2010.09.30 お芋さん
秋です。
お芋さん
お芋さんです。

煮てよし焼いてよし蒸してよし揚げてよし、のお芋さん。
どうやって頂きましょう。

焼き芋が一番好きですが、焼き芋といえば
初マラソンだった館山の若潮マラソン。
スタート直前、サービスの焼き芋に飛びついて
はじめの10kmくらいずっと、わき腹痛に苦しんだのでした。
苦い思い出です。


おかずになりにくいのが難点ですが
かといって私ひとりで焼き芋やら大学芋やらばかり食べるのも気がひけるので
たまには食卓へ。
お芋キンピラ
キンピラにしてみました。

のりのりさんの反応は、
「・・・・・・。」

はいはい、おかずじゃなくてスイートポテトがいいんですね。
分かってますけどね。

外出先での昼休み、食事の後に本屋で立ち読みをしていたら、気になる雑誌がありました。
先週の出来事です。


キャンプやハイキングをする女子のグラビア写真が大部分で、
彼女たちは、カラフルな洋服を着ているのです。

この手の雑誌にありがちな、軽ーいノリが雑誌全体から漂ってきます。

そんな雑誌と僕がどうして巡り合ったのか。
事もあろうに、ランニングやフィッシング雑誌と同じ棚に積んであったからなのです。

けっ

と思いながらも、帰宅後にともともに話したら、

あー、ハイキングとかするときの可愛い帽子欲しいなー。

と、関心を示す妻。


その正体は。


ランドネ

↑雑誌 ランドネ

先日、鎌倉ハイキングをしたときも、この雑誌に出てくるような格好をした女子達を見かけました。

最近は、彼女たちを 山ガール と呼ぶらしい。

長年オジサンたちのフィールドだった山にも、女子が増えているようです。
こんなブログを見つけました。
こんな山ガールはいやだ!

森ガール と呼ばれる女子達もいるらしい。
ともともによると、こっちは森に居るわけじゃないらしい。
父ちゃんには分からねーな。


すっかりランナー化してしまった、自称文系・文化系女子のともともは、
ランドネを熟読しています。

あー、前に行ったキャンプ場だー、と。

人生変わるもんですな、ふふ。


ランドネの隣に積んであったこの雑誌には、本能的にバイトしてしまいました。

週間 日本の魚釣り

週刊 日本の魚釣り

創刊号はバインダーがついて\290、なんてもんは買うわけないだろう!と思っていましたが、つい。

定期購読の手続きもしてしまいました。へへ。

これで、日本の魚釣りを極めようと思います。

先日、足底筋膜炎対策で選びに選んで購入したこの新シューズ、

MT749

結論から言うと、とってもとっても、良いです。

裏のボツボツ(グリップ)が、後半になればなるほどイイ働きをしてくれます。
舗装された道路やアスファルト、石畳の上などでは、
足を置くだけでグリップが地面を捕らえて体を前に運んでくれます。

自分の足先でぐぐっと地面を蹴る必要がなく、
むしろ変に力を入れるとスピードを殺してしまう感じもします。

これは、良い。
おかげで本日のビルドアップ走も、新記録が出てしまいました。

肝心の足底筋膜炎はというと、

アイシング(保冷剤を巻き付けて過ごす、冷シップを貼る)や、
マッサージ(旦那さまによる愛情こもったものに限る)などの効果もあって、
悪化はしていないようです。

おかげであんなに苦手だったスピード練習も、
なにやら週に一度ののお楽しみとなってきました。


心臓バクバクで走ったあとは
角煮
角煮でビール(←第3の)、旨いです。

10月10日に開催される東京夢舞いマラソン&ポタリングの案内が届きました。

距離はフルマラソンですが、この大会はタイムを競うことが目的では無いようです。
車道を規制せず、全て歩道を通行人に注意して走るように、というルール。
都内をみんなで走りましょう、といった感じ。要するにマラニックですね。


といっても、42kmですから楽じゃないですね。

夢舞いマラソンマップ

↑コースマップ

代表的な地名を書いていくと、

国立競技場(スタート)→青山→西麻布→六本木ヒルズ→麻布十番→日比谷→丸の内→
八丁堀→月島→門前仲町→両国→東京スカイツリー→言問橋→蔵前橋→飯田橋→神楽坂→
四谷→外苑いちょう並木→国立競技場(フィニッシュ)

スカイツリーを回るせいか、ちょっと東に寄っている印象もありますが、
東京をぐるり一周することは間違いないようです。

天気が良ければ、たいへん楽しいマラニックになりそうです。


今日はトレーニングオフなので、甘いものを食べて昨日のハイキングの疲労回復を。

甘いもの

↑冷蔵庫の中の小さな幸せ

ともともは昨日のモチモチ白玉が忘れられないようですので、
帰りに大福を買ってきてあげました。

たくさん食べてもろて。
ウォーキングが好きになったのりのりさんに、
ハイキングに誘われました。

いざ、鎌倉アルプスへ。

自宅から(バスにも乗らず)小1時間も歩けば
ハイキング
こんな景色が見られるのですから、恵まれた住環境です。
今までどうしてハイキングをしなかったの、と思うほど。

天園の景色を楽しみ、明月院方面へ出る計画です。
道しるべ

鎌倉市最高地点の大平山山頂で標高150mほど。
とはいえ山道ですからなかなかいい運動です。
ハイカー、トレイルランナー、マウンテンバイクの人なども多く、今日は山日和。

