2009.04.30 GW主夫
今日はともともだけ仕事でしたので、僕が主夫。

主夫の朝は早い。
お弁当を作ることから始まります。

お弁当の定番 卵焼き を作ることにしました。
人生初チャレンジ。

レシピなどは参考にしていませんが、物理現象的には想定範囲。

卵焼き1

↑卵二つをほぐして、フライパンにぶちまけます

卵焼き2

↑あやうくスクランブルエッグになりかけたので、慌てて成型

卵焼き3

↑ハムを2つ並べて、クルクル巻こうかと思い・・・

卵焼き4

↑うまくいかないと判断し、ひっくり返してしまった・・

本日のお弁当

結果オーライ

昨日の晩御飯残り(炊き込みご飯とホタテ貝柱バター炒め)を合わせてお弁当完成。

ともともを見送って、朝のお勉め完了です。
主夫の朝は忙しいものです。


午後1時過ぎまで自習室でお勉強したあと、昼ごはんを食べると晩御飯の準備。
今晩は得意のカレーと決める。

カレーライス

↑得意のカレーライス(骨付き鶏もも肉使用)

オレンジサラダ

↑オレンジサラダ(自家栽培のイタリアンバジル入り)

どちらも好評でした。ふふふ
オレンジサラダは意外だったでしょう。

それにしても。
主婦は毎日大変ですよ。

自宅で無意識に甘えている殿方は、勘違いしないように注意が必要です。


さて、4月も終わりですので、トレーニング総括。

ジョギング(6分/km)  ・・・120分
LSD(7分/km)   ・・・450分
レースペース走  ・・・10km(49分)  
坂道ダッシュ  ・・・0本
マラニック    ・・・60km  チャレンジマラニック
筋トレ(スポーツクラブ)  ・・・4日  アクアビクス含む


月間走行距離は 約153km でした。

後半は互いに体調を崩したので、チャレンジマラニックだけでしたがなんとか150km超。
LSD・マラニック中心のスタミナトレーニングは今後も続けていきたいです。


僕もともともも十分休養したので、そろそろ再開しましょうか。




2009.04.29 GWごはん日記
のりのりさんは今日から8連休です。

普通なら連休というと「キャンプだキャンプ!」とじっとしていないのりのりさんですが、
夏に資格試験があるため、外出は控えおとなしく勉強しています。

そういうわけで、楽しみというと3度3度のごはんです。

今日のお昼は、ジャージャー麺を作ってもらいました。
ジャージャー麺
甜面醤ベースの肉味噌を、麺とぐちゃぐちゃに混ぜて頂きます。
甘さのなかに、少しの豆板醤がぴりっと効いています。
ちなみに麺はふたりで3玉。

お腹いっぱいになった午後も真面目に勉強していたようです。

晩ごはんは共同作業で。
GWばんごはん
桜エビとしめじの炊き込みご飯。
帆立貝柱の炒め物。れんこん、インゲン、くるみ入り。
帆立のヒモの時雨煮風。これはのりのりさんオリジナル。
香ばしい食卓でした。

おやつは、ご近所さんに頂いたお土産。
お土産
何やらインパクトのある袋です。

撃!
自衛隊限定販売の「撃せん」

撃せん
迷彩色に桜…自衛隊ですからね。

「中身は地味ですよ」とご近所さん。
中身は地味です
確かに、地味でした。

防衛ホーム新聞社というところが販売しているようです。

キャッチコピーを見ると
自衛隊オリジナルせんべい 撃
撃シリーズ第二弾。中のピーナッツが銃弾みたい・・・おいしいと評判の「撃せん」。

そうか、付き方も数も不規則でバラバラとこぼれ落ちるピーナツは銃弾のイメージだったのですね。

おいしい一日でした。ご馳走さま。
明日以降も期待しています。
やっと、介護家事から解放されました。
お疲れ様でした。

今朝、復調の兆しがあるともともの検温の結果。

36.5℃

病人認定 解除。我が家の警戒度は引き下げられました。

これで、自分の介護家事解放が決定されました。

<介護家事とは?>

1.食事の買い出し。
2.食事の準備
3.食器洗い
4.お風呂掃除
5.相手への優しい態度


特に、3.がやっかいです。
最近の中性洗剤は以前よりも良くなったとはいえ、手がカサつきます。

5.は普段から実践できているので、特に問題無し。


そんなわけで。
帰宅時、玄関のドアを開けると、いーい匂いがします。

ともとも復調後の晩ごはん

↑おいしい晩御飯

左上時計回りで、
・かぶの葉と豚肉と卵と鰹節のふりかけ風
・鶏肉の大根おろし煮
・キャベツのカニクリームソース

いやー、さすが。おいしかったです。

明日から8連休ですが、本来の生活が取り戻せそうです。

2009.04.27 続・病病介護
微熱に頭がぼーっとします。

晩ごはんは、
「お米だけ研いでおいて。あとは何もしなくていいから」と、
のりのりさんが今日も作ってくれました。

帰宅してからスーパーに行って、完成までおよそ1時間。
「今の俺ってお母さんみたい。手際もいいし」と自画自賛ですが、
実際なかなかのものでした。
病病介護メニュー
銀ムツの煮付け、いんげんときのこのきんぴら、ピリ辛大豆、かぶの浅漬け中華風、
鶏団子のお吸い物(これは昨日の)。

