上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の東京マラソン、おそらく最初で最後の参加。

東京ど真ん中を走れたこと。

42歳の先輩Kさんの魂のラン。

この2つに、感動した。


記載のタイム、ラップは僕のガーミン表示です。


7:30 食事(住友ビル前)
01 住友ビル前

Kさんと新宿住友ビルで待ちあわせ。
すでにすごい人・人・人。
地方から参加した人は、超高層ビル+人間の数で飲まれてしまうね。

ルイ・ヴィトンの高級そうなバックを、荷物預けの袋に入れる女性を見て、
自分は貴重品を携帯する必要がないと判断。


8:10 スタートライン整列開始
02 ともともとお別れ

ともともとここでお別れし、Kさんと二人で整列開始。
ともともは、15km地点で待つため品川に先回り。


8:10 荷物預け場所付近
03 荷物預け

ゼッケンと同時に配布されるビニル袋に入れた荷物を、
指定ナンバーのトラックに預けます。
ゴール後に、ビッグサイトで返却されます。

こんなに人がいますが、手続きはたいへんスムーズです。

8:20 Eブロックまで歩き中
04 Eブロックまで歩く

スタートはブロックスタート。
早い人(実際は、自己申告した完走タイムごとだから、ズルする人もいるでしょうが)から、

A,B,C,D・・・・JかK?

の順にスタートラインから区切られたブロック内に誘導されます。

僕たちはEブロックへ。
既にかなりの人たちが整列しています。

途中に仮設トイレがあったので、念のため最後の一滴を・・・

実はこれが最後ではなかったのだが・・


8:40 Eブロックに整列完了
05 整列完了

スタート30分前に整列完了。

とてもいい天気です。
最近は緊張とか不安より、幸福な気分になります。


スタート10分前ぐらいから始まる、ラジオDJっぽいMCは要らないな。
八景島シーパラのカウントダウンパーティーみたい。

しかも。
世界に冠たる東京へ、って競う感じがどうしても好きになれない。
都知事のあいさつも、イマイチでした。

マラソンはもっと純粋で、静かで、
感謝に溢れていて、人それぞれの基準があって、いい。


9:10 スタート号令
06 スタート号令

やや白けたあと(僕だけ)、ようやくスタート。

有名な紙ふぶきは、ずーと前の方しか舞いません。
囲まれたい人は、練習あるのみ。

9:10~9:13 スタートラインにて
07 スタート2
08 スタート3
09 スタート4
10 スタート5

スタート後、徐々に、徐々に前進し、ようやくスタートラインへ。
Eブロックの中間ぐらいから、約3分30秒。


新宿の大ガード下を通り、左手に歌舞伎町を見ながら靖国通りを走り始めます。

路上駐車している車なんて、一切なし。たいへんな準備なんでしょう。



スタート直後に少し渋滞しましたが、設定27分に対し、

0-5km LAP 27'17"

順調な滑り出し。
飯田橋で皇居方面へ、右折。

5km過ぎ 飯田橋駅付近
11 飯田橋駅

Kさんも順調そうです。


7kmぐらい 竹橋付近
12 竹橋が見えた

しばらくすると、皇居ランコースでおなじみの「竹橋」が見えてきた。

Kさんは、この坂道を利用してダッシュを繰り返していました。

9kmぐらい 皇居外苑(東京駅側の正面)
13 皇居正面内堀

皇居ランコースでおなじみの風景だけど、
今日は車道から、コースを眺めています。

東京マラソンならではの、絶景でした。


10km手前 日比谷公園付近
14 日比谷公園付近

Kさんが撮ってくれました。10kmの日比谷公園直前。
かなり暖かく感じるようになりました。推定10℃。

まだ下りが続いているせいか、設定の26分半よりもやや早め。

5-10km LAP 26'09"


日比谷公園を右折し、日比谷通りへ。
10kmのランナーはここでおしまい。

しばらく走ると、反対車線にトップ集団が見えました。

現世界記録保持者のハイレが欠場していなければ・・・
世界一の走りを見たかったです。

12kmぐらい 新橋辺り?
15 トップ集団とすれ違い

ここを過ぎると、三田駅前を通過します。職場の近く、見慣れた風景。
ここで、42歳Kさんが驚くべき告白。

 おしっこしたい

残り25km以上も我慢するのは気の毒。
しかし、大会が準備する仮設トイレには、順番待ちの列が見えた。

慌てない、慌てない。ここは、ホームグラウンドだわよ。

事前に内偵調査していた、地下鉄のトイレに猛然と駆け込み、事を済ませました。


タイムロス 1分50秒。
トイレのせいで・・・という言い訳はしたくない。

どこで吸収するか、悩みながらKさんを先導しました。



公式タイムがやや遅れ気味(道幅が広いせい?)だったので、
ちょっとペースを上げました。設定26分半に対し、

10-15km LAP 25'46"


約束通りの場所で、人ごみの中に、我がガッツ妻、ともともが見えました。

15km 15km品川折り返し手前(ともとも撮影)
15km手前


まだまだ笑顔、余裕ありのKさん。

トイレを済ませたから、という印象も受けますが・・


品川駅前で折り返し

この後は、日比谷通りを再び、日比谷公園まで。

ペースが乱れないよう、淡々と。
トイレロスは、25km過ぎまで我慢することにしました。


設定の26分半よりもやや早いペースでした。

15-20km LAP 25'53"


日比谷通りに飽きてきた頃、日比谷に戻ってきた。
右折し、晴海通りに入ります。

ここが、中間点。

21km中間点 日比谷JRガード
18 日比谷のJRガード

ここからが、いわゆる銀座ね、ザギン。

とにかく沿道にすごい人たち。
とてもいい気分です。

22kmぐらい 銀座四丁目交差点
19 銀座4丁目交差点

ここ、銀座四丁目交差点、和光前とも三越前とも言われる一等地にて。

Kさん、修正無しの写真データは、有料にてお譲りします。


ここから、中央通へ。
まさに、銀座の目抜き通りじゃ。

最高です。

同じく 銀座中央通 松屋前
20 銀座中央通り


こんな場所、普段は絶対に走れません。

23kmぐらい 日本橋高島屋前
21 日本橋高島屋前


ちょっと、興奮してしまったせいか、ペースを抑え切れなかった。
設定の26分半に対し、

20-25km LAP 25'21"


