昨夜は横浜・ベイクォーターにて女子会でした。
一見みんなドレスアップしているのですが、
スカートからのぞくふくらはぎは逞しく、
手首にはランニングウォッチ、
話題といえば旦那のグチでも恋バナでもなく
今シーズンの目標タイムと練習への意気込み―、という
ランナー女子会でした。楽しみました。

そうして私がフライデーナイトを楽しんでいる間に、
のりのりさんは一大決心をしていたわけです。


私たちを、海へ街へと風を切りながら連れて行ってくれたSRさん。
SR1

のりのりさんは朝、バイク買取業者に査定依頼の電話をかけ
最後にピカピカに磨きあげました。


そして、
あーるー晴れたー、昼ー下がりー、
バイク買いのおじさんがやってきて
SR2  SR3
SRさんはトラックに乗せられました。ドナドナドーナー、ドーナー。



SR4  SR5
なにやら書類に記入中ののりのりさん。道端にて。
売買完了。
バイク買いのおじさんは福島出身とのことで、
のりのりさん、親近感を覚えたようです。
愛車を扱ってくれるのが、感じの良い人でよかった。


SR6
最後のツーショット。


トラックは出発し、
SR7  SR8
角を曲がり、行ってしまいました。


朝、のりのりさんが業者に電話をしてからわずか数時間。
呆気ないほど、あっという間でした。
でも、思い出が多いから、これくらいパッ!と持っていってくれた方が
未練がましくならなくて良かったかもしれませんね。
さようなら、SRさん。
2012.06.29 さよなら SR
妻がラン女子会に出席しているので、独り留守番しております。
晩ごはんは、近所のすき屋でキムチ牛丼を食べました。

さて。

最近、乗っていないバイクを手放そうと決めました。
大学1年の夏に中型免許を取得し、秋に新車で購入した(してもらった)ヤマハSR400.
あれから20年以上がたちました。

これまでも何度か手放そうかと思ったのですが、
思い出が多すぎて、なかなか決断できませんでした。

ともともとを乗せて、いろんな場所にも行きました。
特に2010年の夏は、時間があるけど金欠気味でしたので、バイクばかり乗っていました。

 2010年7月10日 磯遊び

 2010年7月25日 福富町

 
バイクを手放すことを母にメールで伝えました。
当時はバイクは危ないから強く反対されました。
そんな母親の返事、

 18歳のときバイクに乗りたいと言われたこと
 一緒にバイク屋さんで選んだこと
 実家近所の神社で安全運転をお祈りしたあと、
 仙台に向けて出発した僕の後姿を思い出します。

時が過ぎたなあ、としみじみ感じました。シンミリ


ウイークデイでお疲れ気味のみなさんに癒しの映像、2連発。

まずは、横浜市某所の田んぼの写真です。
仕事で通りかかりました。
青々として初夏らしい風景だったので、つい車を止めて撮影してしまいました。

田んぼ 002_R


次に、去年の冬にノックアウトされた彼氏の夏バージョン。
 
 図書カード 夏のポスター

pc_1024_768_summar2012_R.jpg

いやー、かわいいわ。
とくに、鼻と手と耳な。眉間としっぽもな。もちろん目もな。ぜんぶやな。

世間ではあまり評価の高くないNHK「清盛」を、
我が家ではほぼ毎週見ています。
前々回、とても気になるシーンがありました。


相撲節会という行事で清盛が料理を担当するのですが、
そこで珍しい茶を後白河帝に出し、興味をひくのです。
なんだ、この茶は?と思っているところに
宋の女性が現れ、立ったままで、天目茶碗にお湯を注ぎ、
茶筅でサラサラとお茶を点てていました。

お茶って鎌倉時代に栄西さんが持って帰ったんじゃなかったっけ?
と思って調べると、問い合わせが多いのか、
プロデューサーによるこんなツイートが。少し長いです。

・茶は鎌倉時代に、宋より栄西が伝えたと言われておりますが、
 平安初期に茶が飲まれていたと言う記録もあり、
 宋船がゆきかう大宰府ならば、この頃に茶はあったはず!と解釈しました。
 いずれにせよ、清盛にとっては珍しいものだったと思います。