お醤油とみりんの匂い、ゴマ油の匂い、バターの匂い、
食欲をそそられます。
「でしょ?もし風邪ひいてる時に女の子がうちに来て1時間でこれだけ作ってくれたら
落ちるよね~。ひゃっひゃっひゃ」
残念ながら、のりのりさんが風邪をひいても女の子はやってきてくれませんが、
お腹がいっぱいになった私は落ちてしまいそうです、眠りに。

どれも美味しくいただきました。
早く復活したいです。面倒かけますね。
2009.04.26 病病介護
今朝、起床直後。

「何だか喉がヒリヒリすんねん」とともとも。

ニヤリ。

早速、体温測定。

36.7℃

我が家の病人認定基準である36.5℃以上なので、病人認定。

早速、マスク・トローチ・のどスプレーなどを召集。

いつものコーヒーを要求するともともを無視して、無理矢理ホットハチミツレモンを飲ませました。

まだまだ痰がからんでいるため、完治しているわけではない僕の病病介護開始です。

あれこれ家事をしようとするともともを制し、
洗濯などを済ませたあと、僕は学習をしに自習室に行きました。
もちろん、ともともには絶対安静を指示して。

昼前に帰宅してすぐ、お腹が空いているともともにまずは昼食を食べさせました。

看護メニュー カニ玉ご飯

↑病人メニュー ふわふわカニ玉ご飯

さらに「風邪にはビタミンC」と自分の親が言っていた事を思い出し。

看護メニュー いちご

↑ビタミンCの王様 いちご

を相次いで食べさせ、午後は布団に寝かしつけました。


晩御飯には「しょぱいものが食べたい」と希望があったので、

看護メニュー 肉団子汁

↑病人メニュー 鶏つくねのお吸い物

風邪に良さそうな、ネギ・生姜汁、身体が温まるだろう根菜類を使った病人メニューです。
鼻が通りやすいように、つくねに山椒(隠し味)を入れてみました。

とても美味しかったようです。身体も温まりました。

再び親の「風邪にはビタミンC」を思い出し。

看護メニュー グレープフルーツ

↑いかにもビタミンCが多そうなグレープフルーツ


これで少しは良くなるでしょうか。

明日の朝、再度検温して36.7℃なら仕事を休ませようと思います。

ゴールデンウイーク前半は看病に明け暮れそうです。 ニヤリ
今日から大型連休突入の人もいるようですが、あいにくの雨模様です。
のりのりさんは資格試験の勉強で自習室にこもっているので、
私はひとり車でお使いに行くことにしました。

自宅駐車場を出て角を曲がるなり、一番来てほしくない場所で対向車が。
慣れたドライバーならするすると上手に脇に寄せてあげるのでしょうが、
私が下手に寄せるとガードレールに擦ってしまいそう。

モタモタとバックしたり、窓から覗いたりしていると対向車は、
「ブ、ブ、ブー(訳:いつまでモタモタしとんねんな)」とクラクションを鳴らし行ってしまいました。

ふと、1年数か月前、教習所の卒業検定のあと
教官が言っていたのを思い出しました。
「免許を取ったら、交通量の少ない日曜の朝、
気の長~い彼氏に助手席に乗ってもらって練習すること。
怒りっぽい彼氏はダメ」

彼氏はいましたが、気の長い彼氏ではありませんでした。
のりのりさんの特徴参照

まあ、たとえ気の長い彼氏に隣に乗ってもらっても、
運転が上手になったとはとても思えないのですが。
あー、センスない。

買い物と、図書館にも行きました。
ペルセポリス
『ペルセポリス①イランの少女マルジ』マルジャン・サトラピ著
10代の女の子が見たイスラム革命後のテヘランの様子が、とても興味深いです。
今週初めに襲われた季節外れの風邪もどうやら良くなったようです。

ようやく平素の生活を取り戻しました。

さて。
帰宅するとキッチン内に漂うとても良い香りを感じました。
(まだ嗅覚が完全に復活していないので、ほのかに・・・)

そして、してやったり顔のともとも。

鍋を開けると・・・・king of 大好物 ビーフシチュー

想えば、3月3日に約束してくれた「毎月3日はビーフシチューの日」も守られず。
辛い日々が続いていました。
ついつい、その思いを口にすると。

「マラニック完走のささやかなお祝いをしようとおもってたねん。」と、ともとも。

どうやら、今週火曜日の晩に食べる予定で、お肉の下処理をしていたようです。
ご存じの通り、火曜日は早退→病人メニューでしたので、今晩になったとか。

お陰でお味がよろしいこと。
赤ワインをたくさん吸ったお肉が、おいしいこと。

ビーフシチュー4月分

↑ビーフシチュー4月版


「1か月に一回は作ってくれるといいね。」と控えめにお願いすると。

「何かのお祝が無いと駄目です。」とキッパリ。

だいぶ食べ足りないけど、明日の昼の分を残してごちそうさましておきました。

来月もマラニックかマラソン大会に参加しようと思います。
爪がはがれました。べろっ、と。

左足より右足の方が大きいのか、走り方の問題か、
長時間走ると、右足の第二指(人の差せない人差し指)に鈍い痛みを覚えます。
1月の館山若潮マラソンのあとしばらくすると、
右足第二指の爪の感覚が鈍くなっていて、色も白くなっていました。

組織がすっかり死んでしまったのでしょう、下から新しい爪も生えてきました。
そのまま2か月以上過ごしていましたが、先日のマラニックでの九時間の激走でとうとう、
しがみついていた古い爪がぺろーん。
痛みはなく、乳歯が永久歯に押されて抜けるような感じでした。