結果として設定よりも早く走っていたので、
このままペースを維持すれば、トイレロスは自然に解消できると判断。
30kmまではペース維持することをKさんと確認。


27kmのエイドでは、アンパンがサービスされます。
2つ頂いて、Kさんに手渡すと、

 要らない。

えー、事前のともとも情報では、自身のブログ内で

 『あんぱんを楽しみにしている』

はずだったのに。。きつくなってきた様子。

27km過ぎ 給食エイド後
22 アンパン断られ

↑後輩からのアンパンを断った直後のK先輩


お約束のようなので、この名所で写真撮影。
(係りの方に撮っていただきました。)

28kmぐらい 浅草浅草寺 雷門前
23 浅草雷門前

こちらも、お約束ですので。

同じく 浅草よりスカイツリー
24 建設中のスカイツリー


いよいよ、見えてきました。30km地点。
Kさんに話しかけるも、言葉が少なくなってきた。

30km 
25 30km地点


設定は26分半。
25km以降のペースをなんとか維持できた。

25-30km LAP 25'50"

 マラソンは30km以降、マラソンの精神的な中間点


など、色々と言われる30km。

僕は最近、

 ここからが一番楽しい12km、これまでの練習はこの12kmのためにやってきた

と考えるようにしています。
なので、通過するときは、うれしくなる。


Kさんの表情が目に見えて曇ってきた。

腰が折れ、頭が前に突っ込んだフォーム。疲労の兆候。

33km過ぎ 銀座シャネル前
26 銀座シャネル前


34kmで再び銀座四丁目交差点、左折して築地方面へ。

三越前には4重、5重の観戦者。

ちょっといたずらしたくなり、

 うぉー、うぉー、いいえええーい!

と身振り付きで2度騒ぐも、全くの空振り。現場しーん。

  アレ誰?

といった雰囲気。ノリが悪い。

テレビでラジオで雑誌で騒ぐほど、ではない!?


ニューヨークシティマラソンに出たら、一等地で同じ事をやってみます。


直後、沿道から仙台在住の親友Iから大声で呼びかけられた。
この話は、長くなるのでこれでおしまい。


設定は26分でした。
苦しくなってきましたが、うまくペースアップ出来ました。

30-35km LAP 25'18"


一番きつくなる35km以降。
僕はいつもこう考えます。

 こんなに楽しいマラソンが、あと30分で終わってしまう。


数ヶ月前からKさんと約束した35kmまでの伴走。
公式タイムでも、ほぼ目標タイム通りで通過できたことを確認。


あとは、42歳の魂で走って欲しくて、背中を押してやった。

自分もだいぶ疲労していました。


最大の難所といわれる、佃大橋。
Kさんは重力に逆らい、グングン上って行きました。

ちょっと置いていかれた。

35km過ぎ 佃大橋
27 佃大橋


これ以外にも、何度か小さなアップダウンが続きます。
気温も上がり、快晴の照り返しがきつい。

僕の20mぐらい前を快走していたKさん。

しかし、豊洲のだだっ広くて単調な道路で、見るからにペースダウンした。
おかげで、追いついた。

残り、4km。

僕もかなりきつかったけど、ここぞの場面で、再びコレを見せたかった。

背中のメッセージパネル
28 背中のメッセージ

背中にずっと付けて走っていた、メッセージパネル。

Kさんを抜き去り、ペースを気にせずにガンガン走りました。
きっと、Kさんは付いてくるはず、とは思っていましたが・・・

あとで聞いたら、これでガッツ魂に火がついたそうです。


最後の難関、有明大橋で並走し、いよいよ花道へ。



辛い辛い辛い、最後の7kmでしたが、見事なラップでした。

35-40km LAP 24'44"
40-goal LAP 11'20"ぐらい


二人で並んで、出し尽くして、目標をほぼ達成して、ゴール!

ゴール直前(ともとも撮影)
29 ゴール付近


やっぱり、かっこいいぜ!

30 ゴール後の先輩


3:41'10" (平均5'10")
 
 *トイレ含まず。


僕が東京マラソンで感動した2つの理由、分かっていただけましたでしょうか?
スポンサーサイト
今日は疲れたので、明日レポートします。

ゴール後

セクスィーK先輩とゴール後に。

ある日突然のりのりさんと走り始めて2年半、
今日は初めて、とあるランニングクラブの練習会に参加してきました。
集団行動が得意でないふたりですが(子供会とか、ニガテやったわー)、
速ーい人と練習してスピードアップをはかりたい、との一心で参加。

時間になるとわらわら人が集まってきて、自己紹介のあと、
アップジョグとストレッチ、
さらにウォーミングアップのエアロビクスが行われました。

ふたり練習だとこんな念入りなアップ、やらないですね。
のりのりさんは人生初エアロビクスも楽しんだようです。

明日東京マラソンを走るのりのりさんはここまで。
私はいよいよ初めての集団練習です。
本日のメニューはペース走。

「○分台の人は誰々さんについて、●分台の人は誰々さんに」というのだと思っていたら
「じゃ、それぞれマイペースで」といきなりスタート。

えええ~、そうなん?
普段んりのりさん(のガーミン)に頼りきってる私はペース感覚がイマイチ・・・・・・。
とりあえず、自分よりちょっと速そうな男性についていきました。

ついていきます
↑あなたについて行きます。

公園内の、一周約2kmのコース。
遊歩道だけでなく、アップダウンのかなりある芝生内を走っていきます。
小さなコーンが置かれてありますが、町中の道さえ覚えられないのに、
走りながら芝生のコースなんて覚えられません。

しかも前を走る男性は、「ちょっと」どころかだいぶ速くて、
ハーフマラソンくらいのペース走になってしまいました。
さらなる誤算。
10kmペース走と勝手に思い込んでいたら、60分ペース走だったのです。
そのため、5周で終わると思ったら、
見ていたのりのりさんに「あと1週!」と言われてしまいました。

