上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW、のりのりさんに植えてもらったベランダのハーブ、
ベランダハーブ1  ベランダハーブ2
順調にわっさわさです。
今年は、ミント、イタリアンパセリ、大葉。
この3種が一番使い勝手が良いし、安定して育ちます。

実はミントは、ジョギングコースに(多分)自生していたものを
ちょろっと失敬してきたら(私有地でも公園でもないから、いいですよね?)、
しっかり根を張ってくれました。
これを、ウィルキンソンの炭酸水に浮かべて、
ノンアルコール・モヒートと呼んで楽しんでいます。


さて、今夜はのりのりさんが会食だというので
私の一人晩ごはんはカレーうどんにしました。

日曜日の夕食にに作ってもらったカレーを、
月曜日のお弁当にし、
今日はカレーうどんにリメイク。週3カレーです。
でも、ひとり暮らししていた時はよくあることでしたねー。

カレーうどんにしたのは、飽きたからではなく、
ここのところ、うどん中毒だから。
あの白くもっちりしたうどんを想像すると、
食後でさえお腹が鳴るほど。
(昨日のNHK『ためしてガッテン』も食い入るように見ました。)

ご飯よりエネルギーが高くなるし塩分も含まれるので、
さすがに普段の夕食にはご飯を頂きますが、
本当は毎食うどんでもいいかも。
最近雑誌の「バッグの中身拝見」のようなコーナーで
「お弁当はジップ袋に入れたうどん。会社においてあるめんつゆで食べます」
という女性がいて驚きましたが、やっぱりお腹が鳴りました。
何なんでしょう、このうどん中毒は。
スポンサーサイト
2012.05.30 りえごと
昨晩、我が家で話題になったニュースです。

 5月29日の記事 所属事務所が結婚・妊娠を明かす

かつての国際ランナー理恵どの、妊娠疑惑は本当だったようです。
お相手が直前で離婚していたとか、石原軍団と重複疑惑があったりとか、
何かとお騒がせでしたから「やはり、な」と話していたわけです。


ところが、今朝の朝刊広告をみて、悲鳴を上げました。
本人がアンアンで告白しちゃっているのね、既に。
 
 5月30日発売 雑誌an・an 『長谷川理恵 妊娠と結婚を語る』


これは、アンアン、売れるわ。

さらに本日、我が家もしばしば拝見している公式ブログ「リエゴト」で以下の告白。

 5月30日 公式ブログ リエゴト タイトル『今、とっても幸せです』

  
ふーん、そういうことでね。
石原軍団、前妻との離婚、妊娠・・・・・結婚と、忙しい工程です。
女性読者の反感を買ってしまわぬよう、大変に熟慮したプロデュースだった、
という印象を受けました。まあまあ。



シロギス・リベンジを誓って、船シロギス専用ロッドを買ってしまった。

キス竿1 キス竿2


おもちゃの竿でも釣れる、といううわさもありますが・・・




2012.05.29 カツ代師匠本

本日のお弁当は
鶏ごぼ弁
・煮しめ
・だし巻き卵(わかめ、ゴマ入り)
・ほうれん草のゴマあえ
・きゅうり漬け

いつもの、フツー弁当です。

お煮しめは、↓小林カツ代師匠の弁当本のやり方で。
カツ代師匠

材料全部を下茹でし、いったん湯を捨て、
少量の水と調味料を入れて汁気がなくなるまでガーッと煮ておしまい。
カラリと煮あがるのでお弁当向き、とのこと。
確かに、普段のおかず用ならたっぷりのだし汁でコトコト、
しっとりしている方が美味しいですが、お弁当だからカラリと。

カツ代師匠の弁当本は、他にも
・仕切り、アルミカップは極力使わない。←食べにくいから。
・生野菜、果物は入れない。←ぬるいとまずいから。
・ソーセージ類に頼り過ぎない。←添加物山盛り。 など
他のお弁当本を見ていて疑問に思うことが
バッサリ斬られていて納得できるので
いろいろ本は見たけれど、結局上の二冊に一番頼っています。


さかのぼって昨日のお弁当は、
日曜日にのりのりさんに作ってもらったカレーでした。
事務所のレンジで温め直して、
カレー臭を充満させながら頂きました。
たまには、いいですよね。

土曜日の夜10時から、第7回湘南国際マラソンのエントリーが始まることは知っていました。

今年は、ハーフマラソン(制限90分)にエントリーし、殻を破ろうという気分でしたが。


10時10分頃そのことを思い出し、ランネットにアクセスすると、
おなじみの待ち時間画面になった。

気長に待とうかな、と思い、カウントダウンする待ち時間を見ると。


 20,000秒ぐらい


20000÷60=333分

330分÷60=5時間30分

マラソンを完走するよりも、待つわけです。
シロギス釣りで消耗していた僕にはムリ。


去年もこんな感じだったけど、確か朝になっても満員じゃなかったから。
今年も・・・と思って就寝。

朝8時ごろ、再びアクセスすると・・・フルもハーフも満員。アーメン。


ランブログなどを読むと、朝5時には締め切りしていたそうです。
非常に残念です。


慌てて秋のレースプランを考えました。
秋はハーフだけにしようかね。


板橋cityマラソンで力走する妻の写真を購入しました。

巨大写真

バナナが小さいのではなく、特大写真です。
私たちは、大変恵まれた環境に住んでいます。
歩いて2、3分の距離に小規模スーパーマーケットが2軒。

珍しいスパイスやなじみのない果物のような
ちょっと変わったものでなければ、
夕食の準備中に「アレがない!」となっても
すぐ買いに行けます。

2軒のうち、主に利用するのは
より近い方の、家族経営と思われるやや古めかしいスーパー。
古めかしくても、マニュアル言葉でない親しげな店員さんや、
レジで行列に並ばなくてもよいことが私には使いやすいのです。

今日のような特に予定のない週末は、
お昼何食べる?と、のりのりさんと相談して
一緒に材料を買いに行き、
夕方になると、また夜何食べるか決めてから一緒に行くので
土日とも家にいると、4回もそのスーパーに行ったりします。

その、我が家の冷蔵庫代わりのようなスーパーですが、
今週こんなチラシが入っていました。

チラシ

ああぁ……。
予感はあったんですよねえ。

一度目は、3年前もう1軒のスーパーがはす向かいに開店した時。
新しいお店は、品揃えに大きな差はなくとも
照明や什器がキラキラしていて一気にお客が流れていきました。

われらが老舗スーパーも対抗策を練り
売り場のレイアウトやポイント制度など
あれこれ変えて努力をしていました。
でも、あれこれ変えるほど逆効果、ということもありますねえ。
ポイント大判振る舞いしたり。

そして2度目の大きな危機は、
昨年、1km先に大型スーパーができてしまったこと。
それから1年持ちませんでした。
ガッカリ。

最後の週末、最後にのりのりさんと一緒に買い物に行って材料を買い、
作ってもらったのは
最後のカレー
チキンカレー。
暑くなってきて、カレーが増えました。
「今日はスープカレー風にじゃぶじゃぶに作ってみた」とのことです。
鶏肉、いつもよりいいのを使ったら驚くほど柔らか。
今までケチってすみませんです。