・後白河帝も、ここで初めてお茶を見たと思われます。
 お茶を入れる様子は、当時南宋で制作された、大徳寺所蔵
 『五百羅漢図』や『喫茶風景』を参考に再現しました。

・五百羅漢図やその他の資料では、朱塗りの天目台が多くありますが、
 黒の方が高貴であるとの事により、黒無地の漆塗りに、
 平家をイメージする蝶をラデンであしらった、天目台を特別に拝借させて頂きました。

・茶碗は特別に、大徳寺龍光院所蔵の国宝・南宋時代の曜変天目茶碗の代用品を拝借、
 お茶は奈良県茶筅組合に当時に近いものを再現しました。(原文ママ)


へー、なるほど。面白いですねえ。
ストーリーだけじゃなくて、時代考証とか見たらみんなもっと楽しめるのに。
あと、玉木宏。素敵やわー。



本日のお弁当
ぐじ弁
・ぐじ粕漬け(頂き物)
・海苔巻き卵焼き
・ピーマン(頂き物)ちくわにんじんのオイスター炒め
・塩もみ大根わかめ和え
・梅干(頂き物)

というわけで、頂き物弁当でした。

「ぐじ」というのは関西の言葉で甘鯛のことだそうです。
初めて聞きました。

「お中元」とのしのついた箱を開けると
ぐじ粕漬け
ぐじさんと目が合ってギョギョっとしました(さかなクンではない)。
お弁当に入れたのは、下半身部分。

フライパンにオーブンシートをしいて焼くので
グリルもいらないし、
酒粕のおかげか、冷めても身はふっくらでした。
次はこの上半身を熱々で頂きましょう。
僕も使っているfacebook。
朝日新聞の朝刊に気になる記事が載っていました。

『いいね!で始まる男と女 ~フェイスブック恋愛模様』

FB 008_R

艶っぽいタイトルにつられて読み始めましたが、かなり興味深い。

特に「タグ付け」機能による”浮気発覚”の可能性については、ヒヤリとさせられました。

FB 010_R


タグ付けを知らない人のために、解説します。

僕と歯科技工師のA子さん(23歳)がディズニーランドに行ったとする。
妻には、休日出勤と嘘を付いているとする。

A子さんがfacebookに僕と一緒の写真を公開したとする。
妻とA子さんがFB上で友達でも無ければ、基本的には見つからない。

しかし、A子さんの写真上の僕に誰かが「タグ付け」、
つまり”この人は誰々(僕)です”とマークすると、事態は急変します。
誰かとは、リアルの僕を知っている誰か。

すると、妻のfacebook画面にディズニーランドで若き歯科技工師と楽しんでいる夫の写真が掲載される、
というわけです。万事休す。

この記事で私が学んだことをまとめると、


 ◆タグ付けするときには、本人の了解を取る。
 ◆妻じゃない女性との写真をfacebookに公開されないように注意すべし。
 ◆妻じゃない女性とディズニーランドに行くべきじゃない。


また、facebookで自分の経歴として出身学校を登録すると、
同窓生を「友達候補」として紹介してくる機能があります。

ここでも、落とし穴がある。
つまり若き頃の元交際相手と再会する可能性が高くなる、という危険。

facebook上で「友達」になってしまったら、事態は悪化するでしょう。
妻に対しては、facebook上の異性の新しい友達を「昔、部活で一緒だった人だよ」と嘘を付きつつ、
『メッセージ』機能を使って、非公開で連絡を取り合う。

最終的にはバレて、万事休す。



殿方のみなさん、お気をつけて。

2012.06.26 思い出した!
昨日の横浜は最高気温21℃と肌寒いような一日でした。
そこで夕食には豚汁を準備。
たっぷりの根菜と七味で、あー、あったまる、と夕食を終えたのです。

その後、後片付けをしてくれているのりのりさんが
「余ったけんちん汁どうする?」と聞きます。
「そのまま冷蔵庫に入れておいて~」と返事しながら
けんちん汁?そういや食事中もそんなこと言ってたけど、豚汁よ、トン。
だいたいけんちん汁って、おすましやんか、と思っていました。