「昔の人はこうやって山を越えるしかなかったんだよねー」と考えると趣深いものです。

おでん
天園休憩所。おでんが美味しいそうです。
小腹も空いてきましたが、美味しい昼食のため、ここは我慢。


彼岸花
酷暑のせいで、彼岸花も少ないのだとか。

上ったり下ったり。
お腹ペコペコです。
第一候補のお店がすぐ近くだったので、迷わず入りました。
五山

「鎌倉五山」
建長寺発祥のけんちん汁で有名なお店です。

あじさいセット
あじさいめし(炊込みご飯)とのセットを頂きました。
ご飯は薄味、でも出汁がきいています。
それに比べるとけんちん汁はわりとしょっぱめです。
ただ、たくさん汗をかいたので、ちょうど良い具合。

お腹も満たされたところでハイキング再開。

再びハイキング
次の目的地は、

弁天さま
銭洗弁財天。
鳥居をくぐると参道はひんやりとした洞窟トンネル。

洞窟の中  浄財
またまた洞窟の中に霊水が湧いていて、
この水でお金を洗って使うと増えて戻るのだそうです。

まだまだ歩きます。
あまり長い距離を走ると、胃腸への衝撃のせいで食欲が落ちることもあるのですが、
歩くことは内臓にとっても負担のない、良い運動のようです。

と、いうわけで。
いくつか候補を挙げていた甘味処の中から

甘味
御成町の「茶房 雲母(きらら)」へ。

白玉は注文を受けてから茹でるようで、多少時間はかかりますが、温かくてモッチモチ。

宇治白玉あんみつ  モチモチ
宇治白玉あんみつ(手前、私)と宇治白玉クリームあんみつ(のりのりさん)。
抹茶シロップをたら~と絡めていただきます。

大きな白玉の下に、カンテンや煮小豆がかくれています。
なめらかな白玉の食感、抹茶の香り、ドライフルーツの酸味、煮小豆の塩っ気、
それを甘いこしあんと一緒にすると絶妙のバランス。

普段あまり和菓子、特にあんこには興味を示さないのりのりさんが
感心しながらぺろりと平らげてしまいました。

ただ、ボリュームはかなりあります。
食べきれずに残す女性のお客さんも結構いたので、
小さいサイズがあってもいいかと思います。

ここまで来たらゴールはすぐそこ。

鎌倉駅到着!
12.5km、標高差175m、計4時間30分。よく歩きました。

紅葉のころにでも、また行けるといいですね。

マラソン大会のエントリーはランネットで行っています。

たぶん、ほとんどの大会(全部かも?)のエントリーが出来るので、
ランナーの大部分は利用しているんじゃないでしょうか。

先日、3月20日開催の板橋Cityマラソン(旧 荒川市民マラソン)にエントリーするため、
久しぶりに利用したら。

エントリー待ち画面

↑こんな画面が出現

待ち人数と、予想時間が表示されています。
待っていると、人数も時間も減っていきゼロになると、いつものエントリー画面に変化します。

とてもいいシステムだ。

東京マラソンなど例外を除けば、定員に対し早いもの勝ちエントリーが原則ですが、
近年は開始日にアクセスが集中して、早い者勝ち+運がいい人、
という不公平が懸念されていたので、対策をしたようです。

これなら、その懸念は解消されますね。
これでエントリー不公平問題は解決したかに見えますが・・・

ベテランランナーの一部には、まだまだ不満が燻っているという記事も。

◆ネットエントリーだと、パソコンを日常的に使わない人に不利(特に大ベテラン世代)。
 
◆練習もしないで、気軽にエントリーする輩が多すぎる。もっと練習してからエントリーせよ。

まあまあ。



結局、板橋cityマラソン(フル)は無事エントリーできました。
湘南国際でスベったときの、フォロー大会です。

湘南国際で無事サブ3.5達成できたら、ウルトラの練習にでもしましょう。



今日はポイント練習でLSDを130分やってきました。
秋らしい天気だったので、長距離ランが楽しくなってきた。

ちょっと早いですが、疲労を解消するために今年初のアレを食べました。

今年初のチゲ鍋

↑今年初のチゲ鍋

二人で豆腐2丁食べて、タンパク質を補給して。
ビールも飲んじゃいましたけど。

先日発見したコガネキヌカラカサタケですが、その後

何?  →  カサ4  特に変化無し。

何々?  → カサ1   開きました。確かにコガネ色。

緑きのこ  →  カサ3 カサ2  開いた後、ぽっきり折れたようです。

粉っぽくてカサの内側はビラビラしていて、気持ち悪いです。
摘み取って捨てるにも、とても触りたくない感じ。
次見るまでに枯れ果ててくれますように。

ところで、箱根マラソントレーニングは大雨のため中止となりました。

そういえば2年前、キャンプに行ったものの
大雨でじーっと、屋根のある炊事場で読書していたのも、この連休でした。
今日は肌寒かったけれど、あの時も寒かったっけ。
キムチチゲが冷えた体に沁みました。
明日もまた寒かったら、今年度最初のキムチチゲも、いいですね。
中秋の名月の今夜、三溪園 「観月会」に行ってきました。

名月、歴史的建築物、伝統音楽が同時に楽しめる、贅沢な催しです。
運動部と化している我が家では、久しぶりの文化的イベントです。

ポスター

互いに仕事があったので、現地で待ち合わせしました。

僕がちょっと遅刻してしまったので、
退屈なともともはブログ用の写真をたくさん撮り貯めていたようです。

三重塔

↑旧燈明寺三重塔 【重要文化財】

僕は塔好きですから、ライトアップされた姿にはウットリ。美しいです。

名月

↑中秋の名月

このイベントで中秋の名月が見えたのは、初めてらしいです。。
毎年悪天候だったそうです。

ところで、今日の演奏は「琵琶」。
初めて鑑賞しました。

音楽、というよりも語りの合いの手、演出用の音といった感じです。

例えば『松の廊下』という題目は、忠臣蔵の発端となったあの刃傷沙汰について語られます。


ベベベン

あーさーのー、たくみのかみー

べべん

まーつーのーろうかでー、

べべべべ、べべん

といった感じ。
僕は未経験ですが、歌舞伎とか浄瑠璃とかを語り独演する感じ。

日本古来の古典音楽なんですな、きっと。

芝生の上に座ってノビノビ観覧するので、とてもリラックスできます。

臨春閣 琵琶演奏

↑臨春閣 【重要文化財指定】での琵琶演奏


ちょっと暑い夜でしたが、それが今年っぽくて良かったです。


◆お知らせ◆

明日から、箱根でマラソントレーニングしてきます。(2泊3日)