あー、残念。他店に負けないでと応援していただけに寂しい。
と言いつつ、次に何の店舗ができるのかと楽しみだったりもするのですが。



マルイカ、アジと貧困釣果続きでしたので、
気分を一新するため最盛期に入ったシロギスを狙ってきました。

乗合船ではなく、手漕ぎボートのレンタルを利用してきました。

 相川ボート

ちょっと遅めの9時に出船。
シロギス釣りは以前から気になっていて、イメージトレーニングは十分です。

今日は初夏の陽気です。船を漕いでいると、Tシャツ姿でも暑いです。

出航

既に多くの手漕ぎボートが釣りをしていました。
どこでアンカーを降ろすか迷いましたが、まずはシーパラを目指すことにしました。

シーパラダイス


15分ほど漕いで、シーパラ手前に到着。
数人が釣りをしているので、釣れているのかもしれない。

イシモチ


セッティング開始。
ブツブツいいながら、初めてのキス釣り仕掛けを取り付け。
アオイソメをぶら下げて、早速投入。

クサフグ


参考書通り、リールをゆっくり巻きながら、おもりをズルズルさびく。

しばらくすると、竿先に明確な当たり。合わせるとヒット!
大喜びで引き寄せると。

釣り場

少なくとも、本命のシロギスではない。
小さすぎて食べられそうにないので、リリース。


次の当たりは、もっと激しかった。正体は・・

べら

イシモチさん。
この子はファイターだから良く引きます。これはキャッチ。


既に12時前。せっかくの一人ボートなので、他に移動する。

日産沖に移動。昼食のおにぎりを急いで食べた後、早速再会。
すぐに当たり。合わせも決まった。

正体は・・・

くさふぐ

残念ですが、クサフグ。よく太ったフグさんですが、食べられないのでリリース。


続けて反応あり。合わせも決まった!

正体は・・・

べら

ベラ。本名はキュウセン。
瀬戸内地方では専門で狙う船も出るとか。美味らしいからキャッチ。

その後、もう1匹ベラを追加。


しかし、浜の女王、シロギスさんはいずこへ。居ないはずはない。

おそらく、周りの船は釣れているはず。

きっと、僕だけ釣れていない。栞のテーマを口ずさんでは、釣れない自分を嘆く。


と、その時。これまでと違う、ブルブルを感知。即合わせ、ヒット。

プルプルと竿を揺らした正体は。

本命1

あなたに会いたかった。キスさん。

直後、さらに繊細はプルプルに合わせた。ヒット!

上がってきたのは、極小サイズのキス。

本命2


ボートは15時30分までに返却しなければならないから、残り時間はわずか。

その時、根がかりしてしまった、かに思った。
けど、ラインを引っ張ると、少しずつ動く。何かごみのような手ごたえ。

引き寄せると、ごみじゃない、何か生物っぽい。

何コレ?


あめふらし1

気持ち悪いから、まず針を外そうと思ったけど、ブログ用にまず撮影。

直接触らないように針を外そうとしたら・・・

あめふらし2

血のようなものを流した!恐るべし、得体の知らない生物X。

コワくなって、慌てて針を外して難を逃れました。

調べてみましたが、正体はコレでした。

 アメフラシ


午後3時、痛恨のタイムアップ。


本日の釣果。

釣果

本命のキスは2匹。どのぐらい小さいかというと。(比較は僕のひとさし指)

キスのサイズ


調理はわずか5分で終了。

キス


イシモチ、ベラも含めて天ぷらで頂きました。

天ぷら

風味がそれぞれ異なり、とてもおいしく頂きました。



しかし、子供でも数釣りできるシロギス釣りですが、
なぜ自分は2匹だけなのか、と悩みは深まります。

釣りは奥が深い、と信じましょうか。
早いもので、もうこの季節です。

ランキング

「フルマラソン1歳刻みランキング」改め、
「全日本マラソンランキング」。

昨年は50位台で「よくやった~」と大喜びしていましたが、

今年もベストタイム、順位ともに更新できました。
念願の315切りで、20位台滑り込み。
ランク外だった初マラソンから毎年、
80位台、50位台と順調にステップアップできたこと、
素直に嬉しく思います。
そして順調に走れるのは、のりのりさんと一緒に走ったり
サポートしてもらったりしたこと、
練習会で目指す背中があったことなど
多くに恵まれていたから、と改めて有難く思いました。

また、このランキングを見ていると、
目先の数年ではなく、もっとベテランになってからのことも
楽しみになってきます。

『ランナーズ』本文で読みましたが、
2004年度、女性60歳の完走者は100人に満たなかったのが
2011年度では349人が完走。
そして2004年度62位のタイムは7時間45分17秒だったのが、
2011年度の62位のタイムは4時間21分33秒、
その差なんと3時間20分以上だというのです。

ランナー人口の増加もさることながら、
スポーツ医学の発達や情報の普及、
グッズやギアの進歩などもあって競技寿命が伸び、
ベテランランナーのレベルがぐんぐん上がっているのでは、とあります。

来年、再来年の自己ベスト更新も勿論大きな目標ですが、
いくつになっても、ランクイン!をモチベーションに、
長く長く楽しめたら、と思います。


帰り道、満開のブラシノキを見つけました。
ブラシ1  ブラシ2
コップ洗いのブラシにそっくり。
昨日から喉の奥にちょっと違和感がありました。

今朝起きたら、ちょっとだるい。喉も痛い。
ちょっと熱っぽいので、検温したら37.5℃。

即、病人認定。

4月、風邪により体調を崩したから、1ヶ月ぶり。
ちょっと頻発しすぎです。

仕事がそれほど忙しくないのに、気が抜けてしまったのか、
結構走っているから、疲労が溜まっていたのか。


職場近くの内科で診察してもらい、薬を服用してもらいましたから、
今晩はゆっくり休んで回復を待ちましょう。



仙台国際マラソンの写真サービスで購入した商品が届きました。
初夏の大会だったので暑かったけど、陽気で楽しかったです。

仙台国際写真
2012.05.23 『舟を編む』

本屋大賞を受賞しましたねー。
舟を編む
『舟を編む』(光文社/三浦しをん)

『風が強く吹いている』や『格闘する者に○(まる)』『まほろ駅前多田便利軒』、
どの作品にも共通して、キャラクター設定がとても面白い。
主人公だけでなく名バイプレイヤーも多くて、
誰の視点になっても物語が楽しめます。

主人公の馬締(まじめ)くんは、こんな人。
趣味を聞かれると、しばらく考えてこう答えます。
「強いて言えば、エスカレーターに乗る人を見ることです」

電車から降りてエスカレーターに殺到する人々が
乱闘も混乱も生じず、まるで操られるかのように、吸い込まれるように、
整列し運ばれていく情景。
そこに美と喜びを見出す、そんな人です。
そこから「辞書づくりに向いている」と発掘されるのですが、
なんとこのユニークなキャラクター、
三浦しをんが考え出したものではないのだと、
昨日の朝日新聞夕刊で読みました。

