上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊豆大島慰安旅行の最終日。

時間に追われない日常、何もすることが無い贅沢。

目覚めてからすぐに温泉に浸かり、朝食をいただきます。
素朴な料理ですが、どれも美味しいのです。
特に予定がないから、食べ急ぐこともないし。

朝食


10時にチェックアウトし、元町港までバスで送迎してもらった。

元町港付近には、猫さんが多い。しかも、人に慣れているご様子。

ヒマなもん同士、交流を深めてみた。

猫さん1 猫さん2
猫さん3 猫さん4



久里浜へ帰るフェリーは14:20発なので、それまで御神火温泉 愛ランドセンターに荷物を預けて、
かつては高橋尚子が練習したというサンセットパームラインという遊歩道を走ることにしました。





御神火温泉出発

時々強い風が吹くも、日差しがありジョギング日和。
行きは、左手に伊豆半島が見えます。
軽いアップダウンがあり、とても気持ちがいいコースです。

サンセットパーム1

信じられないですが、ダイビングをやっている人がたくさん。
みんな楽しそうです。

ダイビング
↑潜っている人たち

野田浜、というところで折り返し。
御神火温泉からちょうど5kmです。

野田浜

折り返し後は、追い風+直射日光で汗が噴出してきました。

奥には昨日上った三原山の雄姿がきれいに見えます。

走る夫
↑走っているのは僕


そういえば、今年と来年、と区切れば、これが今年ラストランでした。
今年もたくさん走りましたね。

走り納め写真


僕もともともも昨日の疲労は残っていましたが、今年ラストランを存分に楽しみました。


お風呂でサッパリした後は、休憩室で昼食をいただきました。

五目ラーメン 明日葉チャーハン

五目ラーメン+明日葉(あしたば)チャーハン

妻は別にラーメンを注文しています。
10kmランとは不相応なカロリーではあります。。


その後、昨日の昼ご飯を買いに来たスーパーに立ち寄り、お土産を買い込みました。

①島のり・・・昨日の昼に、多くの人(たぶん故郷に帰省していた)が買い込むのを目撃。
②明日葉ふりかけ・・・明日葉は大島の名産
海の精のお塩 高級ねえ

島海苔 

④海の精のペッパーソルト
海の精

⑤大島牛乳・・・朝食で出されましたが、甘くておいしかった。ミルクティーを楽しむのです。

大島牛乳


午後4時過ぎには自宅に到着しました。

とても遠い感じがするのは、こっちとはリズムが違うからでしょう。
とても良い場所でした。真のパワースポットでした。

ココロとカラダが癒されたぁ。良かった。

妻も島が気に入った様子。次はおそらくですが、八丈島辺りではないかねえ。


今年もあとわずかです。

全体的には辛い年でした。故郷の福島は多いに悩みました。

少しでも良くなればいいですね。



スポンサーサイト

6時半にぱちっと目が覚め、そのまま朝風呂へ。
そしてホカホカの身体で、朝ごはん。
温泉宿って贅沢ですねー。
mihara1
山盛りのごはんは、半分のりのりさんに。
のりのりさんはさらにお代わりをしていたから、
都合2杯半のどんぶり飯でしたね。

そんなに食べてどうするのかというと、
今日は伊豆大島夫婦慰安旅行のメインイベントがあります。
いつもの、アレ。
mihara2

大島といえば三原山でしょう。
山といえば、ハイキングではなくて、ラン。

mihara3
一般的には、バスとかレンタカーでスイスイと行く道ですが。

ホテル椿園は坂の途中にあるので、
ウォーミングアップなし、いきなり上り坂。
最初っからふくらはぎに乳酸が溜まります。

いつもの足柄峠走だと身体が温まってくれば
上りスイッチが入るのですが、
今日はいつまで経ってもエンジンかからず。
のりのりさんは調子良さそうです。

それでも結構な勾配(6%?)なので
一気に高いところまで来ました。
mihara17

あと少し、あと少し。
でもズルっこして少し歩いてしまいました。
のりのりさんはやっぱり快調。
最近毎朝のように走っているコースに坂があるのが効いているみたい。

mihara18
山頂口に着きましたー!
「口」ですけどね。ここから「お鉢めぐり」スタート。

まだ誰もいない何軒かのお茶屋を通り過ぎ、再び走り始めた時、
見えてきました!
mihara4
なんという景色。
山肌の黒い筋は、溶岩の流れた跡です。
これぞ、パワースポット。
しかもこの景色を現在ひとり、いえ、ふたり占め。

mihara5
↑大地のパワーを感じながら。

ススキに隠れていますが、一面大地は
mihara16
こんな溶岩に覆われています。
ゴジラも復活するって。

所々にあるこれは
mihara6
避難用シェルターだそうです。
ここでジッとしているのは恐ろしそうです。


mihara8
360度、「地球のはじまり」みたいな風景が続きます。

mihara10 mihara9
途中からは道も未舗装になり、ゴロゴロする石に脚の疲労もピーク。

そうは言っても風も冷たく、走っていないと冷えてしまいます。
歩き走りのようなペースですが先へ先へと進むと、


出たー!火山の噴火口です。
mihara15 mihara14
火口、初めて見ます。わー、やっぱり迫力。
立ち上る湯気にも大地のエネルギーを感じます。

火口でも、いつものアレ。
mihara11

止まると寒いので、再びじゃりじゃり走ります。
一周は、あっという間でした。

幾度もの噴火にものまれなかったという御神火さま。
mihara7


mihara12
「お参りして行くか」とのりのりさん。

mihara13
「これで初詣も済ませたことにしようっと」って。
それはどうでしょう。お賽銭も入れてないし。

あとは、来た道をひたすら下ります。
上りはやっとの思いでたどり着いたのに、下りはあっけないほど。
いつものことですが。
ただ、今日はやっぱり下っていても丹田に力が入らない感じ。
キロ5分を切るのがやっと。

のりのりさんは最後まで絶好調で(河口湖での峠走と逆パターン)
走り足りないくらいだからと言って、
宿を素通りして街中まで下り、
お昼ごはんを調達してきてくれました。
お世話かけますね。