さらにその、数時間後。
なぜだか夜中にふと目が覚めた瞬間「あ!」と声が出そうになりました。

豚肉、入れ忘れてた。

私の豚汁の作り方は、
豚肉以外の材料をだしまたは水と少しのお味噌で柔らかく煮てから、
下茹でして余分な脂を落とした豚肉を入れ、お味噌を溶いて出来上がり、
なのですか。

豚肉を入れる過程が、すっぽり抜けていました。

つまり、具沢山根菜汁。肉なし。味噌仕立てのけんちん汁。
地域によっては(のりのりさん実家など)、まさにけんちん汁そのもの。あちゃー。

……ということをなぜ夜中に突然思い出したか
そもそもなぜ食べながら気づかなかったのか、なぞ。
まだらボケか?!ボケ封じのお参りに行かねば。


それにしても、
豚肉なしの豚汁がメインだったため、
動物性たんぱく質がちくわ一本だけというのは、
働き盛りの男性の夕食としてはいかがなものか。


本日のお弁当は
たんぱく質
牛肉ときのこの旨煮などで、たんぱく質をしっかり補給してもらいました。

既に昨日の料理報告にありましたが、日曜日のシロギス釣りは大成功でした。

これまでの2回、手漕ぎボートと乗合船でシロギス釣りの難しさを思い知らされました。
そこで、やれることを準備してきた。

まずは、タックル。
錘を軽くし、集魚効果があるものに変更。
天秤も軽量で誘導式を購入。
そして、正しいエサのつけ方も研究した。
しかも、昨日は風が無く、当たりが取りやすかった。


そして、ようやく、ようやく、結果が出たわけです。



釣り始め、1時間はこんなゲストばかりでした。
写真はヒイラギさん。

熱田さんとシロギス 001_R


前回の反省を生かし、大きく場所を移動せず、しかし、同じ場所に粘りすぎず。
フレッシュなシロギスとの出会いを期待して、手間をかけてコツコツやっていると。

熱田さんとシロギス 008_R

サイズは小さいけど、釣れ始めた。
前当たりから本当たり、合わせがうまく行くようになると、どんどん数が伸びてきた。


昼を食べようと、辛ラーメンにお湯を入れて待っている間も、
起き竿に当たりがきてしまい、ゆっくり食べる暇がないほどの盛況ぶり。

熱田さんとシロギス 009_R


同乗した先輩Aさんにも、大型シロギスが釣れていました。

熱田さんとシロギス 005_R


シロギス釣りはとにかく楽しい。コツコツと気持ちがいい当たり。
さらに、手漕ぎボートを自分自身で操舵しポイントを探るのが楽しい。

これからトップシーズンですから、あと何度か行きたいです。
ま、留守番の妻には悪いですが、キス天で誤魔化すしかないですね。




今週も早朝からシロギス釣りに出掛けたのりのりさんです。

正直、最近は釣果が芳しくなく、
釣りブログなどで他人様の釣果を数えてはため息をつく日々でした。
なので、私も過剰な期待はせずにいたわけです。
(あんまり大漁でも困る、ということもありますが。)

午後、所用のついでに散歩がてら、
のりのりさんが漕ぐボートが見えそうな海辺まで行き、
「どない?」と電話をかけてみました。
すると最近の経過報告では聞かれなかった明るい声が返ってきました。
ちょうど近くで釣っているそうで、沖の方に目をやると
大きく手を振っているおじさん発見。


その2時間後。

シロギス1
ベラとかイシモチとかの混じらない、シロギスだけの首塚。
なんと、25匹の釣果。上機嫌。

包丁さばきも
シロギス2  シロギス3
板についてきました。


夕食はお決まりですが、天ぷら盛り合わせになりました。
シロギス6  シロギス7
最近こういう写真が多いですが、
毎日揚げ物ばっかり食べているわけではありません、念のため。
いろいろ調べても、キスは何といっても天ぷらが美味しいようで。
左の大きめは勿論、小ぶりな方も身はふっくら。
天ぷらの腕も上げましたねえ、のりのりさん。


加えて今日はこんな変わり種も。
シロギス4
針に引っかかってきたのだとか。
一緒にボートに乗った先輩Aさんが詳しく、
ひと目で「アカニシ」だと教えてくれたそうです。
フチが赤いからアカニシ?