取材で広辞苑の辞書編集部員に趣味を聞くと
「駅のホームにあふれた人が整列して吸い込まれていくのを
見るのが好き」との答えが返ってきて
「おかしくて、主人公の趣味にそのまま採用した」とのこと。
事実は小説より奇なり。

さて、その小説の方は、
辞書編纂の奥深く、果てしない作業を紹介しながら
登場人物の迷いや情熱を
三浦しをんお得意の、軽妙洒脱なタッチで描いていきます。
国語辞典だけでなく、いろいろな辞書辞典に触れてみたくなりました。
そして、インスタントラーメン(サッポロ一番?)が食べたくなりました。

ところでこの本、ある時のりのりさんが買ってきてくれました。
いつもはBOOKOFFなのに!新刊の単行本?
どうやら、最近自分ばかり趣味に出費しているので(釣船×?回)、
ちょっと申し訳ない、と思ったようです。
お気遣いどうもおおきに。

先週の土曜日、ライトタックル(LT)アジ釣りをやってきました。
4月6日と同じく、八景の大田屋、午後半日便です。


前回は全てレンタルでしたが、今回は違いますヨ。

 ロッド ダイワ リーディング73 M20
 
 リール シマノ クラド201 TypeJ

と、バリバリのやる気マイタックルを持参です。

前回の釣果は10でしたから、今回は楽々20オーバーだな、と余裕の乗船。

出船30分前に受付をしたら、既に大勢の先客あり。
ここしか空いていない、ということで左の後ろ側に着座、準備開始。

気持ちが良い快晴。平潟湾から出て行くアジ船はどれも満席です。

待機中

隣の常連さんによると、昨日のアジ午後便は、大爆釣だったようです。
ふふ、期待が膨らみます。もらったな。

おじさんたちの過剰な期待を乗せて定刻通りに出航。
一番前に乗っているおじさん、興奮しすぎて身体を乗り出しすぎでしょ。

出船


八景沖は多くのアジ船で既に大賑わいです。
川崎とか遠方の船も入っているようです。

海は大混雑 海は大混雑2

早速、大船団の中でスタート。
船頭によると魚影は昨日と同じぐらい濃いとか。


早速、反対側(右側)でアジが釣れだした様子。かなり調子が良さそう。

僕が居る側は、ポツポツ釣れて来た。

僕は釣れない。

周りはポツポツ。

僕は釣れない。

釣り風景

釣れない。


前回のアジ釣りで学んだのは、

 タナをきっちり取ること、コマセと針を同調させること。

海面下40mをイメージし、真剣に取り組む。
そしたら、明確な当たり! 聞き合わせでヒット!

まずは釣果1

まずは、/20.まだまだこれから。


群れが散ったのか、船団が少しずつバラけだし、大田屋も大きく移動。
しかし、なかなか良い群れに巡り合わない様子。
少し定位しては移動を繰り返す。

船中も盛り上がらない。

もちろん、僕は釣れない。イシモチが1匹かかった、のみ。


前回は、なんだかんだ言ってラスト30分に盛り上がった。
LTアジが大人気なのは、最後に盛り上がるという出来レースがあるから、と思っていた。。

今回は、盛り上がり、なし。


つまり。

鯵づくし1


<今回の釣果>

 アジ・・・1

 イシモチ・・・1



前回のマルイカ惨敗に引き続き、LTアジでも惨敗。

自分は釣りが好きですが、特技じゃないようです。ショボン。
朝、カーテンを開けると細かな雨がサーっと降っていました。
日蝕1


先週からの天気予報で、快晴こそ期待してはいませんでしたが、雨とは。

「国民をがっかりさせないように、気象庁が曇りって嘘ついてたのかも」
「いや、たぶん、日食メガネメーカーに頼み込まれたんじゃない」
それでもわずかな期待もあって、
なんとなく朝食も早めに終え、再び東の空を見ると、
雲の切れ間からうっすら陽が射している!


大急ぎでメガネを取り出しました。
日蝕2
口、ぽっかーんと開いています。


見えた、見えました。
しっかり5分くらい、時々は雲に隠れましたが
視力検査のマークから、指輪のかたちに変化する様子も見られました。
日蝕3
輪っかがつながった瞬間は感動的でした。


その後再び、大きくなっていく太陽。
日蝕4

天体ショー、楽しみました。
想像以上に盛り上がってしまった朝です。



さて話は週末に戻りますが、鯵祭りのその後。
のりのりさんは、こんなことにも挑戦していました。
干物1  干物2
キャンプで使う、食器の水切りネットで、干物づくり。


干物3  干物4
皮目はこんがり、身はなんともふんわり。
港町の朝市で買うのと遜色ないほど。
手作りっていいですねえ。
自家製イカの一夜干し、なんていうのも、食べてみたいものです。



よこはま月例マラソンに初めて参加してきました。

天幕


前々から気になっていたし、最近スピード練習が不足していたから
このタイミングになったわけです。

1km、3km、5km、10km、20km(夏季は中止)があります。

気温が高かったので、5kmのタイムトライヤルに決定。
アップをして、スタート時刻を待ちます。

スタート前の待機場所にはウキウキ表情のランナーが続々と集まってきます。

会場

5kmスタート時刻は9:15頃。少し前に整列。
湘南月例に比べると、密着度はかなりです。
(撮影は妻、ともとも)

5kmスタート

定刻にスタート。シャツを短パンにインするのがマイブーム。

スタートの僕

鶴見川の土手を下流に向かって走ります。

鶴見川上流 鶴見川看板


5kmタイムトライヤルは初めてなので、行きしなの車中ペースについて色々と話してきました。
先月トラックで妻が記録した20:44が一つ参考になりそう。

あの日の妻は風邪で体調イマイチだったことを考えると、20:15ぐらいで走らないと。
スタートから4分/kmぐらいで飛ばさないと達成できない。
弱気な僕は、スタート前に空アクビ連発。

2kmを過ぎると、暑さで干上がりそうになったけど、
短距離・短時間であることを自身に言い聞かせて、失速しないようにがんばった。


ゴール手前200mぐらいの地点。
一際、厳しい表情で走ってきたのが、僕です。

ゴール前1

今見ると、顎が上がりすぎていますが、これでも本人はホンキで走っています。

ゴール前2

意識が遠くなっています。

ゴール前3 ゴール前4


自分の時計で20分04秒。
ゴールラインっぽいのがが2本あったからちょっとあいまいですが・・
弱気な気持ちを抑えて、ボチボチがんばりました、か。

おつかれ

人と競って走ると追い込めるから、良いトレーニングになりました。


我が家の最近のエスニックブームに則り、ランチはここに立ち寄りました。

 YOKOHAMA ASIANDINING&BAR

ヨコハマ・アジアンダイニング


ネパール人が作るフォーも気になりましたが、素直にカレー・ランチを注文。

カレー1

野菜カレー、キーマカレー

カレー2

グリーンカレー、バターチキンカレー タンドリーチキン


選べる辛さは全て中辛としましたが、最近辛いのにハマッている僕にとってはやや不足でしたが、
味もおいしかったし、何より店員さんがとても良い感じでした。

前回のマリカと同じく、ナンは食べきれずに残ったものはお持ち帰りでした。
2012.05.19 鯵づくし御膳

日々、釣船屋さんや釣り人のブログチェックを怠らないのりのりさん。
今日は釣れそうな情報か予感でもあったのか、
早めにお昼を済ませ、「アジ釣りに行って来る」とウキウキ出て行きました。

