FC2ブログ
2010.08.20 「ちたけ」
南会津のお土産で買ってきた「ちたけ」というきのこ。
ちたけ
↑1パック1,000円でした。
結構いいお値段ですね?
「全然高くないの、だってね、採るの、すごく大変な所になってるから」とお土産物屋のおじさん。
なんでも今年既にちたけ採りで4人、亡くなっているそうです。

死んでも採りたいちたけ、それならひとつ食べてみましょう。

お店のおじさんが教えてくれた通りに調理しました。

まずは多めのサラダ油(湯のみ半分くらい)を熱し、ちたけを入れます。
油多め
お玉でちたけを砕きながら火を通します。
傷とつけると白い液が出ます。
これが乳みたいなので「ちちたけ」、つまって「ちたけ」になったのだとか。

そこへ、
なす投入
なすを投入。
ちたけは松茸などと違って、6~8月が旬なので、夏野菜のなすとの相性が良いようです。

5分ほど炒めて、茄子が油を吸ったら、
完成
醤油、酒、お砂糖すこしで味付け。完成。(のりのりさん作)


ご飯と一緒に、いただきます。


ウマイ。


「香り松茸、味しめじ」といいますが、ちたけは「だし」なのだそうです。
たしかに、かつおぶしのような、アミノ酸たっぷりの、旨みが詰まった味がします。
そして、なすがその旨みをスポンジのように吸ってまた旨いのです。

「もうひとパック買ってもよかった・・・・・・」
勿体無いので、少しずつ少しずつ食べました。

地元の人はどうやって食べているのでしょうか?
栃木県民のセクスィー部長先輩に尋ねてみました。

「うどんだね。いいダシになるから」

お土産物屋のおじさんと同じ答え。やっぱり。

我が家ではにゅうめんに入れてみました。
にゅうめんにも
あらら、美味しい。
ビールでほろ酔いの後に、良いです。沁みます。


南会津にはまた行きたいと言っていますから、
今度はちたけ採りにも挑戦してもらいましょうか。
足元にはくれぐれも気をつけて頂いて。ね。
スポンサーサイト