私のガーミンで、17.5km、2時間05分、歩きも含む。

のりのりさんは、この何もないスローな大島が
かなり気に入ったようなので、
また来る事がりそう。
もちろん、三原山ラン、再挑戦してみたいと思います。

この後のお風呂と食事は、言うまでもなく最高のご褒美でした。
さて、明日は何をしましょうかね。


今年一年の慰安旅行として、伊豆大島に来ています。

自宅から横浜横須賀道路をかっ飛ばし、久里浜港に到着しました。

久里浜港

レストランで朝ごはんを食べ、少しおしゃべりしていると大島行き乗客の集合を促す館内放送が。
係員を先頭に20人ほどの乗客がゾロゾロと着いていく。

金谷港までの東京フェリー乗り場とは違う桟橋に徒歩で移動。

桟橋に移動

5分ほど待つと虹色の高速フェリーが来た。機動力があり、キビキビ動きます。

フェリー到着 フェリー到着2

フェリーには既に多くの乗客が乗っていました。
東京の竹芝桟橋から乗り込んできた人たちかな。

フェリー内


最高時速80kmの高速フェリーは、船体を浮上して走るので波・うねりによる揺れがほとんど無いです。
あまりに快適なので、出港後すぐにご就寝。


気がつくと目の前にはゴツゴツした島が見えた。伊豆大島到着。

気候により到着する港が使い分けているようです。今回は岡田港。
フェリー到着に合わせて、タクシーや送迎の人で賑わっています。

敢えてホテルの送迎を断っていたので、外国旅行の時と同様、人の波に流されて移動。

岡田港

妻は外国旅行と同じバックパック。実は僕もバックパック。

あんこ」さんがいたので、写真を撮らせてもらいました。

あん娘さん

昼間で時間があるので、島内イチの繁華街「元町港」に路瀬バスで移動しました。

元町港到着。バスの車窓から眺めて気がついてはいましたが、何も無い島です。
当然、島内イチの繁華街も・・・・

元町港 元町港1

何もなく、スローな場所です。とてもよろしい。
猫さんも道路を悠々と渡り、我々の目前を悠々と過ぎる。

猫さん1 猫さん2

付近をウロウロしながら、食事場所を探す事にしましたが、
すぐに無駄な行動であることに気がつきました。

結局、お母さんが一人で切り盛りする中華屋で地元の人に混じりながら頂きました。
島の人は観光客の僕たちに優しく、気軽に話しかけてきます。まるで外国のようだ。


ホテルまで歩いてみる事にしました。
何も無い、誰もいない道をおしゃべりしながら。
今日は風もなく、気温も高いので気持ちが良かったです。

椿園ホテルへ

15分ほどでホテル椿園に到着。

ホテル到着

時間前でしたが、チェックインさせてくれました。
部屋は広々で小奇麗にしてありました。少しだけタバコ臭かったけどね。

室内

太陽光で暖まった部屋でゴロリとして読書をしていたら再び就寝。
妻も途中から眠っていた模様。

既に時刻は4時過ぎで、外はサンセットタイム。風も強くなってきたようだ。

寝起き+寒さに嫌がる妻を鼓舞し、ジョギングに誘いました。
強く・冷たくなった風にひるむ妻、支える夫。

寒がり妻

サンセットは美しいです。

夕日1 夕日2

7kmほどジョギングしました。さすがに寒かったです。。

冷たくなった身体で大浴場に直行。お風呂嫌いですが、これはいいねえ、気持ちよか。


晩御飯は素朴でしたが、どれも美味しかったです。

晩御飯1 晩御飯2

これは何?謎の貝。

しったか

宿の方によると「しったか」というとか。
どうやら、正しくは「バテイラ」というらしいです。

上げ膳・据え膳でご馳走様。
妻によると「晩御飯メニューを考えなくてもいい」ことも有難いらしい。盲点でした。


2泊するので、ノンビリできそうです。明日はガッチリ走りますよ。
2011.12.28 つつがなく

のりのりさん、復活です。

今朝も夜明け前からジョギングに出掛け、
朝食も、ダウン前と同じ内容・量に戻りました。
やりたい放題
モッフルにバニラアイス+小豆、さらにこの上にきなこをまぶすという、
やりたい放題の朝食です。
おとといなんておかゆ(大阪でいう、「おかいさん」)だったのに。


さて、今年もつつがなく仕事納めです。
震災の影響をまだまだ受ける職場ですが、とりあえずは、納まりました。
のりのりさんも今日が仕事収め、そして最後の忘年会。

明日からお出掛けの予定があるので
(そのために大掃除も前倒しで終えたのです)
体調が回復して本当に良かったです。

その、お出掛け。
温泉に入ったり、散策したり、ヘッドスパなんて受けたり、
あとは本でも読んでのんびりするか、と話していたはずなのですが、
最近のりのりさんは
「ねえねえ、年末の合宿さあ」と言うんですよねえ。
いつの間にか夏の河口湖合宿みたいな位置付けになってるのでしょうか?
ガッツリ、走り納めることになりそうです。



一昨日の夜、つまり、クリスマス休暇が終わろうとする夜のこと。

身体がだるく、気力が湧いてこない、寒気がする。
体温計の測定では37℃。微熱アリ。

夕方にジョギングに出かけるときのイヤな予感が的中してしまった。
止めとけば良かった。

身体を温めて、早めに就寝するも、深夜に悪化。
嘔吐を繰り返す辛く長い夜でした。


翌日は何とか出社しましたが、午後に病状が悪化したので内科で受診。

8月末に受診したとき「軽い肺炎」と少し喜びながら話していた先生、今回は症状が軽いのであまり興味なさそう。
うがいと水分補給を欠かさぬように、と指導され薬を処方されただけ。

実際、今日になって回復し、ほとんど自覚症状が無くなりました。


2日間、食べ物も満足に食べられなかったので、晩御飯はおいしかった。。
食後は、味噌になったリンゴを使ったパンケーキを頂きました。
お供はもちろん、スパイス入りミルクティー、チャイ。

リンゴのパンケーキ

クリスマス休暇は、遊んでばかりだったのに、どうして風邪を引いてしまったのか・・
普段からマスクを着用して気をつけていたのに。
カラオケのマイクで感染した、というのは妻の推理。

レースを控えたランナーにとって、発熱を伴う風邪は、タブーだとか。
幸い、2日間の休養で完治したので、明日からランニング再開できそうですが、
東京マラソンへの影響が気になります。


明日は仕事納め。
朝から事務所の机廻りの大掃除をして、午後は宴会か??
昨日、第2回インターバル走を実施しました。
クリスマス・イヴの夕暮れ、競技場に人などいないだろうと思ったら
高校の陸上部が熱心に練習していました。

