上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラが終わって、久しぶりに弛んだ生活をしています。

資格試験、サブフォー、ウルトラ完走とここ1年は頑張ることが多かった。

結果はともあれ、それらのイベントが無事終わり、
連休を前に、心がふやけています。


そこで、今晩はお家で居酒屋。

アサリは、昨日から暗闇に置いて砂抜きしていました。

砂抜き中

アサリの無防備かつあられもない姿に、僕もともともも絶叫。
おかげで、細かい泥も吐いてくれました。

酒蒸し

↑アサリの酒蒸し、牛スジ煮込み、かぼちゃサラダ

明日から5連休。
とっても楽しいお酒です。


しかし。
摂取カロリーを落とさないと、運動不足にて太ってしまうのが心配。
ともともはそのジレンマで、走る量を減らせないでいます。
現に、今日も帰宅ラン(12km)してきたようですし。


連休の予定ですが、お互い故郷に帰ります。

僕は岩魚釣り三昧の予定。
ブログは別々にアップする計画です。
スポンサーサイト
2010.04.29 大潮です。
大潮です。


潮干狩り
↑潮干狩りです。

金沢区の海の公園はこの時期凄い人出で、
連休中は数万人集まるそうです。

野島公園も、
大潮です
午前10時でこの人出。

レジャー地として有名な海の公園に比べ、
野島公園はなんとなく、地元の人が多い。
そして、人々の潮干狩りグッズも、
コンビニや百均でひょいと買ってきたものに、
さらに手が加えられたオリジナルグッズが多いのが特徴です。

例えば、あさりを入れるカゴ。
プラスチックのカゴの四方に、空のペットボトルをくくりつけて
プカプカ浮くようにしているなど、なるほど~と思えます。

獲物はすべて天然もの。
クマデでちょっとかいてから手で探ると、ザクザク採れます。
アオヤギや、あさりでもごく小さなものは海に返しましたが、
小1時間ほどで、
大漁
大漁です。砂吐き中。
(この倍くらい採れました。)

ニセ海水とも知らず、このあと火に投じられるとも知らず、
ぴゅっぴゅぴゅっぴゅ吐いています。

明日までしっかり砂を吐いてもらうとして、
今晩はとりあえず
あさり汁
少しだけお味噌汁で頂きました。
濃~い出汁が出たので、お味噌はほんの少しで。
ご馳走さまでした。
100kmで破壊された下肢の筋肉も徐々に回復してきました。

昨日までは、駅の階段を上り下りすることが困難で、
エレベータの無い駅では、手摺に掴まってヨチヨチ。

横断歩道では、歩行速度が遅すぎるため、
青点滅でギリギリセーフ。

お年寄りの不便を存分に体験したわけです。


ところで、チャレンジ富士五湖の公式結果が公開されました。

100km男子で、完走者は662人。
ちなみに、エントリーは1030人。

僕はちょうど半分ぐらいです。
初めてにしては、上出来でした。


肉体的な回復と同様に、思い出の美化も始まりました。
あれだけ辛かったのに、なぜか甘美な体験に思えてきた。

一度踏み込んでしまうと、妖しい魅力があるぞ。ウルトラマラソン。



今晩は、ウルトラ完走をお祝いをしました。


ウルトラお祝い

↑大好物のビーフシチュー+シャンパン


二人でフルボトル1本完走、酔っ払いました。
チャレンジ富士五湖、応援してきました。

土曜日は早めに就寝すべく、早めの出発。
100kmも走るのですから、カーボローディングも念入りに。
幸いこのあたりはほうとうが名物ですから、

昼も
昼もほうとう

夜も
夜もほうとう
ほうとうでカーボローディング。
走らない私もカーボローディング。


宿泊は、河口湖大橋からほど近い湖岳荘。
湖岳荘

窓からは富士山に満開の桜。
湖岳荘の窓から
廊下の隅っこまでピカピカにお掃除された、気持ちの良い宿でした。

といっても、絶景や温泉を楽しむ時間もそこそこに就寝、
午前2時半には起床、会場に向かいます。
満天の星空のきれいだったこと。
星が見えなくなってくると、今度は迫りくるような富士山が姿を現しました。
いよいよ、スタートです。

ハイテンションのMCさんが会場を盛り上げています。
あら、この後ろ姿は、
後姿は

ゲストランナーの猫ひろしでした。
猫ひろし

そして、みんなみんな
行ってしまった
行ってしまいました。


再びここで
会わんとぞ思ふ
会えますように、と富士に祈るような気持ちです。

まだ5時過ぎです。
応援バスは8時出発なので、それまで車で仮眠などとり、
72kmのスタートを控えた競技場に戻ってみると、

コスプレランナー
コスプレランナーや、

女子ランナー
女子ランナーが目に見えて増えています。
みんなやるなあ。

やっと応援バスに乗れました。
応援バス

最初の応援ポイントは、西湖そばにある、野鳥の森公園。
野鳥の森公園
山中湖、河口湖、西湖を過ぎて、スタートから既に58km地点。
フルマラソンが終わって皇居を3周してもまだ足りない。

のりのりさんが来るまでたっぷり2時間以上ありましたが、
同じく夫の応援に、同じく横浜から来ている、同じくご自身もランナーという女性と知り合い、
ランニング談義に盛り上がってしまいました。(せいこさんお世話になりました。)
続々とやってくる上位の選手たちを応援しているのも楽しく、あっという間に時間が過ぎます。
ウルトラに参加するランナーたちは、実に普段の練習が偲ばれる人たちばかり。
上体はまっすぐだし、腰も落ちていない、格好良いフォームです。


そうこうしているとのりのりさんの到着予定時刻も近づいてきました。
同じように、夫やパパの到着を待つ人々が、ハラハラした顔をしています。

「早ければ」と言っていた10:50を過ぎ、「これくらいかな」と言っていた11:20を過ぎ、
「遅くとも」と言っていた11:45も近づいてきました。

ま、まさか・・・・・・。

まさか私が、猫ひろしとオリンピックメダリストのワイナイナさんの写真を撮ったり、
ワイナイナさんと猫
(ワイナイナさんとは握手もしました。ちゃっかり。)

