに渡りました。
ここは、野島防波堤群の中で一番長く、数百メートルあるようです。

野島防波堤 青灯

↑野島防波堤 青灯



寒さにマケズルアーをひたすら投げながら、
移動を繰り返すもあっと言う間に午前中がすぎました。。。
この時期の渡船スケジュールは、
行きは8:30出船の1本のみですが、帰りは12:00と16:00の2便。
寒いし、ジョギングもしたいので12:00に帰ろうかな、としばらく悩みました。
が、せっかくなので、頑張っていこうと決意をしたのが11:30。

また、端から端までルアーを投げて歩きました。
昨日は大潮で干潮が昼過ぎ。
上げ始めの時間、目の前の海面が何となくいーい雰囲気になりました。
何となく。


お!

お!

喰った!喰った!

いつもより多めで合わせを入れて。
周りに誰もいない沖防波堤で。

はしゃぎました。

シーバス

↑60cm弱のシーバス君

いやーきれいな魚体に満足満足。
いつもならここでリリースなのですが、銀ぴか魚体はおいしそう。
しかも、ともともに自慢したい。

というわけで、ストリンガーで生かしながら持ち帰ってきました。


大きな魚体にちょっと引き気味のともとも。
「今すぐエラとって〆てね」と言っても、拒否されました。
何といっても僕は血を見ると失神してしまうほどの、チキン。
しかし、拒否されてしまっては仕方ない。。

いち早く〆なければならない使命感だけで、包丁を手にしました。

しかし、その前に。

ともともと一緒に3度合掌。

それ以降は、あまりにも残虐ですので、記載は省略します。
スズキさんには大変申し訳なかった。

結果、こうなりました。

〆られたスズキさん

↑一晩、昆布で巻いて冷蔵庫に入ったスズキさん

そして今晩、こんなんなりました。

スズキさんのフライ

↑スズキさんのフライ with 創作かきあげ

東京湾といっても、野島沖はかなり外側なので、スズキも全然臭いませんでした。
(むかーしむかし食べた川崎界隈のシーバスさんは臭かった・・)
スズキ独特の風味がとても美味でした。

ただね、首をばさっと落とすのは当分見たくないので、今まで通りしばらくはリリースをします。

その首。
明日のゴミの日まで、うちの生ゴミ箱に居てはります。

合掌
歴史的行事が催されました。
ノーベル平和賞をもたらした南北会談にもひけをとらない、
ビッグイベント北西会談。
生粋の東北人(のりのり家)と生粋の関西人(ともとも家)の初顔合わせです。

中間の横浜での初顔合わせですから、横浜らしく中華街で。
ぐるなびで調べた「景珍楼」というお店です。
ここぞとばかり、豪華コースをお願いしました。

全10品。
1.豪華前菜盛り合わせ
前菜
しっとり蒸し鶏。コリコリのきくらげ。まったりピータン。
食欲がそそられます。

2.特選フカヒレの姿煮込み
フカヒレ
コラーゲンたっぷり。見た目よりあっさりしています。

3.伊勢海老のチリソース
気づくと食べ終わったあとでした。写真ナシ。
この頃になると、お酒もすすみ会話も盛り上がってきました。
時に通訳も必要ではありましたが和やかにご歓談。

午前中にサイクリングをしてきたのりのり家。
横浜街めぐりを楽しんできたようです。
ご馳走が一段とおいしいことでしょう。

4.アワビのオイスターソース
あわび

5.北京ダック
北京ダック

6.蟹の爪揚げ
カニ爪コロッケ

全品がメインのようなボリュームと美味しさですが、ここでさらに
7.スペアリブの黒胡椒炒め
スペアリブ
「炒め」となっていましたが、煮たように大きな骨が、ほろっと崩れました。

8.生ホタテのネギ生姜ソースがけ
ホタテ
歯ごたえと香りが…。
もうお腹いっぱいと言いながらもあっという間に食べてしまいました。

9.海鮮あんかけ炒飯
あんかけ炒飯
けっこうパンチの効いた味付けです。
お酒を飲んだあとに欲しくなるような塩気。

10.フルーツ入り杏仁豆腐
杏仁豆腐
杏仁の風味でさっぱりと。

お食事の後、のりのり家は再びおしゃれな電動自転車にまたがり
中華街を颯爽と去って行きました。

関西代表のオカンは少々緊張していたようでしたが、
「きれいな大阪弁」とおほめの言葉(?)を頂いて喜んでおりました。
「大阪の言葉ってなんだか恐ろしいわ」と思われなくてよかったと、
胸を撫で下ろしました。

父ちゃんとおっ母とオカン。
良き一日でした。末永くおつきあいのほどをお願いいたします。
2009.03.27 銀だこ
昨晩、粉モンの街大阪で育ったともともが、
「あータコ焼き食べたい」とボヤいていました。

僕達が住む付近にはタコ焼き屋さんがありません。
時々、駅前に屋台が立ちますが、不定期だし。


そこで本日、そのともともに代わりタコ焼き食べました。

銀だこ

↑「銀だこ」の食べ応え十分の16個パック

仕事の打合せで後輩のY君を訪問する際、差し入れで買いました。
Y君と二人でパクパク食べてしまいました。
おいしかったぁ。


ドーナツと違い、暖かいうちに食べないと美味しくないからね。
お土産には不向きです。
ご理解願います。
2009.03.26 フルコース
のりのりさんの飲み会残業や、二日酔い原因不明の悪心で
二日ほど走りに行かなかったのですが、今日は復活。