部活がひと段落するのを待って、私たちも本練習。

設定は前回と同じ、

2000M×3、タイムは8分35秒(1周約103秒が目安)、
レストは800Mを7分で。

インターバル1  インターバル2

写真では立派な走りに見えますが、結果は。

<1本目>以下、1周(400m)ごと

と:97/102/103/103/103 →8'28
の:91/97/98/101/100 →8'07


<2本目>
と:100/104/104/102/103  →8'33
の:95/100/101/101/101 →8'18

<3本目>
と:100/104/104/104/102  →8'34
の:97/99/99/101/99 →8'15


あれ、ビルドダウンしてしまっています。
前日16km走ったしね。
前回と違って第3レーンを走った分(前回は第2レーン)、距離も長いはずだし。

午前中は
大掃除1  大掃除2
大掃除もして、動き回ったしね。
と、言い訳したい気持ちはあるのですが。うーん。

ただ、前回が(2000mごとで)

と:8'49 - 8'39 - 8'29  
(の:8'20 - 8'17 - 8'09)

だったことを思えば、入りのペースは良かったし、設定に近づけました。
あと、3周目、4周目、5周目と辛くなっていくのに対して
ペースを落とさず粘れたのも『よく出来ました』をあげていいかも。
でも、もう少し、伸びるはず。そう思って続けましょう。


そして、この後に沖縄料理→カラオケと夫婦で夜遊びをし、
今日は「重ね練習せねば!」とイヤイヤ走りに出たら。
のりのりさん、軽く発熱してしまいました。
年の瀬なのに。明日はよくなっていますように。


2011.12.24 我が家のイブ
こんばんわ。酔っ払っています。

午前中は、大掃除。
午後はトラックでインターバルトレーニング。

詳細は省略。勝手に想像してください。


夕方、バスで妻とふたり、駅前に繰り出しました。沖縄料理屋にイン。

オリオンビール

オリオンビールで乾杯し。

鰹のしおから サラダ 軟骨から揚げ 

何かの塩辛(珍味) サラダ  軟骨から揚げ


お酒は泡盛へ・・

泡盛 宮の華 泡盛 宮の鶴

沖縄の離島泡盛。風味が豊か、度数強め。


走ってきたのでどんどん食べます。

チキナーチャンプルー 豆腐ステーキ 特製ソース

ウチナーチャンプルー 豆腐ステーキ沖縄風ソース


泡盛を追加し。
残波

まだまだ食べます。

沖縄風のチヂミ ミミガー入りの煮たもの

沖縄風のチヂミ  ミミガーのピリ辛煮


まだまだ。

ソーミンチャンプルー

ソーミンチャンプルー


酔っ払った妻は、駅前を過ぎるカップルたちを見ては、大騒ぎ。
今日は特別に多かった。イブだしね。

妻


遊び足りないから、カラオケに行ってみた。

大人は懐メロ歌って。

赤いスイトピー

赤いスイトピー、とか

M

M、とか。

異邦人

異邦人、とか。


大騒ぎして、タクシー帰宅。楽しかった。


明日は何しようかね。楽しい年の瀬です。
モッフルのその後です。

今朝早速、焼いてみました。
朝起きたらまずスイッチONにして予熱、約5~6分。
その間にお茶を入れたり、トッピングの準備をしたり。
予熱完了の緑ランプが点灯したら、お餅をのせます。

市販の切り餅(約70g)で焼き上がりまで5~6分、と
説明書に書いてありました。
我が家のお餅は少し大きめなので6分ほど焼きます。

難点を挙げるならこのモッフルメーカー、
タイマーが付いていないことでしょうか。
トースターなら「チン!!」と教えてくれますが
オフボタンを自分で押さなくてはならないので、
別にキッチンタイマーをセットしておかなければなりません。

とは言っても、普通にお餅を焼くときのように
トースターの前に張り付いて、
膨らんだ瞬間にそれ~!と急いで取り出したりしなくていいのは楽チン。

ほんのり、お餅の焼ける匂いがしてきて、タイマーが6分を知らせます。

ドキドキしながら見てみると、
モッフル出来上がり
おおー、この凸凹は確かにワッフル。

冷凍庫に長らく寝かせていたお餅、トースターで焼くと
水分が出てきて粘ってひっついて大変でした。
モッフルは外側がカリッとして粘らないので、菜箸で取り出すのもラクラク。

今日はまずお味見ということで、
いつものお餅のお供、チーズ+海苔+醤油、砂糖醤油で食べてみました。

宣伝どおり、カリ、フワ、モチッ。
これは美味しい。新しい。

ねば~っとせず、お箸や指先でサクっと千切れるので
喉詰め防止に小さくして食べるのにもいいのでは。

食べる前から、そして食べた後にも
「あんこが合うと思う」とのりのりさんが繰り返し言うので、
ただ今小豆を煮ているところです。
明日の朝ごはん(朝おやつ?)、楽しみですね。
バリエーションもいろいろ試してみたいです。
モッフルメーカー、価格comで調べて送料込み2,000円、良い買い物でした。


さて、のりのりさん。
小豆をリクエストしているばかりではありません。
今日は午前中は仕事に、そして
noel
ケーキを買ってきてくれましたー。

12月に入ってからの浮き足立ったクリスマス騒ぎに、
ふん、薄っぺらいコマーシャリズムに乗せられて、とかなんとか
言い続けてきましたが、ケーキは別。

noel-2
オレンジの香りがふんわり。大人なケーキやわー。

こんなに食べていいのでしょうかねえ。
もちろん、ケーキの分だけしっかり、走ってきましたとも。


2011.12.22 冬至
年末に仕事が忙しいのは久しぶりです。
頼む側は「年内まで」、頼まれる側は「年明けで良いですか」とやりあう。
僕も例外じゃありませんが。

今のところ、正月休みを全て返上しなければならない仕事もなさそうです。
しかし、もしかすると一日だけ出勤になる可能性あり。客次第。
まあ、一日ぐらい何とかするしかないですが。