福田六花先生と記念撮影をしたり、
六花先生
(ランナーの間ではかなりの有名人、六花先生。ここでは猫ひろしより人気でした。)

そんなことをしている間に見過ごしちゃったかも?と不安になってきた頃、
のりのりさんの赤いキャップが見えてきました。

「予定タイムぎりぎりだ~。うどん食べてる時間もないな」
おっと、久しぶりに余裕のない表情です。

差し出したおしぼりで顔をさっと拭うと、
「写真撮ろう、写真」と慌ただしくパチリ。

大急ぎで
↑仮設トイレの脇にて。背景を選ぶ余裕もなし。
6時間ぶりの再会でしたが、あっという間に行ってしまいました。

私ものんびりしていられません。
再び応援バスに乗り込み、次のランデブーポイント、本栖湖へ。
本栖湖へ
道が混んでいて間に合わないかと焦りました。

69.8km地点。最も賑やかな本栖湖のエイドに到着。
万が一のりのりさんがへたり込んでしまった時の為に、
給水・給食内容や、預け荷物の位置を確認。
本栖湖
↑白い袋の中に着替えなどが入っています。

ほぼ予定時刻にのりのりさん到着。
先ほどよりは表情に余裕があってほっとしましたが、体は私には想像もつかない辛さなのでしょう。
けれど、フルマラソンの30kmまでと同じでここまではオマケみたいなもの、
ここからがメインのはず。勇姿を期待しています。

居座ってしまわないうちに、とのりのりさんは再出発。
私も応援バスに乗り込み再び野鳥の森公園に向かいます。


折り返して野鳥の森公園は78.2km地点。

「ともとも~」と手を振りながらやって来たのりのりさんは
コップの水を2杯ほど脚にぶっかけてアイシング。

おうどんエイド
途中、気持ち悪くなったこともあったそうですが、ここではおうどんも食べることができました。

応援バスから見たランナーの中には、植え込みに吐いている人も。
内臓の強さも重要なのだということを感じます。

あとハーフマラソン強。(言うのは簡単ですが・・・・・・。)
「なんとか、5時に会えるといいね」と握手をし、のりのりさんはスタートしました。


応援バスはゴールである競技場へ。
途中、西湖を過ぎたあたりでのりのりさんを追い越しました。
「まだ一度も歩いていない」とさっき言っていましたが、実際フォームも崩れていません。
頼もしい旦那さま。



競技場には、西陽が射してきました。
早朝5時台には人気の少なかったエイド付近も、屋台が出て賑やかです。

B級グルメでお馴染みの、富士宮焼きそば。
富士宮やきそば

匂いにつられてつい、
いただきます
食べちゃいました。


ゴールしたらすぐ帰れるように、預け荷物のピックアップをしてからゴールゲートへ。

それから約1時間、いろんなゴールシーンを見ました。

ゴールのゲートをしっかり見上げ、写真に納めてからテープを切る人、
待っていた子供を抱いてゴールする人、
脚を引きずり倒れこむような痛々しい姿の人、
友達と(あるいは道中友達になった人と?)手をつないでゴールする人、
老若男女、笑顔も苦悶の顔もありましたが、皆一様に、感無量の表情。

そして我がのりのりさんは。
号泣、でした。
涙が夕陽を受けて光っていました。

ゴールと同時に泣きじゃくる男子が、のりのりさんひとりではなかったことを
のりのりさんの名誉の為に書き添えておきましょう。


「辛い、辛い。もう、出ねえよ。もうウルトラなんて、ああぁ~」
とかなんとか喚いていましたが、
取り憑かれてしまったような顔をしています。

よくやりました。
記録には不甲斐なさを感じているようですが、
諦めず最後までよく粘りました。
とにかく、よくやったんです。

ヨッチヨッチ
膝を曲げることも、腿を上げることもできず、階段をヨッチヨッチ。
筋肉が大破壊されています。
ここまで走るなんて、我が旦那さま、タフネスです。
4月25日(日)

2時半に起床し、会場である富士北嶺公園に向かいました。

夜空に美しく星が輝く午前3時30分。
気温、マイナス1℃。

朝4時 気温-1℃


昨日、受付は済ませているので、エイド荷物預け以外にやることは無いので、
トイレを済ませたり、うろうろしてみたりで時は過ぎ。

予想以上に寒いため、最後の最後までウェア選択に悩み、決断。
上着は置いていくことに。

最後の準備

↑車内でゼッケンを急遽付け替え中


スタート10分前の午前4時50分、
ともともとスタート地点である陸上競技場に向かう。

寒いのが苦手なともともの鼻は真っ赤。


ようやく夜が明けてきました。

朝焼けの富士山

↑富士山は目前


ともともは公式の応援バスで移動し、
58km/70km/78kmのエイドステーションで僕を待つ予定。

ともともと再会を約束し、ひとりスタートラインに向かいます。
脚関節をちょっと回した程度でスタート準備完了。


スタート

↑午前5時スタート

スターターは、猫ひろし。
スタート台でみんなに弄られていました。


森の中は、まだ夜の気配が残っています。

スタート直後

↑スタート直後 森の中

すぐに朝日が差し込んできました。
気温は低いけど、風も無いので徐々に体温が上がってきました。

5km前

↑5km手前


ここで、僕自身の目標をおさらいしておきます。

目標時間は自己の甘えを排除した高い数字として、

11時間30分 (ペース 6分55秒/km)

これを目標にするためプランとして、

◆0-60km ペース 6分50秒(休憩含み) 

◆-80km ペースは7分以内、粘るだけ粘る。

◆-100km 全力


とにかく余力を残さず、リタイアせず、
11時間半に出来るだけ近い時間でゴールすることが目標でした。

また、未経験の長丁場なので、体調の変化を無視せず、
気持ちが良いときにはオーバーに気をつけてペースアップ、
反対に、きついときには貯金時間を考えてペースダウンすること、
バランスよく落ち着いて走ることを心がけました。