更新はまとめて土曜日に行います。

涼しくなりそうなので、がっつり走ってきますわ。
2010.09.21 緑きのこ
ベランダの野菜、ハーブはまだまだ盛夏と変わらず元気です。

大葉も、
森のように

バジルも。
唐辛子は夕方でちょっと萎れていますが、水を遣れば生き生きとします。
まだまだ

ん?唐辛子の足もとに、
何?
なんだかアスパラガスにも似ているけれど。


何々?
どう見ても、


緑きのこ
きのこ、ですよね?

去年も出没しましたが、もっときのこらしい姿でした。
こんな、緑色じゃなかった。

調べると、コガネキヌカラカサタケの写真にたどり着きました。
味と食感も知りたかったのですが、「不食」だそうです。残念。

しばらくするとカサが開くのだとか。ちょっと楽しみです。

最近、足裏痛に悩まされているともとも。

色々と調べてみると、足底筋膜炎に該当しているようです。

医者に相談すべきなのでしょうが、
「走るのを当分止めて・・・」と言われてしまうと、テンションが下がりますから。
痛みが酷くないようなので、トレーニングしながら、出来ることを色々試しています。

アイシング

マッサージ(僕が担当)

タオルギャザー(予防トレーニング)

などなど。

クッション性の高いインソールもいい、といわれているけど、
クッション性が高いということは、反発性が少ないからスピードUPに逆行しそうですから。
最終手段ということでパスしてます。

その代わり、思い切ってシューズを変えてみようということで、
「もったいない」と渋るともともを、いつもの B&D 桜木町店 に連れて行きました。

シューズ選びは、履いてみることに限ります。
店員さんには申し訳ないけど、それしか無い。

色々と履いているうちに、結局これに決まりました。
決定まで、約40分を要しました。

MT749

↑スピードレーサーの定番ターサーゲイル(女子モデル)

重さは何と160g(23cm、片方)。軽すぎ。
レース用なので、脚底にボツボツが付いているので、グリップがいいのです。

スピードが上がると、

指で踏ん張ってしまう → 足裏が痛む

というプロセスで足裏が必要以上に疲労している?と疑っているので、
このグリップが効いてくれるといいのですが・・

だいぶ筋力が付いてきたので、底が薄いのは大丈夫なはずですから。

ただし、スピード練習で夫を置き去りにする可能性も増すわけですが。



その不安が、現実になりました。



本日午前に行ったポイント練習は、気温30℃、晴天のもとで、ビルドアップ15km。

5kmの設定ラップは、28'00→27'00→25'30。

コースは、昨年30km走で2度ほど使ったコースを1周。

僕が給水用ペットボトルを忘れてしまったため、
水飲みのロスも含みますが、5kmのラップは、

28'23→26'56→25'53

と僕は設定タイムオーバー。暑さにやられました。


一方、ターサーを履いたともともは、ラスト3kmから夫を置き去りにし
僕よりも1分30秒ほど早めにゴール。
はるか彼方を快走していましたネ。ショボン。

つまり、ラスト5kmは 24'30前後。

ともともが付けているスントの心拍計の記録をみると、
ラスト10分は170を超え、最大心拍はなんと181と出ました。

そんなこと、ありえるノン?

ともともは特異体質(高心拍数)かもしれない。
マラソン向きなんでないの?
僕はアシックスで測定したときの最大心拍は171.
死ぬかと思ったのですけど。


次は一矢報いないとイカンね。
「よこすか みこしパレード」に行ってきました。
2年ぶりです。

MIKOSHI
ベースに入るのも3度目なので、ゲートでも緊張しなくなりました。(してたんかい。)

このイベントの見所は、横須賀市内各所から集結するたくさんのお神輿ですが、
それは以前じっくり見たので、今回のテーマは「ベースでピクニック」です。

基地内にある数々の屋台でランチを調達。

ジャンボドリンク
マクドナルドのドリンクもアメリカン・サイズ。
カップに注ぐのも、時間がかかります。

ランチ
チーズバーガー(手前、私)とホットドッグ(奥、のりのりさん)をチョイス。
ソーセージは長くて太く、持つとずっしり重いほど。
刻んだ玉ねぎや人参、ハラペーニョソースなどはお好みでトッピング。
パンもバーガーのパテもモソっとしていますが、
お肉はスパイシーで美味しかったです。

芝生にレジャーシートを広げてピクニックです。
読書してみたり、猿島を眺めてみたり。
予想より暑くて干上がり気味。


基地内人気商品が、このピザ。
ピッツァ

テントの中で作っていたのですね。
ピッツァ作り 人気商品
お土産にするのか、2枚、3枚と買う人も多くいます。
そんなに美味しいのなら一度、と思うのですが
ふたりでこのボリューム、飽きずに食べられるかどうか、と毎回躊躇しています。