見慣れない貝ってちょっと怖い気もしますが、グリルへ投入。

シロギス5  シロギス8

恐る恐る齧ると、美味しいわ、コレ。
天ぷらのにおいと、アカニシの焼ける磯のにおいとで、
まるで磯料理自慢の旅館みたいでした。

いやー、ご馳走さまでした。

ところで、曇りだと油断して帽子をかぶらなかったのりのりさん、
すっかり日焼けしてしまいました。
アカニシみたいな色になっていますけど、大丈夫ですか?






朝日新聞で気になる特集が掲載されました。

毛沢東 007_R

 中国の次世代の指導者候補、簿が失脚して2ヶ月余り。今、中国政治で何が起きているのか。
 今年秋に刷新される最高指導部は13億人の超大国をどうかじ取りしてゆくのか。
 「天安門事件以来、最大の政治事件」といわれる簿の事件を端緒に、「紅色」を旗印にする
 中国共産党の権力構造に迫る。



とても良いタイミングの記事なので、穴が開くほど読み返しました。

薄熙来(はく きらい)のスキャンダルは闇が深いようです。

 薄熙来スキャンダル

日本市民の僕が、事件の真相・真実を知ることはきっと適わないのでしょう。

秘密とか、内緒とかいわれるとますます知りたくなるものです。
しかしながら、背景と言われる中国共産党の権力構造などについて、知識が無さ過ぎる。

まもなく「政治局常務委員」になるほどの権力者のスキャンダル、
というのがピンと来ないから、事件の奥深さが見えていないはず。

そこで。
一昨日紹介し、図書館で予約した本を読みふけっています。

毛沢東 006_R

決して、毛沢東の言葉をまとめた「毛沢東 語録」ではありません。秘録。

冒頭には、毛沢東死後に起きた「四人組失脚」という政治事件が綴られています。
これは面白い。
歴代の政治局常務委員リストをみると、
この事件がその後の改革開放路線の始まりだそうで。

当分、中国共産党の権力変遷の歴史にハマリそうです。


2012.06.22 在庫一掃

今週のお弁当。

月曜日
0618ムネ弁
・鶏胸肉と玉葱のオイスターソース炒め
・青海苔卵焼き
・人参とカニカマの胡麻マヨ
・胡瓜の炒め漬け


今日
0622ハラス弁
・ゆでハラス
・おろし人参とゴマの卵焼き
・いんげんの生姜醤油
・鶏の南蛮漬け

以上、2回だけでした。

重曹に漬けた後冷凍しておいた鶏胸肉とか、
いつだか4切れ入りを買って食べない分を冷凍しておいたハラスとか。
鶏肉は晩ごはんにも使ったので(南蛮漬け)、
おかげで冷凍庫がスッキリしました。

梅干は去年漬けたもの。
今年もそろそろ、梅仕事。
去年買った南高梅は粒が大きくて、
お弁当でもおにぎりでも、半分にちぎって使っているので
今度はサイズの小さいものでもいいかな、と思っています。


さて、冷凍庫がスッキリしたので、
日曜日に釣りに行くというのりのりさんが
大漁のお魚を持って帰っても、保存スペースは十分にあります。
と、プレッシャーをかけてみたりして。
どうなりますやら。