僕が参加した100kmの部は、まず山中湖を目指します。
忍野八海で有名な忍野地区を通ります。

忍野地区

↑忍野地区へ


この辺は音楽を聴きながら淡々と走りました。

15km、山中湖に到着しました。

山中湖到着 15km

↑朝凪の山中湖 清清しい
 
山中湖を反時計回りで1周します。

このレースは公道の貸切はありません。
全コース、歩道を走ります。

山中湖ラン

気持ちがいいので、山中湖で貯金をすることに決めました。
6分半/km、5kmで32分ぐらいでペース調整。
いつもの練習の軽いJOGペースなので、気持ちよく走れました。

山中湖で逆さ富士 24km

↑山中湖で逆さ富士 24km地点


山中湖を気持ちよくランニングし、次の河口湖へ向かいます。
ペースを上げすぎないよう、気をつけながら。

河口湖に向かう

↑河口湖へ


国道を横断するときには、信号待ちもあります。

忍野入口 信号待ち

↑忍野入口

周りはまだまだ全体的に余裕ありの雰囲気。


国道139号を河口湖方面に走っていくと、急にランナーが増えた。
どうやら、遅れてスタートした72kmの部のランナーと合流したらしい。
歩道には、ランナーが溢れています。

72kmの部と合流 30km

↑この辺が30km地点

考えないようにしても、まだ1/3未満と思ってしまう・・

右手に絶叫マシンで有名で、且
何度誘っても妻が行ってくれない富士急ハイランドを過ぎると、
おにぎりが試供されるエイドに到着。

おにぎりエイド 38km

↑エイドステーション 38.2km

ん?手前にいるのは、あの有名な弁護士先生では?


スタートから4時間が過ぎ、午前9時。
日差しが強いので、かなり汗ばんできました。
最後の最後で、上着を置いてきたのは大正解でした。

40kmの目標タイムはおおよそ4時間30分。
(正確には、キロ6分50秒で、4時間33分)

40km 4時間半切達成!

39km過ぎで4時間21分

目標よりも、5分ほど早い。
脚はちょっと重くなっていましたが、まだ余裕はある。

そういう意味では気持ちよく、河口湖に到着。

ただ、まだフルマラソンが終わっただけ。

残り60km。

河口湖到着 41km

↑河口湖大橋 41km


富士五湖周辺は桜が満開でした。

富士山・河口湖・桜・ランナー

↑富士山+河口湖+満開の桜+ウルトラランナー

河口湖を過ぎ、このレース唯一の急勾配を上ると、
事前の荷物預けが出来るエイドステーションがあります。

西浜小学校エイド 51.6km

↑51.6km 西浜小学校エイド

50km過ぎのこの地点まで、貯金を6分まで伸ばしていました。
出来れば、エイドでの休憩は最小限で済ませたかった。

そこで、預けていた荷物から補給食を取り出し、大急ぎで補給しました。

トロピカルフルーツ味のジェルや、チョコレート味の焼き菓子風補給食、
梅干、甘納豆、アミノ酸粉末を同時に口に入れて、
グレープフルーツ味のプロテイン飲料で流し込み。

すごい味。

そのおかげで、エイドでのロスを約5分に抑えることができた。


その後も、上り坂が続きます。

きつい上り坂終了

↑河口湖->西湖の急な上り坂 終了地点 53kmぐらい


ちょっときつくなってきた。

ともともが待つ58kmまでは目標ペースを維持したい。
ただ、それだけを考えて西湖を踏ん張りました。

西湖

↑西湖は最初の踏ん張りどころでした


踏ん張って、粘って。

目標ペース(5分50秒)よりトータル1分遅れで、
ともともが待つ58kmエイドへ到着。

ここではうどんが食べられるのだが、行列だったため諦めました。。
目標ペースをやや下回っていたので、妻との再会もそこそこに出発。

野鳥の森公園 応援エイド 58km

↑応援エイド58kmを出発


脚が重い。
しかも、まだフルマラソンの距離が残っていると思うと、精神的にも辛い。


次にともともと会える、70km本栖湖を目指し粘りました。

青木が原大橋

↑青木が原大橋 60km過ぎ

精進湖

↑精進湖 65kmぐらい?