川崎ハーフマラソンに一緒に参加したKさんも同じような症状だけれど、
彼の場合は爪が割れてしまい3日ほど歩行困難だったとか。
私は安産で幸いでした。

これで、はがれかけの爪も気にならなくなったし、
裸足になる機会も増えるだろうからマニキュアでも塗ろうかな、と

思いましたが。しかし。

日々のランニング(と手入れ不足)によりつま先はガサガサ。

しかも1月の館山若潮マラソンでの日焼け跡、
その時穿いていたCW-Xのロングタイツの跡がくるぶしの上あたりでくっきり。

さらに先日のマラニックでは気をつけていたにも関わらず
今度はセミロング丈の位置(ふくらはぎ中ほど)でまたしても日焼け跡くっきり。
(そりゃ9時間も走れば日焼け止めも落ちるでしょうよ。)
三段腹ならぬ三段脚。
とてもとても、スカートにサンダルなどで膝下を晒して歩けそうにはありません。あーあ。

本日の一品。
かぶの葉煮浸し
かぶの葉の煮浸し。
香ばしくて甘い干ししろえびのおかげで出汁いらずです。
昨日の会社早退後、病院で服用された薬を飲んで早く寝たのですが。。

今朝起きても身体のだるさが残り、全く覇気が無いため病欠しました。。。

あー、情けない。
明らかにマラニックの疲労で免疫機能が低下したための風邪と思われます。


午前中はずっと寝ていました。

午後はだいぶ回復してきたので、資格試験の準備をしていました。

明日は仕事復帰できそうです。
というか、社会人として復帰しないとマズイ。

といっても、今月発行のランナーズを読むと、うずうずしてきまして。
鎌倉のトレイルコースを調べたり、三浦半島縦走マラニックを考えてみたり。

すでに筋肉痛も無くなり、走りたい気分もありますが、
今回ばかりは再開時期を慎重に判断しようと思います。


さて。今日の横浜は25度を超え、初夏の気候。

近所の藤棚は、今年も見事です。


近所の藤棚

↑近所の見事な藤棚


ジョギングは健康増進に良いと言われていますが、
何事もほどほどが良いのは言うまでもありません。

皆さんも超長距離を走る時には、十分注意してください。
のりのりさんが弱っています。

朝、体温計を見て「あ~熱だ。熱がある。」
36.8℃でした。

一旦は出勤したものの、ふらふらで早退。
内科で薬を山盛りもらって帰ってきました。
ただの風邪でほっとはしたのですが、
食欲がどうも……、

お昼ごはん(帰路コンビニで購入)
・カップラーメン
・おにぎり2個
・きんぴら、お漬物、温泉卵、サラダ

おやつ
巻せんべい
・チョコレート
・カステラ(4切れ)

晩ごはん
・煮物
・きんぴら、お漬物、温泉卵、納豆
・お味噌汁(2杯)
・ごはん(2膳)

そしてデザートは
「病気だからプリン食べたい」ということで、
病人特別ルール
さすがに2つは食べませんでしたが、時間の問題でしょう。

食欲がないよりはずっと良いことです。
2009.04.20 マラニック
風邪を引いてしまったようです。
喉の奥が腫れているのか、息苦しく。

昨日、ともともとキムチチゲでささやかな完走祝いをしたからかな、と気にしないでいましたが。

夕方、とうとう我慢が出来なくなりました。
微熱(38℃ちょい)でボーっとしているので、たぶん風邪を引いてしまったようです。

あー、情けない。
昨日のともともの記事に書いてあった通り、マラニックは絶好調でしたが。


結局、不甲斐ないじゃん


思考回路も怪しいので、今日はこれまで。


せっかくなので、マラニックのコースをUPしますので、ご覧ください。
(細かいルートは正しくないかもしれません)。



第10回チャレンジマラニック60km~小田原・箱根路・足柄路~

ため息ばかりついていましたが、ついに初めてのマラニックです。
のりのりさんは職場で今回のマラニックについて離したところ
「そりゃぁキ●ガイですよ」と言われたそうです。紙一重だと私も思います。

ところで過去に参加したマラソン大会や最近の練習で、ある傾向が出てきました。
それは、私が調子の悪い時はのりのりさんの調子が良く、
私が調子を取り戻すと途端にのりのりさんの調子が悪くなるというもの。
傾向というか、もはやジンクス。

「ともとも、ヨレヨレで転んだりしてねー。ひゃっひゃっひゃ」
冗談にしてはのりのりさん、目が本気ですよ…。

キ●ガイもジンクスもさておき、スタート地点の小田原アリーナ到着。
受付でゼッケンとコップを貰いました。
マイコップ
他のマラソン大会ではエイドステーションに水の入った紙コップが置かれ、
飲んだあとの紙コップはポイポイ捨てられてしまうのですが、
この大会では一人ひとつのコップを最後まで持って走ります。

号砲などはなく主催者の「じゃあ、行きますか」の声で一斉にスタート。
小田原城
6.0㎞地点。
最初のエイドステーションは小田原城です。
タイムを競うマラソン大会だと我さきにと水に手を伸ばしますが、
順番にマイコップを差し出し、談笑しながらチョコレートなどを食べています。