仕事はそんな感じですが、早朝ランニングは続いています。
平日は4日走っています。

ワンパターンに陥らないよう、体調を考慮しながら、距離やコース等に変化を付けています。
階段を駆け上ったり、坂道が多いコースだったり。

元々、朝は苦手じゃ無かったけど、さらに慣れてきたようで、
近頃は、二日酔いの日を除いては、起きるのが苦じゃ無くなりました。

今週はひと際寒い日が続いています。
ランニング前に見ると、玄関の外に置いている気温計は2℃~4℃。
寒いですが、坂道を走ってくると、汗が出てポカポカしてきます。

走っている間に夜が明けてきます。
澄んだ青空と、真っ赤な水平線のコントラストはいつ見てもきれいです。


ランニング後、シャワーを浴びて朝食をいただくわけですが、
近頃はパンではなく、お餅を食べています。
頂き物の在庫量が多いため、当分続きそうです。


そこで、こんなものを買ってみました。


モフル2 モフル1

モッフルメーカー

モッフルは餅+ワッフルの造語です、きっと。 → 


明日も出勤ですが、モッフルが楽しみです。
アンコ+生クリームなどが合いそうですね。いずれ試してみよう。


重複になりますが、昨日のインターバルの結果を
のりのりさんと比較して書いてみたいと思います。

◆設定:2000m×3本、タイムは8分35秒(1周約103秒を目安に。) レストは800mを7分。

<1本目>
以下1周(400m)ごと
106"/107"/105"/105"/106" →8分49秒   

(のりのさん)
96"/101"/100"/101"/102" →8分20秒

<2本目>
103"/104"/105"/104"/103" →8分39秒

(のりのりさん)
94"/101"/101"/102"/99" →8分17秒

<3本目>
98"/104"/103"/102"/102" →8分29秒

(のりのりさん)
93"/98"/99"/99"/100" →8分09秒


ううーん、のりのりさん、キレてる。
私はというと、河口湖から2週間以上たっぷり休んで
水曜日にポイント練習(スピード持久力)を再開、
「体、軽!」と思っていたのですが。
ビルドアップ出来ているからヨシとするか・・・・・・。


今日、ランニング手帳を見直したら、
先々週は30kmも走っていないのに、
先週は(インターバル含めて)60km以上走っていました。
ムラがありすぎたのかも?バランスは大事ですねー。

インターバルの結果は、明日、この方法を教えてくれたランナーの方に報告して
講評頂かなくては。

そう、明日は女子だけの忘年会、いわゆる、「女子会」です!
「女子」の言葉に、のりのりさんはモノ言いたげですが。何かぁ?

本日の一品。
毎度
連チャンで走った時の定番メニュー、レバー。
最近はウスターソース煮が定番中の定番です。

2011.12.18 インターバル
実業団女子駅伝をTV観戦したあと、トラックインターバルをしてきました。

最近、朝ランばかりでしたから、久しぶりのスピード練習です。

この陸上競技場は、専用利用が無いときには、個人利用できます。
80円/人、驚きのプライス。

日が傾いた日曜日の競技場には、誰も居なかった。
貸切、160円也。

到着


今日のメニューは、練習会で知り合った女子国際ランナーから教えてもらったモノ。

 2000m×3 → 1000mT.T

インターバルのレストは800m(7分)。
インターバル終了からT.Tは、7分。

気になる設定タイムは、8分35秒前後としてみました。

充分にアップしたあと、早速スタート。
ふたりで並んで走ると、気になってしまうから、ちょっと離れて走ってみました。


<1本目>
1周(400m)ごと
96"/101"/100"/101"/102" → 計2000m=500"=8分20秒

<2本目>
94"/101"/101"/102"/99" → 497"=8分17秒

<3本目>
93"/98"/99"/99"/100" → 489"=8分09秒

7分休憩のあと

<1000mT.T>
3分50秒


この頃、早朝ばかり走っていたので、日中走れるのは気分がいい。
トラックは走りに集中できるうえ、貸切だったので良いペースで走れました。

一方の妻、ともとも。
思うようにペースが上がらなかったようです。

ラスト!

ラストの1000mは、4分ちょうど。

河口湖のときに比べると、体重が1kgほど増したとか。
渋井陽子のようにならないよう、気をつけているようですが・・

板橋cityまでは時間があるから、年末・年始ぐらいは食べたいものを食べましょうね。


ちょっとドタバタした土曜日でした。
所要を済ませての帰り道、のりのりさんが
「前から気になっていた」と言って、とあるお店に立ち寄りました。

私は全く気付いていませんでしたが、
よく通る道沿いに餃子の工場直売店があったようです。

その名も「好(ハオ)」   お店のブログ→

うちで食べる餃子は、のりのりさんが子供の頃から食べていたというものを、
福島から冷凍便で送ってもらっています。
ちなみに中華屋さんではなくて魚屋さんが作っているとか。

魚屋さんの餃子を切らしている時に、市販のチルド製品も買ったことがありますが、
どうも物足りない。
具はともかく、皮が全然違うのです。

「好」、店内は商品が並んでいるだけで殺風景ですが、
奥にはガラス張りの工場(調理場?)、明るくて清潔感があります。

カゴいっぱい買って宅配便で送っている人もいましたが、
私たちが買ったのは
hao1
まずお味見程度に餃子と焼売、そして蒸しパン。


餃子はさっそく夕食のおかずになりました。
hao2 hao3
餃子を焼くのはのりのりさんです。
お上手。焼き目パリッ。

味も見た目以上でした。
ムチっとしていて、粉の甘みがあってでも粉臭くなくて。
齧ると肉汁が、ジュワーでなくて、ピューっと。
具も、薬味が強すぎることもなくてバランスが良いです。好吃(ハオチー)でした。
書いていたらお腹がまた空いてきました。
焼売も期待大です。