途中、「今日もダメかも」と弱気なメールが来ましたが……、

鯵づくし2
おぉ!30cmオーバーを含むアジ7匹にイシモチ、おまけのシコイワシ1匹。


実は、
鯵づくし1
本当の釣果はコレだけ↑で、
同じ船に乗っていた釣り人が見るに見かねて、自分の釣果を分けてくれたのだそうです。
ありがたや。
またしてもウン千円の鯵をふたりで分け合って食べるところでした。

お約束の
鯵づくし3
首切り役人。
回を追うごとに、手早くなる包丁さばき。


鯵づくし4
皮はぎ作業もこの通り。

鯵づくし5
無駄にする部分が少なくなりました。お見事。
それにしても、脂ののったアジです。


のりのりさんが釣りに行っている間、
アジはえらい
図書館でこんな本を借りてきました。
『鮭、いか、あじはえらい!』(藤野嘉子)
こういうものを準備しておいたときに限ってあまり釣れない、という事が
証明されてしまいましたが。
幸い、役には立ちました。

鯵づくし7
シンプルなお刺身も美味しいですが、


こういうのも一品あると目先が変わって良いですね。
鯵づくし6
薬味たたき。
生姜やみょうがを使うのは定番ですが、豆板醤でピリっと味付け。

メインは、のりのりさんが揚げ物の中で(いや、定食メニューの中で?)
一番好きだというアジフライ。らっきょうのタルタルソース添え。
鯵づくし8
中骨は骨せんべいに。
いずれも、前回よりもさらに美味しく出来ましたー。
腕を上げましたね、のりのりさん。包丁さばきも、料理も。
あとは釣果……とは言うまい。面と向かっては。

ご馳走さまでした。
残りはどうやって食卓にのぼるのでしょう。楽しみです。




迷走したあの日以来の帰宅ランをしてきました。

職場を18時半に出発し、横浜駅構内を控え目に走りながら国道16号線へ。

陽が翳ってきたので、短パン・ノースリーブは肌寒い。

週末の夜が始まった野毛・日の出町界隈をボチボチ走って。

ラーメン二郎 関内店の前には長蛇の列でした。
はー、お腹すいた。


市街地を抜け、横須賀街道をボチボチ南下。

薄暗い歩道を走っているので、女子を追い越すときには気を使います。
急にすり抜けると、痴漢や変態と勘違いされること、しばしば。
彼女たちの大部分はヘッドホンをしているから、余計にビックリするようですが。


仙台国際ハーフを走ったおかげで、ジョギングペースはとても楽しめました。

王道のルートを帰ったので、前回のように迷うことなく約19km-2時間弱でゴール。
電車で帰宅しても1時間弱はかかるから、帰宅ランは効率的です。


これからは暑くなるから、帰宅ランで涼しい夜を走るのはいいかもね。



ところで。
21日の日食観察メガネを購入しました。

金冠めがね

粗悪品でないことを確認するため、蛍光灯を見てみました。
蛍光灯のランプが全く見えないので合格。

試しに直射日光を眺めてみましたが、輪郭がくっきり見えるからバッチリです。

天気予報では雲はあるものの晴れ間が覗くらしいから、
世紀の天体ショーが見られると思います。



本日の晩ごはんは、
華正楼1 華正楼2
一昨日中華街で会食だったのりのりさんが
手土産に持って帰ってきてくれた華正楼のシュウマイです。

昨日は同じく華正楼の餃子だったのですが、
厚めのムチムチした皮の美味しい、餃子でした。

餃子はタネに濃い目の味がついていて、
タレはほんの少しつけるだけで十分という感じでしたが、
シュウマイの具ははほんのり甘め。
皮はごく薄くて、蒸し器がわりのフライパンのふたを取ったとき
「あれ?皮、溶けた?」と思ったほど。
お肉がぎゅっと詰まって噛み応えがあります。


シュウマイといえば崎陽軒のシウマイでしょ、と思っていましたが
ジューシーで柔らかいシウマイとはまた違う、
この肉肉しさも良いものですね。
順位をつけろといわれたら困ってしまう、二股シュウマイ愛。


サラダは(あ、写ってない)、
トマトやアボカドや豆腐など冷蔵庫のありものに、
バーミックスでガーッとした玉葱と人参に酢などを加え、
さらにガーッとしたドレッシングをかけました。
ノンオイル、微糖。
バーミックス、ご無沙汰していましたが、やはり使えるヤツです。


シュウマイ、ひょっとしたら明日のお弁当の分が余るかもと思ったら
ぺろりと平らげてしまいました。
一体何グラム分の挽肉を食べたのか、やや恐ろしい思いです。

2012.05.16 元素周期表
5月3日の朝日新聞朝刊に、巨大な元素周期表が付いていました。

早速、我が家のトイレット壁に貼り付けました。


元素周期表

昔学校で学んだ周期表は味気なかったですが、これは面白い。
各元素の特徴や用途など、簡潔な説明が興味を引きます。
ついつい長居してしまいます(どうやら妻も同様の様子)。


しばらくしてから、気が付いた。何やらよからぬことが書いてある。

ルール表示

4月20日からテレビ欄に掲載されたカードを切り取り、貼り付けて楽しむ、と。
平素テレビ欄を見ないから、気が付かなかった。迂闊でした。

既に日が経っていので、天ぷらを揚げた後の油切りとか、生ごみ袋の底に敷いたりとか、
使用済みで紛失したテレビ欄が多数あることが判明。


失望の日々を過ごしていました。


あれから、2週間。
広告主の東京エレクトロン、やってくれました!

アンコール

「切り忘れたあなたに感動のアンコール!」

感動した。うれしくて、ブログの記事にしてしまった。


詳細を見ると、それはそれは興味深い記事とイラストが記載されています。

詳細


週末にじっくり作業をしようと思います。
経過報告をお楽しみに。
2012.05.15 帯久
のりのりさんは今夜会食とのことで、
私はひとりご飯をちゃちゃっと済ませました。

こういう日は、読みかけの面白い本でもないと
ダラダラ~とテレビでも見て過ごしがちなのですが、
最近はそのテレビもサッパリつまらない。

そこで、こんなものを買ってみました。
帯久
『特選 米朝落語全集 第一集』

前から、上方の古典落語をじっくり聴いてみたいと思っていました。
どこから手をつけていいのか分らなかったので、
まずは人間国宝でしょ、とこのCDを購入。
「帯久」「天狗さし」という二演目が収録されています。


何の知識もなく、あらすじも読まず聞き出したら、
冒頭から瓦屋町やら島之内やら松屋町(まっちゃまち)と
親しみのある地名が出てきました。

「帯久」はその辺りに店を構える呉服屋で、
人望のある和泉屋与兵衛と、ちょっと一癖ある帯屋久七(帯久)の物語。

聞いていて笑いが絶えないという話ではないのですが、
先がどうなるのか気になるストーリー展開で聞き入ってしまいます。
最後はお奉行さまが出てきて(江戸版では大岡越前)、
落語版「ヴェニスの商人」というような裁きを下して
観客一同溜飲が下るというもの。

へえぇ、こら面白いわ、落語て。
「帯久」は46分もあるけど、ちっとも飽きひんかったし。
お気に入りの映画やドラマが、結末を知っていても見たくなるのと同じで
繰り返し聞きたくなりそう。
他にも、「四角い仁鶴が、まーるくおさめまっせ」の仁鶴さんも聞いてみたい。



ところで、新聞の見出しに「米朝…」とあると
ご高齢の米朝さんを思ってどきっとするのって、私だけじゃないですよね?