「ランナーズ」という雑誌の片隅に書かれていた
「3日続けて走らない日を作らないように」という言葉に、
その根拠も理解しないまま、走らないと悪い事があるかのような気になっているふたりです。

けれど、筋トレもあまり休みたくはない。

それならばと、走った後にジムに行くことにしました。
少し速い40分走と、筋トレのフルコース。

こうでなくてはご飯がおいしくないのです。
豚汁
寒かったので、豚汁にしました。鍋いっぱいですが、ほぼ完食。
七味もたっぷり振りかけて。

ところで、ジム近くの川で青年が釣りをしていたのですが、
走って帰ってくるとまだ釣りをしていて、
筋トレの後ジムから出て見てみるとまだ同じ場所にいました。

「釣れないと…ブログの更新しないといけないんですよ…」
悩めるブロガーがここにも。毎日がネタ探し。
もう釣れたでしょうか?ブログのタイトル聞いておけばよかった。
「シーバス ○○川」で検索してみるとヒットするかも?気になります。
ともともが運転免許を取ってから既に1年以上が経過しています。

なのに、未だに運転するときには初心者マークを付けています。

本人曰く、自信の無い人は誰でも使えるそうです。

そんなわけで、二人の場合には必ず僕が運転しますが、
休日、特に雨の日にダイエーやら野暮用がある時には、
偽装初心者として、一人で運転しているようなのです。

本日は雨でした。

水曜はともともは仕事がお休み。

帰って来て早々「情けない事があったんや」と運転ミスがあったことを匂わされました。

銀行→役所→ダイエーの順で回るつもりだったようです。

銀行は何とか成功。
久し振りの遠征(自宅からわずか3km)が無事成功したので、ご褒美に買ってきたそうです。

ミスド

↑大好物のミスド

次の目的地、役所の駐車場が満車だったので、しばらく待ったそうで。
やっと入ったのだけれど、ピンポイントの駐車は無理と判断し、

駐車場を1周しただけで駐車を断念し、退場しようと思ったら・・・・

退場ゲートにゴツン!

傷が浅いのか深いのか、本人は確認していないようです。
僕も怖くて見れません。。


その後、気を取り直してダイエーに行ったそうな。
役所は次の機会にするそうです。


あまり落ち込まないで欲しいです。
落ち込むのは僕だけでいいですので・・・・
2009.03.24 ロケットの花
熱い試合でした。WBC。
午前10時、当然のようにスイッチの入れられた職場のテレビ。

我らがボスはその後数時間「あ~、仕事になんねえな、はっはっは」とボヤキ(?)つづけ、

いつも昼食後はそそくさと打ち合わせとやらに出掛けるおじさまも
「ええっと、忘れ物ないかな…」と、結局試合終了まで事務所に。

どこの職場もこんなものでしょうか。……違う?

さて。
ベランダのハーブたち。ルッコラの花が咲いています。
ルッコラ、別名ロケットサラダ。この姿、まさにロケットです。
ルッコラの花
去年はバジルも紫蘇も枯らしてしまってガッカリでしたが、
その後植えたミント、イタリアンパセリ、タイム、ルッコラ、ローズマリーはどれも元気です。
花まで楽しめるとは。嬉しいものです。

本日の一品は、
かぼちゃサラダ
ルッコラ入りかぼちゃサラダ。
甘~いかぼちゃに、ピリッとしたルッコラがアクセントになりました。

タイムがまだあまり使えていません。レシピ探さないと。
東京マラソンで最も驚いたのが、猫ひろしのタイム。

3時間18分ですって。半端じゃない記録。
しかも、30kmぐらいmで、3時間を切るペースで走っているようで。

あんな芸風ですが、人として尊敬してしまった。

それに刺激されたわけではないですが、昨日は雨で走れなかったので、
今日は昼から走りたくてウズウスしてました。

帰宅後、同じくウズウズしていた模様のともともとジョギングしてきました。
いつも走っている道の桜もポツポツ咲いていて、なんだか気持がよい。
やはり季節は着実に春に向かっているようです。

発汗量も増えています。
帰宅後、眼鏡に汗が付いていたので洗おうと思ったら・・・・

メガネ汗

↑汗の色が変だぞ?

濁っていないかい?
ポカリスエットのような不透明感。
おじさんの汗は若者のそれとは違い、キラキラしていない。
あー、おじさんになるのはイヤですね。


汚い汗を流した後、おいしい晩御飯をいただきました。
バルサミコをたっぷり使って、自家製ローズマリーで香り付けした鶏肉料理です。
酸味がさわやかです。

鶏肉料理

↑鶏肉の汗の香りバルサミコ風味 ローズマリーを添えて

東京マラソンを見ていたら、走りたくてウズウズしてきましたが、
外はあいにくの雨。そして強風。完全休養日となりました。

のりのりさんは、勝手にライバル視していたタレントに
目標タイムを先に更新されるのではと、食い入るようにテレビを見ていました。
幸いと言ってよいものか、そのタレントは目標達成ならず。
ほっと胸を撫で下ろしたようです。その後、