次回こそ、買ってみようか。
それとも、ビール片手に、
ターキーレッグに↓
ターキーレッグ
齧り付いてみましょうか。



さて。
今日も、のりのりさんのハゼ釣りは早朝と夕刻の2部構成。

早朝の部の釣果は夕食の一品に。
南蛮漬け
南蛮漬けにしました。
小さいので、骨まで美味しく頂きました。


「コツをつかんだ」とかで、夕刻の部では
大漁
この大漁。
捌き方にも迷いがなくなってきました。
これを明日、どうやっていただきましょうか。

平潟湾は、ハゼ釣りが盛んです。
秋になると、多くの釣り人が楽しんでいます。
僕はこれまでハゼ釣り未経験でしたが、秋になって平潟湾のハゼが気になっていました。

先日、帰宅時、近所の釣具屋に立ち寄って、予め小道具を吟味しておきました。

そして本日を迎えたのです。



◆午前の部◆

夕方の満潮時に予定していましたが、朝食を食べたら落ち着かなくなったので、
悪状況を承知で先ずパトロールをしてみることに。

エサは人工の擬似エサ。
知る人ぞ知るガルプのワームでございます。
ハゼを本物のイソメで狙うには、少し抵抗がありますのでこの点は拘っています。
釣れすぎてしまうと、楽しさが半減してしまうからナ。

タックルはメバルロッド+リール。ラインも同じ。
先にハゼ用赤針、ガン玉オモリを付けただけのシンプルな仕掛けで挑んでみました。


開始直後から、ごく弱い当たりが伝わってきますが、なかなか針に掛からない。
浅い場所では、ワームに飛びつくハゼが見えますが、掛からない。

それでも、しつこくやっていると。

初めてのハゼ

↑やっと釣れた!

結局、午前は2匹だけ釣れました。

朝の釣果

食べるには足りないので、この2匹はリリースしてきました。


食い込みが悪いのと、当たりが伝わりにくいので、
サイズの小さい針と、細いハリス、中通しオモリを追加購入し、夕方再挑戦。



◆夕方の部◆

満潮近くで適度に濁っているので、期待が高まります。

ピクピク・ピクピク

中通しオモリのおかげで、当たりがダイレクトに伝わります。
これだけで、すごく楽しい。

効き合わせしてみると、すんなりと釣れました。
その後、同じポイントで一時入れ食いになりました。

結局。

午後の釣果

↑夕方は短時間で10匹


ともともに大漁を電話報告し、晩御飯メニューの変更が決定。
ハゼは自転車のカゴに入れて、連れて帰ってきました。



◆調理◆

サイズが小さいので、全てカラ揚げにしてみることに。

かわいいハゼ

↑シンクのハゼ まだまだ元気です

まな板に乗ったハゼ

↑まな板のハゼ まだまだ元気です

首を落として

↑首が落ちたハゼ 元気に動いています

大虐殺

↑合掌 まだ動いています


塩できれいに洗ったあと、にんにく・しょうが・醤油・酒で下味をつけた後、片栗粉をまぶして。
じっくり揚げました。

完成

↑からりと揚がりました

泥臭いかな、と予想していましたが、そんなことはありませんでした。
大変おいしいのです。
揚げたては、ビールとピッタリです。

ともともにも大好評でした。


というわけで、今年の秋はハゼ釣りを究めていきますよ。

これから冬にかけて、どんどん大きくなり、脂も乗ってくるようですから、食べるのも楽しみです。
2010.09.17 宴のあと
昨夜は職場の宴会でした。
上半期も無事に終わったので、その打ち上げです。

私の勤務時間は9:30~16:00なので、
工事現場で作業をしている職人さんたちとは、普段顔すら合わせません。
ですから、こういう宴会は貴重なコミュニケーションの場です。

横須賀市民も多いので、前から気になっていたことを聞いてみました。
「あのー、横須賀の海に行くと、
やたらクリカラモンモンの人がバーベキューしてるんですけど、
あれって、標準的横須賀市民なんですか?」

「いやいやいや!それは違う!」のだそうで、
夏になるとどこからともなく横須賀の海岸に集ってきて
「しかも道具ごと海に捨てていくから困る」んだとか。

はあ、そうなんですか。どこから現れるんでしょうかね。

まー、楽しい宴会でようございました。
楽しすぎてのりのりさんにはご面倒をおかけしたようですが、
今日はそのお礼にと鍋からあふれそうなほどビーフシチューを煮込み、
帳消しにしてもらいました。