今日は金曜日です。

今週も忘年会が1件ありましたが、今晩は予定も無いのでおとなしく帰宅しました。

待っていたのは、妻の手料理。
ちょっとエキゾチックな香りがすると思ったら。

チャパティとマッシュルームカレー

チャパティとマッシュルームカレー

チャパティとは、インドなどで食べられるパンです。
かつてインド・ネパール旅行をしたとき、食べた気がする。
具が入っていたような・・

中東のホブスにも似ています。
パサパサした印象ばかり残っていますが。


さて、我が家のチャパティはというと、硬い。せんべいのように。
たぶん、生地が厚過ぎたのでしょうか。
とにかく、硬い。

一方、マッシュルームカレーはおいしかったです。
身体が温まりました。


年末・年始は思った以上に休みが取れそうです。7連休。
前から分かっていたら、海外旅行に行くべきでした。

もしかして・・と思い、航空券を調べてみましたが、安いチケットは当然SOLD OUT。
出発・到着日が2、3日ずれると半額だったりして。
そりゃそうだよね。


せめて、旅行に思いを馳せるつもりで、
某企業のカレンダーに付属していた世界遺産マップをトイレに張りました。

世界遺産マップ

よく出来た地図です。
しばらくは楽しめそうです。
すっかりご無沙汰していた日産回廊水曜練習会に参加してきました。

久しぶりに会う人たちから
「自己ベスト更新おめでとう」と声をかけて貰いましたが、
自己ベスト更新の朗報は私だけでなく、あちらこちらから。

特に男性の2時間42分切りや女性の3時間15分切りという、
市民ランナーとっての憧れのタイム突破は、本当に喜ばしく、
そしてまた刺激にもなります。

 ※男性2時間42分切り→福岡国際マラソンBグループ参加資格。
 ※女性3時間15分切り→大阪国際女子、名古屋ウィメンズ・エリートの部参加資格。

アップジョグ3周の後、本練習ですが、この日の回廊2階は
翌日のサッカー(FIFAクラブW杯ジャパン)の準備で人も車も出入りが激しく
集団がスピードを上げて走るのは危険との判断から1階へ移動となりました。


1周の距離は2階より10m程短く約940mとのこと。
道幅も狭くて暗いので、走っていると通路の前方に吸い込まれていくようですが
その分集中して走れる、という気もします。

4'15~4'20/周(4'31~4'36/km)×14周のBクラスに参加。

河口湖マラソン以降、このペースでの練習は初めてです。
横浜マラソンでは後半疲れてしまったし、
最後までついていけるかと思いましたが、
脚も呼吸も調子は悪くない。休養十分なのを感じました。


12周まで1周ごとのラップは、

4'04 4'22 4'15 4'14 4'19 4'14 4'18 4'12 4'13 4'13 4'14 4'08

(それぞれ、4'19 4'38 4'31 4'30 4'35 4'30 4'34 4'28 4'29 4'29 4'30 4'15/km)

ラスト2周は各自フリーペースで。3'51 3'51 (4'05 4'05/km)

   TOTAL 14周(13.16km) 58'34 (av 4'27/km) 平均心拍167bpm

ラスト2周はもっと追い込めてもいいですが、それはまあボチボチと。

ペーサーを務めて下さった男性はベストが3時間20分ほどで、
次の東京マラソンで3時間15分を切りたい、とのこと。
おおー、ほとんど同じ状況、と思いましたが、最後のフリー走ではついて行けず。
もうひと方、ラストまでほぼ同じペースで走り終えた女性、
彼女は全体練習の前に既にアップというよりペース走?と思う速さで
何周も走っていたのを見掛けていました。
何につけても刺激になる、回廊水曜練習会です。

ちなみに、のりのりさんは忘年会のため参加できずでした。
こんなレポート見たら、練習熱がメラメラ上がってしまうかも。


本日の晩ごはん、
小松菜
小松菜の麻婆風。
野菜をわっさり食べたくて、一束まるまる使いました。




今月の10日から、朝日新聞の連載「孤族の国」の第4部が始まっています。

ふたりで朝食を食べながら読んでおります。


第4部のテーマは ”女たち”全5回。

第1回・・・高齢独居
第2回・・・夫と死別した女性の話

そして、第3回の今朝のテーマは、シングルマザー。

 孤族の国 ツイッター


どの記事も・・・とても考えされられます。非常に重いテーマです。


年代、性別、職業、何事に問わず、孤独はとても辛いのです。

孤独に加えて、低収入、子育て・・・

こうした女性が増えているそうです。


この連載「孤族の国」は、震災前から始まり、毎シリーズよく考えられています。
取材班がツイッターも開設しています。

 @asahi_kozoku

わが身を置き換え、謙虚に暮らそう。
土曜日はバレエ鑑賞の前に、

歴史2 歴史1
神奈川県立歴史博物館にも行ってきました。
この建物は旧横浜正金銀行本店で、国の重要文化財に指定されています。


目当ては開催中の特別陳列「鎌倉彫と眞葛焼」

横浜には過去、輸出用の陶磁器を制作する窯が数多くあったのだそうです。

「眞葛焼」もそのひとつ。
初代宮川香山が得意とし、海外で高い評価を得たのは、
高浮彫といわれる技法で、器の表面にとても精巧な動植物が立体的に装飾がされたもの。


眞葛1 眞葛4
チラシにもある蟹の他にも、


眞葛2 眞葛3
大きな花瓶に、鶉やら鳩やら。

どれもゴージャスで華やかで、そのリアルさに息をのみますが、
鶉の目や鳩の足先なんてリアルすぎて、ちょっと。

やはり精巧ではあるけれど、風神雷神花瓶のようなデザインの方が、
ユーモラスで可愛げがあって鳩の足よりはよっぽど好きだなあ。
県立歴史博物館での展示は12月27日まで。

残念ながら、横浜眞葛焼は太平洋戦争の横浜大空襲によって壊滅的な被害を受け
窯は閉鎖、復興はならず現在は絶えてしまっているとのことですが、
横浜駅近くの「眞葛ミュージアム」でも作品が見られます。

土曜日の夜、テレビ東京系の『美の巨人たち』でも眞葛焼が取り上げられていました。
BSジャパンでは1月8日(日)夜7:30から。


・・・・・・眞葛焼の印象が強くて鎌倉彫の展示内容、忘れてしまいました。
どんなんやったかいな。




去年に引き続き、オーナーみかん園で収穫祭に呼ばれてきました。

今年も快晴で、富士山が美しく。

みかん狩り

みかんの木の上から撮影。

今年は参加者が多く、各家庭の子供たちも大きくなり、戦力が増えたため
一人当たりの労働量が減りました。つまり、楽になった。

例年以上の大収穫でした。
我が家には2箱いただきました。当分はみかん食べ放題です。


さて。
例年だと近くのファミレスで会食するのですが、今年はキャンセル。

海老名にある、ボンヌマンというフレンチレストランでランチをいただいてきました。
名目は妻の誕生日祝い。祝い?