仙台国際ハーフマラソンに出場しました。
初めての一人マラソン遠征です。(妻は留守番)


はじめにお断りしますが、マラソン記は最後に少しだけです。。



エントリーしてから知ったのですが、なぜか当日受付ができない。
スタートが10時5分と遅く、新幹線停車駅から会場が近いので、当日でもいい気がしますが。。

というわけで、facebookメッセージを使って、
大学時代からの友人である、旅人Iの単身アパートに予約を入れておきました。


奥松島へのドライブ終了後、受付会場まで地下鉄で移動。
随分久しぶりに三越前に到着。ミスドの場所、変わっていない。



郵送された地図通りのビルで受付するようだ。案内看板が見える。

受付会場 受付会場2


ビルの殺風景な場所で受付完了。
こんなするなら、ゼッケン郵送すればいいのにね。

しかも、参加賞は別なところ(エキスポ会場)で配布している、とのこと。
エキスポ会場に来てもらいたいから、というわけでしょう。

エキスポ会場は近所の勾当台公園です。
東京マラソンに比較してはなんですが、ひどくサッパリしています。淋しい感じ。

エキスポ会場 エキスポ会場2

会場を1周し、玉こんにゃくを見つけたので、1本購入。
こんにゃくが普通(表面がつるつる)なので、幻滅。

違う屋台で追加購入し、友人Iの携帯に電話。

偶然ですが、友人Iは、この大会の関係者です。すぐに仕事中の格好で現れました。

友人I
4月で3○歳になった弾丸旅人の独身I

2011年の東京マラソン以来の再会を喜ぶ。
(銀座三越前の歩道から名前を呼ばれ、ゴールで再会したのです)


残務があるというので、しばしお別れし、付近を散策。
定禅寺通り、懐かしい。

大学1年のとき酒を飲んでいたら、歩道に止めていた自転車を盗まれて。
親に買ってもらった、かっこいいマウンテンバイクだった。
国分町交番で被害届をしているとき警察に「何していたの?」と聞かれ、
「・・・・・・・・・・・・・・友人と食事です」と答えたっけね、酔っ払って。懐かしや。

7.7km折り返し地点です。
定禅寺通り


仕事を終えたIと、牛タン屋に向かうも長蛇の列でギブアップ。
彼が行きつけのお好み焼き(広島風)にイン。仙台でお込み焼きとは、因果かな。

広島風

次々とビールを開け、焼酎に変更し、さらに杯を重ねるI。

一方の僕は、1本だけのつもりで注文したノン・アルコールビールをあれよあれよと追加。
最終的には6本も飲んでしまった。意外とイケます。


アパートに帰っても、話は尽きず、気が付いたら11時過ぎ。慌てて就寝。






マラソン当日の朝、関係者であるIに同乗しタクシーで会場入り。
かなり早く着いてしまったので、待機場所(ブロックB~D向け)はガラガラ。

待機上

こういうときに妻が居れば・・・・ということで妻におはようコール。
長電話は迷惑そうだったので電話を切って、なんとなく木陰に移動し再び一人で待機。
集まってくるランナーたちを眺めて過ごす。

東北弁がチラチラ聞こえたりして。
9時になると、だいぶ集まってきた。

待機中

そろそろアップするかなと独りゴチし、ジョギングを開始。
短パン・ノースリーブでも、動くと日差しが強くて、ちょっと暑い。まずい。


9時半になり身支度を完了し、荷物を預け整列したのがスタート20分前。
整列しながら日焼けをしてしまうほど、日差しが強い。まずい。
目標が明確にあるわけじゃなかったので、スタートしている間、ペースを考える。






暑さでグロッキーにならないよう、様子を見ながらペースアップすることに決定。
弱気な自分として最大の譲歩のつもりで、100分は切りたいな、とこっそり目標設定。
つまり後半は4:30/kmぐらいで走らないとといかん、と不安になる。


 定刻の10時5分にスタート。


スタート後、2kmぐらいで混雑が緩和し、走りやすくなった。
青葉通り、西公園、川内地区、広瀬通と非常に懐かしい、始めの5km。
気持ち良く走りました。

 スタート~5km  0:23:55


しかし、暑い。
体温が上がってポーっとしてきたとき、とても良いタイミングで給水所。
スポーツドリンクを飲み、水を頭からかぶり、スポンジで冷やし、元気を回復。

ケヤキ並木のおかげで定禅寺通りはとても快適。7.7kmで折り返し。
ダイエーを右折し、東二番町通りに出たとき、前方でランナーの列が大きく蛇行している。

よく見たら、大通りのど真ん中で高橋尚子ことQサマがハイタッチをしているではないか!

僕も蛇行の列に倣い、ハイタッチ!

 大声で「結婚おめでとう!」

Qサマの表情が少しだけ動きました。ふふ、作戦通り。

 5~10km  0:23:36


暑いけど、給水所で十分冷やすと意外と走れることを発見。
とにかく水を被ること、これに尽きる。

しかしながら、4:30を継続できないから、振り返ればガッツ不足かもしれない。


 10~15km  0:23:16


15km以降はビルドアップした、つもり、だったのですが、相変わらず平凡です。


 15~20km  0:23:22


競技場に入ったら楽しもう、と思っていたのですが、
急な路面の変化のせいか、あやうくふくらはぎが攣りそうになり焦った。


 20~Finsh 0:05:09


結局、ネットで100分は切れました。この時期としてはボチボチということで。 

 ネットtime 01:39:53



ゴール付近で仕事をしながら僕を待っていた友人Iに撮ってもらいました。

ゴール後


彼はマラソンに全く興味がないので、大会を通じて感じたのは、

 なぜ走るのか、理解できない

ということらしい。

ゴール後2

僕はかなり楽しみましたよ。



帰りの新幹線では、エスパルの地下で買ったアジアン風弁当とビールを楽しみました。

弁当


いやはや、慌しい週末でした。
2012.05.13 仙台土産
仙台国際ハーフマラソンに行っていたのりのりさん、
真っ黒に日焼けして帰って来ました。

10時05分スタートのレースに出て、
13時過ぎの新幹線に乗って帰るという分刻みのスケジュールでしたが、
お土産はしっかり買ってきてくれました。

仙台土産

伊達の牛たん本舗の味付け牛たん塩味
南部せんべい
榮太楼のなまどら焼き
かんのやのゆべし
ふじや千舟の支倉焼

牛たんはさっそく夕食にいただきました。
コリコリして美味しい。
しっかりした塩味なので、私は焼肉屋さんで食べるようにサラダ菜で包みましたが
「牛タン屋ではそうは食べない」とか。そうなの??