そののりのりさんは、今週もお土産を買ってきれくれました。
シュー
シェ・レカミエのシュークリーム。

走って体脂肪を燃やし、心置きなく食べようと思いましたが、
予定より夕食が遅くなったので、デザートは中止。
明日の楽しみにします。

丹沢湖マラソンの開催について気になる記事が。

台風9号の影響で、開催の有無を検討していますので、申込みを休止します。

台風9号が過ぎたとき、神奈川県西部に大雨が降ったことを思い出しました。

丹沢湖マラソンはハーフにエントリーしています。

11月28日ですから、湘南国際に向けたトレーニングの結果が期待できます。
100分切りを狙ったレースをしよう、と考えていました。

また、紅葉が美しいとの評判でしたので、楽しみにしていました。

災害復旧と大会開催を期待したいです。


ところで。
ピンク色に衝動買いしたNIKE スピード+ですが、
ビルドアップ走だけでなく、LSDにも使っていますが、すこぶるイイ。

当初はソールの薄さに不安でしたが、15km程度では全く障害無し。
今後、距離を徐々に伸ばしていきますが、きっと大丈夫でしょう。

それよりも、これまでよりもだいぶ軽いので、走ることがますます楽しくなりました。

しかも。
ガラスに映る姿が、カッコええのよ。
スラリと伸びた美脚に、ピンク色が映えるのです。
湘南国際はこのシューズで行こう!と決めました。

そこで、同じモノをもう1足購入しました。

ナイキ スピード+ +ナイキ スピード+

↑奥が1号 手前が2号

このカラーは前モデルなので、B&Dで探してもらいました。
最後の1足だったようです。間に合って、良かった良かった。


夫婦そろって、ピンク色に染まると、ね。

アノ夫婦になってしまうので、気をつけねば。


2010.09.15 3位転落
横浜スタジアムに行ってきました。
横浜×阪神戦。
最下位の横浜はともかく、阪神には大事な大事な試合ですね?
昨日も負けているし。

先発は
ハマスタ
下柳でした。
好きです、下柳。
あの迷子の犬みたいな目が、ちょっと鬱陶しいお髭が、好きです。
が。
ボコ打ちされました。

気を取り直して、食事でもしましょう。
崎陽軒  シウマイ弁当
崎陽軒のシウマイ弁当。
いつ食べても美味しい。

が。
雨が降ってきました。
2年前の観戦時も大雨でノーゲームになったのでした。
雨女再びか。

点差は埋まらず、ああもうガッカリ、帰ろうかという頃、
空気が変わってきました。
反撃開始か。

そして、この人が出てきました。
アニキー!
「アニキ~!」
観客席の興奮も一段と高まり・・・・・・。

が。

鳥谷さん、男前でした。
アニキ、オーラがありました。

は~あ。
明日は勝ってくれますかね。
朝晩は涼しくなってきました。
トレーニングもかなりやり易くなってきました。

今晩も、岩本流プログラムに忠実にポイント練習、ビルドアップ走15km。

海の公園~八景島シーパラダイスを横断するコースを試してみました。
うれしいことに、一周がピッタリ5km。偶然。




風景も変化があるので、飽きずに走ることが出来ました。
夜のシーパラは、人が居ないので大変走りやすいです。
キラキラしていてきれいだし。


設定ラップ(5km)は28'00→27'00→25'30。
結果のラップは、

0-5km   28'18
5-10km   26'33
10-15km  24'10

TOTAL 15km 1"18'55

ラスト1kmは、先週に引き続き、妻に置き去りにされました(約30m)。
13kmまでは良かったんですが、ロングスパート失敗。

次こそ、ロングスパートで妻を置き去りにしたい。
妻の脚周りの筋肉をマッサージで緩めてあげる、心優しい夫の密かな願望。。
最近のりのりさんは「ウォーキング」がお気に入りのようです。

ビルドアップのような強いトレーニングをした次の日などは
疲労を抜くための軽い運動があったほうがよいのだそうです。

ウォーキングならフォームの確認にもなるからとやってみたら、
それが思いのほか楽しかったようです。

以来、疲れてはいるけどちょっと体を動かしたい、というような時
「ウォーキングしない?」とお誘いがかかります。
腕を振って、フォームに気をつけながら早足で30分ほど。

日曜日の今日は、いつもの家の周りでなく、
金沢自然公園で季節の花など鑑賞しながら歩くことにしました。

金沢自然公園まではバイクで。
さあ、歩きはじめよう、と思ったのですが・・・・・・、

金沢自然公園
のりのりさんが見上げているのは、「ローラーすべり台」。
大人も楽しそうに並んでいるので、私たちも滑ってみることにしました。


ヨーイ、 位置についてヨーイ、
スタート! スタート!
ローラーすべり台1 けっこうな高さ。
ローラーすべり台2 けっこう急カーブ。
ゴール ゴール!

100mもあるそうです。
子供たちは何度も滑るのか、すぐさまスタートまでの坂道を駆け上がっていきましたが、
大人は1回で十分です・・・・・・。

そしてようやくウォーキング開始。
バーベキューに興じる若者を眺めたり
あまりぱっとしない景色の広がる展望台にのぼったり、
気持ちよく30分ほど歩いてきました。
売店でアイスキャンディを買って終了。

コスモスは
コスモス
まだ3分咲きといったところ。
涼しくなって満開になったら、また行きましょうね。
次回はすべり台用の段ボールを持って行きましょう。おいど、痛いです。
地元の会報誌の広告記事より、

ローストビーフ食べ放題 ディナーブッフェ

の言葉に導かれ、ホテルファミールのディナーブッフェに行って来ました。

ローストビーフはタンパク質と鉄分を多く含むけど、ステーキよりは脂肪が少ないとか。
ランナー向きな食べ物。

ただし、適量だった場合、でしょうけど。


レストランは、大賑わいでした。
ローストビーフは、既に食べ尽くされていたので、
シェフが再登場するまで、オードブルで口を慣らすことにしました。

オードブル

↑オードブルで舌鳴らし

小皿のオードブル類は、色々な味が楽しめていいです。
ただし、今晩の主役ではないので、無理をせず。


そうこうしているうち、ローストビーフを切り分けるシェフが再登場しました。
食事を中断し、駆けつけました。

ローストビーフ第1弾

↑お目当てのローストビーフ

いやー、予想以上においしいです。
ホテル特製のパン(外側がカリカリに固い)がとても相性が良い。

全然食べ足りない。
しかし、既に、シェフの姿が無い。

しばらくすると、三度シェフが登場。
食事を即中断し、駆けつけ、無口なシェフの耳元に囁きかけました。

あー、可能な限りたくさん盛って欲しい、なー (独り言風)

チラッと顔を見た後、彼は応えてくれました。

ローストビーフ第2弾

↑特盛り

うまい。
まだまだ食べられる。

無口シェフに再び囁きかけようとすると。

お取りくださーい、と無表情な視線の先には、ローストビーフ小盛りの皿が。

ローストビーフ第3弾

↑小盛り

足りない。
ともともの皿から1枚追加し、名残惜しいけどコレにて終了。
余裕があるうちに、デザートに移らねば。

デザート

↑デザートの数々

ランナーとして全く不要ですが、ついつい。
マンゴープリン、カスタードプリン、コーヒーゼリー、黒糖ゼリー。
そして、さらに。

デザート第2弾

↑デザート第2弾 追加マンゴーゼリーと杏仁豆腐


これにて、終了。
ご覧の通り、食べすぎです。

お腹が苦しいので、帰りの車中は二人とも仰け反り気味。

場末のホテルのレストランですから、事前は不安でしたが、大変おいしかった。
秋のうちはこのイベントを続けるようですから、
疲労が溜まったら再び訪問しましょう。

明日はカロリーを消費せねば。
先週末、のりのりさんは女子大に潜入、興奮して様子を教えてくれましたが、
私の卒業した大学は共学とは名ばかり、圧倒的に女子の多い大学でした。