この辺の記憶はやや怪しい。
精神的に追い込まれていました。
脚の筋肉もほぼ壊滅状態。


ようやく、本栖湖にある最大のエイドステーション(70km)に到着。
ともともと再会。

本栖湖 応援・着替えエイド 70km 到着

↑本栖湖エイド 70kmに到着

脚はつらいけど、残り30km。
気は徐々に楽になってきた。


本栖湖エイドで着替え

↑カラ元気

着替え、補給を手早く済ませて、準備完了。
電池が切れたGPS時計と、撮る元気が無くなったのでデジカメをともともに預け。

78kmエイドでの再会を誓い、出発。

本栖湖エイド 出発

↑脚は重いよ、上がらないよ


ここから8km、辛かった。

我が30余念に渡る人生の肉体体験で、たぶんベストテンに入る。


そして、目標時間よりも遅れたけど応援エイドに到着。

再び野鳥の森 応援エイド 78.2km

↑野鳥の森エイド 78.2kmに到着

行きに食べられなかったうどんを食べました。
ともともと少々歓談し、ゴールでの再会を約束。
リタイアしたら、ともともはがっかりするだろうな、と思い。

残りは22km。ハーフマラソンほど。
すでに脚は残っていないけど、全部を出し尽くすまで。

エイド 出発

↑エイドステーション出発 決意の出発 78.2km


この時点で11時間半は実現不可能でした。

けど諦めちゃいけない、はず。

ようやく、ウルトラマラソンのクライマックスが始まりました。



81.2km 西湖公民館エイド

85.9km 西浜小学校エイド

80-85kmの5kmラップ・・・36:52

エイドステーションで立ち止まることなく、
補給だけ済んだらすぐにスタートしました。
よく我慢した。


85-90kmの5kmラップ・・・30:20

下りがあったとはいえ、最後に自分のランニングを絞り出せました。
走りながら、もう駄目だ、歩こう、と何度思ったか。


90km 河口湖遊園駐車場エイド

到着時刻 15時50分

10時間50分経過。

12時間を切るためには、残り10kmを1時間で走れば達成。
12時間切りは、ウルトラ初心者にとって上出来。

しかし。

普段なら、何でもないことが、出来ませんでした。
出来なかった。


90-100km 所要時間 1時間54分

ずっと歩きました。
色々なことを考えました。

結局、実力不足ということ。

まったく歯が立ちませんでした。


午後5時44分 力尽きてゴール

100km 12時間44分

ゴール1

ゴール2

ゴール3

ゴール4

ゴール5



自分にとっては不甲斐ない結果。

成し遂げられませんでした。

ただ、全力で走れたことはすごいと思います。

感動は100km分でした。















週末です。
いよいよ、この週末がやってきました。
20th チャレンジ富士五湖。
のりのりさんは100kmウルトラマラソンに参加します。

25日日曜日午前5時スタートに向けて、明日は前泊です。
大事をとって後泊もするので2泊3日の小旅行です。
(2泊3日の旅行より、100kmマラソンの方が私には長旅に思えます。)

そんなわけで、
荷作り
荷造りに奮闘中ののりのりさん。
ランニンググッズだけでも、こんなに。


私は走りませんので、荷物はお泊りセットだけでよいのですが、
宿でおにぎりを握るつもりなので、
炊飯器やら米やら梅干やらも持っていきます。

走らない私は何をしているのか、というと
コース上をぐるっと回ってくれる応援バスというものに申し込みました。

これに乗って100km、のりのりさんの先回りをしたり追いかけたりしていきます。
うまくランデブーできますように。

のりのりさんは以前、こんなことを書いていましたが
さて、日曜の夜、どんな熱い言葉が聞かれますか。
応援していますよ。
チャレンジ富士五湖まで、残り3日になりました。

やるべきことは全てやったつもり。

4月に入ってからは、疲労を抜くため徐々に練習量を減らしてきました。

今月の走行距離は、昨日まででわずかに110km。
おかげで体力・筋力は十分回復した気がします。

あとは当日の天気次第、というわけで最新の天気予報を見ますと・・・


WNI ウェザーニュース

Yahoo! 天気

天気は良さそうです。

最高気温は、WNIが15℃、Yahoo!は21℃。
一方、最低気温はいずれも2℃と予想。

スタート時間は午前5時なので、2℃前後の可能性あり。
寒いだろうなあ。

日中は気温が一気に上がると、予想できる。
21℃まで上がっちゃうと、暑すぎるかもしれない。

ゴールはおそらく午後5時前後になるから、最後は再び気温が下がる可能性がある。
ウェア交換プランはこんな感じ。

◆27km【午前8時半ごろ】:脱ぎ捨てポイント
 防寒着を脱いで預けることが可能なので、ここでジャンバー・厚手グローブを脱ごうか。

◆51km【午後11時ごろ】:荷物を事前に預けられるポイント
 補給食だけ預けようと考えていたけど、
 暑くなるようならノースリーブシャツとか軽装を預けていてもいいかも。

◆70km【午後1時半ごろ】:荷物を事前に預けられるポイント
 ゴール予想時刻と気温で選択できるよう、
 長袖・半そで・ノースリーブを各種準備しておこう。


いずれにしても、土曜日は河口湖付近に前泊するので、
持っているウェアを自宅から全部持っていこうと思います。


今日みたいな真冬の天気じゃなさそうなので、ほっとしました。



さて。

帰宅するとき、デパートの食品売場で目が合いました。

和菓子


↑和菓子いろいろ

ともともは最近和菓子ブームのよう。
今週2度目の和菓子手土産に、体重増が気になります。

いちご大福と桜餅をいただきましたが、
むっちりしていて美味でございました。


2010.04.21 バニール作り
突然ですが、チーズ作りに挑戦です。

まずは牛乳を温め、
牛乳を温めて

レモン汁を投入すると、
レモン汁投入
こんな風に分離します。

ざるにあけると、
濾して
カッテージチーズのようになっています。

ガーゼをぎゅっと絞って、
絞って
なんだか遊牧民の気分。

重石をのせること約3時間。
完成
おお!チーズだ。
インドのバニールというチーズなのだそうです。


一口齧ってみると、ちゃんとチーズでした。
イランやトルコにも、こういうチーズあったなあ。
ごく淡白な、酸味も臭みもない、モッツァレッラか固く水切りしたお豆腐みたい。

なぜ突然チーズ作りかというと・・・・・・


本日の晩ごはん。
ほうれん草カレー
インドのほうれん草カレー。
これにはバニールがつきものなのだとか。

今日、横浜は最高気温23℃。
こんな日は辛いものが欲しくなります。
ペルシャンスパイスで、インドカレー。
適度なスパイスは体にも良いそうです。
2010.04.20 ランナー同士
日曜日、かすみがうらマラソンでサブフォーを達成した先輩。
喫茶室で話を聞きました。

レース後のランナーはおしゃべりです。
40分間、あれこれと楽しい話が聞けました。

30kmまでは、練習通り・想定通りのペースだったけど、
それ以降は、がっくりペースダウンしたようです。
30-40kmを1時間3分もかかりました。

まさに30kmの壁。
おかげで、予想通りではありますが、一番きつい表情が見れました。

けど、それ以上崩れずによくも我慢したと感心しました。
精神力が強い。

その間、何度も何度も悪魔のささやきが聞こえたそうです。

”歩いちゃえよ” 

”もうやめようよ”

マラソンは、諦めの悪いサラリーマンにピッタリのスポーツです。
僕も含めて。

この先輩と僕は、今シーズン最後のレースとして、
5月9日の鹿沼さつきマラソン(ハーフ)に同時エントリーしています。

今シーズン最後の醜い争いになりそうです。。



今日の写真。

帰宅中の出来事。

いつもの道をテクテク歩いていると・・・

カモさん?