水を飲んでいる間にペースメーカーを見失い、
案の定、道を間違えました。

コースの後半通るはずの、満開の梅並木にいつまでたってもたどり着けない。

梅並木 満開
こんなところを通るはずなのですが。

そうこうしているうちに梅並木がずっと下のほうに見えて・・・・・・。

“だいたい”12kmでゴール。
お疲れさまでした。
いい刺激になりました。また参加したいと思います。

ランチは今週も
マルゲリータ クワトロチーズ
ピッツァを。
「なんて美味しい食べ物なんだ!」だそうです。

さて明日は東京マラソン。
のりのりさんとセクスィー部長先輩の雄姿を見てきます。
ご褒美はピッツァですね、きっと。

昨日、ビッグサイトで受付を済ませてきました。

わざわざ会場まで設けて、事前に受付をさせるのはどうかと思いますが・・

しかも、ゼッケンの交付を受ける際、免許証などのIDが必要とは。
代理受付も一切認めない、と。

当日、代理で出走してしまえば、分からない気がしますが。。


ま、それもこれも、当選倍率約10倍の東京マラソンですから、ね。


会場の西ホールは、仕事関連の展示会でも度々訪れていますが、
雰囲気がぜんぜん違います。

華やか。

西ホール入口


受付のボランティアも、テンション高め。

「おめでとうございまーす!」

何がめでたいのか、最初分かりませんでした。
どうやら、当選したこと、らしい。

受付

Kさんと

↑セクスィーK先輩と


EXPOと称して、メーカ各社のブース展示会もやっています。

まず最初にメインスポンサーである、ASICSがドドドーンと。

ASICS

その後、メインスポンサーのブースが並びますが、メトロとか山パンとか。
正直、ただの広告だもんね、興味なし。

後半は、ランニング業界のブースが並ぶので、かなり楽しい。

NIKE

↑NIKE

ランナーズ

↑愛読書ランナーズ


そして、CW-Xのステージでは、この人がトークショーをしていました。

CW-X

↑岩本先生(中央)

思ってたよりも、華奢でした。隣の女性が大きいから?

この後、ストーカーのように出待ちし、湘南国際の完走賞にサインを頂きました。
握手までしていただきました。
ありがとうございました。


そして、メインイベントは。

鏑木導師

↑鏑木・トレイル導師・毅


いやー、かっこいい42歳。強いオーラ。

マスクも、声も、雰囲気も、全部いい。

クールにみえるけど、トレイルに対する情熱は半端でない。

しかも。

オトコの僕がいうのも何ですが、お目目がキレイでした。

あやうく・・・でした。


いいねえ。
サラリーマンだと、お目目が濁ってくる年代ですから。
しかも、東京マラソンのイベントなのに、それに媚びないところがいい。

「ロードよりも、絶対に楽しい楽しいですから。」
「100マイル(160km)走ると、ホント、辛いですよ。」とか。

3日後、フルマラソンを走ることがちっぽけに思えてきました。

鏑木信者のK先輩も興奮してた模様。



日曜日は、昨日までの予報が変わり、どうやら午後から雨?
しかも、南風強し。

気温は高めのようですから、なんとかなるでしょう。

金沢文庫で開催中の「運慶 中世密教と鎌倉幕府」に行ってきました。
運慶展


運慶の作と伝えられている作品は多いものの、
真作と確認されているものは数少ないと言います。
今回はその“真作”が七点も集合しているのです。

会期も終わりに近く、前日に朝日新聞に載っていたこともあって、
金沢文庫はいままで見たことのないくらいの混雑。

ひときわ人だかりができているのは、奈良・円成寺の大日如来坐像。
そして、クリスティーズのオークションに出されて話題になった、
東京・真如苑の大日如来坐像。
いずれも若々しくて優しい顔立ち。

迫力の毘沙門天に不動明王は横須賀の浄楽寺所蔵。
仏像はやはりお堂の中で見たいので、
浄楽寺の年に2回の御開帳、いつか訪れてみたいです。


とはいえ、こういう展覧会でなくては
近付いて細部まで見られない、ということもあります。
瀬戸神社所蔵の神楽舞のお面や、そして今回私が最も見たかった、
金沢文庫保管の大威徳明王坐像。


え?小っさ!と声が出ました。現状で21.1cmだそうです。
小さい!
小さいですが、水晶の光る眼はカッと見開かれ、髪は逆立ち恐ろしげ。

この明王さま、元々は顔が六つ、手足も六本ずつあって水牛に乗っているそうです。
水牛
こんな感じ。

小さな博物館ですが、なかなかどうして見応えありました。
東京まで行かなくとも、いつもこれくらい見られるといいのですが。


上の写真と絵はどちらも、
続仏像のひみつ
『続仏像のひみつ』(朝日出版社/山本勉)から。
『仏像のひみつ』とともに、何度読んでも面白い本です。

日曜日は東京マラソンです。

このブログでたびたび登場するセクスィー部長似の先輩Kと一緒に走ります。

先輩Kにとては、2度目のフルマラソン。
前回のかすみがうらで、初マラソン・サブフォーを達成してる42歳。

かすみがうらの観戦記

今シーズンのホンキレースとして、4ヶ月前からトレーニングしています。
3週前からは調整を始め、かなりいい感じで仕上がっている様子。

彼の目標は、3時間45分切りですが、たぶんもう少しいける。

僕はペースメーカとして伴走し、魂のチャレンジを間近で観戦します。


ふたりで決めた設定ペースは、

0- 5km  27'00"
5-10km  26'30"
10-15km  26'30"
15-20km  26'30"
20-25km  26'30"
25-30km  26'30"
30-35km  26'00"
35-40km  26'00"
40-    11'25"

total 3:42'55"

ラストまでは正直、自信が無い。
35kmぐらいまで見届けたら、JOGに切り替えるかも。
今のうちに言い訳しておきます・・・



仕事が終わったあと、暑い日も寒い日も、風が強い日も雨の日も
皇居で練習していた。
こんなオジサン、なかなかいません。
42歳のチャレンジ精神、カッコいい。

執念が結実し、ゴールの先に新しいスタートラインがあることを祈る。



久しぶりにふたりでポイント練習(3km×3ビルドアップ)をしてきました。

食後はハーブティ飲んで、理恵殿の本なんぞ読んでみたり。

朝リーディング


いや、朝読む本なのか!?
2011.02.22 帰宅ランラン

久しぶりに帰宅ランをしてきました。

風はあるけれど西日は暖かく、まあ気持ちの良いこと。
昨年の夏、汗ダラダラで走っていたコースなので、
余計に気持ち良く感じたのかも。

あんまり快調なので調子にのって
海の公園内のジョギングコースに寄り道、
予定より2km多く走ってしまいました。
ようやく、湘南国際の疲労も抜け切ったのを実感する今日この頃です。

横浜国際女子マラソンのトップランナーたちのフォームを思い出して
骨盤と上体の前傾を意識して。

でもそういえば、市民ランナーの中にはアゴが上がって
片方の肩の下がっちゃっている人もいましたねえ。
私も苦しいとついそうなりがちなので、早く修正しないと。
そんなことを思っていると、12kmもあっという間でした。



本日の一品。
卯の花
卯の花。
鉄分補給にひじき入りで。

我が家では、おかずをこんな風に↑大皿に盛った時は
「マサカセルみたいだけど」と断りを入れます。

「マサカセル」は福島のことばで「馬さ食わせる」、
「馬に食べさせるみたいな盛り方で失礼しますよ」という意味です。
初めて聞いたときは呪文かと思いましたが。

アレから1ヶ月がたちました。

本日、公式の記録賞が届きました。

記録賞

公式記録(グロス) 3時間30分にちょっと足らず!