で、学科は違えど同時期にキャンパスにいたらしき先輩が
芥川賞赤染晶子
芥川賞を受賞したというので読んでみました。


京都の大学で、『アンネの日記』を教材にドイツ語を学ぶ乙女たち。
日本式の努力と根性を愛するバッハマン教授のもとスピーチコンテストに向け、
「一九四四年四月九日、日曜日の夜」の暗記に励んでいる。
ところがある日、教授と女学生の間に黒い噂が流れ…。



一昔前の少女漫画のような、演劇(コント?)のような世界。
でも、女子が3人以上集まるとこんなもんよね、
だいたい女子はいつまでたっても「乙女」ですから!と思います。

最近登山を趣味にしているという友人に
「あなたは近頃流行りの山ガールであるか否か」と問うたところ
「私は永遠にガールであるから山ガールでもある」との答えが返ってきました。
これは「乙女」と言い換えることができるでしょう。

西洋人形を抱っこして話しかけるドイツ人教授も
すみれ組もばら組も目にしたことはありませんが、
外大の描写としてはさほど違和感がなくて懐かしいほど。
テーマは重いのに、描写は笑えます。
酷評していた石原都知事は、こういうコミカルさ、お嫌いなのでしょうかね。


さて、金曜日です。週末です。
のりのりさんが、お土産を買ってきてくれました。
ドーナツ
ミスタードーナツ!
いったい年に何個食べるのでしょう。
先週の土曜日、資格試験を受けてまいりました。

去年の技術士合格で会社からいただいた祝金に気を良くし、
今年も高額の祝金を狙って、春先に受験を決意したわけです。

資格は、電気主任技術士第1種。
受験者も少ないく、合格率も低いというマニアックな資格です。

◆一次試験(土曜日受験した)・・・4科目、マークシート(3年間で個別に4つ合格でもOK)
◆二次試験・・・2科目、筆記(一次試験合格年度、次の年度と2回受験可能)


高額の祝金を頂いて、来年のヌーヨーク・シティマラソンに参加しようと企んでいたのですが、
去年の反動か、特に夏になってから学習ペースが一気に落ちてしまい・・・


本番は、遠い記憶と運と勘に頼って何とかマークシートを埋めてきました。


たぶん、全滅。
けど、2科目ぐらい受かっていて欲しい。。

来年がんばります。

きっと。

けどね、お盆休みにキャンプに行きたいし。イワナ釣りもしたいし。


○和女子大学

↑会場は三軒茶屋の○和女子大学のキャンパス

この会場では、第1種、第2種の試験が行われました。
受験者のうち、オジサンが占める割合が95%の資格なのに、なぜに女子大?

トイレで乙姫を鳴らしたり、
サークル掲示板前に立ち止まってジックリ読んで見たり、
体育館で活動する乙女を立ち止まって観察したり。

大変失礼しました。
オジサンを代表してお詫びします。

来年は、男子校で実施してもらって結構です。



ひと月ぶりのお茶のお稽古に行ってきました。
お点前は、流しだてとお棚(円卓)、いやもうきれいさっぱり忘れていました。
それでも先生はフォローと褒め言葉を欠かしません。

NHKの「暮らしにお茶の楽しみを」を先生も見られているそうで、
今日はその話題で盛り上がりました。

前々回だか、お茶碗に入れる抹茶の量が随分多いので驚いて、
もしや私の点てるお茶は「薄!ケチくさー」と思われてたのではとヒヤヒヤしたのですが、
「あれは多すぎよ。3グラム以上あったわよねえ!」と先生。よかった。
(お薄に入れる抹茶は1.75グラム~2グラムと言われます。)

お湯もたっぷりでお腹一杯になりそうなお茶でした。
私はどちらかというと、お湯少な目の濃い薄茶(変なことばですが)が好きです。

さらに前回の放送で「羊羹は手で頂いても構いません」と言っていたことも気になって
先生の意見を伺うと
「あの方たち(業躰先生)には羊羹もじょうよ饅頭くらいのものなのかしら。」
(お饅頭は楊枝を使わず手で割って頂いてよいのだそうです。)
羊羹、手で摘んだらベタベタしません?懐紙で拭っても取れなさそう。

「暮らしにお茶の楽しみを」というテーマだし、
より気軽に、という意味合いからだったのでしょうか。

生意気にケチなどつけていますが、毎回欠かさず見ています。


さて、欠かさずといえば、
フットケア
フットケアグッズ2種。
疲れた足には、指をぐぐっと開くのが良いようです。
左の紐の方では、両親指にかけてひっぱりあうストレッチをします。

どうやら効いているのか、昨日も外反母趾部分の痛みは出ることなく激走。
あと、旦那さまの思い遣りこもるマッサージも。効果絶大。

岩本先生の教えに忠実に、先週からビルドアップ走をやっています。

今日も近くの公園まで自動車で行き、夫婦二人で追い込んできました。

目標は 28'00→27'00→25'30 で計15km。

ラスト2kmで4分台を狙いおう!と約束しスタート。


◆最初の5kmは、まあいい。ウォーミングアップ。

◆次の5kmは、ちょっときつくなり。けどまだ気持ちいい。

◆最後の5kmは後半、記憶喪失。
 ラスト2kmは、ともともの背中が遠くに見えましたが、何とか4分台達成。

結局、

27'54→26'41→25'09 5'19/km(平均)


あー、きつかった。
独りじゃやんないよなー。
走力が互角(いや、それ以上?)の妻がいる幸せ。

ご褒美メロン

↑ご褒美メロン(実家の福島産)