完走祈願
完走祈願をして再びスタート。
箱根湯本までは皆で一緒に行き、その先はそれぞれのペースでゴールを目指します。

いざ、箱根路。
箱根路へ
まだ余裕の表情です。
しかし、トンネルを抜けるとそこは…

箱根路
上り坂が延々続きます。

駅伝選手のようには…
テレビで見る箱根駅伝の選手たちのようには、とうてい…。
とにかく長い長い坂道でした。

富士屋
19.5㎞地点。
箱根といえば富士屋ホテル。走って素通りです。

しだれ桜
桜がまだまだ楽しめます。向こうの山も山桜が満開の様子。

この大会ではエイドステーションが5㎞ごとに設置されていました。
これがなんとも、痒い所に手の届いたサービスなのです。
水、スポーツドリンクの他に飴、チョコレート、
そろそろしょっぱいものが欲しくなってきたと思うと味噌や塩の添えられたきゅうりにトマト。
なんとビールまで出されました。
私たちは遠慮しましたが、美味しそうに飲み干す人も。
逞しきランニング猛者たち。

そして金時山への登山道に入る手前のエイドステーション。
エイドステーション
27.5km地点。
ちょうどお腹の空き始めた頃、絶妙のタイミングでのおにぎり。

「持って行ってね」と渡されたお菓子をバッグに入れ、登山スタートです。
峠へ

山道はさすがに走れないのでハイカーの邪魔にならない程度の早足で登ります。
富士山
乙女峠展望台に着くころには霧も晴れ、富士山も大きく見えてきました。
富士山を見ると、なんだか元気になります。

が、思った以上に歩きにくい道、
いつの間にかのりのりさんと離れてしまいました。
(自分のペースを守ることが大切ですからね)
それでもどうにか金時山征服。

苦手な山の下り道ではのりのりさんと離れてしまい
(自分のペースで走ることが大切ですからね)
尻もちをつくこと2回、足元は泥だらけです。

道中、この世のものとは思えない大きさのカエルの大群を直視しかけ、
火事場の馬鹿力で駆け抜け余計なエネルギーを消耗するなど
私はすでにヨレヨレ、のりのりさんはジンクスどおり妙に元気です。

至れりつくせり
33.5㎞地点。
次第に「次は何が出てくるかな」と楽しみになってきたエイドステーション。
ドライフルーツ!
のりのりさんは目ざとく好物のマンゴーに手を伸ばしていました。
「もう少しでうどんですよ」とスタッフ。

そう、マラニック参加者は地蔵堂の足柄古道万葉うどん
うどん券一杯分が頂けるのです。

ざるうどん
のりのりさん、ざるうどん。

湯うどん
ワタクシ、湯うどん。
長~い長~いおうどんで、つゆにつけるまでに四苦八苦、テーブルはびちゃびちゃ。

こちらのお店はマイ箸を持っていくとお替りひと玉(\100)を無料にしていただけます。
私たちもお箸を持って行きましたが、走ることを考えると食べられず。
しかしここでもやはりランニング猛者たちはぺろっとお替りをしていました。

食後はしばらくウォーキングをしてからラン再開。
午後の日差しが肌にチリチリしてきました。
一体何時間、走っているのでしょう。

バカ殿
43.5㎞地点。
エイドステーションの人たちは、ボランティアうんぬんサポートうんぬんというより、
イベントを楽しんでいるようです。
竜福寺のエイドではコスプレをしたスタッフが待ち構えていました。
のりのりさんもみかんを食べながら、用意されていたバカ殿かつらでポーズ。

さて。ここから先、私はほとんど記憶らしい記憶がありません。
足の痛みは気のせいだと自分に言い聞かせながら
何も考えず、ただ足が勝手に前に出るのに任せるのみ。

のりのりさんが「○○○?」「●●●?」と何かを問いかけても
「う~、あー」「あああ、ううー」と言葉にならない声を出すばかり。

48.5㎞地点。最後のエイドステーションは足柄大橋。
そこからはひたすら酒匂川サイクリングロードに沿って走ります。
西日が差してきて、時計を見るのさえイヤになってきたころ
「あ!ゴールが見えてきたんじゃない?」
のりのりさんの指差す先に小田原アリーナが見えてきました。

「ううう~」と私がまたも返事できずにいると、後ろを走っていた女性が
「そうですよね?あれですよね!」と喜びの声。

のりのりさんは心もちスピードアップ。
苦痛にゆがむ顔で追いつく私。そして負けじとついてくる先ほどの女性。
けれどもう足はこれ以上、上がりません。

各エイドステーションと同じく、
ゴールでもスタッフが手を振って迎えてくれました。
完走!
祝!完走!8時間49分!長かった~!

達成感より喜びより、ただ、ホッとしました。
「いや~よかったよかった。ウルトラマラソン完走も、見えてきたでしょ?」
って、何ですか、それ。のりのりさん。
イワシの頭も信心から…ジンクスって恐ろしいです。
今朝、ずっーと走っているツライ夢で目が覚めました。

とうとう、明日、第10回チャレンジマラニックです。


はぁー。


朝から、ともともと顔を合わせるたび。

「どうして出場することになったんだっけ?」

「100kmウルトラマラソンに出るための準備だよ」

「私は関係なかったのに」

「最終的にはともとももウルトラに出るんだから。しかも4大大会全部」

「・・・」

「けど1300m登り通しはきついな。」

「なんでやねん、なんでやねん。」 ←身振り付き

「はぁー。」

「はぁー。」


それでも、出来るだけの事はしようということで、アミノ酸の購入を依頼したら、

杏仁豆腐 特大

↑アミノ酸と杏仁豆腐 特大(1kg)