2012.06.21 大地の子
今朝の朝日新聞朝刊の気になる記事です。

 中国の印象、日本人8割「良くない」 共同調査過去最悪

アンケートを主催したNPOのHPに詳細がありました。

 言論NPOの記事


実は私、中国ブームの兆しがあります。
きっかけは、これ。山崎豊子先生著 大地の子。

大地の子 001_R

現在、2巻を読み進めています。
歴史に翻弄される日本人のドラマです。

毎度のことながら、豊子先生の著作では、ドラマの背景に興味を持たされます。
この作品で興味深いことは、太平洋戦争後の中国史。

共産主義国家建国から現代に至るまでの史実を知りたい。
文化大革命って?
日中国交正常化の背景とか、その影響とか。

早速、図書館で予約してみました。

 毛沢東 秘録

明日、受け取ってくる予定。楽しみです。

中国の歴史って、意外と知らないのですよ、皆さん。
特に政治権力の趨勢は面白そうです。
2012.06.20 台風の爪痕

昨日の台風が嘘のような快晴となりました。
が、台風は爪痕をはっきりと残していってくれました。

ベランダのプランターを見ると、
塩害しそ
あんなに元気だった大葉の、
葉という葉が周りから黒くなっています。

少々放ったらかしでもグングン伸びる、
生命力の強いミントも
塩害ミント
このとおり。

やられたー。塩害。

そういえば、昨年の台風の後もプランター全滅したのでした。忘れてた。
海が近いと、こういうこともあるのですね。はあぁ。

できるだけ早く真水で洗い流した方がよいというので
ジャブジャブ洗うように水をかけましたが、
生き返ってくれるでしょうか。
大葉もミントも活躍してもらうのはまだまだこれからなのにー。



本日のランチ。
ペスカトーレ
ペスカトーレ。
たまにはおひとりさま外食も良いものです。

2012.06.19 新GARMIN購入
ボクのランニング生活を支えてきたGARMIN Forerunner 405.

garmin 004_R

ランニング用のGPSウォッチとして爆発的に売れた商品です。
マラソン大会の1km地点で、何人ものGARMINが「ピピ」と鳴動するほど。

2009年7月に購入して3年。
走るときにはずっと一緒でした。

このところ充電具合が思わしくなく、満充電しても1時間半ほどで使い切ってしまう。
先日ジョギングしていたら、15kmほどで電池切れしてしまった。
これでは、フルマラソンだけでなく、ハーフでも使えない。


そこで、新入りを購入しました。

garmin 001_R

GARMIN Forerunner 405CX
405のマイナーチェンジモデル。
日本語版は発売していないそうです。


今日の夕方から荒れ狂っている台風4号も今夜には通過し、
その後追いかけてくる台風5号も、金曜日には通過するそうですから、
週末は新しいGARMINでロング走をやってみようと思います。


台風が直撃しているので、横浜はたった今、大荒れです。

昨日は、西湖から戻ってからも大忙しの一日でした。
帰宅して腰を落ち着ける間もなく、
大会会場のぬかるみで泥まみれになったシューズを洗い、
車を、期限ギリギリの車検に出し……、
つまり、忙しくて大変だったのはのりのりさんだけなのですが。

何をそんなに慌てていたかというと、
BS1で18時から放送の
「BS1スペシャル
 激走!富士山一周156キロ ウルトラトレイルマウント・フジ」を
見たかったから。
レコーダーのない我が家、
どうしても18時にはテレビの前にいなければならなかったのです。
ちょっとお行儀悪いですが、
リビングで食事をしながらの鑑賞となりました。

ロードのウルトラマラソンも出る勇気のない私には
それをトレイルで、しかも100キロではなく100マイルもなど
まったく想像もつかない世界です。

番組は、episode1でトップランナーの闘いを、
episode2では制限時間48時間での完走を目指す市民ランナーたちの奮闘を追うものでした。
特に、48時間の制限時間での完走を目指す市民ランナーたちの
ほぼ不眠不休での闘いには、息の詰まる思いでした。
親子で参加したお父さんの、どんなに大変な場面でも
決していやな顔をせず笑顔で取材に答えていたのが印象的でした。
走れるのが嬉しくて仕方ないとでもいうように。

ハセツネ(日本山岳耐久レース/長谷川恒男カップ )や
チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンの経験のあるのりのりさんは
またしても悪夢が蘇ったのか顔を歪めながら見ていました。