来週もやるよ。
サブ3.5の道は険しく、けど楽しい。


のりのりさんは何年も前からめだかを飼っています。
病気やら寿命やらでずいぶん入れ替わりましたが、
特にここ最近、めだか界では不幸続き。

同居しているヤマトヌマエビたちはピンピンしているから、
水の問題とも思えないのですが、なかなか長生きしてくれません。
もしや、エビによるストレスなのか。
そのエビたちは、メダカの死体でたんぱく質を補給しているせいかますます元気です。

とうとうめだかは一匹だけとなってしまい、
もはや「めだかの水槽」と言えなくなってしまいました。
「めだかの水、替えてやろう」は→「エビの水」で、
「めだかにエサやった?」は→「エビにえさ」です。

寂しくなったのりのりさんの命を受け、めだかを買ってきました。
これまではクロメダカを買ってきていましたが、
今回はヒメダカです。
ヒメダカ
ヒメダカのヒは「緋」、体がほんのりオレンジ色です。
のりのりさん情報によると、クロメダカより飼いやすいのだとか。
「クロメダカの方が原種に近くて、通向き」なのだそうです。

通向きかどうかはともかく、
やんちゃなエビたちともうまくやって、長生きしてほしいものです。
今日は月例湘南マラソンの予定でしたが。

今日は中止

受付をしようとすると、「本日は気温が高すぎるので中止です」とのこと。
すでに33℃を超えていたようですので、仕方ないですね。


せっかく早起きして来たし、8時前なので暑いといえどまだマシと判断し。

久しぶりにLSDをやることに決めました。
今シーズン、長い距離(時間)走るのは初なので、無理をせずに90分を予定しスタート。

月例湘南のコースである、海沿いのサイクリングロードを平塚方面に進み、
茅ヶ崎付近で134号線の歩道(松林のおかげで日陰で涼しい)を戻ってきました。

90分-14km

LSD特有のゆっくり疲れていく感じ、久しぶりでした。

湘南の暑さは、まだまだ続きそうですナ。



さて。
帰宅し、シャワーを浴びてさっぱりしたあと、二人で確認し合いました。

シャンパーニュを飲みませんか?

仏国の釣り人S君にお土産でもらったアンリオのシャンパーニュが長いこと冷蔵庫に眠っていたのです。

さる国際ランナーの長○川理恵殿は、レース後の食事でオイスター&シャンパーニュを摂取するとか。
マネをしてみましょう。

シャンパンランチ

↑シャンパンランチ

オイスター(生牡蠣)は腹を壊しそうだし、当然この時期は近所のスーパーには売っていませんので。
昨晩のトルコ料理「ドルマ」と仏国パン、ぺペロンチーノが食べ合わせ料理。

シャンパーニュ用の長細いグラスも無いですが、
ビールでは真似ようの無いキメの細かい泡が、たいへん美味しいです。最高。

HENRIOT(アンリオ)のシャンパーニュ

↑グラス底から湧き上がる、細ーい泡 セボーン


昼間っから、夫婦で酔っ払ってしまいました。
ともともは大声になって、たいそうご機嫌。

長谷○理恵殿は、こんなに楽しいことしていたんですナ。


食後は、非エコ設定温度の部屋で3時間ほど昼寝しました。



S君へ、たいへん美味しかったです。
ありがとうございました。
スーツケースに空きがあるときには・・・・お願いします。
2010.09.04 ロカンタ開店

冷蔵庫を開けると、大量のなす、ピーマン、いんげん。
この夏、たくさん頂きました。
お醤油味の煮物に、中華風の炒め物に。

定番煮物もいいですが、たまには違う味で、と思い・・・・・・
ロカンタ開店です。

「ロカンタ」とは、トルコの大衆食堂。
たいてい、入口にガラスケースがあり、何種類ものお惣菜が並んでいます。
トルコでもなすやピーマンはよく食べられていて、
夏以外には、乾燥させたものを戻して食べるようです。


レシピを探して、「ドルマ」を作ってみました。
ドルマとキョフテ
「ドルマ」とは、詰め物料理のことで、ロールキャベツのルーツなのだとか。
ピーマンや、なすの中身をくり抜いた中に詰め物をいれ、多くはトマト味で煮込みます。

思ったよりもピーマンとなすが小さく、具が余ってしまったので
「キョフテ(肉団子)」も加わることに。

ピーマンの肉詰めも肉団子も、日本でもよくあるメニューですが、
具にお米が入ることが特徴でしょうか。
そして、具にもスープにも入っているクミンパウダーで、一気にトルコらしくなります。

いんげんは
いんげんオリーヴ煮
トルコ風だとまたしてもトマト煮になってしまうので、
シンプルにコンソメだけで煮ました。オリーヴオイルをかけて。

あー、エキメッキ(トルコパン)食べたい。

のりのりさんのお口にも合ったようです。

さて、のりのりさんは今日、たっぷり一日資格試験でした。
お疲れ様と労いの気持ちを、デザートにこめまして、
フロマージュ
「アトリエ・ド・フロマージュ」の看板商品。

シュー
「マスカルポーネシュー」です。
口どけ、軽いです。マスカルポーネのコクはあるけれど、爽やかです。
カロリーは、爽やかでない感じがします。
ああ、明日も走ろう・・・・・・。
仕事で移動中、横浜駅の乗換がちょうどランチタイム。