参考記録(ネット) サブ3.5達成!


10kmごとのスプリットタイム記録も記してあります。
スタートラインのロス(グロス-ネット)を考慮し、
10kmラップにしてみると、

0-10km 51'10"  設定<51'00">

10-20km 49'47"  <50'00">

20-30km 49'22"  <49'00">

30-40km 48'14"  <49'00">

ペース調整、お見事でした。


雑誌ランナーズでは、今回の大会は

『自己ベスト続出!』だったそうな。

気象条件に恵まれたしねえ、良かった。


今後の目標。
昨日、横浜路を一生懸命走るエリートランナーの力走を拝見し、心が震えました。
特に、決してカッコいいフォームじゃないのに、懸命に走る壮年ランナー。

すごいぜ、カッコいいぜ、おかあさん達。


長く、ちょっとずつ、目標に近づけるように。

夫婦で目標を定めました(妻、非公認)。


妻ともともは、もちろん、横浜国際女子マラソン


【横浜国際女子マラソン 出場資格】

・2010年度日本陸上競技連盟登録者で、大会当日満19歳以上の女性競技者。

・日本陸上競技連盟の登録者として2008年11月1日以降、
 申し込み日までに国内外の公認競技会で下記の記録を出した女性競技者。
  
 (1) マラソン    3時間15分以内  
 (2) 30km    2時間10分以内
 (3) ハーフマラソン 1時間25分以内  

 おそらくですが、2、3年以内に達成しますね。きっと。


そして、僕の目標は、福岡国際マラソン。憧れの国際レース。


【福岡国際マラソン 出場資格】

・2010年度日本陸上競技連盟の登録男子競技者で、2008年12月1日以降、
 申込期日までに国内外の公認競技会で日本陸上競技連盟の登録者として、
 下記の標準記録を突破し、大会当日満19歳以上の者。

 [Aグループ]       ←これは、まず無理。。
 1.マラソン      2時間27分以内
 2.30kmロードレース  1時間35分以内
 3.ハーフマラソン   1時間05分以内

 [Bグループ]
 1.マラソン      2時間42分以内 
 2.30kmロードレース  1時間50分以内
 3.ハーフマラソン   1時間10分以内


気長にやりましょう。

続けていれば、10年は伸びると信じましょう。
第2回横浜国際女子マラソンの観戦に行ってきました。
スタート前1 スタート前2
スタート前はこんな感じ。
テレビ中継にはほとんど映らないけれど、
フルマラソンを3時間15分以内で走れる、市民ランナーのエリートさんたちです。
スタート地点まで防寒着を着て最終アップをし、
ナンバーの書かれた袋に脱いだものを入れておけば係りの人が片付けてくれる、
ということになっているようです。へえ~。

寒さ対策にゴミ袋を被ってスタートラインに並び、
人いきれの中で身を寄せ合って号砲を待つ市民マラソン大会とは大違い。
(ゴミ袋は、身体が温まってきたらエイドにポイ。)



一般ランナーが並び終えた頃に、
あの人1 あの人2
関係者(小出監督に山下監督!)や招待選手(尾崎好美選手)の姿も見えてきました。

なんだか、見ているだけで緊張、そして興奮。
号砲1 号砲2 号砲3
12時10分、号砲です。
はー、ドキドキする。


次に選手たちが見られるまで時間があるので、ランチへ。

のりのりさんが、予約をしておいてくれました。
razzo 
山下公園近くのピッツェリア「RAZZO

のりのりさんは最近急にピッツァ好きになったのです。
ある日突然、マルゲリータの美味しさに目覚めたのだそうです。

マルゲリータ ビアンキ ジェラート
マルゲリータと、モッツァレッラのピッツァ。ピッツァを頼むとジェラートがついてきます。
トマト、チーズ、にんにく。万歳。
小麦の香りが強い生地もとても美味しいです。
しばらくピッツェリア巡りが続きそうな予感。

お腹が満たされたところで再び観戦。

トップ選手の走りには圧倒されるばかり。
その後しばらく静寂があり、
市民ランナーのエリート中のエリートが、ぽつぽつやってきます。

全員でも二百数十名しか出ていないのですが、
中でもサブ3ランナーというとさらに少ない。
なので、そういう人たちは42.195kmをほとんど一人、
せいぜい2、3人が前後になって走ることになります。

国道の真ん中をひとり走るなんて、贅沢だけど孤独。

比べものにならないかも知れませんが、
昨日足柄峠を初めてひとりで走ってみたら、それは孤独なものでした。
「辛いね~」とも「大丈夫?」とも言える人がいない。
下ってきたランナーを見つけるや、笑顔で挨拶してしまいました。


そんなことも思い出しながら、
エントリーリストを持って、走ってくる選手のゼッケンと照らしながら
名前を呼んで応援しました。
選手によっては「アナタたち、誰よ?」という表情の人もいましたが、
手を上げて応えてくれる人も。

横須賀や高滝湖の表彰式で一緒だった人たちも見つけて
以前からの友達かのように嬉しくなったり。
まったくもって「アナタたち、誰よ?」ですが。

いやー、興奮しました。

以前読んだジョー・ヘンダーソンの本には、
どんな人でも走り出して10年は記録が伸びると書いてありました。
あと7年は伸びるか・・・うーん。憧れます。







昨晩は、取引先の担当でたいへん世話になったU君(年下)が、
2月で会社を退職するというので、サシで送別してきました。

彼は31歳で幼子を抱える、髪型がアシメのナイスガイ。
しかも、お好み焼き屋の看板娘を見初め、嫁にした名ハンター。

NHK朝の連ドラ「てっぱん」の瀧本美織チャン(島根出身)も看板娘。
厳密には、広島焼きですが。


最近気に入っているビストロに誘い、おいしい食事をし、
最後のデザートを注文するタイミングで、
一緒に仕事をやっていた、某メーカのM君(島根出身で大学の後輩)から電話。
どうしても合流したいということで、居酒屋に移動して2次会。

結局、深夜の帰宅になってしまいました。


そんなU君とてっぱん妻にプレゼントを用意しました。
我が先輩ランナーである、セクスィーKさんの常套手段を真似させてもらいました。


まずはU君本人には、川崎 ラ・チッタデッラの名店『グランデパンツ』にて。

ローライズ Mサイズ

僕の好み、派手・低め・小さめ。

2つ同じものを購入。もちろん僕とお揃い。

U君が今後の人生で「勝負」する時に身につけてくれることを、願う。
きっとうまくいくさ。


そして、てっぱん妻には。

堂島シュー1堂島シュー2
(写真は我家用プレゼント)


日本橋高島屋限定である、堂島ロールで有名なモンシュシュのクッキーシュー。

シュークリームが嫌いな人を聞いたことないため、きっと喜んでくれるはず。
今後、U君を支えてやってくれることを、願う。

U君の家族に、幸があることを願うばかり。
がんばれよ!