???


僕が近づこうとするので、彼らも必死に逃げますが・・ 遅い。

よく見ると、カモさんのようです。


足の遅いカモさん

↑必死に逃げるカモさんたち


夫婦でしょうか?

住まいに無事帰れたのか、心配です。
「帰宅ラン」なるものをしてみました。

説明するまでもなく、走って帰宅することです。
走行距離を伸ばしたい人や、帰宅後走る時間の無い人、
はたまた、とにかく走らずにいられない人が行っています。

これまで、大抵はのりのりさんと一緒に走ってきたのですが、
なかなかタイミングの合わないこともあります。
それならば、一人でも走ろう、
けれど、早朝や夕方は(一応主婦ですので)ドタバタだし、
日が暮れてからは不安だし、さて。

となると、帰宅ランです。

もちろん「通勤ラン」もあります。
ただ、通勤ランとなると、汗問題が。
私の職場にはお風呂場がありますが、女子が入ることは想定されていないはず。
お風呂に入った後、顔だってイチから作り直さないといけません。

となると、やっぱり、帰宅ランなのです。

ランニングウェアを見られるのは恥ずかしいので(説明も面倒)、
着替えたらさささーっと会社を出ました。
背中にはのりのりさんに借りたリュック。

私の職場は自宅から片道約10km。
LSDなどで、のりのりさんと何度も走ったコースなので、
方向音痴の私でも一人で走れます。

道幅は広く、緑も多いし、
ちょうど中間地点には海の公園があって水やお手洗いの心配もなし。
4時に仕事が終わるので、暗くなる前に帰宅できます。

ジョギングしている人もちらほら。
暖かくて、新緑がキラキラ、海もキラキラ、ラン日和でした。
帰宅ラン中の女子には残念ながら会いませんでしたが、
OLさんはもっと遅い時間に走っているのでしょうか?

帰宅ラン、悪くないです。続くかもしれません。
慣れたらコースを変えたり、寄り道したりしてみようと思います。

久しぶりに走った後のビールはうまい。
おかしら
肴は旬の真鯛。甘辛。
かすみがうらマラソンを観戦してきました。


目的は、初フルでサブフォーを狙う会社の先輩を応援するため。

先輩は、1月10日、高根沢ハーフにおいて執念の激走により完敗した事件の主役である、
42歳の走歴1年未満のランナーです。

3月6日の皇居30km走では、ともともと3人で合同トレーニングも行いました。


また、業務時間にも関わらず、喫茶室で度々会合を行い、
色々な相談をされ、アドバイスしたり励ましたりしました。


ついに本日、晴れの舞台。
先輩の熱い走りを見たくて、はるばる土浦まで来ました。

1万5千人以上のランナーがフルマラソンを走るマンモス大会ですので、
大規模な交通規制を避けるため、早めに出発しました。

現地にはスタート時間(10:00)前に到着。
応援ポイントは、37km地点を選択。

消耗し尽くしたあと、残り5kmの地点。


今日は春の陽気でしたので、
ピクニック気分でランナーを待ちます。

ピクニック

↑レンコン畑と僕



先輩がサブフォー成功ペースで走ってきた場合、
37km地点を通過するのは、おそらく13時半ごろになります。

そこで、早めのランチを取ることに。

辛ラーメン

↑ともともが作ったおにぎりと辛ラーメン


自分が走るわけではないので、気が楽です。

そうこうしていると、ようやくトップの選手が見えてきました。

トップ選手

↑トップの選手(2時間5分過ぎに通過、はやー)


しばらくは、ポツポツとエリートランナーが過ぎていきます。
応援というよりも、感心することばかり。すごく速い。


3時間が過ぎると、老若男女の”早い”ランナーがそれぞれのペース、
それぞれの表情で過ぎていきます。

順調にいけば、ゴールタイムは3時間30分前後。
いつかは、僕もこの辺を走ってみたい。
応援する声にもついつい、力が入ってしまいます。

大きな声を出して応援していると、時刻は過ぎていきます。


3時間10分・・

3時間20分・・・

3時間25分・・・・

3時間30分・・・・・・来ない

残りがちょうど5kmなので、これ以上遅いとサブフォーが極めて難しくなります。


3時間32分・・・・


!!!

キタキタキタキタ きた、先輩

先輩通過

↑先輩通過


応援幕(A1の図面プロッター使用)+大声応援で先輩も気が付いた様子。

けど、表情にまったく余裕はない。


たまらずに並走しました。

僕と並走

↑先輩(黄色)と僕(ピンク)


先輩「だめだー」

僕「残り28分、5km無いです。いけますよ!」

先輩「き つ い」



いやー、辛そうでした。

最高気温18度。
晴天・無風。マラソンには酷なコンディション。
必死に頑張っていました。

小さくなる背中を見送り、応援完了。

交通規制のためゴールまで近寄れないので、先輩に会わずに帰路に着きました。


そして。
自動車で都内に入った頃、先輩から電話が。
運転している僕に代わり、ともともが本人から速報を聞きました。


ネット記録(スタートライン過ぎてからゴールまで)でサブフォー達成!

グロス記録(号砲からゴールまで)では、わずか足りなかった。


木曜日、会社で最後に会ったときには、不安を語っていましたが、
きっとやってくれると思っていましたが、さすがでした。


すごい。初マラソンサブフォー。
しかも42歳。



明日は喫茶室で話しこんでしまいそうです。

のりのりさんが連日飲み歩いているため、ブログ更新ができません。
(たまたま歓送迎会と打ち上げが続いてしまっただけなのですが。)

そんなわけで、私はひとり家でくつろいでいます。

けれど、2年程前はのりのりさんは仕事がとても忙しくて、
晩御飯を一緒に食べるのも週の半分くらいだったりしたっけ、
ひとりの時間はもっと長かったっけ、などとふと思い出す、4月の週末なのでした。

さて、価格comを見たら、思ったよりかなり安くて買ってしまいました。
コントレ
コントレックス1500ml×12本入り。
正規輸入品が送料込みで1,980円でした。
カルシウムたっぷりです。
佐倉マラソンが終わって3週間が経とうとしています。