南部せんべい。耳の部分が一段と軽くて、つい周りだけかじりたくなります。
生どら焼き。最近どら焼づいています。冷蔵庫でよく冷やして頂きましょう。
「ゆべし」は細長いものでくるみの入ったものをよくお土産でいただきますが、
かんのやのものは、あん入りで形も独特ですね。

支倉焼、これは初めて見ました。
「支」が「文」に見えて、「ふみくらやき」と言ってたら
「ハセクラ!支倉常長(はせくらつねなが)、名将でしょ!」と言われました。
へ~、知りませんでした。
伊達政宗がサン・ファン・バウティスタ号でエスパーニャに遣わしたんだそうです。

材料を見ると、白あんやバターとあるので、
ままどおるや博多通りもんに似たものを想像したのですが、
バターは強すぎずあっさり、生地もほろほろっとして素朴です。
好き好き、この感じ。
のりのりさん、よく分っていらっしゃる。

支倉常長と何の関係があるのかと思いましたが、
バターと卵と白あんの和洋折衷具合と、
エスパーニャやローマまで訪れた支倉常長とを重ね合わせたということなのですね。
勉強になりました。

さて、肝心の仙台国際ハーフマラソン。
レース結果と内容は、本人の報告を待ちたいと思います。

仙台国際ハーフマラソンに出場するため、単身仙台にやってきました。

001

当日受付が出来ないので、やむを得ずの前泊です。

ただ泊まるだけじゃもったいないし、
といって友人と国分町で飲み明かすわけにもいかず。

震災以降、ずっと気になっていた場所へ。

レンタカーを借りて行って来ました。

カーナビに目的地をセットし、何百回と通ったルートそのままに。

新寺通り、六丁の目交差点を左折。国号4号を下る。
利府街道に降りて、松島方面へ。

松島水族館前の交差点で国道45号線にぶつかる。

002


当時も言われていたけど、松島は目立った被害がないようです。
松島中心地を過ぎたら、奥松島方面に右折。

ドキドキしてきた。

この道を走るのは随分久しぶりだなあ、と思うけど何年ぶりかも思い出せない。
15年は経っているかな。
かつてもこんな菜の花畑があったかなあ、思い出せない。

003

東名という地区がある。
野蒜海岸がオフショア強風で乗れないとき、何度か乗ったっけ。

その東名の手前。
JR仙石線の高架を越えたとき。

やはり、そうだったんだ。

004

東名浜の曲がり角。見るも無残な風景。

記憶は曖昧だけど、住宅が立ち並んでいたはずだった場所も。

005


カーナビに案内されなくとも、風景が変わってしまっても、
何百回と右折した野蒜海岸に向かう交差点は覚えていました。


そこに何があったか覚えていないけど、
006

ここに何かがあったことは覚えています。
007


ウインドサーフィンの道具を保管していた艇庫があった場所も。
015

今は何もない。


野蒜海岸に沿って、松並木があったけど、無くなってしまった。

009 008


砂浜に乗り入れるところに、かつて駐車場があった。
010

入口に管理事務所のようなものがあり、おやつとかを売っていたっけ。

天候が急変し、オフショア突風に流された後輩を救出するため、
事務所に駆け込み、近くの漁船に出動を依頼したっけ。


1km以上も砂浜が続く野蒜海岸。

012 013

ありすぎるぐらい、7年間の思い出があります。

5月の連休が過ぎたこの時期は、寒さの緩み、風が強い日が多く、
毎年心待ちにして通っていました。

石巻に向かってポートでかっ飛ばし沖でジャイブ。
スタボーはなるべく上り気味で走って、皆の見ている目の前でジャイブ。
飽きることなく繰り返していました。

今日もその、強い北東の風が吹いていました。


ただただ、悲しい気持ちになりました。


明日は思い出の仙台を駆け抜けることになっています。
どうなりますことやら。
最近の我が家での懸案事項は
「日食メガネ、どうする?」です。

首都圏で実に173年ぶりに観測される金環日食。
5月21日の7時半頃、リングを最も美しい状態で見ることができる「中心線」が、
横浜を通るのだそうです。
残念ながら、私たちの区はその中心線上にはないそうですが、
それでもお天気が良ければ見ることができるのは確か。

そこでメガネなのですが。
近所のスーパーにもレジ前にずらり日食メガネが並んでいました。
のりのりさんに報告すると
「でもな~、雨降ったらな~。」
そう言っているうちに、安い方のメガネは売り切れてしまいましたよ。
何を渋っているといって、1個1,000円くらいのことなのですが。
でもー、1個のメガネで交代しながらよりは同時に見たいし。

市の広報でも、トップの話題は金環日食とメガネ。
日食めがね
子供向けのイベントだと、材料費200円でメガネが作れるんですよねー。
大人ふたりで参加できる雰囲気じゃなさそう。

いやー、ケチくさい話ですがまだ保留になっています。
(先日のイカは一杯8,500円だったというのに。)



本日のおやつ。
どら2
会社でもらった特大どら焼き。
ひとりで食べるには大きすぎて持って帰りました。

どら1  どら3
右は昨日のりのりさんが買ってきたローソンのどら焼き。
重さを量ったら200g以上ありました。
なんでこんなに大きく作ったのでしょう。
連休中、文庫版『運命の人』を運良くブックオフで見つけ、
しかも200円均一フェアだったため、速攻で購入しました。

TBSドラマ終了以降、首を長くして待ってました。
早速、通勤電車で読みふけっています。


さすが豊子様、映像に負けずリアルで緻密な文章に引き込まれています。

しかし、どんなに描写記述が上手でも、ドラマで演じた俳優を想像してしまう。


主人公の新聞記者、弓成亮太はモックン。
小説の印象はもう少し上背があり、ガッチリしている印象。知的な照英 といった感じ。


その妻、由里子は松たか子。
もう少し古風で美人タイプな感じもするけど、ほぼ適役か。


そして、外務審議官付き事務官で機密情報をモックンに渡していた、三木昭子は真木よう子。
小説では、もっと謎めいているけど、色っぽさではパーフェクト。賞賛。
異論はあるだろうが、密かに情を通じてしまったモックンを責めることはできない。



豊子様の他作品と同様、フィクションでありながら、事件そのもののみならず、
それぞれ、モデルになる実在の人物がいると言われている。

 ウィキペディアより

へー、と感じることばかり。

いい人、大森南朋が演じるナベツネも若いときには政治部の記者だったのだ。

真木よう子に裏切られた外務審議官を演じた、石橋 凌(元A.R.Bボーカル)。
この人のモデルは、安川壮という九州の旧財閥の御曹司だとか。
アメリカ大使を務めている。