何食べようかなー、と考えた挙句。
秋なので旬の秋刀魚麺、ではなく、横浜ローカル麺であるサンマーメンを食べました。

サンマーメン

↑サンマーメン 相鉄ジョイナスのとある食堂にて


時々食べたくなります。
ともともは、横浜駅周辺で独り買い物するときには、玉泉亭 横浜ポルタ店に立ち寄るらしい。


さて、本題。
9月になりましたので、8月のトレーニング集計。

月間走行距離 102km

3日間走らなかったのが2回ありましたが、
記録的に暑かった真夏としては、良しとしましょう。

スピード走(5分/km前後)やアップダウン走もやったので、中身もまあまあでした。

9月以降は、距離・中身ともに充実させますよ。





スポーツクラブのパワーヨガを楽しみにしています。

パワーヨガはストレッチやリラックスというより、筋トレ要素が多いのですが、
インストラクターは平均年齢のかなり高い日中クラスだというのに、
容赦なくハードなポーズを指導します。
ところが、中高年アスリートも涼しい顔でポーズを決めていてアッパレなのです。
昨日久しぶりに参加したら、すっかり筋肉痛になってしまいました。

驚くべきは次のクラスでした。
「ジャズダンスやヒップホップなどさまざまなダンスの振り付けを楽しむクラス」とあって、
昨日は時間もあったので初めて参加してみたのです。

スタジオに入ると、他のエアロビクスクラスとは違った雰囲気。
まずお衣装が皆さん決まっています。
迷彩柄のダボダボっとしたパンツに、大き目のTシャツ。
頭の高い位置で作ったポニーテール、大きなピアス。
後ろから見ているだけでは分かりませんが、推定50歳代かそれ以上。

新しい振り付けだというのにすぐ飲み込んでスイスイ踊っていくし、
リズムさえとれない私はほぼ棒立ちで感心しながら眺めているだけ。
「続けて来たらすぐ慣れるわよ!」と慰められて帰ってきました。
恐るべし中高年ヒップホッパー。
新たな世界に足を踏み入れてしまいました。


新たな、と言えば。
今年のマラソンシーズンを迎えるにあたり、新たなグッズ導入です。
suunto 心拍ベルト
心拍計付きウォッチ。
写真右のベルトを胸に着けると、時計の中央部に心拍数が表示されます。

「安静時の心拍数が63って、多くない?」とのりのりさんに言われました。
確かに、健康診断で血圧を測ると「走ってきたの?」と聞かれることがあります。
平均はどのくらいなのでしょうか?気になります。
会社の創立日で休みです。

野島防波堤での良い釣果再び、と予定していましたが、渡船屋さんが休日。

代わりに、以前から気になっていた横浜港の沖堤に行ってきました。

渡船屋さんは3件あるそうですが、渡辺釣船店を利用しました。

渡辺釣船店

↑新山下の釣船小道の最奥

船着場

↑船着場はこんな感じ


野島沖堤防に比べると、色々な点で優れている気がします。
競争原理でしょうか?

◆料金  \2,000      □野島は\3,500

◆渡れる堤防数 9     □野島は5

◆利用時間 6~18時(1時間ごと、半夜釣り便毎日あり) □野島は朝イチ、昼、夕のみ(半夜釣り便は週末)

釣れるかどうかは、釣り人次第ですが。


大変感じの良いお店の方のアドバイスにより、第一新提を選択。
チヌ師3名と共に、7時(第2便)に出船。    

ベイブリッジを越え、横浜港の最も外側(東京湾側)にある第一新提に到着。

第一新提とはこんなところです。

第一新提1

↑白灯台から 奥は本牧D埠頭

第一新提2

↑反対側から 奥は大黒埠頭

ベイブリッジ

↑ベイブリッジはすぐそこに。

先客に常連ルアーマンが1人いたので、話を聞くとノーバイトとか。
状況は良くないらしい。暗雲。

まずは、シーバスルアーで探り。
10cmに満たないベイト(小魚)は群れているけど、異常なし。
小潮だからか、潮が効いていない感じ。
いやな予感。

そこで。
開始1時間ですが、早速、最終兵器を投入。
堪え性が無いゾ。

アオイソメン

↑我が家の冷蔵庫で1泊したアオイソメン

野島の夢再び、と息巻いて第1投目。

ググググ・・・

あっけなくカサゴゲット!(ただし、極小サイズ)

今日も楽勝! と写真も撮らずにリリース。

ところが、後が続かない。
時々アタリがあるけど、乗らない。

ひったくるようなアタリに合わせると。

セイゴ

↑セイゴ(ただし、極小サイズ)

これだけ。イッツ オーバー。


とにかく暑かった。
9月なのに30℃を優に越えているんじゃないか?

ルアーを投げ、アオイソメンを落とし、おにぎりを食べ、灯台の日陰で昼寝をして。
平日なので、堤防には4人しかいかいので、ノンビリ過ごしました。

チヌ師が大きなチヌを1匹あげていました。
前出の常連ルアーマンは、アタリも無く昼に引き上げました。


横浜港の入口にいる訳ですから、目の前を大型船が行き来します。
例えば。

ぱしふぃっくびいなす号

ぱしふぃっくびいなす号

横浜港に寄港していたんですかね。
リッチな人か、退職金が余っている人しか乗れない(乗らない)のかな?

調べてみると、2011年悠久のアジアクルーズ Aコース32泊で最低100万円。
格安航空券+中級ゲストハウス旅行だと、夫婦でも充分足りる。
贅沢なのか、ムダなのか。贅沢?無知?やけくそ?

参考までに、最高級の部屋でお一人様400万円。絶句。

こんな船も通りました。
二人で以前に乗りましたナ。

マリーン・ルージュ号

マリーン・ルージュ号

ともともには、再三リクエストされていますが・・


午後も変わらず、ルアー投げて、アオイソメンを落とし、水飲んで昼寝して。
午後は、3人だけ。マッタリ。

午後3時の便で引き上げました。
結局、カサゴ×1、セイゴ×1。いずれも極小サイズ。

釣果はイマイチでしたが、オマケみたいな休日をノンビリ過ごせました。

今後とも、色々な堤防に行ってみます。調査すべし。

仏国の釣り人S君が帰国したら、ぜひ案内しましょう。