「あああ~フルマラソン走りたい!!」

と、吠えていました。

走らない日は、お腹いっぱい食事をしてはいけないような気にさえなりますが、
そうは言いつつも本日もおいしい夕食でした。
連休締めくくりはやっぱり鍋でしょう。

土手鍋
カキの土手鍋。
疲労回復効果のあるタウリンたっぷりのカキに、春菊、マイタケ、ネギ。
溶き卵をからめていただきます。

美味!雑炊
カキの旨味と春菊の香りの雑炊は、絶品です。

だし汁だけ少しタッパーにとって冷凍しておきました。
ひとりの時に雑炊を楽しもうと思います。へへへ。
今朝は朝から快晴。
風もなく絶好のジョギング日和。

そこで、江ノ島に行ってきました。
もちろん、ジョギングです。

鎌倉→134号線→江ノ島=往復30km以上

越えなければならない壁は、確かに超えました。。


朝8時前に自宅スタート。
多少ひんやりしていますが、強い日差しのお陰で、Tシャツでも気持ちが良い。

最初の難所は「朝比奈切通し」。

朝比奈切り通し

↑朝比奈切通し

往時の雰囲気を残す古道を、ランナーが駆け抜けます。

朝比奈切通しランナー

↑駆け抜けるランナー(モデル=ともとも)

この辺は序盤ですので、余裕がありました。
(帰りはフラフラでしたが・・・)

切通しを超えると、朝比奈ICから鎌倉に向かう道路に出ます。
朝比奈切通しも含めて、この道は金沢街道と呼ばれ、塩を運ぶルートだったようです。
一部の桜は、少しだけ咲いていました。
それを見るたびに、ともともは「開花!」と独り開花宣言をしていましたが。


金沢街道を鎌倉に向かい、八幡宮直前で若宮大路を避け、一路材木座海岸を目指します。

材木座海岸

↑海が見えた!

本日の相模湾は穏やかで、走っているととても気持ち良し。
この付近で約8kmぐらいなので、まだまだ余裕あり。
多くのランナーが走っていました。

由比ヶ浜海岸を走り抜けると、目前に稲村ケ崎が見えてきます。
やや上り坂ですが、まだまだ余裕。
稲村ケ崎を超えると、目前に富士山と江ノ島が見えました。


稲村ケ崎

↑稲村ケ崎より

ともともは富士山を見ると無用に元気が出るそうで。
どうりで、帰り道は元気なかったはずです。。

ゴールの江ノ島は見えるんだけど、ここからが遠かった。。

途中で、上半身裸のジョガー(日焼けおじさん)とすれ違う。
今年の夏は自分もこの道を上半身裸で走ってみたい。。
たぶん、皇居周回コースで裸になると、怒られるんだろけど、
江ノ島は大丈夫なんでしょう。なにせ湘南ですから。。


スタートから約2時間で江ノ島到着。(AM10:00)江ノ島はすでに観光客で一杯でした。

江ノ島より東浜

15km超ですが、のんびり走ってきたのでまだ余裕あり。
キャラメルとかアミノ酸を食べて、すぐに折り返し。

帰りは若宮大路を通ってみる。
鎌倉のメインストリートだけに、車も人も人力車もすごい数。

鎌倉八幡宮

↑鎌倉八幡宮前(若宮大路)

この辺でおよそ25kmです。
だんだんと足が重くなってきました。

ウルトラマラソン完走のためのトレーニングで最も重要なことは、

足が動かなくなってから15分~30分走り続けると、壁を越えられる

ということらしいのですが、そろそろ壁が見えてきました。

ともともはこの辺が一番辛かったそうです。
辛い割には、他所見が多いんだよね。

再び金沢街道を東へ。
道路を歩く観光人も増えてきました。
途中で買ったアクエリアスが冷たくておいしかった。

朝比奈切通しは躓きながら、歩きながら何とか超えまして。

AM12:00、自宅到着。

4時間、30km以上のマラニック、完走です。

昨日と併せて6時間=約50kmはいいトレーニングになったはずです。
何よりも、暖かくなったので気持ちよく走れました。


が、しかし。
歩行に支障があるほどの疲労が残りました。
疲労回復ということで、
こんなものや、

もんじゃアイス

↑八景島名物?、リトルダーリンのもんじゃアイス


こんなものまで、

プリン

↑ただのプリン

食べてしまいました。

普段より4kgほど痩せた体重も、すぐに戻ってくれると思います。


2009.03.20 おうち洋食
雨上がりの、春らしい陽気です。
暖かくなってきて、のりのりさんのチョコレート欲と鍋欲も陰りを見せ始めました。
今日はおうち洋食の一日。のりのりさんが作ってくれました。

お昼は
大盛りパスタ
アンチョビ入りトマトソーススパゲティ。
パスタはいつも大盛りです。
ランチ後はLSD(Long Slow Distance、長時間ラン)の予定だからいいことにしましょう。

夕食は
キングサイズ
煮込みハンバーグ。キングサイズ。
のりのりさんは目玉焼きトッピング。

2時間たっぷり走ったから、いいことにしましょうよ。

コーンスープ
クリーミーなコーンスープはおかわりまで。
どれも美味しくたいらげました。
ご馳走さまでした。

パスタにもスープにも添えたベランダ栽培のイタリアンパセリ。
この陽気に、ぐんぐん伸びています。


ところで話は変わりますが、この人、我が夫かと思いました。

似ているところは、

めがねで帽子で背が高くて痩せていて胸毛を見せているところと、
笑った時の口の形と頬の盛り上がり具合とめがねの奥の目、
頭の形と坊主頭にした時の生え際。

…全部やん。
白シャツを着たのりのりさんを、笑わずに見る自信がちょっと、ありません。
2月11日のブログに触れましたが、トレーニングは明らかにふくらはぎを進化させています。