杏仁豆腐は、明日の晩、ゴクゴク飲みたいそうです。
完走したら1kg全部ゴクゴクしちゃって良いですから。


明日は天気も良く、現地でも20℃を超えて初夏の陽気だとか。

厳しい遠足になりそうです。






 


2009.04.16 ため息の夕食
初めてのマラニック、
第10回チャレンジマラニックが迫ってきました。
マラニックとは、「マラソン+ピクニック」のことだそうです。
タイムを競うレースではなく、あくまで「ピクニック気分」で行うのです。

「ピクニック気分」とはいえ
今回参加するマラニックのコースは、大会要項によると、
「30km上って、30km下る高低差が1300mの魅力あるアップ&ダウンコース。」

あまり想像もしたくなかったので、目をそむけて来たのですが、
今朝のりのりさんと地図を広げてコースを確認してみました。

「ここって、車で走ったあるよね?あの山道。」
はあぁ。なんだか食欲がなくなりました。

「なんで参加することにしてしまったんだろ。はー」とのりのりさん。
「なんで参加費払てしもたんやろ。はー」とワタクシ。

今さらジローなふたりです。
今からできることといっては、体調を整えることとカーボローディングくらいでしょう。
                               (度々登場↑)


ですから今日はご飯の進みそうなおかずをあれこれ。
カーボのお供
手羽元と大根の煮物、水菜のからし醤油、
いかなごのくぎ煮、ラヂウム卵、かぶ葉のふりかけなどなど。
60kmの距離と1300mの高低差を思って喉をつまらせながら、
ご飯のおかわりをしようと思います。

2009.04.15 たけくらべ
一昨日は犬も食わない○○喧嘩、昨日は酒席にて久しぶりの更新です。

今夜、ジョギング前に関節を回していたら、ともとも。

「O脚が直ったら、身長伸びるのに・・・」とぼやき。

「身長150cm(自称)のともともが165cmになる訳ないんでない?」と煽ると。

このままの体型ですらっとしたら、モデルになるやん。」とムキになり。

「モデル体型になったら、どうやって歩くの?」とさらに煽情すると。

「こうして歩くやん」と脚をクロスさせすぎのモデル歩き


現実は、ざーんねんですが・・・

たけくらべ

↑観葉植物とともとも

とうとう、観葉植物に追い抜かれました。

一方、春になったからといって、ともともの身長が伸びる事はきっと無いはずです。

横浜は連日、春本番の陽気です。




2009.04.12 お肉たっぷり
桜はずいぶん散ってしまいましたが、
金沢区の浜辺や公園は潮干狩りとバーベキューで賑わっています。
そんな楽しげな人々を見ながら走ること2時間40分。

玄関までの階段を上るのさえトボトボなほど疲れましたが、
体年齢
帰宅後の体組織測定の結果、体年齢 19才。

気分が良いので、ごはんのおいしさも倍増です。
鉄板焼き
我が家では初の鉄板焼き。
ジョギングコースにある焼肉屋さんを通る度
のりのりさんは指をくわえんばかりに覗き込むのですが、
今日はバーベキューの匂いまで嗅ぎながら走ったので
どうにも我慢できなくなったようです。

たまにはお肉たっぷりもいいですね。
だって、19才の体だし。
あ、のりのりさんの体年齢は31才でしたっけ。
数才でも実年齢より若くてよかったんじゃないですか。
私は、19才ですけど。
今日はジョギング無しの遠足に行きました。

場所は三渓園。横浜の桜の名所として余りにも有名な庭園式公園です。

今日は朝からポカポカ陽気でしたので、ともともをバイクに乗せて行ってきました。

買い物に立ち寄ったら、到着は昼前になってしまい。
到着と同時にお弁当(ともとも作)を広げました。

遠足弁当

↑お花見弁当

上から、
・蓮根入りミートボール
・おにぎり(たらこ、梅)
・きゅうりの味噌付け(細長いアルミ箔)
・卵焼き
・エリンギとゴボウのピリ辛炒め

色目はシブ弁ですが、味はグッド。
ただ、ミートボールの大きさが不揃いでしたので、本人確認したところ。
「両手が汚れるのがイヤやったから、片手でちゃっちゃとしたからや」。
要するに効率を優先した、と言うことでしょう。

お腹いっぱいになったので、園内を散策。(≒ジョギング)

三渓園の風景1

↑桜とヤマブキ

三渓園の風景2

↑桜と日本家屋

三渓園の風景3

↑桜と三重塔


春満開の風景ばかりで、ほっこり和みます。

「お抹茶」の看板にひかれて建物に入ると。

裏千家

↑裏千家の臨時出張所

せっかくなので、頂くことにいたしました。(←お上品に)

抹茶の友

↑お落雁(お上品な甘さででございました)

抹茶

↑お抹茶と横浜焼(見事なお手並みでございました)

とても結構なお味でございました。
ともともは、かつて裏千家に出入りしていたとのことでございます。
(粉っぽいお茶しか点てられなかったとか)
そのともともを横目で見ながら、礼に失することないように心がけたのでございます。

(注:本当はとても丁寧でフランクな方が給仕してくれます)。

気分を入れ替えて。
ともともがどうしても、と言うので食べました。

花より団子

↑焼き団子(上:黒みつきなこ、下:ずんだ)