ここ最近は、ごく軽いジョギングを、したりしなかったり、ほとんどしなかったり。

結果、順調に、たいへん順調に、体重が増加しています。
「走った距離は裏切らない。」
それは、タイムだけに言えることではありませんでした。


シーズンオフの過ごし方を見直さなければなりません。

まずは、月間走行距離120kmを保つこと。
週に30kmなら、決して大変ではありません。

例えば、週に1、2回の帰宅ラン。
会社から自宅まで、ぴったり10km。
徒歩と電車でも50分かかっていますから、
走って帰ってもほとんど変わりません。

あとは、仕事が休みの水曜日、のりのりさんを見送ったらそのまま走りに行く。
このどれかができなくても、週末に走れば週30kmはクリア。

やるで。ウチは、やるで。
(宣言しないと決してやらないという、情けないことでもありますが。)


そういえば、アートスポーツで、こんな試供品を貰いました。
引き締めジンジャー
カネボウ「引き締めジンジャー

これで引き締まったら、苦労ないのよ。
飲み物としてはまあ、美味しいですよ。
クイーンズ伊勢丹での手土産 第2弾。

僕は甘ーいミルクティが大好きなので、


ティー2うちカフェ

↑アーマッドティー
 イングリッシュブレックファースト・リーフティー


アーマッドティ(AHMAD TEA)は、去年イランを訪れたときにも、
ティーバックでたくさん飲んだそうです。
(ともとも談。僕は忘れていましたが。)


どうやら、世界各地で飲まれているブランドのようです。

スパイスなどを購入し、マサラチャイを作るのもいいかもしれません。

マサラチャイのレシピ

ともともに作ってもらいましょう。


さらに、ローソンをパトロールしてきたともともが、
気になるシリーズを見つけてきました。

ティー

↑プレミアムチーズロールケーキ


調べてみるとうちカフェシリーズ として、

・プラチナケーキシリーズ

・プレミアムシリーズ

があるそうです。

ちょっと贅沢なスイーツシリーズで、売り上げも順調だとか。

味もそうですが、カロリーもプレミアムです。

甘いミルクティ、ローソンスイーツ、どちらも要注意です。
ね、ともとも。
先週、のりのりさんがお土産を買ってきてくれました。

リラックスティー
クイーンズ伊勢丹のハーブティ。

ファミリーレストランのドリンクバーで何種類ものハーブティーを
飲み比べして以来、気になっていたそうです。

「リラックスティ」というこのシリーズ、いろんなブレンドがあるそうですが、
まずは、とカモミールミントとレモンジンジャーの2種類。

どちらもまず口の中にほんのり甘い香りが広がって、
ジンジャーやミントでのどがすっきりします。
ラベンダーやローズが入っているので、ティーポットの中も華やかです。
カフェインフリーなので、夕食後のお茶にもいいですね。

大匙一杯ほどでたっぷり出るし(コストパフォーマンスよし)、
この小さなパッケージならのりのりさんもお気軽に買えるそうです。
次は何ブレンドでしょう?楽しみにしています。

お茶といえば。
お薄
家でも点ててみました。

適当な茶碗がなくてトルコで買った器。
茶筅が古いせいか泡が粗いですが、悪くないお点前でございました。
昨日、ヨコスカでネイビーバーガーを食べた帰りの出来事。

バイクに乗ったまま、信号待ちをしていると。

チクッ

右のハムストリングス上部に鋭い痛みが。

ランニングし過ぎによる痛みとは明らかに違う激痛。

何が起きたのか分からぬまま、痛む部分を見てみると。

大きな蜂がいてはりました。


なぜ?


と混乱するも、静止している蜂を踵で撲殺し、2次攻撃を回避。

道路に転がして写真を撮りました。

アシナガバチ

↑大きな蜂(死亡) 



スズメバチだと命に別状が・・とか云われていますので、
動揺しがちな場面ですが、去年も同様のことがあり、そこは慣れたもので。


帰宅後、色々と調べてみると、どうやらアシナガバチと分かりました。
(スズメバチよりもスリムだったので)

対処法は、ネットで調べました。
参考にしたロハス主婦のブログ

1.刺された部分(豆状に腫れる)をつまんで、毒を搾り出す。
2.患部を水で洗い流して、氷や冷水で冷やします。
3.抗ヒスタミン剤、ステロイドの軟膏を塗る。(例えば、ウナコーワやムヒ)

患部

↑対処後の患部(今回もやわらかい所)


本日、ともともが薬局で確認したら、対処は正しかったようです。

とはいえ、今日もまだ患部周辺が熱を持っていて、若干腫れています。

場所がハムストリングスだったので、
ウルトラの直前じゃなくて本当に良かったです。



ただし。

君はどこに居たんだ? 

ともともではなく、どうして僕だったんだ?

という疑問は残りますな。

なぞ。
横須賀はドブ板通りにやってきました。
ドブ板通り


本日の目的は、ネイビーバーガー
アメリカ海軍伝統の味なのだそうです。

20℃を超える陽気、バーガーにコークが美味しそうです。
ドブ板通りは初めてです。
アメリカンなパブや衣料品店が並び、(って、アメリカに行ったことはありませんが)
歩いている人も外国人が多くて、家からわずか30分ほどで、
ずいぶん違う所に来た気がします。

ネービーバーガーを出すお店をひとしきり見て、
TACO
SURF TACOに決めました。

店内
ネイビーバーガーを出してはいますが、本当はメキシコ料理屋さんのようです。
ブリトーもおいしそう。
米ドルも使えます。

バーガーだけでも何種類かありますが、
私は
アボカドバーガー
アボカドバーガーにしました。メキシコ料理屋さんですしね。

のりのりさんは「やっぱりここはアレにする」と壁のポスターを指しました。
「もちろん普通サイズ」だそうです。
看板メニュー

普通サイズって
ネイビーバーガー
デカ!ビーフ227g!