海老名はウチからすごく遠い。
しかし、みかん狩り会場からは東名を使って30分ほどなので、
この機会に予約を入れておいたのです。


住宅街にある一軒家は、カーナビの案内終了後に少しウロウロして発見。

人気店なので先客がいるかな、と思いきや、
広めのダイニングルームには、我々のテーブル準備のみ。
僕たちふたりで貸切。


予約時にダブルメインのコース(5000円)を注文していました。
サービス前にシェフが出てきて、2皿目に使うトリュフを土付きのまま見せてくれました。
秋にイタリアで収穫されたものだそうです。


それでは、魅惑のコース料理開始。
まずは前菜。

スモークサーモンと真鯛のカルパッチョ、貝のマリネ

スモークサーモンと真鯛のカルパッチョ、貝のマリネ添え

貝のマリネって斬新じゃないですか?しかも、ホッキ貝とツブ貝。
お刺身では貝が苦手ですが、このマリネは美味しかった。歯ごたえもグッド。


二皿目は。

鴨のフォアグラのポアレ、秋トリュフ添え

鴨のフォアグラのポアレ、秋トリュフ添え

シェフが見せてくれた旬の秋トリュフを大量に使った王道料理。
秋トリュフの芳醇な香りがすばらしい。
フォアグラと茸に濃厚なソースは、美味しくないはずが無い。
茅ヶ崎のヒャクタケでもお気に入りですが、こちらもかなりいい。


魚のメインは。

黒ソイと帆立貝、海老のグリエ、ナッツ風味

黒ソイと帆立貝、海老のグリエ、ナッツ風味

黒ソイもホタテもおいしいけど最も良かったのは、海老とナッツの相性。
ナッツって、斬新。中華料理のようで。
抜群でした。見た目もきれいです。
魚メインって存在感が薄いことが多いけどね。


お肉メインは、3種から選べます。

和牛頬肉の煮込み

和牛頬肉の煮込み【僕】

んー、お肉が柔らかく、赤ワインの薫り高いソースがとてもおいしい。セビアン。
僕は無類のビーフシチュー好きですから。パンにソースを塗りつけて食べました。大満足。


シャラン産鴨胸肉のロースト

シャラン産の鴨胸肉のロースト【妻】

ちょっと分けてもらいました。
鴨だけど、強いクセも無く食べやすい感じ。こちらもおいしい。


最後にデザート。

デセール

栗の渋皮煮のパイ

まずは、脇役をパクパク食べて、主役だけにして。

デセール残り

サクサクのパイ生地を割ってみると、栗のアンコとショコラが出てきます。
んー、おいしい。



さすがは評判の良いレストランでした。
1991年から海老名のごく普通の住宅街の一軒家でやってきたというから、驚きます。

やはり、フレンチはおいしいですねえ。
初めての、バレエ鑑賞でした。

ある日突然、バレエを観てみたい、と思ったその勢いで
チケットを予約したのが2ヶ月ほど前。
以来ずっと楽しみにしてきたこの日がやってきました。

神奈川県民ホールにて、松山バレエ団の『くるみ割り人形』です。
ちなみに、舞台モノに全く関心のないのりのりさんはお留守番。

くるみ割り人形、物語はまあいわば「浦島太郎」みたいなものです。

・亀を助けた太郎が、竜宮城につれられて乙姫さまに迎えられ、
 鯛やヒラメの舞い踊りで歓待される「浦島太郎」。

・呪いでくるみ割り人形に姿を変えられた王子様を、悪いネズミから助けた
 クララが、お菓子の国につれられて妖精たちのダンスで歓迎される「くるみ割り人形」。

ストーリーだけならなんということのない童話のようですが、
その世界を表現する音楽とダンスを楽しむのがバレエなんですねえ。

鍛え上げられた体の美しいこと。
常に誰かが持ち上げたり持ち上げられたりしていますが、
まるで舞台の上だけ重力がないような動きに、ため息をついて。

『小学●年生』の「まりちゃんシリーズ」(バレエ漫画)に熱中した
子供時代を思い出しました。

浦島太郎はおじいさんになってしまうけど、
クララはおばあさんになりません。
だって、森下洋子さんですもの。1948年生まれ!
最後は本当に少女に見えてきた、森下さん。
「金平糖の精」の群舞のお姉さんたちも、
ケーキの上の飾り物に見えてきた。

バレエ、面白いです。
きれいで楽しくてキラキラしていて、
とびきり美味しいおやつを食べた後みたいに、
ココロが甘く、平和になります。
また観に行こう、その為に頑張って働こう、と思いました。


午前中、仕事に出かけていたのりのりさんが、
お土産を買ってきてくれましたー。
ベーグル3種
ベーグル3種類。(雑穀、くるみ、ドライフルーツ)
それと、ハニーナッツ入りチーズも。
明日の朝ごはんに頂きます。

ちょっと前の朝刊に掲載された小さな広告(5cm×8cmぐらい)が気になっていました。
図書カードの広告です。

とにかく、可愛い。かわいい。柴犬好きですので。


図書券2


横浜駅地下の本屋をブラブラしていたら、大きなポスターを見つけました。

しばらく、ポスター前をウロウロ。
勝手に取ってきちゃおうか、ホンキで悩みましたが、止めました。

そこで、レジに並んで、思い切って聞いてみました。


 図書カードを買ったら、あのポスターもらえませんか? <30代会社員>


レジのお兄ちゃん、忙しいのは分かるけど、無愛想すぎる返事。


 数が少ないのでダメです。


ガッカリした。勇気を持って聞いたので、余計に落ち込んだ。



事務所に戻り、元気を取り戻すため、ダメもとでWEB検索してみたら、ありました、ありました。
冒頭の写真は、ここからダウンロードしたものです。

 図書カードポスター紹介


ふふふ。しかも、別なカットもありました。
こっちの方がかわいい

図書券1


ところで、なんで犬なのかなー、と考えたら・・・!!