ふくらはぎ

↑だいぶ絞れてきました

フルマラソン以降、スピード系のトレーニングを実施してきたせいか、
たった1か月ですが、だいぶ割れてきた気がします。

ただ、まだまだなだよなぁ。
すごい人は、こんな感じです。

ふくらはぎの見本

↑ふくらはぎの見本(他人の写真です)

特にトレイルランナーとか、ウルトラマラソンをやっている人のふくらはぎはすごい。
あこがれます。

進化の過程の記録として、時々ふくらはぎの写真を掲載してみます。
期待していてください。
普通の人は興味無いですかね。。


先日、のりのりさんと一緒にスーパーに行ったときのことです。
カゴに野菜を入れながら、のりのりさんが言いました。
「うちって、いつも同じ物ばっかり買ってない?」

あー、気づいちゃいましたか。

確かに食材も調理法もかなりパターン化されております。
食生活を振り返ってみたところ、
主菜で多いのは鶏肉、豚肉、厚揚げ、副菜こそ季節のものですが、
調理法は煮物オンパレード。

夕食前にジムやランニングに行くことが多いので、
帰って来て温めなおしだけですぐ食べられる煮物になりがちです。

せめて食材はもう少し幅を広げるべきでしょうか。特に魚介類。

釣れたてピチピチのメバルでアクアパッツァ、とか、
東京湾の高級魚、スズキのソテーとか、
食べられそうでなかなか食べられません。

そんなわけで、
タコ大根
久しぶりにタコさん登場。
やっぱり煮物ですが、大根に味がしみしみで、ご飯がすすみました。
横浜は春の陽気です。
暖かくなったら、週末はのんびりと風景を楽しみながらLSDをやりたいですね。
Tシャツと短パンで汗をかきながら走ったら気持ちいだろうな。


そこで、季節先取りで購入しました。
ランニングバッグ。

MILLETランニングバッグ

↑MILLETのランニングバッグ

ランニングバッグ(色々と呼び名はあるようですが)は、小物を入れるのも当然ですが、
ハイドレーションがその主な目的のようです。

色んなメーカがラインナップしていて、どれにしようか、かなり迷いました。
1か月ほどショップなども物色し、結局オークションで落札!(新品です)。
MILLETものはかなりレアな感じで、大変気に入っています。
ハイドレーションも欲しい。

週末、早速ペットボトルを入れて走ってみましたが、不快な横揺れがほとんと無く快適。
給水はもちろん、お財布とかデジカメとかキャラメルとか入れて、ランニング遠足したいです。

塩キャラメル

↑キャラメルといえば、最近のブームです

どうやら、ともともも気に入っちゃったようです。





北鎌倉のレストラン「プランデルブ」に行ってきました。
川崎ハーフマラソンがあったので延期していた、
のりのりさんのお誕生日祝いです。

プランデルブ
200坪の敷地に建つ一軒家を改装したレストランです。
たくさんのお花が活けられた店内は、余裕を持たせたテーブル配置です。
私たちはお庭に面した席に案内して頂きました。

まずはヱビスビールで乾杯し、さらに食欲が刺激されたところに、
暖かいフランスパンが運ばれてきました。
バターをたっぷり塗って一口齧ったのりのりさんは、
「焼き立てじゃない?おいしい。すごくおいしい。一本丸々食べたいくらい」

前菜もメインもいくつかの中から選べます。

のりのりさんの前菜は
本鱒のコンフィ
本鱒のコンフィとレモンのクリーム、ハーブのサラダ添え
オイル漬けの鱒を低温でじっくり焼いてあります。中は半生ですが、
「臭みが全く無くて、鮭の美味しい所だけ取った感じ。爽やかなスモークサーモンみたい」

私はこちら、
帆立貝と竹の子
帆立貝と竹の子のミモザサラダ
帆立の歯ごたえと竹の子の香りがたまりません。
どちらのお皿にも数種類のハーブがふんだんに使われていますが
(店名は「たくさんのハーブ」という意味なのだそうです)
決して香りが強すぎることなく、良いアクセントになっています。

この間にもパンをお替りしてしまいました。
持って来てくれるタイミングもまた素晴らしい。

本日のポタージュスープは、
さつまいものポタージュ
さつまいものポタージュ、泡立てたミルクが添えられています
もっと甘いかと思っていましたが、あっさりしていました。

のりのりさんのメインディッシュは、
仔羊背肉ロースト
仔羊背肉のロースト、ペルシヤード風 季節の野菜添え
ペルシヤードとは、ハーブとにんにくをパン粉と合わせたもののことだそうです。
いわゆる「香草パン粉焼き」、お肉の周りの緑色がそうなのでしょう。

私のメインは
和牛頬肉赤ワイン煮込み
和牛頬肉の赤ワイン煮込み
とろけます。とろけました。

見た目もお味もいいのですが、サービスもまた行き届いています。
「違う品を頼んだのに同時に運ばれてきたし、
お肉に添えられたひとかけのマッシュルームまでアツアツ。」
のりのりさんは感心することしきりでした。

メインが来る前に、パンのサービス係りの方が
「ソース用にいかがですか」とお代わりを勧めてくれました。
ソースをパンで拭っていただくのは美味しいけどちょっとお行儀が悪いので、
このお店では遠慮しなければならないかなと思っていたところ。嬉しい配慮です。

ソースまできれいにいただき、最後にデザートです。
デザートプレート
ボン・アニヴェルセール(お誕生日おめでとう)!
メッセージと名前を、サービスで入れてくれました。
ロウソクまで立てて頂いて。
フルーツ、ライスプディング苺ソース添え、プラムとレーズンのケーキ、マンゴーシャーベット。