僕はをずんだ頂きました。


そこで、一首。


ずんだもち 古い青春 思い出す
 
桜花咲く 歓迎コンパ

詠み人 横浜市 30代会社員 男性

・・お粗末


目にもお腹にもうれしい遠足でした。
三渓園、とてもお薦めです。
お弁当を持参して行きましょう。


ついでに一首。

バイクの背つかまりて行く花の庭 

君と見上ぐる二度目の桜

詠み人 横浜市 30代パート 女性



2009.04.10 ラーメン儀式
度々話題にのぼりますが、のりのりさんも私も、
近所にある横浜家系ラーメン店のラーメンにすっかりハマっています。

しかしながら、このこってりラーメンをおいしく頂くには、
ただお腹が空いているだけではいけません。
有酸素運動でしっかり動いた後でないと、
罪悪感の方が勝ってしまうのです。

そういうわけで、金曜日の夜だというのにLSD(長時間走)をやってきました。
夜桜と満月を眺めながら。でも頭の中はラーメンのトッピングでいっぱいです。

90分ランのあとの待ちに待った豚骨ラーメン。
胃液も出過ぎです。

さて、このお店では「お好み」を聞いてくれます。
麺の固さ、味の濃さ、油の量を調整してくれるのですが、
最近とうとう、お好みを聞かれず顔を見ただけで
「固め、薄口、油少なめでわかめトッピングですね?」と確認されるようになりました。

おお。去年通い出したころ羨ましく思っていた常連の証し。

ちなみに、両手の平いっぱいくらいのキャベツとわかめをトッピングするのが定番です。
早く麺をすすりたいのをこらえ胡椒を振ったら、
れんげにスープを取り、キャベツにスープを回しかけます。
この儀式が終わって初めてスープをひとくち。

あああ~。この世に家系があってよかった。
そしてラーメンをおいしくしてくれるランにも万歳。

しみチョコスナック
ラーメン食べた後「ファミリーマート寄らない?」とのりのりさん。
近頃このチョコ菓子がお気に入りのようです。
長年愛用してきたパジャマに別れを告げ、新しいパジャマを買ってもらいました。

新しいパジャマ

↑無印良品の新しいパジャマ

これには、どうでもいいエピソードがあります。


まず、長年愛用してきたパジャマについて語らねばなりません。
昔々、無印良品で購入した古いパジャマは、
身長184cmの僕でも大きいぐらいビッグサイズでした。
なので、ゆったり着られるのでとても気に入っていました。

ところが、今年になり各所穴あきが目立つようになり。

てんとう虫のアップリケで延命措置をしましたが、
お尻の部分に壊滅的な大穴が開いてしまいました。
(かなり見苦しいので写真はUPしません)。

そこで、ともともに購入を依頼しました。
条件はとにかく「大きいサイズ」。
といっても、デザイン・着心地も配慮してほしい。

ともともは古いパジャマを採寸したメモを片手に買ってきてくれたわけです。

古いパジャマの採寸

↑ともともの得意なスケッチ(素で書いたもの)

お陰でとても気に入っています。

けど、このところのポカポカ陽気で、長袖シャツは当分要らないようです。


のりのりさんの朝ごはんはトースト1枚。
せめて食物繊維やミネラルをわずかでも摂ってもらおうかと
レーズンや胡桃入りのパンを焼くのですが、
一度マーブルショコラパンを焼いてからは
「チョコパン、チョコパン」と激しいリクエスト。
今週も焼いてみました。

チョコシートものりのりさんの大好きなガーナミルクで作りました。
チョコシートのっけて

シートを包んだら麺棒で長く伸ばし、
伸ばして

三つ折りにして冷蔵庫に寝かせます。
寝かせて
冷蔵庫はたいてい空っぽです。

向きを変えて伸ばし、
また伸ばして

畳んで、
畳んで
また伸ばし、三等分にして編みます。

編んだら型に入れ、二次発酵させます。
二次発酵後

焼き上がりました。
焼き立て

マーブル模様はうまく出ているでしょうか。
マーブル模様?
ちょっと微妙に片寄ってしまいました。

昼、用事で日本大通りに行きました。
ぽかぽか陽気の中、オープンカフェでランチ。
オープンカフェ

自分で焼いたパンはあまり食べないくせに、
カフェの「自家製パン」についつい惹かれます。
ブラックオリーブのサンドイッチ。
こういうサンドイッチって、どうやったらスマートに食べられるのでしょうね。
黒オリーブサンド
社員食堂でラーメンすすっているのりのりさんには申し訳ないですが、
んんん、オリーブが旨い。ビールが欲しいところですが、さすがに我慢しました。

ところで、夕方ジムに行く前にパンが食べたいというのりのりさんに、
大好評のマーブルショコラパンを出したところ、

大変、不評でした。

1.5斤を7枚切りにしたのですが、「薄すぎる。食べた気がしない」のだそうです。
そういえば前回は間違って6枚切りにしたのでした。
失礼いたしました。
4月になり、横浜は連日春本番の陽気です。

昨日はトレーニング全休でしたので、休養十分でした。
よって、ともともの嫌いなレースペース走10kmをやりました。

目標50分(5分/km)に設定しましたが、48分20秒でゴール
ラスト2kmは4分30秒/kmで走れたのは練習の賜物でしょう。

ともともは終始辛そうでしたが、満足のいく好成績です。
LSDを十分にやっているおかげで、随分スタミナがついた感じです。

さて、3月のトレーニング集計をします。

ジョギング(6分/km)  ・・・340分
LSD(7分/km)   ・・・420分
ウインドスプリント(150m)  ・・・8本
レースペース走(5分秒/km)  ・・・30km  川崎ハーフ含む
坂道ダッシュ  ・・・0本
マラニック    ・・・30km  江ノ島
筋トレ(スポーツクラブ)  ・・・6日  アクアビクス含む