 <<トショケン>>  図書券=>図書犬


なわけないか。 
2011.12.08 そっくりさん
昨日ご近所のおじさんに会った時に
「せんべい、美味しかったよ」と言われました。
何だったっけ?と思ったら、
大阪のお土産にリクエストされた「おにぎりせんべい」のことでした。

「薄くてパリパリしててさ、美味しいよね」
そうそう、だから次々食べちゃうんですよねー。

大阪土産で思い出しましたが、
面白い? 面白くない

ちっとも「面白」くない、と訴えられましたね。

どこの観光地の土産物屋に行っても、
「白い恋人」まがいの、名前も「○○(地名)の恋人」なら
味もホワイトチョコレートのラングドシャというお菓子、
必ず見かけます。
(こんなのもあるそうな→

その点「面白い」方はちゃんと「面白く」、
クッキーではなくゴーフレット、ホワイトチョコでもなくてみたらし味と
ヒネリも効いていると思うのですがねえ。
雑誌『BRUTUS』の手土産特集にも取り上げられたしー。

似ているお菓子モンダイなんて昔からあるもので、、
赤福と御福餅なんて、こーんなにソックリなのに、ねえ。


お土産といえば、よくのりのりさんに、
大阪には福島に比べて「郷土料理がない」と揶揄されるのですが
実際大阪人も「大阪の味とは何ぞや」と考えてしまうらしく、
こんなものが発売になったそうです。
大阪ラーメン
「それゆけ!大阪ラーメン」
(画像はお借りしました。)
なんでも、産経新聞が「大阪にご当地ラーメンがないのはなぜか?」という疑問から、
「大阪人の好みを詰め込んだラーメン」を追求し作り上げたのだとか。
(ふーん。産経新聞って民主党の悪口書いてるだけじゃなかったのね。)

新たな大阪土産にいいかも、と思ったら、
なんといきなり全国区での販売なんですね。
この辺りのコンビニにも置いてありました。
なーんや。
手に入ると分かった瞬間から関心がなくなるなんて、まあ勝手なお話です。

12月になったので、東京マラソンに向けた準備を始めています。

といっても、湘南での失敗を繰り返さないようにしなければならないし、
ランニング以外の生活と共存し、継続可能なリズムにしたい。

 ・・・などと、色々考えては、色々試していました。

結局、自分次第で自由になる朝を有効に使うことにしました。

 ●朝のランニング回数を増やす。基本は1時間の早起き。
 
 ●特定のポイント練習ばかりに拘らず、色々なメニューを取り入れる。
  
 ●ジョギングの質を高める。

 ●寝不足、悪天候の時には無理をしない。


先週は2度の忘年会を乗り越えて、練習日は5日。
今週は日曜日のハーフマラソン以降、休み無し。

継続できそうです。



性格的な課題として、
 
 決めたことは実施する!⇒是が非でもやる!
 ⇒精神的に追い込まれる⇒練習のための練習になる

という悪循環を解決しないと、楽しいはずのランニングがそうでなくなってしまうので、
少しだけ、自由度を認めてみよう、という発想です。

といっても、週末には、20km以上のロング走をキッチリと実施し、
目標タイムに向けてコンディションを上げていく、予定。

月間走行距離は250kmほどを目標としてみる。


また、可能な限り水曜日の回廊練習会に参加したい。
年末・年始の集中トレーニングも楽しみです。


今日は疲労回復の定番メニュー、レバーでした。

レバー炒め

エキゾチックで風変わりな香りの原因は中東スパイスを使ったそうです。

突然ですが、11月のお弁当を振り返ってみたいと思います。


1104be
鶏の照り煮弁。

1108be
ちくわ弁。

1107be
生姜焼き弁。

1110be
しぐれ煮弁。

1111be
鱈の味噌漬け弁。

1115be
里芋甘辛弁。

1117b
厚揚げ梅照り弁。

1118b
花椒鶏弁。

1121b
レバ弁。

1122b
袋煮卵弁。

1124b
王道肉じゃが弁。

1125b
豚ブロ弁。

1129b
照り焼きホタテ弁。


というような具合でした。
地味、美味しい、物足りない、悲喜こもごものお弁当。

11月の〆はコレでしたね。
3●歳
メッセージ弁。



ちなみに今日は、芋タコ弁。
芋たこ弁
・タコと里芋の煮物。
・海苔卵焼き
・小松菜梅おかか
・雑穀ごはんとマグロの角煮


お昼は里芋、夜にはジャガイモととろろ芋。
お芋さんが在庫過多だからって、慌てて食べているわけではないのですが。

ただ、ビルドアップ走や速めのペース走などの練習時、
なんだかお腹が重くて力が入らないと思うような時は、
たいていその直前の食事でイモ類を摂ったことに思い当たりました。

それに気付いてからは、走り込み時はなんとなくイモ類を避けていたので
開放感からもお芋さんに手が伸びがちな今日この頃、
しばらくは、イモ弁の気配です。

『慣れ』により、聞き流しそうになりましたが、これは大問題です。

 旧福島市産米の出荷停止指示


我が家で食する米は、実家の近所で作られた混じりっけなしの純福島米です。
しかも、本日、新米が届いたばかりじゃないですか!

福島米


おいおいおい。これはどうしたものか。

ところで、福島市って、どこよ?
30数年前に福島で生まれたけど、聞いたことないけど。


調べてみました。

 福島市の旧市町村早見表


・・・・・・ギリギリ、セーフ。
中学校の学区だとアウトですが、この米は出荷停止範囲の外で作られたものでした。ホ。


けど、気分悪いよね。

5月の田植え時期、国は、

 『米は大丈夫だから昨付けしてよし』

と繰り返し話していたのにね。
ふるさとの話だから、よく覚えている。
この米を作っている農家を知っているだけに、もごせな。


福島便には、こんなものも入っていました。

とろろ芋2

とろろ芋

比較用のくたびれたスリッパは、僕が使うジャンボサイズです。

たぶん、実家がお歳暮で頂いたものじゃないか、と思います。

見たこともないほど、ご立派なとろろ芋さま。
藁に包まれて、横浜まで遠路はるばる旅をされてきました。


新米にとろろをかけて食べなな。
第31回横浜マラソン(ハーフ)に参加してきました。

今シーズン初めて、ふたりで参加するレースです。
のりのりさんの膝痛、私は河口湖マラソンからまだ1週間ということもあり、
記録狙いではなく練習として走ることに。

ペースはフルマラソンのペース程度、上げても4'42/kmまで、
後半気分が盛り上がってガチンコ勝負がしたくなったら都度相談、と決めました。

よこはま-2
昨日の雨がウソのような快晴。気温も高め。
私にはありがたいけれど、のりのりさんはどうなるやら・・・・・・。

一応、陸連登録選手なので前方からスタートできます。
先頭は70分台狙いの選手なので、やや後方の控えめな位置について、スタート。
スターターは林文子市長、ゲストに横浜マリノスの中村俊輔選手が来ていました。おおー。