この変態さん人たちに比べたら、
数回フルマラソンを走っただけの私なんて、可愛いものですね。
ヒヨッコ、ヒヨッコ。



さて、今年もこの季節。
さくらんぼ2012-1
福島からさくらんぼを送って頂きましたー。甘ーい。

けれど、同封のこんなペーパーを見ると
測定結果
やるせなくなってしまいます。

早朝は予報通りで、雨でした。

駐車場に限りがあり道路も狭いので、毎年渋滞する、
ということらしいから、7時半前に出発しました。

会場付近が少し混雑していましたが、何とか駐車できました。
前日受付をしていて良かった。。

前日からの雨のせいで、駐車場の競技場はドロドロにぬかるんでいました。

西湖ロードレース 001_R

しばし車中で待機。雨は降ったり止んだり。
天気と同じく、気が乗らない。
走らない妻は「気ー、楽やわー」とお気楽な様子。

スタート50分前。
走りたくない気分を吹っ切るため、アップジョグを開始。
体調は良さそう。

スタート20分前、スタート地点に移動。
スタート地点は、駐車場から500mほど西湖側に下った場所にあります。

西湖ロードレース 004_R

到着すると、1周コースのランナーが整列していました。

西湖ロードレース 010_R


9:10、1周コースのランナーがスタートしていき、僕たち2周ランナーの整列。
スタートラインに整列。妻としばしのお別れ。

西湖ロードレース 008_R


9:20、2周コースの号砲。
僕はこの地点よりも少し前でスタートしました。

西湖ロードレース 010_R


スタート位置が良かったようで、渋滞もなくスムーズに入れました。
まー、暑いこと。
2km手前、5km手前の2ヵ所のエイドで水を大量に被りました。
少し抑え気味、予定通りのペースで走れたけど。

 スタート~5km 24:37

西湖の北岸に入ると、天気が回復してきて陽が差した。
しかも、追い風気味なので、暑いこと、暑いこと。
しかも、7kmのエイドでは、間違ってアクエリアスを被ってしまい、上半身ベタベタ。

9km過ぎ、応援している妻に再会し、元気チャージ。

西湖ロードレース 026_R

1周のランナーたちとお別れし、2周目に入る。

西湖ロードレース 031_R


暑さで朦朧としていたせいで、気がつけば、いい匂いがする女子ランナーの後ろを走っていました。
この5kmは少し時間がかかってしまいました。

 5~10km 25:28

エイドの度に大量の水を頭から被って、何とか走行していました。
14km過ぎ、いい匂いの女子が少し遅れだしたので、無念の別れを告げました。

ペースを上げたつもりでしたが、それほど上がっていませんでしたね。


 10~15km 25:05

天気予報通り、晴れ間も出てきてかなり気温が上昇してきました。
富士山も美しく。(撮影は妻)

西湖ロードレース 021_R


ラスト1kmは上り坂です。
上り坂、暑さが嫌いな自分に喝を入れて、ボチボチ上って、ようやくゴール。

西湖ロードレース 064_R


 15~ゴール 28:12


ゴールタイムは1時間38分ほど。まー、こんなもんですか。
しかし、夏のレースは辛いけど、何だか楽しい。

西湖ロードレース 066_R

妻と芝生に座り込んで、おしゃべりしたりうどん食べたり。
天気が良くなり、応援の人たちも半袖姿でした。

西湖ロードレース 069_R


初夏らしい、開放的な大会でした。
来年も参加してしまいそうです。
明日は西湖ロードレース。
今日もお天気は良くありませんが、
雨で良かったことは渋滞知らずの高速道路。
シーズンオフということもあるのでしょうが、
一度もジリジリすることなく2時間ちょいちょいで河口湖まで
やって来ました。

で、
saiko3
これは何でしょう。

変形ドームの内側は
saiko1
こ洒落た感じ。


ほうとう屋さんの「ほうとう不動」です。
saiko2
ほうとうはやっぱり美味しいなあ。食べ飽きないです。
大阪のやわらかいおうどんも美味しいけど、
いつまで経っても伸びないコシの強いほうとうも好きです。


宿は定宿になりつつある、K’s House Mt富士。
saiko4
早く着いても、お部屋の掃除が終わるまでリビングで過ごせます。
勝手知ったるこのリラックスぶり。


西湖ロードレースは、
大規模な大会ではありませんが、事前受付もできます。
saiko7 saiko6
会場は西湖の野鳥の森公園。
のりのりさんは、この景色に
チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンの悪夢が蘇ってきたようです。
ええ、私もここはよく覚えていますよ。
何時間も過ごしましたからね。