月間走行距離はおよそ180km
完全休暇は12日。
休みが多くなった割には月間走行が伸びたのは、マラニックとLSDを長くしたからでしょう。

4月は14日(日)の60kmマラニックがあるので、初の200km超えは確実ですね。


今日は写真が無いので、日曜日の晩御飯で食べたオムハヤシライス。

オムハヤシ

↑オムハヤシ

ハヤシライスはビーフシチューとともに僕の大好物なのですが、自宅で初めて作りました。
ハインツのデミグラスソースを使ったレシピでお手軽にも関わらず本格的な味でした。

ただし。
オムレツは

僕作 →ともとも食
ともとも作 →僕食 


と互いに作って交互に食べたんですが。

僕作 →ともとも食  ・・・半熟でオーライ ”オムハヤシ”
ともとも作 →僕食  ・・・歯ごたえ十分 ”オムハヤシ固め”


2009.04.06 タワシで…
今週はずっと暖かい日が続くようです。
朝起きて、慌ててセーターを羽織ったりストーブをつけたりすることも
必要なくなってきました。

今日あたりから、のりのりさんの入浴拒否が始まりそうな予感。

お風呂と言えば、週に数度はジムで入って来ます。
私たちが通うジムは住宅街にあって、
若い人よりも年配の人の方が多いように思います。
お風呂の中も銭湯のような雰囲気で、
おばさまたちは世間話しながら背中を流しあったり。

ジムのお風呂に入る度気になっていたのですが、
タワシで体を洗うのって、一般的なのでしょうか?
かなりの割合のおばさまが、タワシでごしごし体を洗っているのです。

スニーカーを洗ったり、泥つき野菜を擦ったりする、亀の子タワシです。

痛そうにもしていないし、肌が赤くなったりもしていない様子です。
ナイロンタオルだってまぁ、そこそこの刺激はありますが。

あんまり当然のように使っているので、ちょっと質問もしづらい。
みのもんたの番組あたりで、「体にいい」とでもやったのでしょうか?

気になります。
…のりのりさん、お背中お流ししましょうか?


本日の一品。
豆腐の味噌漬け
豆腐の味噌漬け。
おいしいお肉の味噌漬けを頂いたのですが、
お肉が漬かっていたたっぷりのお味噌、
捨てるには勿体ないので水切りした豆腐を漬けてみました。

冷蔵庫で丸二日。
ねっとりクリームチーズのような食感と、お味噌の甘み。
恐る恐る口に入れたのりのりさんも、おいしいと言ってくれました。
兼ねてから計画していた「桜鑑賞LSD」をやりました。

毎週末のように早起きしてしまったため、8時過ぎに自宅を出発しました。

横浜南部の桜名所を全て回る意気込みです。

まずは、称名寺に向かいました。
ここは赤門からの参道がとてもきれいな桜並木になっています。

称名寺赤門

↑称名寺 赤門から


境内には池と橋(再建が完了したようです)があり、桜がとても映えます。

称名寺

↑称名寺 境内


鳥の鳴き声も高らかに、清々しい朝です。

一通り観賞し、ランを続けます。
ちなみに、桜観賞中も基本的には足踏みを続けます。

道中の小学校ではチューリップも満開です。

小学校のチューリップ

↑色とりどりのチューリップ

「あまり小学校に近づくと不審だよ」とともともから注意されました。

次に通りかかったのは、長浜公園

枝ぶりがとてもきれいで存在感のある桜が、目にとまりました。

長浜公園

↑長浜公園の桜

この辺で走り始めてからほぼ1時間です。
僕もともともも順調。

折り返しの目的地として選んだのは富岡総合公園
付近では花見ポイントナンバー1との呼び声が高いので、楽しみにしていました。

富岡総合公園

↑富岡総合公園西側

ウワサ通り、すばらしい桜並木でした。
通過したのが10時半ごろなので、花見客はこれから、と言った感じ。
屋台も10軒ほどあり、とても賑やかになりそうな感じです。

ここで折り返しました。
走り始めてから1時間40分。
ともともは少し足が重くなったようです。

一方の僕はとても快調で、辛そうなともともにチョッカイ出して走っていたら。

「脇腹痛くなればいいんや!」 注)3/8川崎ハーフ ラスト3kmの悪夢

となじられました。
小競り合いしても仕方ないので、すぐに大人らしい和解を提案
人間は疲れてくると小っさくなるようです。

さて、クライマックスは野島公園です。

野島公園

↑野島公園

ここは、釣りにも度々訪れる場所ですが、桜の時期は初めてです。
11時過ぎに通過したので、園内で多くの団体さんがバーベキューをしていました。
かなりお腹が空いていたので、チラチラみて通過。