のりのりさんは、はじめポカンとしていましたが、
私が事前に電話でお願いしたのだと言うと、
喜んでロウソクを吹き消していました。

ご馳走様の後は
食後の一服
周りは静かな高級住宅街、暖かな陽射しの中、手入れされたお庭で一服。

駅から離れていますが、送迎までしていただけるのです。
これで3500円(税込・サービス料別)はお得です。
のりのりさんも、「今までのフレンチの中で一番かな」とかなり気に入ったようです。

また季節が変わったら訪れたいです。是非。
お店のちらし(メニュー)を頂いてきたので、
冷蔵庫にでも貼り付けてのりのりさんにアピールしようと思います。
京急横浜駅の改札内に「FLO」という名のタルト屋さんがあります。

今日、打ち合わせの移動で店の前を通りかかったのでお土産を買ってきました。

FLO

↑FLOのチーズタルト

もちろんホールでも売っていますが、写真にあるように1/4ピースでも販売しているので、
色々な種類のタルトを適量で購入できます。

ただ、京急を利用しない人はどうやって購入すればいいのだろう??

フルーツが乗っているタルトもありますが、チーズタルトが一番好きです。
舌の上で溶かすように味わいます。

週末の楽しみです。

川崎ハーフ後、休養のため走っていなかったのですが、
足の痛みも一切無くなりました。
週末久しぶりに走るのが楽しみです。
道頓堀川から、カーネルおじさんが救出された、というビッグニュースは、
阪神ファンでない私でも軽く興奮しました。

「見つかってんて~、!カーネルおじさん!」とのりのりさんに報告しましたが、
「はぁ?何それ?」という、実にまっとうな反応でした。
カーネル・サンダースの呪い」は関西では一般常識の範疇なのですが。

2003年、阪神の優勝マジックが点灯した時、
(優勝したけれどカーネルおじさんの呪いで日本一にはならなかった、そうな)
私は大阪は船場で働いていましたが、同僚が
「あんた、どうする?道頓堀、飛び込むん?」
「たぶん…飛び込む思います」
などと真剣に話していたのを思い出します。

「飛び込むと思う」と言った彼は続けて言いました。
「ただね、ワールドカップの時道頓堀に飛び込んだツレ、3日寝込んだらしいんですよ」
2002年のサッカー・ワールドカップ、日本が決勝トーナメントに進出した時のことですね。

たった1回飛び込んでその水を飲んだだけで3日も寝込む道頓堀川に、
24年も沈んでいたカーネルおじさん。
そんなに簡単に解ける呪いだとは思えませんが……。
ま、プロ野球の話題が増えてくると、春でございますね。

スーパーのお野菜も春らしくなってきました。
なばな

本日の一品。
酢醤油和え
菜の花を、辛子酢醤油で和えました。ゴマもたっぷり。
これまで、3度マラソンに出場しましたが、川崎ハーフはかなり地味な大会でした。

RUNNETで大会申込をしたのですが、公式ホームページも充実していないので、
初めて参加する人たちにとっては、不安だと思います。

そこで、来年以降に初めて川崎ハーフに参加する人のために、色々書いてみようと思います。

 コース

2009年コースガイド

↑2009年のコース図

スタートは「古市場グラウンド」です。
コース図上部に「多摩川大橋付近工事中のため、一部コースを変更します」とあります。
スタートして2kmまでに2度折り返しさせられたので、工事が無ければおそらく多摩川大橋まで
下流側に向かうのではないでしょうか。

 走路

土手下の河川側の歩道(グラウンド隣接部)を走ります。
半分は踏み固められた砂地、半分はアスファルト(舗装は傷んでいます)。
前日までの雨で、水たまりや轍がひどかったです。
あまり走りやすいコースでは無いです。
レースに関係のない普通の人もたくさん歩いていますし。

 計測システム

一応、ICタグによる計測です。
靴紐に取付るタイプではなく、ゼッケンに3cm×3cmぐらいのチップ(ビニル袋入り)が
はじめからホチキスで付いています。
スタートラインもゴールラインでも、読み取っている音(ピピっ)がならない。
本当に計測しているんだろうか?というギモン。

しかも、ゴールラインにあるデジタル時計のタイムでは、1時間50分以内にゴールしたのに、
公式タイムは、なぜか1時間50分を超えていました

ゴールラインの15mほど奥に、スーパーのレジにあるバーコード読み取り装置のような
ものを持ったオバサンがいて、ゴール後チップを読み取られました

もしかすると、ゴール計測はそのオバチャンの読み取りだったのかもしれない。

なので、ゴールラインを通ったら喜びに浸らずにオバサンの元に駆け抜けて下さい


 給水

コース図にもありますが、給水ポイントは3か所ありました。
しかし、これが最悪です
1,000人以上も走るのに、各給水ポイントに居るのはたった二人ずつ。
しかもテーブルも短いので、飲もうと思っても空の紙コップしか置いていない
「間に合わない、間に合わない」と愚痴をこぼしながら、
やかんの水もこぼすオバチャンにイライラさせられます
おかげで1回しか給水出来ませんでした。
繰り返しますが、川崎ハーフの給水は最悪です