うちのガッツ妻ともともにもクッキーシューを買ってきました。
楽しみやな。


さらに、もう一つ。

うさぎの最中1うさぎの最中2

うさぎやの最中(つぶあん)。

本当はどらやきを食べたかったーのですが、夕方に訪問した時にはソールド・アウト!

もたいまさこに劇似の売り子さんに聞いたところ、昼前には常にソールド・アウトだとか。
特に金曜は早いですよ、とケロリ。

毎日売り切れなら、たくさん作ればいいのにね。

たぶん、使っているあんこは一緒でしょうから、と最中を買ってきました。
ともともが好きなつぶあん。

先程食べてみましたが、たいへんお上品な甘さです。
非常に良い味。

次回はどら焼きを食べてみよう。



本日、一人で足柄峠ランを決行した妻、ともとも。

夕食の後、モンシュシュ・クッキーシュー → うさぎや 最中 と、
日本橋スイーツリレーをするそうです。


僕も15km走やったので、よしとしましょうか。

本日、のりのりさん会食につき、
おこのみ
とうとう一人で来てしまいました。
近所のお好み焼きチェーン店「お好み焼き 道とん堀」。

東京生まれの「道とん堀」。
お好み焼きも広島焼きももんじゃも鉄板焼きもデザートもある、
ソース味のファミレスといったお店です。


メニューがたくさんあって目移りしますが、
大好きな「牛すじ」にしました。
道頓堀
焼けるまでビールを飲んでいたいところですが、
明日は長距離走の予定なのでお水で我慢。


お好み焼き屋さんは、大将やおかみさんが焼いてくれるお店と、
具を混ぜるところから自分でするお店とありますが、
道とん堀は「自分焼き」のお店。

でも!
私はお店で食べるからにはお店の人に一から十までやって欲しい!ので、
「お兄さん、焼いて~」とお願いしました。

すじ牛
快く(だと思います)、焼いてひっくり返してくれました。
もうちっと厚めにこんもりした感じが好きですが(ほな自分で焼きぃな)、
フンワリしてすじもトロトロ、満足です。

ウワサでは、「道とん堀」では客を迎える時や注文を受ける時に
「ぽんぽこぽーん」と言うとのことだったのですが、そういえば、聞いてないなあ。
焼いてくれた店員さんは、とてもそんな事言えなさそうな雰囲気の少年だったし。
今度行ったら要求してみましょう。

さて、のりのりさんから写メールがきました。
お土産
何やら、行列のできるお店で手土産を買ってくれたようです。
楽しみですねえ。
午後、月島で見つけました。

東京マラソンの看板

↑東京マラソンの交通規制表示


築地で35kmを過ぎ、コースで唯一の難所といわれる佃大橋の近くです。

海沿いだから、風があると走りにくそうです。



その帰り道、セクスィーK先輩と皇居ナイトランをしてきました。

何度か触れていますが、東京マラソンはK先輩と一緒に走ります。


レース10日前ですから、岩本流メニューだとダウンヒル7km。
しかし、都内にそんなに長い下り坂はありませんから。

100m下りダッシュ×20~30本でも代用可、と言われていますが、
そんなに続ける根気も無いので、2周をレースペースで走りました。


夜の皇居は久しぶりですが、若い女子が多く華やかだし、何となくいいニオイ。
それぞれのペースで一途に走る姿は、素敵だわよ。


ただ、不安がある。
左の股関節の調子が、すごく悪い。
そのせいか、膝が痛む。

東京マラソン当日まで治るといいのですが・・
2011.02.16 逆勝手
今週のお茶の稽古は「薄茶の逆勝手」でした。

「左右が逆になる」と聞いていたので、
左手がたくさん使える左利き仕様なのかと思ったら
亭主と客の位置が普段(本勝手)と逆になるため、
足運びや物を置く位置が逆になるというもので
お湯を汲むのもお茶を点てるのも普段通り右手なのでした。

しかも、右手の動きも本勝手と違うので
結局はいつもよりさらに不器用な感じ。あぁー。

お客さまが「そういえば今日は逆勝手だったわねえ」と
後から思うくらいにスムーズに、とのことでしたが、
私のは、お客さまも一緒にハラハラドキドキのお点前でした。


でも、お茶のお稽古って認知症予防にいいかもしれません。


本日の晩ごはん。
塩角煮
塩味の角煮。柚子胡椒でどうぞ。

若ごぼうは、
若ごぼう汁
お味噌汁にしました。
ご馳走さまでした。

ここはどこでしょうか?

どこですか?

昨日の午後10時頃、自宅からの風景。

あー、驚いた。ここはどこですかー?という景色。


未明の東名高速道路では、60kmを越える渋滞が発生したそうな。

東名大渋滞のニュース

NHK朝ニュース内、「日本道路交通情報センター」の藤田めぐみさんも、
いつも以上に早口で、通行止め情報を伝えていましたね。

太平洋側の大雪は意外と、春間近の、この時期だったりします。


ちなみに、東京マラソンに向けて最終調整中のセクスィーK先輩は、
ドシャ降りのなか、皇居を走ったそうです。。

本番レース前に起きやすい、ランナーの奇行。



気温も低いですから、こんな日はお風呂でぬくもりましょう。

クナイプ ワイルドローズ

クナイプの新作、ワイルド・ローズ、入荷。


そろそろ、1万アクセス達成しますね。
2011.02.14 春の香り2種

実家から「若ごぼう」を送ってもらいました。
大阪の、特に八尾市の特産野菜です。詳細は→「八尾若ごぼうのご紹介
この時期だけに収穫されるので、食卓に若ごぼうが出てくると
「あ~春やわ~」という気分になります。