バンズを両手でぎゅっと持って、大口を開けていただきました。
口の周りはケチャップやらマスタードやらベタベタ。

「所詮はバーガーでしょ」と思っていたのですが、されどバーガーです。
まず、バンズが、マクドナルドなどのフニャフニャのパンと違ってどっしり。
お肉はつなぎなしのビーフ100%、脂っこくなくてステーキみたいです。

熟したアボカドがよく合います。
のりのりさんはさすがにお腹いっぱい、最後の一口が入らなかったようです。
「こんなの食べてたら、体も大きくなるよ・・・・・・」

ご馳走さまでした。
ネイビーバーガーを出すお店は横須賀に13店あるそうです。
食べ比べもいいですね。毎週はキツイけれど。

横須賀の街を歩いていたら、
水兵さん
そこここに、初々しい自衛隊員の姿が。

事情通によると、
「入隊して初めての外出で、思う存分娑婆の空気を吸っているところ」なのだとか。
確かにみんなそんなお顔でした。
今日、アートスポーツ日比谷店で、ウルトラマラソンの講習会(無料)がありました。

講師は、アートスポーツ池袋店の店長さんで、
ウルトラマラソンの経験が大変豊富な方です。

店長のブログ

今回は、僕が参加するチャレンジ富士五湖のエントリー者+ウルトラ初心者が対象でした。

フルマラソンとは異なり、セオリーが確立されていないし、参加者も少ないので、
いろんな意味で情報が不足していたので、経験者の話は大変貴重でした。


レースの組み立て方:目標タイム、ペース配分

ウェア:基本、雨天時、着替えポイントの使い方

食事:レース中の補給



知りたかったことを全て教えていただきました。

おけげで、全ての項目で作戦が決まりました。

不安なし。

加えて十分な練習が出来ている(はず)ので、本番がとても楽しみです。



ちなみに、本日の講習会にも女子が2名いました。
見た目は30後半~40前半。

講師の

「ウルトラマラソンを走ろうと思ったきっかけを忘れずに、当日がんばってください。」

との言葉に、首が違えるんじゃないかと思うぐらい、うなずいていました。

彼女に何があったのか。なぞ。すごく気になりました。


帰宅後確認しましたが、ともともには、まだきっかけが無いようです。




本日の写真。
最寄り駅付近にある酒屋さんのワンちゃん。

前から気になっていましたが、ようやく撮れました。
(これも、デジカメを携帯するようになったせいです)。

酒屋のワンちゃん

↑かわいいワンちゃん

去年ごろまでは、よく店番をしていましたが、
お年寄りなので、最近は店に出る回数も減っていました。


今日は春の陽気だったので、日向ぼっこをしながら歩道を占拠していました。

ボーっとしているように見えますが、近づくと吠えられるそうです(ともとも談)。


この手の柴犬、大好きです。











今週は集中して読書をする時間がけっこうありました。
そして、
楽園
『楽園』も読み終わったのですが。

面白かったです。ほとんど一気に読んだくらい。

けれど。やっぱりねぇ。
「超能力」がひっかかるのです。
本当に必要あったのか?
「超能力」の部分を、「非超能力」の物語にしたら、
複雑になったけれど、もっと面白くて読み応えがあったのではないか、
そう思えてならないのです。

とはいえ、宮部みゆきの丁寧な深い深い人物描写、大好きです。
「喪の仕事」という言葉が出てくるのですが、そのくだりはとてもよく理解できるものでした。
心が温かくなるようなエピソードにも、読んでよかったと思えるのです。

だから決して、「あ~あガッカリ」とはならないのです。が。

いっそのこと、超能力少年はすっぱり切り捨てて、(彼にはまた別の超能力作品に出ていただいて)
少し短い物語になっていても私は満足していたかもしれません。


さて、次は。
オーパ!
『利休にたずねよ』か、『オーパ!』か。
どちらから読みましょうかね。
2010.04.08 キーホルダー
以前も紹介しましたが、オールスポーツ・コミュニティでは、
マラソン大会で自分が走っている写真を購入できます。

大きな大会では、必ずといっていいほどカメラマンが撮影し、
WEBで販売しています。


僕たちが3月28日に参加した佐倉朝日健康マラソンにおいても、
コース沿道の何箇所かで、カメラマンが写真を撮っていました。


僕も慣れたもので、遠くからカメラマンが見えたときには、
周りのランナーから離れて、良い被写体になることを心がけています。


本日、注文の品が届きました。

2Lサイズ:1,500円

と高額なので、注文数は慎重に選択します。


今回は、写真はともともの2枚だけ注文。

僕の場合、とても良い写真があったので、

キーホルダー:2,100円

で1カット、注文していました。


キーホルダ


↑写真キーホルダー


写真はカッコいい。
両足も浮いていて、スピード感もある。
文句なく最高のカットです。


ただし。

キーホルダーっていうけどでかくない

携帯ストラップにでも使おうかと思っていましたが、
バランスが悪いので、諦めましょう。


代わりに、ともともが使っている自宅の鍵に、使っていただきましょうか。
歯医者通いが続いています。


私、すきっ歯でして。
どうやら生まれつき、下の前歯が一本足りないのだそうです。
足りないところの隙間が、年々広がってきてしまいました。

年齢とともに歯茎がやせ、年齢とともに隙間の隣の歯が曲がってしまうのだと、
歯医者さんは「年齢とともに」という言葉を何度も使いながら説明してくれました。

見た目にも気にはなっていたので、思い切ってブリッジを作ることにしました。
(インプラントには、骨も隙間も小さすぎるのだとか。)

健康な歯まで削ったりしなければならないのは悲しく、治療も辛かったのですが、
出来上がってみると・・・・・・思い切って、良かった。


にかーっと笑っても、すきっ歯、気になりません。
たった歯一本のことですが、結構気分も変わります。

ちなみに、以前は
さらばスキっ歯
↑こんな感じ。
(こんな風に口許が写真に写るのも厭だったのです!)
昔々はほんの数ミリだったと思うのですが、
歯一本分くらい開いてしまったのです・・・・・・年齢とともに。


もう少し思い切って、伸び放題の親不知も抜いてもらう予定。
歯医者通いは続きます。
昨日は茨城に出張でした。

事務所で午後打ち合わせをしていたら、
事務の女性が甘いものを持ってきてくれました。

誰かが水戸駅で手土産に買ってきてくれたとかで。


かりんとうまんじゅう

↑かりんとうまんじゅう


??? かりんとうまんじゅう ???