そのパパがとても著名な人らしい →安川 第五郎

安川電機ってニューイヤー駅伝で走っているし、日本原電の初代社長だったりする。


いよいよ、最終3巻に入り、豊子様得意の法廷シーンが続きます。
緊張感が伝わってきます。さすがにお上手です。

本日のごはんは
ハヤシライス
数日前にのりのりさんがしきりに食べたいと言っていた、
ハヤシライスにしましたー。

今日はルウは使わず、炒める前に牛肉にまぶした小麦粉でとろみづけ。
冷凍してあった、茹で鶏を作った時の茹で汁を使ったので
ルウなしでもけっこう旨味がありました。

サラダは、アボカドとグレープフルーツ。
ホワイトを買ったつもりがルビーグレープフルーツでした。
ちょっと甘すぎたかも。

サラダといえば、
5月8日は俵万智さんの『サラダ記念日』が発行された日なのだとか。

歌集としては異例のミリオンセラーで話題となったそうで、
話題になっていることは分っていても、
「サラダ記念日」がどのくらい衝撃的なのか
「短歌」も知らない子供だった私はさっぱり分っていませんでした。
今では『チョコレート革命』に出てくる歌など、ふと思い出して
口にしてみることもありますが。


『サラダ記念日』の中では、これがダントツ好き。

 「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ


季節はずれで失礼しました。
連休が終わってしまい、久しぶりにサラリーマンしてきました。

一昨日のイカ釣りのおかげで日焼けし、ガン黒マスクで出勤しました。


ひとしきり仕事をした午後、サーファー先輩Tと連休中の思い出トーク。


 僕 海行ったんですか?

 先輩T うねりが強い日が多かったね。けど腰が悪くて行ってない。

 僕 たしかに、5日は天気が良くてうねりも入っていました。イカ釣り行ってきたんですよ。

 先輩T 釣れた?

 僕 ええ・・・(持っていた定規をかざし) こんなサイズ、1杯です。

 先輩T え? たった? 何時間やってたの?

 僕 朝6時から13時まで。 ワタ抜いたらこんなもんでした(蛍光ペンをかざす)

 先輩T いくらかかんの?

 僕 8,500円です。

 先輩T そんな高級なイカ、食べたことないなあ。


ヒデキチ丸のHPによると、本日7日、マルイカ絶好調だった模様。
イカは世の中が連休かどうか知らないからね、しかたない。



久しぶりのおおきに弁当、おおきにでした。

お弁当

本来なら、イカ飯だったでしょうが、ね。

今週末は仙台国際ハーフだから・・・5月末に再び行くかね。
今朝の天声人語はこんな始まりでした。

   「サザエさん症候群」なる言葉を初めて耳にしたのは随分前だが、
   今でも使われているらしい。日曜の夜6時半から人気アニメ「サザエさん」が
   放送される。その主題歌を聴くと翌日からの仕事を思って気分がふさぐ、という
   心理作用を言うそうだ

9連休したからといって「あー、明日は久しぶりに働けるわ、楽しみだわ」とはならず、
ばっちりサザエさん症候群です。

のりのりさんはそれを忘れんとするかのように、
連休最終日を精力的に過ごしていました。
ベランダにはハーブの苗を植えたプランタを設置し、
出しっぱなしのヒーターを片付け、
物置になりかけていた玄関のややこしいモノを一掃して拭き上げ、
ダウンジャケットを手洗い(正確には浴槽で踏み洗い)し、
ランニングシューズも洗い(私のも)、
おかげさまで家中かなりスッキリ、明るくなりました。

ヒーターと玄関のあれやこれやは
きっとのりのりさんがいつの日か片付けてくれるはず、と信じて
見て見ぬふりをしてきたわけですが。
オットを信じてきてヨカッタ。

そして午後の一番暑い時間帯に、ジョグに出掛けて行ったのりのりさん。
来週は仙台国際ハーフマラソンですね。
学生時代を過ごした杜の都を、快走できるとよいのですが。
鹿沼の悪夢?を払拭する走りを期待しています。


さっ、せめて甘いものでサザエさん症候群を癒そうっと。
柏餅
柏餅は、味噌あんも好きですが、一番は草餅のつぶあん。


今日は久しぶりの好天予報でしたので、
万を持して再びのマルイカ釣りに行ってきました。

 前回のマルイカ釣り

前回の釣果は15杯。
今回は控え目にいっても、30杯は釣りたい・・
と妄想しながら床についたら、興奮しすぎて昨晩は寝つきが悪かったです。


連休なので念のため早めに行動。
4時半過ぎに港に到着しましたが、すでに駐車場は大賑わい。

駐車場は朝から一杯
後ろの建物は有名なレストラン、ラマレードチャヤね。


今回も前回と同じく、葉山鐙摺港のヒデキチ丸を利用。
名簿に記入し、料金を支払い、釣座ワッペンを受け取って受付終了。

船宿
どの船宿も乗船する釣り人が多く、マルイカは5時前に全て満席だったようです。


着替えを済ませ、乗船したあとは仕掛けを取り付けて待ちます。
今日はソフトな抱き心地を狙って、おっぱいスッテを装着。
スッテ


船は定刻の6時前、オジサンたちの期待を満載して出航。良い天気だ。

出航


風もなく、うねりも低く、とても気持ちが良い朝です。富士山もきれいだ。

富士山


さきの3日間、荒天のせいでマルイカ船は出船を中止していたようで、
出船後はしばらく、七里ガ浜沖までウロウロとイカの魚影を探していた様子。
そのため、ほとんど竿を出してもらえない感じで、オジサンたちのテンションもダウン気味。

テンションダウン

出船から4時間。午前10時。
周りではポツポツ釣れていましたが、ボクはゼロ。
10時ゼロ

当たりがあるのに、乗せられない。
身切れして、ゲソだけ付いてくることしばしば。



気温が上がってきたので、カッパも上着も脱いで半そでになる。
ヨットも気持ちが良さそうだ。

ヨット


しかし、釣れない。
当たりはボチボチある。
乗せたとしても、巻き上げ時にバラスことしばしば。

とうとう、12時になってしまった。

12時


残りは1時間。

ドラグを緩め、身切れ対策をした直後、ようやく極小サイズを釣り上げた!

何とか1杯


しかし。
タイム・オーバー、13時納竿。


たった1杯の釣果に、ションボリして帰宅。留守番の妻も苦笑い。

早速捌いてみます。

たった1杯

ワタを抜いて。
内臓引き抜き

終了。
食べるとことが少ない

食べるところが少ない・・

青菜炒めをしようとしたのですが、あまりにイカが少ないので豚肉で嵩増し。

豚肉でかさまし


明日で連休は終わってしまう。
近場で半日アジでも釣ってスカッとするか、悩み中。

降り続いた雨も上がり、今日はお散歩です。
以前は走っても行きましたっけね(→)、金沢動物園。

家から遠回りをしながら歩いて1時間。

ちょうど、動物たちのランチタイムだったようです。
zoo1  zoo2
マーラ(テンジクネズミ科)にエサをやる飼育員さんと、食事をするマーラたち。
頭をつき合わせて一緒に食べたりはしないのですね。個別です。
ちょっとカピバラに似ています。近いのでしょうね。