ともともはかなり疲労しているようです。
いつものキョロキョロが少なくなっています。

普段のジョギングルートの桜も満開でした。

平潟湾

↑平潟湾と満開の桜


ご覧になった通り、満開の桜を満喫できました。

3時間20分 走行距離28km

とても良いトレーニングが出来ました。
昨夜はバイト先の会社の飲み会がありました。
歓送迎会です。

チェーン店の居酒屋など久し振りだったので、
いかにも安上がりな飲み放題付きメニューも私にとっては特別メニューでした。

30数人の大所帯、私以外はみな男性ですが、
酒グセの悪い人やセクハラおじさんもおらず、楽しい宴となりました。
注がれるままビールを飲み、ほろ酔いで帰路に。
のりのりさんは、駅まで迎えに来てくれました。

酔っ払いの気持ちがよく分かるのりのりさんは、
帰宅するころにはお腹が空くだろうとカップラーメンを用意してくれていました。

「あんなぁ、誰々さんがこんなん言うてはってなぁ、それからなぁ」と、
宴会の模様を報告するのは楽しいものです。

酔っ払いの気持ちがよく分かるのりのりさんは
笑顔で(適当に)相槌を打ち、食べ散らかしたカップラーメンを片づけ
しゃべり続ける私をいつの間にやら寝かしつけていました。

朝起きると頭の奥の方に軽い痛みが。
酔っ払いの気持ちがよく分かるのりのりさんは、
「のど乾いてるでしょ」とお茶を出してくれながら
「ゆうべはご機嫌だったね」とニヤリ。

悪かったなぁ。せやけどここまでは酔っ払ってへんで。↓
宴の痕
12月26日のブログ参照

おいしいお酒を飲んで楽しく帰れるのも、家族の理解あってのことですね。

満開宣言
満開の桜。明日はお花見です。
ネットブックって、呼ばれているパソコンを買っちゃいました。

ネットブック

↑Lenovo IdeaPad S10e

購入価格、\38,800.
ひと昔のパソコンに比べると、驚くほど安いです。
ハイエンドモデルに比べると一部昨日は劣るようですが、必要最小限といった感じ。
おじさんにとっては、昨今の携帯電話やパソコンにみられる必要以上の高機能化は不要です。


ところで、購入の理由は資格試験のためです。
技術士という一般的には知られていない資格を受験します。

8月に一次試験があります。
問題は全て記述式で、600字とか1800字を複数題回答しなければなりません。

過去の問題傾向を見て、テーマを設定し、専門雑誌などを参考にして実際に記述してみる、
と言うのが、合格への近道だそうです。
要するに、文章を書くことが重要なのだそうで。

かと言っても、ワープロに慣れてしまった世代なので、いきなり手書きはハードルが高いし、
おそらく長続きしない、と判断。

しかも、家で勉強をするわけもなく、図書館とかをうまく利用しなければならない。

そこで、携帯できるパソコンが欲しい、となったわけです。

「ネットブック」の名の通り、通信機能が充実しているようですが、
僕の場合、当面は単にワープロで使う予定です。

明日、図書館に行って実際に使ってみようと思います。
これで、資格試験勉強も波に乗れそうです。



走るのには水分補給が重要になりますが、
普段のランニングや週末のLSD(Long Slow Distance)では
水を携帯せず、公園の水飲み場などを利用しています。

水飲み場のない所ではのりのりさんが持っているハイドレーション用ランニングバッグ
頼ったりもしていましたが、
4/18の小田原マラニックに向けて、私もポーチを買ってもらいました。

ランニングポーチ2
ボトルが落ちないためのベルトや、小物が入る程度のポケットもついています。

装着すると、こんな感じ。
ランニングポーチ

実際にお水を入れて走ってみました。
揺れはしますが、給水のあるレースでは水は持たなくてよいし、
LSDはゆっくり走るので、揺れても問題ないでしょう。

これで、もしマラニック中にのりのりさんがヨレヨレになっていても
「お水ちょうだい~」と言って煩わせる心配がなくなりました。

可愛いピンクも気に入っています。

さて、我が家にもうひとつ、新しくやってきたものがあります。
オムロンのカラダスキャン。体脂肪体重計です。

体重、体脂肪の他に、「体年齢」が表示されるのですが・・・

出ちゃいました。
身体年齢
体年齢20才。

ハ・タ・チ。

3、4歳しか若く表示されなかったと不満げなのりのりさんは
「故障か?不良品かも?」と疑っているようです。

納得したくない気持ちは分かりますけどね。
「ハタチ」、まぶしい言葉ですから。
週末、実家から懐かしい味が届きました。

福島飯坂温泉 紅屋本店巻せんべいです。

子供のころは、頻繁に食べたものです。
全国的に有名なお菓子だと思っていました。

大阪出身のともともも当然、聞いたことぐらいはあるだろうと思ったら。

知らん。

ふーん。ローカルなお菓子なのね。

そこで、箱に入っている状態で、どんなお菓子か想像してもらいました。
ヒントは「巻せんべい」ということだけです。

せっかくなので、イラストで当ててもらうことに。

巻せんべいスケッチ

↑ともともの予想スケッチと巻せんべい(予想した時は見ていません)

スケッチ左上から時計周りに

1.筒状
2.巻貝風 (中身は空)
3.瓦せんべい風 (『巻』のデザインあり)
4.ブルボンルーベラ風 (中身は博多銘菓 通りもん風の白あん)
5.南部せんべい風

すばらしい想像力です。
笑っちゃいました。いずれも力作ですね。

正解は、

巻せんべい正解

↑正解は「4.ルーベラ風」

ただし、通りもん風の白あんではなく、固い食感の飴が入っているのが特徴です。

ずいぶん気に入ったようで、バリバリと毎日食べているようです。