どうやら、茨城のその界隈では話題のお菓子だそうです。

早速食べてみると、高カロリーなおいしさ。
コーヒーよりも、緑茶が合う。

結局3つも食べてしまいました。



ネットで調べてみましたが、僕が食べたのは、たぶん 麻布だんご 榎屋のものです。



「かりんとうまんじゅう」でネット検索すると、各地で販売されているようです。
特に、北関東・南東北で販売されていることが多い気がします。

わがふるさと、福島でも南方で販売されているようで。

近所の横須賀では、「黒船かりんとうまんじゅう」なるものもあるようです。


気になるスイーツです。

2010.04.05 『楽園』
待望の、
楽園

文庫化です。
普段は図書館とブックオフの常連客ですが、
待ちきれずに、買ってしまいました。

数年前、『模倣犯』を寝食忘れるように読み、
読後しばらくはまるで「燃え尽き症候群」のように、
小説を読めなくなったのは2年ほど前のことでしょうか。

その後も宮部みゆきは何作か読んでいて、
『ぼんくら』シリーズは今後も読み返したくなりそうですが、
『模倣犯』のようにむさぼり読む作品には出会えず。

そこへ
―『模倣犯』から9年― という帯の言葉。

買ってきてから2週間ほど、他の本を読んで自分を焦らしました。
そしてこの週末からいよいよ読み始めています。

面白いです。

が。

実をいうと、「超能力もの」はそんなに好きじゃない。
高校生の頃読んだ『レベル7』は、面白かった記憶がありますが、
面白いかどうかではなくて、そんなに好きじゃない。没頭できない感じ。
昔々は、新井素子とか、好きだったのですが。
京極夏彦の京極堂シリーズは、例外。


ただ、『楽園』は、「超能力もの」とも違う様子。
今、上巻の後半です。
まだまだ物語は動きません。かなり、期待しています。

2010.04.04 もも裏の奇跡
小さいときから前屈が苦手でした。

いわゆる、身体が硬い、ということ。

体力測定の立位体前屈は、常にマイナス。

アシックスランニングラボの測定でも、当然のように。

「特に太もも背面の筋肉(ハムストリングス)が非常に硬いようです」

ところが、先月ぐらいから異変が。

ランニング前後に行う柔軟ストレッチの際、おかしいなーとは感じていましたが。


前屈

↑前屈(±0);

(膝が曲がっているようにも見えますが、誤解です。)

写真はランニング直後ではないです。
ランニング直後だと、もうちょっと深く曲がります。ほんとに。


太もも周りの柔軟ストレッチをランニングのたびに、
多いときで一日4回やるので、奇跡が起きたようです。

柔軟体操を毎日やると柔らかくなる、とは事実のようです。

うれしや。


ウルトラ本番まで3週前です。
雑誌によると、この時期の20km以上のランは疲労蓄積の可能性があるようです。

なので今日は抑えて、独りで花見ラン20kmをしてきました。
(事前に予定していた50kmランは中止)

今後、本番当日に向けて走行距離を徐々に下げて、
細かい疲労も残らず除いていくわけです。

いよいよ調整期です。



キャベツとアンチョビ

↑本日のランチ キャベツとアンチョビのパスタ
お花見日和となりました。
金沢区内の桜も見頃だろうと、バイクで連れて行ってくれることになりました。
名づけて「桜パトロール」。

まずは称名寺。
称名寺

源平しだれ桜  参道  
名物2色の花を咲かせる「源平しだれ桜」と桜色ののりのりさん。

境内
青空と赤い欄干と、水と桜。素晴らしい。

見応え ★★★★★
宴会度 ★★★
穴場度 ★★


寒くて枯葉色だった桜の時期にジョギングしていた道を、桜を求めて走ります。

福浦周辺。
福浦周辺

見応え ★★★
宴会度 ★★★
穴場度 ★★


このあたりには、ニュースの現場もあります。
事故現場


長浜公園。まだ蕾が多いです。
デイサービスもお花見中。
長浜公園

ここで一服。
白いタイヤキ  さくらあん
最近流行の白いタイヤキで、水筒に入れたコーヒーを。
私のはさくらあん、のりのりさんはカスタード。

見応え ★★★
宴会度 ★★★
穴場度 ★★★★

金沢区で桜といえばやはりここでしょう。
富岡総合公園  
富岡総合公園。


富岡公園  宴会
宴会も盛り上がっています。
お花見はこれくらい賑やかでないと。

歩道橋の上からも見てみました。お見事。
上から

見応え ★★★★★
宴会度 ★★★★★
穴場度 ★★

これにて第1回金沢区桜パトロール終了。
「明日は走って見る」とのりのりさんが言い出さないかが気がかりです。

4月になりました。

昨日と比べて電車が混んでいたり、
会社で入社式や辞令交付が行われたり、
部署に新顔が着任したり。


周りはざわついていますが、社会人11年目の僕は変わらず。
普段と違うのは、トレーニング休日なので、
帰宅後時間に余裕があるぐらいです。

ちなみに、昨日ジョギングをした結果、
月間走行距離は、301kmとなりました。
無事300km達成したわけです。うれしい。ほめたい。


さて、写真を二つ。

登録証


↑技術士登録証

昨日、郵送で届きました。
卒業証書並みに立派なモノです。
ようやく、祝金申請にこぎつけました。

桜並木


↑桜並木

ここ4年ほど通っている仕事場のエントランスです。
ここの桜並木は、4列。
満開時はウットリしてしまう。

毎年、満開の時期を楽しみにしています。


週末は、どかっと50km走の予定。
風光明媚なルートを走りますよ。楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。