 最寄駅

南武線の「鹿島田」が一番近いですが、かなり歩きます。特に帰りはつらい。
僕は横須賀線「新川崎」から歩きましたが、のんびり歩いてタップリ20分かかりました。

 勝手な総評

主催が自治体でもないし、スポンサーも付いていないので仕方ないけど、
コアなランナーたちのための練習会の延長線にある大会って印象です。

キラキラした大会を望む乙女ランナーにとっては、はっきり言って不向きです。
ガッカリします。

華やかな大会(例えばホノルルとか東京マラソンとか)のノリが苦手な僕にしても、
川崎ハーフはちょっと不満ありです。

参考までに。せめて給水は改善の余地ありだね。



2009.03.10 冷蔵発酵パン
夕方にのりのりさんから「急遽」というタイトルでメールが来た時は、
内容は読まなくても分かります。

「○○さんと飲みに行くことになった」というもの。
はい、正解でした。

先週はお誘いがあってもマラソン前だからとお断りしたようですし、
今日はまだ筋肉痛で走りにもトレーニングにも行けませんからね。
おいしいお酒になっていることでしょう。

さて、時間もあるので、
冷蔵発酵
パン生地を捏ねました。
普段はこの後、40~50分暖かい所に置いて一次発酵させますが、
今日はラップをして冷蔵庫へ。明日の朝までゆっくり発酵してもらいます。

生地の表面がボコボコしているのは、
チョコはダメ!
くるみとレーズンがごろごろ入っているから。
ビタミンミネラルたっぷりです。
チョコマーブルパンはまたいつか。
昨日のブログにもありましたが、川崎ハーフ

お見事!目標達成!

ぱちぱちぱち。

僕の事を「ビッグマウス」と思っていた方、是非思い直してください。
やればできる子なんだと。

ただし。
目標タイム1時間50分をほぼ狂いなく達成したことばかりがうれしいのでは無いのです。

実のところ、僕のレベルなりのレースプランをほぼ達成出来たことがうれしいのです。

<直前にともともと確認したレースプラン>
 注:その後、ともともは話を聞いていなかったことが発覚。

1.実現可能な平均目標ラップタイムを5分20秒/kmとする。
  →トータル1時間52分31秒
 *横須賀シーサイドよりも10秒/km早い。
 *最後の練習で、5分10秒ラップの10km走を実施しているため達成可能と判断。

川崎ハーフ 目標ラップタイム

↑腕に書き込んだラップタイム(5分20秒/km 5km/10km/15km/20km)

2.スタート時の渋滞も考慮して、最初の5kmは27分ぐらいで良しとする。

3.10kmは54分でも良しとし、抑え気味でスタミナを温存する。

4.10km~15kmのラップを5分10秒/kmで押す。

5.15kmで1時間20分を目標とし、行けるようなら出来るだけペースを維持してみる。

6.最後の数kmは気持ちで押す

トレーニング結果を参考に、以上のレースプランを前日の晩にともともに話しました。
(ひつこいようですが、レース後、ペースを全く気にしていない事が発覚。そもそも時計持たず。)


その結果ですが、

 5km通過 27分31秒 
 10km通過 54分16秒 (5kmラップ26分44秒) 

 15km通過 表示が無かったので計測不可

 ゴール 1時間50分フラット (11kmラップ55分44秒) 


平均すると、

 スタート~5km  5分30秒/km

 5km~10km   5分20秒/km

 10km~ゴール  5分4秒/km


これは、レースプラン通りというより、出来すぎです。
特に、10km以降のペースは練習でもやった事ありませんでした。
そりゃ、きつかった訳です。腹も痛くなるでしょうよ。

当日は、4m/秒ぐらいの風が吹いていました。
行きが向かい風、折り返して帰りが追い風。
向かい風を走ってきて、10kmの時計を見たとき、達成の「予感」はありました。
それを冷静に見れたのも良かったのだと思います。

何はともあれ、これまで走ったことないスピードで、どんどん抜いて行くのは気持ちがよかった。
そして、僕のレベルなりに、レースの楽しさを感じました。
(くどいようですが、手をつないで一緒にゴールしたともともは、何も考えていなかった模様)。

結局、LSDでスタミナがついて、ウインドスプリントでスピード開発できたということでしょうか。

走ることは簡単だけど、マラソンは奥が深い。
10kmでもハーフでフルでも、結局10秒、20秒の積み重ね。

休養したら、また鍛練しよう。

川崎ハーフマラソン、出場してきました。
昨日に引き続き緊張感漂う朝。
緊張のあまり、シューズの中敷きを忘れるという失態まで。
家からさほど離れていない所で気づいたのが幸いでしたが、
のりのりさんにまで緊張感が感染、
会場に向かう電車の中では、二人とも目をギョロギョロさせていました。

今回はのりのりさんの会社の同期Kさんも参加しました。
先に会場に着いていたKさんも私に負けない緊張ぶりでした。
ウォーミングアップのし過ぎで早くも疲れさえ感じさせます。

陽が射さず気温も低かったですが、
心配していた雨は午後まで持ちそうな様子、いざスタートです。

「僕は2時間切れればいいから…」というKさんとはスタート後に分かれ、
いつものようにのりのりさんんとふたり走りです。

横須賀シーサイドマラソンや館山若潮マラソンと違って終始平坦なコース。
景色も変化がなく面白みには欠けますが、その分記録は出易いようです。
参加人数も1500人程度と小規模ですが、走り込んでいそうなランナーばかり。

そんな中、チーム「ふたり暮らし(仮称)」は……、
レース展開の解説と講評はのりのりさんに任せることとしましょう。
目標にしていたラップをほぼクリアしつつ、後半はこれまでにないスピード感で快走。
10㎞過ぎ、私は急にペースが落ち始めましたが
「頑張りどころだよ」とののりのりさんの声になんとか持ち直しました。

若潮マラソンでは25㎞過ぎ、後ろから次々と抜かれ気分も落ち込みましたが、
今回はリベンジのように何人もごぼう抜き。

ラスト3㎞のプラカードが見え、いよいよ目標達成が見えてきたその時!