メインは明日のレースですし、
生憎のお天気で富士山の姿も拝めないので
特に観光をするでもなく、宿の近所を散歩して、
saiko5
スーパーで買出ししてみたり。

スーパー?
そう、夕食は自炊ということになりました。
ほうとうはお昼に食べてしまいましたからね。

宿のキッチンは、いろんな国から来た人たちが自炊する
エスニックな香りに満ちていました。
あー、食欲が刺激される。

saiko8
↑フライパンをふるのりのりさん。


本日の晩ごはん。
saiko9 saiko10
豚キムチ炒め、大根ジャコサラダ、納豆、お味噌汁、パイナップル。
ほとんど普段どおり。

多めに炊いたごはんでおにぎりも握って、準備万端です。
明日の天気予報はやはり、雨。気温高め。
ゴールへと続く上り坂を、
のりのりさんがどんな表情で上がってくるのか、楽しみです。

クニマス発見で沸いている西湖で開催されるSAIKOロードレースに出場します。
湖2週=20.5kmにエントリーしています。

この時期に大会に出場するのは初めてです。
暖かいこの時期、旅行ついでに気持ち良く走れれば、とエントリーしました。

ところが。
梅雨本番のこの時期。天気は芳しく無いようです。

明日は確実に雨の予報。気温は低め。
マラソン当日の日曜日は、曇時々雨。最高気温は一転高温。
なんと!29℃。
暑さが苦手なので、どうせならシトシト降ってもらった方が良いかもしれません・・
手持ちで一番薄着のウェアと短パンをパッキングしました。


これまで何度かお世話になっている河口湖のゲストハウスを予約しています。
距離が20kmだし、なんとなくファンレースなので、気が楽です。
妻は、ほうとう、ほうとう、と繰り返し発言しています。
とても楽しみにしている様子。

どんなレースになることやら。


今晩は、自分が留守のときに頂いたカマスの塩焼きをいただきました。

サヨリ 003_R

妻の同僚の釣りキチたちは、ルアーで釣ったのでしょうかね。
カマスは群れるので、釣れるときには入れ食いになるとか。

入れ食い・・・とても久しいので、忘れてしまった・・うらやましい。

今、読んでいるのは
『世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア横断2万キロ』
(新潮文庫/下川裕治)
ユーラシア1

下川さんの旅行記は大学生の頃よく読みましたねえ。

多くの旅人がそうかもしれませんが、
まずは『深夜特急』(沢木耕太郎)で一人旅がしたい、と思うようになり、
一人旅をするにあたって私が参考書的に手に取ったのが
下川さんの『アジア赤貧旅行』などの旅行記でした。

ただ、とにかく細かいエピソードの連続で、
現地に行く前から路地裏まで見た気になってしまうので
そのうち先入観を避けたくて読まなくなったのですが。

久しぶり(十ウン年ぶり?)に手に取ったのが、こちら。

   鉄道でユーラシア大陸を横断できないだろうか。
   そんな案が頭に浮かんだのが、災難の発端だった。
   

サハリンから間宮海峡を渡り、
シベリアの大地をのろのろ走る列車ではおばさん車掌の言いなりになり
中国では切符を取るのもビザを取るのもひと騒動、
駅という駅で何時間も待たされ……。

中国の旅はストレスが多そう。
カザフスタンでは警官にパスポートをチェックされるのですが、
次々にいろんな人が現れては立ち話をしていき、
その度にパスポートは閉じられ話が終わるとまた開くので
いつまで経っても作業が進まないという場面がありました。
これには自分も経験したいろんな国でのパスポートコントロールを思い出して
笑ってしまいます。


長距離バスにはよくお世話になるので
それこそ「最悪!」と言いたい体験もちょこちょこありますが
鉄道旅行はあまり経験がありません。
思い出すのはイランのヤズド~テヘランでしょうか。
あれは快適でした。懐かしいなあ、あの荒涼とした大地、大地、大地。


いまのところ、タイトルにあるような
「世界最悪の」体験は書かれていませんが
コーカサスではテロにあったりもするようです。

ユーラシア2

鉄ちゃん鉄子さんならより楽しめるかもしれません。

2泊3日の研修出張から戻りました。
座学だったので、実際は居眠りばかりしていましたが。

研修所には宿泊施設が併設しているから通勤も必要ないので楽チンです。
食事も食堂で提供されます。
ただ、研修受講生に若者が多いせいか、育ち盛り向けのメニューばかりです。
高カロリー、高タンパク、塩分しっかり、量も多め。