ここ数年食べていなかったので、送ってくれるというのを楽しみにしていました。

若ごぼう
ごぼうと言っても根の部分は少し。
ただし、茎も葉もすべて食べられます。

定番は、油揚げとの炒め煮。
炒め煮
レシピはこちらから。→うまいで!食べてや!八尾特産物
香りも歯ごたえも力強くて春らしい。


福島は特産野菜も多いですが
のりのりさんがこの時期よく食べていたというのが
あさつき
「あさつき」

これをヌタにするのだそうです!!!うわ~!
「あさつき」も「ヌタ」も、どっちも苦手やねん。

頂きものでなければ、まず調理することもないのですが。
酢味噌和え
さっと湯がいて、ホタルイカと酢味噌で。
のりのりさんのお皿には、あさつき多目で。
私は、ホタルイカをメインで。


でもまあ、せっかくなので、と恐る恐る齧ってみると、
あれ?
臭くないやん。
生たまねぎとからっきょうとかワケギとか、
ああいう辛味とニオイだと思っていたのですが、ぜーんぜん。
甘くて、食べやすい。あらー。

春の香り、2種。
ご馳走さまでした。


昨日の皇居トレーニングは、がんばり過ぎました。

おかげで二人とも筋肉や関節がガッチガッチ。JOGも出来ないぐらい。

そこで、疲労抜きのお散歩をしてきました。

風は冷たいけど、日差しもあって散歩日和。

梅の花はもう少し

↑梅の花は咲き始め


いつもランニングしているコースですが、
歩くからこそ、気がつく風景もあり。ウォーキングの醍醐味。


眺望を楽しみに、小高い山を登ってみました。

余所見の天才ともともが、樹木にうずくまる黒い影を発見!

樹木に何かいる?

猫さんでした。

猫さんでした


頂上付近に到着。

東京湾側の木を伐採し、眺望が開けたようです。以前は眺望が無かったはず。
横須賀方面の眺め。

真下には○産のテストコース、奥に横須賀ベース、猿島、観音崎。

横須賀方面


反対側からは富士山が見えるはずですが、雲によりチラッとしか見えず。

富士山はチラリ

9kmを1時間50分ほどかけて歩きました。
歩きとはいえ、後半はLSDのような疲労感。

疲労感が早く抜けるといいんですが。

帰宅後は、十分なストレッチと淹れたてコーヒー、先輩から頂いたスイーツ。

3時のコーヒータイム

栗とチョコレートがベストミックスです。大変おいしい。

その後は、昼寝をしてみたり。


とてもリラックスできました。
三連休も終わりですね。
皇居で20kmペース走をしてきました。
東京マラソンで自己ベスト更新を狙う、セクスィー部長・K先輩との合同練習。

最高気温6℃、午後から雨の予報でしたが、
昨日の雪で走れなかったランナーたちは晴れ晴れとした表情です。


本日の設定 1周 23'45(4'45/kmペース)

結果。(↓私)

1周目 23'52
2周目 23'32
3周目 23'34
4周目 22'14

トータル 1:33'13


「きついペースだなー。4周持つか分からないよ」などと言っていたK先輩ですが、
2週後に晴れ舞台を控えたガッツと執念は違います。


4周目、K先輩はペースを上げる上げる。
私はスタミナ不足とふくらはぎ痛でついてゆけず。
抜きつ抜かれつをしていたのりのりさんも、
最後は置いていかれたようです。

K先輩の4周目は21分台でコースレコードだそうです。
なにしろ、ハーフのベストよりも速いペースだというのですから。

途中は吹雪にも遭いましたが、そこは美ジョガーの聖地・皇居。
シャンプーの匂いを漂わせながらぴょんぴょん走る若いお嬢さんたちに囲まれ、
おじさん二人は雪や寒さなどちっとも気にならなかったそうです。

お疲れさまでした。



練習後、K先輩にはイタリアンをご馳走になったうえ、お土産に
ドゥーパティスリーカフェ
ドゥーパティスリーカフェのケーキまで頂いてしまいました。
「ともともちゃんに」って。(ふたりに、ではないです。)
ううーん、そういうところがセクスィー部長。

濃厚なチョコレートケーキに、甘いシロップ漬けの栗が入った、
オトナな味でした。
どうもおおきに有難うございました。


東京マラソン、ふたりの雄姿を楽しみに、応援に行く予定です。

福島や仙台で暮らしていた時であれば、騒ぎもしなかったでしょうが。

ここは横浜、南部。大騒ぎだぁ。

大雪警報?

横浜市内は、大雪注意報が発令中。
どのように注意してよいか、正直、分からないぐらいに、何でもない。

チェーンを付けている車も走っていました。
しかも、金属製鎖状のチェーン。。うるさいだろうに。

どうやら、注意しすぎてしまったようです・・・


といっても、ともともは寒がり関西人。
何となく巣篭もりっぽい一日になりました。


おやつは、豊富です。

福島から、三万石のお菓子、エキソンパイとままどおるが届いていましたし。

大阪からは、桃林堂の小鯛焼を頂いていました。

おおきに。

小鯛焼き

あんこタップリです。

巷の鯛焼きよりも形がリアルでは?と思い、マダイと比べてみました。

似ていない

単なる暇つぶしです。。

あまりリアルだと、おいしそうでは、ない?


明日は東京マラソンで自己ベストを狙っているセクスィー部長似の先輩Kと、合同練習 at パレス。

寒いと愚図るともともも連れて行くつもり。


ところで、総アクセス数がもうすぐ1万を越えそうです。

まいどおおきに。
これからも、よろしゅう。

仕事が休みの水曜日、
朝日新聞の記事を見て気になっていた、
徳田八十吉
そごう美術館で開催中の『追悼 人間国宝 三代徳田八十吉展』に行ってきました。

皿やら壺やらにはあまり関心がなかったのですが、
これは見てよかった。

神秘的なそのグラデーションは、焼成時の窯の温度や時間をわずかに変えるだけで
がらっと違ったものに出来上がるのだそう。

万華鏡を見ていると模様の中に吸い込まれていくような気がする、あの感じ。
圧倒されて、クラクラしました。
2月13日まで。(滑り込みセーフでした。)



これまた昨日のことではありますが。
スズキさん、さようなら。
鱸のスープ
↑アサリ入り鱸のスープとお刺身の梅肉だれ。

レシピは、朝日放送の「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」
上沼さんが本当に美味しそうな顔の時は、本当に美味しい。
作ってみるとのりのりさんにも評判が良いこと、ほぼ100%。
これもそのひとつでした。