「お、お腹イタイ。イタタタ」
のりのりさんが右のわき腹を押さえ、今にも足が止まりそうです。
若潮マラソンラスト3km地点での悪夢再びか?

抜きつ抜かれつしていた私たちと同じような夫婦ランナーが
「頑張って」と憐みの目を向けながら離れて行きました。

「目標は1時間50分。いける。絶対いける」
あれはビッグマウスだったのか!?

しばらく表情もなく走っていたのりのりさんでしたが、
ゴールのトラックが見えてようやく復活。あぁ、ヨカッタ。本当に。

トラックに入るとこれぞラストスパートといわんばかりの疾走。
ウィンドスプリントの練習が効いています。
そして目標の1時間50分台も達成。
今回もふたり仲良く同時にゴールです。

互いの健闘を讃え合いつつゴールの先を見ると、なんとそこには。
「僕は2時間切れれば…」と控え目に言っていたKさんが、
水の入った紙コップをふたつ持ってにこやかに立っているではありませんか。
「人生ビッグマウス」がモットーの(?)のりのりさんと対照的なことです。

なにはともあれ、完走そして記録更新です。祝杯を上げねば。
川崎ハーフ後
美味しいビールでした。2杯も飲んでしまいました。
お疲れ様でした。

記録更新記念鍋
晩御飯はやっぱり鍋。キムチチゲ。
この写真、見飽きられたかしら…。
昨年11月、初マラソンの横須賀ハーフマラソン、
今年1月、初フルマラソンの若潮マラソンに続き、
明日は第3戦目、川崎ハーフマラソンです。

3回目なので、僕はさすがに慣れてきました。
ところが、ともともは緊張しーなので、朝からため息が多い。生活上の細かいミスも見受けられます。
気の毒ですが、僕も無用の緊張を強いられるので、ちょっとだけ迷惑です。。


午前中、最後の調整としてジョギングとウインドスプリントを実施。
トレーニングとしては、準備完了。

ちょっと膝に違和感は残っているけど、まあハーフなので大丈夫でしょう。

食事も、カーボローディングを意識してご飯多めです。
しかし、週末=鍋はブレません。

カーボローディング鶏鍋

↑カーボローディング鶏鍋

鶏つくね、鶏レバー、ハツ、ごぼう、豆腐、水菜、しめじ。
レバーとごぼうはアクが出ますので、ともともが取ります。
(=アク代官、ちなみに僕は鍋大名)

普段はビールを飲みながらいただきますが、今日はご飯を食べました。
当然、食後の雑炊も。

これで、準備完了です。


さあ、明日は走りますよ。

目標:1時間50分

何とか達成できますように。
朝から降り続く雨はやむ気配もありません。
たまたま車で出勤だったのりのりさんは、
私のバイト先まで送っていってくれました。
なんて優しい旦那様。
(ビーフシチューとショコラマーブルパンが効いているのでしょう。)

さて、マラソン前には食卓にも少し変化が。
カーボハイドレイト(炭水化物)を多めに摂る「カーボローディング」を心掛けます。
高糖質・低脂肪でタンパク質は普段通り。

普段の食事にプラス多めのご飯。
いつも「食べ足りないけど、これ以上は…」とお茶碗を見つめるのりのりさんも、
堂々と、ひとりで2合平らげてよいのです。

本日のおかずは
金目鯛
稲取漁港の立派な金目鯛。皮はカリカリ、身はふっくら。
食べごたえありました。

3月8日は全国津々浦々でマラソンはじめランニングイベントが開催されるようです。
悪天候に負けず、グリコーゲンをたっぷり蓄えて笑ってゴールしたいものです。
ネットで購入した、ともともからの誕生日プレゼントが届きました。
ニューバランスのRT965
超長距離用のニューモデル。
前々から欲しかったモデルです。

ニューバランスのニューモデルRT965

↑買ってもろうた

これから暖かくなったら、LSDもそうですがマラニックもやっていきたいので、
衝撃吸収性の高いシューズがどうしても欲しかったのです。

しかも、第10回チャレンジマラニック60km~小田原・箱根路・足柄路~にエントリーしているので、
超長距離用のシューズは必須ですので。

ともともにお願いして買ってもらいました。

先ほど、道路を小走りしてみましたが、やはりクッション性とホールド感が高いです。
サイズもピッタリ。

来年完走予定のサロマ湖ウルトラマラソンに向けて、超長距離トレーニングを頑張ろうと思います。

8日のハーフを終わったら、早速履いて走ってみたいです。
8日の川崎ハーフマラソン。天気予報を見ると傘のマークが。
降水確率50%。

雨対策に、キャップを購入しました。
ランスカ
そして、ランニングスカートも。

NewBalanceのオレンジ色のランニングスカートと迷いましたが、
持っているTシャツの色を思い浮かべたところ、
あまりにチンドン屋なコーディネートなのでやめました。

のりのりさんのお土産も購入。
アップリケ
アイロンで張り付けるアップリケです。

のりのりさんはなんと同じパジャマを、10年ぐらい着ているのです。

だいぶくたびれてきて擦り切れているので、新しいものを買ったらどうかと提案したのですが、
「ただでさえ柔らかい綿が、10年経ってクタクタになってるこの肌触りがたまらない」
といって手放しません。