号砲後、まずは集団の流れに乗って走ります。
最初のラップ、4'48/km。まあまあのペース、これで行きましょう。

横浜マラソンは、山下公園前、黄金色の銀杏並木を走れることが嬉しい。
ま、それは数百メートルのことであとは単調な工場地帯の風景なのですが。

5km、10km、と4'50/kmを大きく外れないペースで快適走。
隣を走るのりのりさんを見ると額も首筋も塩を噴いていますが、
向かい風もあってグロッキーにはなっていない様子。

11km付近で、先頭集団とすれ違うのですが、
私たちが参加している練習会のメンバーさんの姿も!速っ!
その後も、ランニングブログでよく見る人たちも続々。

彼/女たちもつくばなど、フルマラソンから1週間しか経っていない筈なのに、
激走しているように見えます。逞しいなあ。
私はというと、河口湖の疲労かハムストリングスがパンパン、足首にも痛みが。
下半身全体が重く、これ以上のペースアップはキツい感じ。

15km過ぎ、のりのりさんが少しペースを上げたのですが、私はついて行けず。
練習とはいえ100分は切りたいねえ、と言ってたのですが、
すみませんね、今日は無理そうです。
ということを察したのりのりさんも、再度ペースを落として並走。

脚は上がらないけど呼吸は上がっていないので、
のりのりさんとお喋りしながらゴールを目指しました。

途中何度か、沿道に知り合いのサブスリーランナーKお兄さんが登場!
「Kさぁん!」と手を振ると、ジャージにランニングシューズのKお兄さん、
デジカメを持って走る走る!それはもう見事なスピード!
そして笑顔でパシャパシャ写真を撮ってくれました。
その後も神出鬼没しては写真撮影をしていたKお兄さん、
応援ありがとうございました。

結局、夫婦ガチンコ勝負は回避して笑顔で手つなぎゴール!
よこはま1
1時間42分でした。
やっぱりふたり走りの方が楽しいです。お喋りしながら走れますしね。
あ、それはガチンコじゃないからでもありますが。

本日のご褒美ランチは中華街へ。
中華1 中華2 中華2
日本人向けにアレンジされていない、外国っぽい味でした。
テンメンジャンのタレの水餃子が美味しかった!

そしてその後は、元町へ。
元町
なんでも、のりのりさんが、
スタージュエリーで誕生日プレゼントを買ってくれるそうですよ。
(ジャージで入店してしまいました。)

男の甲斐性
男の甲斐性を見せつける、豪華二本立てです。
着けるのが楽しみ。早く明日の朝にならへんかな。

今、元町商店街でお買い物をしたら、スクラッチカードが付いてきます。
ウチキパン1 ウチキパン2
削ってでてきた600円分の金券を手に、
前から食べてみたかったウチキパンへ。
あー、ホントに、早く朝が来て欲しいです。


昨日の忘年会では、屋形船に乗って横浜港を巡ってきました。

屋形船

19時、桜木町の船着場からオジサンたちを乗せて出航。

しばらくは、みなとみらいの夜景を間近に見える位置に停泊し、
その後、赤レンガ倉庫やベイブリッジが見えるコースを遊覧。

提供される食べ物はさほどじゃないですが、
横浜港の風景は一級品ですから、初めての屋形船は大満足でした。

普段の宴会と異なる環境なので、みんなで遠足しているみたいに盛り上がるし。
幹事としては、ホッと一安心でした。


盛り上がってしまったら、夜の関内に行くしかない。歌を歌いたい。


 屋形船から、2軒目へ ・・・予定がある大人はここで帰る。

 2軒目から、3軒目へ ・・・節度ある大人はここで帰る。


結局、妻と決めた門限(AM2)を大幅にオーバーしてゴール。
正確な時刻は覚えておりません。


大騒ぎの夜でした。


明日は横浜マラソンで、ハーフを走ります。天気も良さそう。

フルマラソン明けの妻と、肝臓にダメージを受けた僕ですから、
20kmのレースペース走、ぐらいの感じで楽しみたいです。


あー、眠い。早く寝ましょう。
2011.12.02 『見仏記』

これ、面白いですねえ。
見仏記
『見仏記2 仏友篇』『同3 海外篇』『同4 親孝行篇』
(角川文庫/いとうせいこう みうらじゅん)

読もう読もうと思ってなぜか後回しにしていたのが、
最近新聞で最新刊が出たという広告を見てようやく、
はじめから読んでみる事にしました。

はじめから、と思ったのですが、
同じキッカケで同じように読みたくなった人が多いのでしょう、
シリーズ1作目は図書館の予約待ちがしばらく続いていて、
届いたのは2作目から。
ま、小説じゃないから、どこから読んでも構わないのだけれど。

ふたりは決して、信仰心があるのではありません。
ただ、仏(ブツ)が好き。それだけ。

だから、仏を見るにはどの角度がいいとか
どこどこの観音さまはブルック・シールズみたいだとかで盛り上がり、
重要文化財に指定されたばかりに錠前付きの収蔵庫にいる仏には
極楽浄土どころか四畳半、フォークシンガーさながらでロンリーだと嘆いたり。

ふたりは、寺院のみやげ物にも目がありません。
今まで、「こんなの誰が買うの?」と思っていたような土産物に、
ふたりが熱くなって買い漁っているのが笑えます。

話は仏だけにとどまらず、「男ふたり旅」の怪しさを
歴史的、文化的に論じてみたり。
新たな「お遍路ファッション」を編み出し、
「オヘンローラー」の命名をしてみたり。
二人のおとぼけ感がたまらず、つい笑いながら読んでいます。

そういえば最近「見仏」していません。博物館には何度か行ったけど。
やっぱりお寺のお堂で、見仏したいなあという気になる本です。


昨日は妻の誕生日でしたが、会社の忘年会に出席したので、お祝いできませんでした。


しかも、忘年会あとの誘いを断り、横浜駅から電車に乗って帰宅するも、
最寄駅で親しい先輩に待ち伏せされ、近所でさらに一軒。

こういうのが続くのは、良くないですね。
反省しています。


せめてものお祝いとして、スイートポテトを手土産に帰りました。

マラソン直前は繊維質NGだったので、
河口湖が終わったら食べたい、と妻が話していました。


スイートポテト

松蔵ポテトのスイートポテト


昨晩は帰宅が遅かったので、今日の朝食にいただきましたが、なめらかでとても美味しい。


明日も職場の忘年会です。
幹事だし、毎日顔を合わせるメンバーだけだし、金曜だし、大いに飲んでしまうでしょう。


なにか、手土産を買うてこなな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。