冬を甘くみていました。
もうすぐ春だな、という気分を吹き飛ばす寒さ。

朝は都心でも雪が舞っていたとか。


日曜日の激走、月曜日の爆釣の結果、身体は疲れていますが、
ランニングを連続3日休むことは、ランナー失格ですので。

嫌がるともともを連れて、3kmだけJOGしてきました。

アチコチ痛い。
僕には珍しく、中殿筋と前腿が痛い。
がんばったんだ、と実感。


こんな日は、食後に甘いミルクティでも頂くのがいい。
お茶菓子があれば、なおいい。


というわけで、JOG行くときに500円を握りしめ。
帰りにスーパーで大人買いしてしまった。

おやつ

一気に食べたらアカンよ。

次のホンキレースは、3月末のいたばしcity(旧荒川)。

食事制限→気持ちだけ減量は、1ヶ月前からにしましょう。今はよし。

鱸づくしの2日目です。

一品目は昆布じめ。
昆布じめ
塩を振って、皮には熱湯をかけてから剥き、
酒で湿らせた昆布にのせ、ラップをかけて冷蔵庫へ。

本来の甘さに昆布の旨みが加わって美味です。
お醤油なんてほんの少しでいいくらい味が濃い。
ねかせたのはほんの2時間弱。それでも十分。

二品目は、パリッとソテーに。
ソテー
うろこをしっかり取って、(台所中、ウロコでキラキラ)
小麦粉をはたいてオリーブオイルでこんがり。
最後に白ワインで香りづけ。
いや~、高級魚の味やわ~。

まだ明日も楽しめます。どうやって頂きましょう。


さて。
楽しみにしていた、湘南国際マラソンの写真が届きました。
のりのりさんとふたり並んで、まさに湘南の風になったようなカット。
ただ、残念なことがひとつ。

撮影場所は、30kmをはるかに過ぎてから。
最後のエネルギージェルをウェストポーチから取って、水で流し込んで・・・・・・。
役目の終わったウェストポーチに構う余裕、ありませんでした。

べろん
めっちゃだらしな~くTシャツがまくれ上がって、インナーが見えています。
あーあ。迂闊でした。
『朋あり遠方より来る』 by 論語

-友がいて遠路はるばる訪ねてくれる、これもまたうれしいことである。
 人が自分のことを知らなくても、全く気にならない。
 そのような人こそ君子というものである。


このブログに度々登場する仏国在住のアングラー、Sクン。
(のりのり釣り日記を参照)

一時帰国しましたので、本日はマンデー but ホリデー。


昨晩、雨によりバチ抜け釣行中止につき、
是が非でもシーバスを取りたい為、連日絶好調が続いているジギング船に乗りました。

新山下 渡辺

マンデーなのに、船内満員。

月曜なのに満員


女性2人組とか、若い女性(アベック)もいる。
もはや、オヤジだけの聖域では無くなっています。


最初の2時間は、ノーフィッシュ。
船内でも4,5本ぐらしか上がらず、嫌な空気が流れますが。

潮が効き出してから、船内にもポツポツ釣果が続いてきて。

まずは、Sクンにヒット!

Sクンヒット中

↑Sクン、ヒット!

毎度ですが、まずはSクンが釣れる。
僕が最初に連れたこと、たぶん一度も無い。なぜか。


周りの人も釣れ始め、ちょいと焦り始めた頃。

ちっちゃ

↑ふふーん ゲット! けど小っさ


かなりも群れらしく、小1時間釣れ続きました。


Sクンキャッチ

↑Sクン 良型キャッチ!


ポイントを大きく移動。

陽が傾きだし、潮もかなり効いてきた。
風も強くなり、かなり、かなりいい雰囲気。

上がりまで、30分ぐらいか。


こんなとき、時々、こんな事が起きます。

今日イチ 80cmオーバー

↑今日イチ!ビックワン


ヒットしたとき「デカイ!」と思ったけど、
直前に「タモお願いしまーす」と大騒ぎした挙句が、
40cmのスレだったので、おとなしくファイトしたら、こんなん。

適当に測定した感じでは、80cmオーバー。
モンスターでした。

その10分後、納竿。間に合った。。


お土産に小さなサイズを3本だけ持って帰りました。

ともともとまんまんちゃんしたあと。

頭を落とす

↑頭を、ブスン!

口から食事中だったベイトを吐き出した!

ベイトを吐き出し

↑お食事中だったのね


去年秋のハゼを捌いてから度胸がついたのか、昔の僕では、ない。
骨を断ち、腹を割き。

男らしい、夫。妻、惚れ惚れ。


その後も、包丁は走る、走る。
ほとんど初めての3枚おろし手順。

走る包丁

↑こんな感じでない?


奇跡が起きました。

3枚おろし

↑3枚おろし 完了


残り2枚も、サクサク処理。
どうして、こんなに手際がいいのか。まるで別人。


1匹分を頂きました。

船上で教えてもらったように、皮側に熱湯をかけてお刺身に。

湯引き刺身

臭みもなく、甘くて歯ごたえが良く、美味。


塩焼きもしてみました。

塩焼き

ふんわりして、やはり甘みが強く、これまた美味。


船上でしっかりと血抜きをしたこと、
冬なので保冷が容易なのが、良かったのかとても美味しいシーバスでした。


Sクン、楽しんでもらえましたかね?
第33回神奈川マラソン ハーフの部に参加してきました。
神奈川マラソン

会場が家から近いうえにスタートは11時30分なので、
普段よりのんびりした朝です。
おかげで緊張感もなく。

磯子にある日清オイリオの工場が会場。
キャノーラ油
参加賞も日清の「キャノーラ油」でした。
使える参加賞って嬉しいですね。

暖かくて薄曇り、ほぼ無風。
コースはフラットで走りやすい。
これで記録が更新できなければショックなくらいの最高のコンディション。


以下、私の時計で5kmごとのラップです。

1km - 5km    22'34
5km - 10km   21'50
10km - 15km   22'19
15km - 20km   22'42
20km - ラスト   4'48


大学生の部には箱根駅伝に出るような選手も参加していて、
折り返しで彼らの走りが見られました。格好いい~。

それにしても一般参加者の、マナーのなっていない人も多いですね。
スタートラインは目標タイム順でしたが、
自分のタイムよりずいぶん速いところに並ぶ人が多過ぎです。

それなりの速さで走ってくれるなら構いませんが、
キロ4分台前半で走る群れの中を、
5分くらいじゃないの??というスピードで走るものだから邪魔だし危ないのです。
本人にしたって、スタートから何百人に抜かれまくるのだから
気分良くないだろうに。

私はというと、10kmまでは程よいペースメーカーを見つけて快走でしたが、
13kmを過ぎたあたりから左のハムの張りが出てきて脚がちっとも前に出ず、
久しぶりに腕振りの推進力に頼る走りになってしまいました。

けれどタイムは、1時間34分16秒!
ハーフの記録更新です。
10km以降先行したのりのりさんは14秒ほど速い記録。
お見事!