そうこうしているうちにとうとう膝頭に穴が。
なにせ1着かぎりのパジャマですから、穴を塞がなければなりません。

繕いもの
パジャマのお膝に、てんとう虫のアップリケ。のりのりさん、29歳と72か月の春です。
2009.03.03 誕生日
本日は僕の誕生日。
29歳と72か月になりました。

それを祝うかのように、朝から僕の好物が食卓に並びました。

ダブルガーナ

↑早朝5時半のご馳走 チョコマーブルパンとチョコ

パンはともともが作ってくれました。
ガーナチョコレートを溶かして練ったそうです。
朝から大好きなガーナチョコレート尽くしです。
あまりに好評なので、ともともは休みの度にチョコマーブルパンを焼いてくれることでしょう


帰宅後、キッチンに大好きな香りが充満しています。
大鍋から香っているようです。
原因はこれでした。

大鍋一杯のビーフシチュー

↑大鍋いっぱいのビーフシチュー

これには参りました。キング of 大好物
前回ビーフシチューを作ってくれた時、標準量だったため、
食後、食べ足りない顔をしているのを覚えてくれていたようです。

せっかくなので、釣り人S君の仏国土産(→S君帰国の模様)である赤ワインをいただくことに。

誕生日ディナー

↑赤ワインとキング of 大好物ビーフシチュー

赤ワインとビーフシチューは相性もよろしい。
シチューは3度もお替りしてしまいました。
しかも、まだまだ残っているので、ともともが弁当に持っていかなければ明日も頂けそうです。
明日の朝食は、チョコマーブルパンとビーフシチューに決定。

ビーフシチューがあまりに好評なので、
ともともは毎月3日はビーフシチューの日にしてくれることでしょう。


さらに。
西に住むこのブログの筆頭読者である方が、大好物を送ってくれました。

12歳の山ちゃん

↑年男の山ちゃん

ありがとうございます。
今日はお祝いなのでガブガブ飲みたいところですが、
8日に川崎ハーフが控えている事ですので、酒倉に保管させてもらいます。

ちなみに、来年は僕も年男です。年男ののりちゃん。


赤ワインで多少酔っ払っていますので。


今年も健康に気をつけて・・・などと弱気になることなく、
あくまで、フルマラソンでサブフォー(4時間切り)達成します。


ひつこいですが、明日の朝食が楽しみです。
勢いで残った赤ワインも飲んでしまいそうです。
図書館で本を借りてきました。
オカンの嫁入り
咲野月音著『オカンの嫁入り』(宝島社)
普段は読まないジャンルの小説です。

わざわざ予約までして借りたのは、作者が大学の先輩(学科は違いますが)で、
日本ラブストーリー大賞の特別賞を受賞したと、大学の学園通信で見たからです。
             
ある晩オカンが男を拾(ひろ)てきた。

と、始まるように、会話だけでなく地の文も大阪弁で綴られるようです。
学園通信では「文学で大阪弁ブームが起これば…」のようなことを語っていた作者ですが、
さて、どうでしょう。

先輩つながりでもう1冊、借りました。
蔭の棲みか
玄月著『蔭の棲みか』(文藝春秋)
こちらは高校の先輩のようです。やはり学科は違いますが。
しかも芥川賞。おお!
いつか同期生からも作家が生まれないものでしょうか。いそうで、いないのです。

ついでなので「ランナーズ」という雑誌のバックナンバーも借りてきました。
のりのりさんが関心ありそうな特集の号を2冊ほど選んだのですが、
真剣な面持ちで熟読していたかと思うと、
「素晴らしい。やっぱりマラソンは人生だ!ランナーズは定期購読しよう」とのこと。

「マラソンなんて*****」と言っていた半年前ののりのりさんに聞かせたい一言です。
週末の料理は、原則として僕が作ります。

本日の昼食は、アサリのトマトソースパスタ(ボンゴレロッソというらしい)。
アサリは昨日の夜から泥抜きしてありました。

ボンゴレロッソ

↑ボンゴレロッソ 超大盛り

パスタの量、半端じゃないです。二人で500g。


晩御飯は昨日も紹介した鍋の本を参考に、ワンタン鍋。
ワンタン鍋

↑ワンタン鍋

ワンタンはつるつるした食感がおいしい。
二人で30個、完食。
〆はラーメン二玉です。

今週末も食べ過ぎですね・・
金曜日に買ってきたドーナツも、10個完食してしまったし。

とはいえ、座して太るわけもなく。
罪滅ぼしの精神で、小雨降る中LSDを110分。
ともともは髪を濡らしながら必死で走っていました。


さて、今日から3月。
若潮マラソン後、マラソンも筋トレもメニューを見直しました。
その2月の集計です。

ジョギング(6分/km)  ・・・380分
LSD(6.5分/km)   ・・・320分
ウインドスプリント(150m)  ・・・16本
レースペース走(5分10秒/km)  ・・・10km
坂道ダッシュ  ・・・7本
筋トレ(スポーツクラブ)  ・・・8日


月間走行距離はおおよそ125kmぐらいでしょうか。
完全休暇は7日のみ。
その大部分が僕がお酒を飲みに行った日ですが。


これだけトレーニングしても、体重は変わっていません。
ともともは、運転免許書の写真(約1年前)より、だいぶ顔がふっくらしましたね。