ふれあい動物コーナーでは、羊やら兎やらが人気ですが、
片隅で
zoo3
豚さんお昼寝中。左の子は「ノリ」という名前だそうです。


zoo4  zoo5
二人が覗いているのは、同じ窓です。
中には、甲冑を身にまとった様なシロサイ。


こちらは、2月に入園、3月に公開になったばかりの、
zoo7  zoo10
オカピ
アシンメトリーな模様の脚が素敵です。


zoo8
カンガルー団子。
ぴょんぴょんはねる姿も愛らしいですが、
前脚、尻尾、後ろ脚の三点でバランスを取りながら歩く姿も
珍しくて面白い。

時々来ると、メンバーが変わっていたりして面白いです、動物園。


動物園を出てすぐのところにある人気のパン屋さんで買い物をしたあと、
本日のランチ。
zoo9
キノコとチーズのピッツァ、ノンアルコールビール。
この後とても辛いペンネアラビアータも。(撮り忘れ。)
食後もまだまだ歩きます。

歩きに歩きました。
5kmを超えると、走った方が早いから楽な気がします。
ランとは違う運動ですねー。


本日の晩ごはん
甘酢あん
先日冷凍しておいたメバルを揚げ、甘酢あんかけにしました。
じゃなくて、してもらいました。
のりのりさんは明日再び、釣りに出掛けるようですよ。

ダラダラの連休ですが、13日の仙台国際ハーフに向け、
それとなくトレーニングを継続しています。

昨日は季節外れの大雨に見舞われたので休みましたが、
今日も朝からグズグズの天気でしたので、気が乗らず。

こういう時には、横浜市スポーツセンターを利用し、
トレッドミルやステップで軽く有酸素運動をして汗を流していました。

しかし前回利用したとき、
トレッドミルの調子が悪いせいでランを何度も中断をさせらた挙句、

 『設定が早すぎるのと着地のフォームが悪いからかもしれません』

と言われ、オジサンのココロを傷つけられたので、利用したくない。


そこで、隣接する逗子市のスポーツクラブを利用してみました。

 逗子アリーナ


複数の体育室や会議室があり、建物はとても巨大です。
地下駐車場(利用者無料)付き。

逗子アリーナ

トレーニング室を初めて利用するときには、簡単な講習が必要になります。
中学生の男の子と一緒に10分ほど機械の利用方法を教えてもらいました。

トレッドミルは4台あり、横浜のに比べると図体も大きく走りやすい。
スピードを上げても(といっても12km/hほど)中断することなく利用できました。
当たり前のことですが。


また、大きなストレッチマットも置いてあるので、筋トレやストレッチもノビノビできました。
部屋が広いのでスペースにゆとりがあり、開放的。
以前通っていたスポーツクラブと遜色ないほど、利用しやすいです。

これで300円。
逗子市民じゃないけど、度々利用することになりそうです。

2012.05.02 インカ帝国展
本日のランチは、
インカ1  インカ4
レッドカレーとトムヤムヌードルセットと


インカ2  インカ3 
挽肉バジル炒めご飯とタイ風汁麺セット。

コカレストラン アトレ上野店のお得なランチセットです。
タイスキ(タイ風寄せ鍋)で有名なお店のようですが、
今日頂いたどのメニューも本格的な風味でした。
タイには行ったことがないので、他の東南アジア料理を思い出して、ですが。

さて、タイ料理のために上野まで来たのではなく、
メインイベントはこちら。
 
インカ5
国立科学博物館の「インカ帝国展」です。

珍しく、のりのりさんも一緒に博物館。
GW合間の平日、天気予報は大雨、人ごみを避けるなら今日しかない、というわけ。
しかも水曜日はレディースデイで女性は入場料が1400円のところ1000円に。

考古学、人類学、歴史学それぞれの視点からインカ帝国を捉えた展示です。
ちょうど一年前に訪れたペルーを思いながら見る様々な遺物も興味深いですが、
スペインによる侵略とその後の抵抗の歴史など
新たに知ることも多く、面白い内容でした。

みどころは4体のミイラ、中でも目玉は目玉の残っているミイラ。
エジプトで見たミイラは眠っている感じがしましたが、
インカのミイラとは、目と目が合いました。

マチュピチュのジオラマでは風景だけでなく、
ライトによって日の出から日の入りまでの光の当たり具合が再現されていました。
もうひとつの目玉、3Dスカイビューシアターは圧巻。
マチュピチュ遺跡をコンドル目線で体感できる迫力はリアルすぎて軽く酔いました。
ナレーションの玉木宏の声にも、酔いました。

堪能しましたー。
マチュピチュに行ったことのある人もない人も楽しめると思います。

雨の上野公園を、休憩する場所を探して歩くと、
今まで見たことのないカフェが。
インカ8   インカ6

上野の森 PARK SIDE CAFE
オープンして間もないようです。
外にはテラス席もあって、晴れていたらさぞかし気持ちの良さそうな場所。
ただ、晴れていたら今日のようにゆっくりは出来なかったでしょうが。
ケーキセットをフレッシュハーブティで頂きました。
料理も美味しそうだったので、ランチ時にまた来たいものです。


外は、次第に雨足が強くなってきました。
GWならもっとうじゃうじゃ人が歩いていそうなのに、
せいぜいが遠足の子供たち。(お気の毒さま……。)

「こんなに空いていることもないから、パンダを見て帰ろう」
そんなことも話していたのですが、ケーキを食べ終わる頃には
容赦ない降りっぷりに、おとなしく上野公園を後にしました。
でも、雨の割りにはよく動きました。そしてよく食べました。
GWも後半、まだまだ4日もありますね~。


2012.05.01 読書と散歩
横浜で普段どおりに過ごす連休です。

こういうときこそ、時間に追われず読書できるものです。
山崎豊子に少し疲れたので、ブックオフで何気なく手にした本でも・・・と読み始めたのが。


角田光代 『対岸の彼女』

対岸の彼女 解説

八日目の蝉であやうく泣かされそうになった作家さん。

公園デビューを失敗し、わが子と公園を転々とする不器用なお母さんが登場。
とある女社長の影響で生きがいを見出すお母さん。

しかし。
一見とても陽気な女社長の過去が、せつない。
伊豆、横浜、ラオス。あー、せつない。

彼女はココロの描写以上に、場所の描写がとてもウマイ。
キラキラの砂浜、列車が出発してしまったホーム、橋上から見た渡良瀬川。

また『八日目の蝉』というタイトルに納得させられましたが、
『対岸の彼女』も言い得て妙です。

久しぶりに一日で読破してしまいました。
それを見たともとも。

 『意外と女性もの好きなんだよねー』

そうです。
奥田英朗センセイが描く女性像が大好きですが、角田さんも引けをとらぬほど面白い。
やや批判的で辛口だけど、多様な市井の人を描きながら印象に残るシーンを自然と演出する感じ。
うまいです。

すかさず彼女の代表作を追加購入しました。

明日、あさっては雨のようだから、ランニングも釣りも出来なさそうなので読書三昧になりそうです。



予報は雨でしたが、晴れ間もあり暖かな日でした。
妻と近所を散歩してきましたが、花々が咲き競っていて春本番です。

ボタン さつき


おまけ。猫さんの後姿。

 猫さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。