今日のレース後のご褒美は、昨日から決めていました。
ご褒美
駅前のミスタードーナツ。
店内はランナーでいっぱいでした。
みんな同じ気持ちですね。

週末は例外なくアイロン掛けをやります。

その週に着た洗濯後のYシャツばかりでなく、
スーツパンツは、ハンカチを載せてシワを丁寧に伸ばし。

ジャケットはブラシをして、背中のシワにスチームを当て、
ハンカチも当然、アイロンがけをします。

忙しいときは、稀にクリーニング店に持ち込みますが、
有機洗剤でバリバリになったYシャツが嫌いなため、極力避けます。

アイロンは妻の仕事

とお考えの殿方、まずはやってみましょう。


シワが伸びると、単純に気持ちがいいです。

さらに、色々な効果があります。

スーツを自ら点検すると、色々なことにも気がつきます。
ボタンが取れそうになっていたり、パンツにシミが付いていたり。

昼に麺モノを食べることが多いのですが、
最近は食べシミを付けたくないので、
膝にハンカチを置いて食べるようになりました。


また、ハンカチを自らアイロンすることで、
ハンカチを携帯する習慣が付きます。

トイレで見ていると、ハンカチを持たない殿方は、意外と多い。

最悪なのは、洗わない人。
深夜酔客が多い駅のトイレは、8割は.....

同時刻の電車内の吊り革は、ご察しの通り。
掴まない方がいい。

次に悪いのが、髪の毛を触って乾かす人。
ボウズの僕には不可能。


そんなこんなで、本日も5日分、約1時間半で完了。

アイロン屋さん

パリッとしました。



明日は神奈川マラソンでハーフを走ります。

僕の体調は、二日酔い以外、まずまず。
ともともは、背中の違和感が取れず。


気楽に最初から突っ込んで、潰れないように粘ってきます。
2011.02.04 豆とすっぽん

帰宅の電車の中で、聞こえてきた会話です。

 「昨日、恵方巻き食べたの?」
 「ご飯のあとに、ロールケーキで食べたことにした。
  ウチの子たち、恵方巻きはロールケーキと思ってるかも。」

・・・・・・はあ?
そんな無理やりな恵方巻きって、する意味あるのですかぁ?

私が子供の頃の実家では(結構大きくなってからも)
祖母が作った巻き寿司が切られて出てきていました。

ヨソのうちでやっているという「丸かぶり」が楽しそうで、
それに、正しく丸かぶりをした方が縁起が良さそうで、
「なんで丸かぶりせえへんの?」とおかんに聞くと
「そんなん、行儀悪いわ。」

ま、確かに。
子供には一本は多いですしね。
そもそも寿司屋さんだか海苔屋さんだかの販促活動だというし。
バレンタインのチョコレートみたいなものですね。

ちなみに、昨夜の我が家の夕食はふつうの白いご飯。
鰯は焼かずに生姜煮で。
豆は大豆でなく
でん六豆
でん六豆。うまー。


今日はひとり晩ご飯です。

昨日のビルドアップ走では、湘南の疲労がまだまだ抜けていないことを実感。
少しでも疲労回復に効きそうな
すっぽん!
足柄のすっぽんスープ。卵を溶いて、ねぎをどばーっと。
温まります。


2011.02.03 再始動
再始動です。

日曜日、神奈川マラソンでハーフを走ります。

今シーズン、残るハーフは三浦国際のみ。
三浦はアップダウンが多く、僕は東京の1週後なので、たぶんヘロヘロ。


したがって。
是が非でも、神奈川で自己ベスト(1時間36分、10'よこすか)を更新したい。


1時間34分台、目標。

というわけで、本日久しぶりにビルドアップをしてきました。

変則 3km×3で 15'00"→13'47"→13'21"

まだまだ疲労が残っています。。
特にともともは肩甲骨痛で、スピードダウン。

日曜日まで十分休養しましょうか。



本日、外出途中にちょっとコーヒータイム。

はちみつコーヒー

前から気になっていた、オープンテラス席。
ストーブ無しで、ひざ掛けだけ十分なほど、ポカポカでした。

明日は立春。

草花は、いよいよ春めいてきました。
2011.02.02 筒茶碗

もうすぐ立春ですが、まだまだカイロが手放せません。
そんな寒い日のお茶のお稽古は、
やはり寒い時期限定の「筒茶碗」というお点前でした。

お茶が冷めにくいように、筒状の深いお茶碗を使います。

お茶碗を温める時間が長かったり、
茶巾(茶碗を拭う小さい布巾のようなもの)の扱いが違ったり。
去年も確か教えて頂いたのですが、
まあきれいさっぱり!忘れていました。
口の狭いお茶碗なので、お湯を注ぐのも茶筅を振るのもいつもより難しい。
でも、季節感があって楽しいです。
お茶も確かに温かいままで、美味しく頂けました。


帰り道、花屋さんの店先にチューリップの並んでいるのが鮮やかで
買ってきました。

チューリップ ちゅーりっぷ
シンプルな形とピンと伸びた茎が若々しい感じがして、いかにも、春。

もうひとつ、花束も。
こちらのピンクの花は
きんぎょ草
「きんぎょ草」というのだそうです。
形が似ている。と言われれば、似ている、かなあ。
満開になるのが楽しみです。

2011.02.01 疲労抜けず
アップダウンの多いコースをJOGしてきましたが、
まだ疲労が抜け切れていないですねえ。

特に、股関節がガッチガッチ。
稼動域が狭く、無理に動かすと痛みが出ます。

十分にストレッチしました。
ともとももほとんど同じ症状です。

今週末の神奈川マラソンまで良くなるといいけど。



それより、我が家の人気番組「ニュースウォッチ9」の布陣が変わるようです。

ニュース記事

やはり、井上あさひだったか、とふたりで納得。
お茶の水出身の才女。女性にも好感が持たれるタイプ。


現在務める青山キャスター。
結婚報道当日、注目していたオープニングで
大越キャスターの『直球勝負』には度肝を抜かれました。

『今日は素敵な女性の笑顔からお届けしましょう』発言

驚いたのなんのって。我が家では話題騒然でした。

大越さんはちょっとやりすぎたようで、NHKの偉い人に怒られたとか。


ついでですが、我が家の人気番組ブラタモリの久保田祐佳は、
NHKきってのバラエティ向きですな。


ままどおる

実家から送ってくれました。

最近、夕食後に甘めのチャイを楽しんでいますから、その時に。
甘いものを食べられる幸せ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。