中年に適しないメニューばかりです。

全メニューを掲載します。


昨日の朝  アジ開き、笹かまぼこ2枚、ライス、味噌汁

昨日の昼  冷しうどん、チキンナゲット3個、ライス

昨日の夜  炒飯、ワカメスープ、串揚げ2本

今日の朝  肉団子3個、ツナオムレツ、ライス、味噌汁

今日の昼  メンチカツ大、ポテトコロッケ大、豆腐サラダ(1/2丁)、ライス、味噌汁


野菜は、主菜の下にひかれたレタスや脇に添えられるキャベツだけ。

しかも、おばさんがよそってくれるご飯が多いこと!
身長が大きな人は大盛りを食べる、と信じているようです。
慌てて少量要求しても、一般的なドンブリ飯。


そんな二日間を過ごし、帰宅していたボクを待っていたのは。
頂き物のカサゴを使ったアクアパッツァです。

出張帰り 001_R

やはり、我が家が一番、と改めて感じたわけです。


乗り換えで久しぶりに品川駅を利用したので、妻に手土産を買って来ました。

出張帰り 003_R

雅庵のわらび餅。

きなこの香りが強く、餅はプルンプルン。低カロリーな感じもよし。
おいしくいただきました。

私の勤務先には、のりのりさんを凌駕するような釣りキチさん達がいます。

職場の喫煙コーナーにはいつの間にか釣具店のカレンダーがかかり、
そこを部室と称して釣り談義やら作戦会議などをしているとかいないとか。

昨日出勤すると、そのひとりKさんに
「冷蔵庫に、カサゴとカマスが入ってるんで、持って帰って下さい」と言われました。
数人で西伊豆釣りの旅に出たところ、かなりの釣果があって配ってまわっているのだとか。

「爆釣だったんですね」というと
「ええ、まぁ。」と言葉は控えめですが
浮かんでくる笑みを抑えきれない、という表情。
この顔、どこかで見たことあると思ったら、
のりのりさんの釣り友、フランス在住のSさんとおんなじだわ……。
S君のイワナさん
↑Sさん。


さて、有難く貰って帰ったのはよいものの、
そんな日に限って、のりのりさん不在。
魚の下処理なんて、鰯か秋刀魚くらいしかしたことないし。

爆釣カマス

しかし、やるしかない。
インターネットで「カマス 捌き方」などと検索すると
You Tubeで動画がいくつもヒットするんですねー。便利なこと。
カマスは4尾も頂いたので本当なら開いて干物にしたいところですが、
動画を見ても板前さんらしき包丁さばきは目にも止まらぬ早業で、
私には無理そうと早々に断念。

とりあえず、ウロコとエラとワタだけ取ってしまわねば。
鰯や秋刀魚の煮つけの時のように、頭をパンと落として
ワタをひっこ抜くだけでもいいのですが、
カマスは塩焼きにするにせよ、なんとなく形として頭が残っていてほしいので
見よう見まねでエラをグリグリ取り除きました。
ここまではまだ楽でした。

問題はカサゴさんですよ。(関西で言う、ガシラ。)
同じようにやってみましたが、
背びれは刺さるしエラはちょっと引っ張ったくらいでは取れません。
再び、You Tube検索。そして、キッチンバサミ登場。
ハサミでバキバキ切り落とし、お腹もチョキチョキ切ってしまいます。
腹に手を入れたら、なんだかカマスみたいには生易しくない感じ。
ビロンビローンとしたものがいっぱいついてくるー。うわー。

もう、血のにおいでお腹いっぱいになってしまいました。

けれど、ちょっと試してみたいものがあったので
カサゴさん一匹に残っていただき、あとは冷凍庫へ。

試してみたかったのはコレ。
レンジで

レンジでチンするから揚げ粉
油を使わなくていいなら食べたい唐揚げ。

ビニル袋にカサゴと唐揚げ粉を入れ、ふりふり。
皿にキッチンペーパを敷き、カサゴを載せて数分チン。
見た目はまったくもって唐揚げになりました。

ただ、食べてみると、うーん、唐揚げ、風。
そもそも、「鶏肉以外にもどうぞ」とは、書かれていませんしね。
頭までカリっとさせてかぶりつくには
やはり油でじっくり揚げなければならないようです。
でも、ひとりご飯にはお手軽で良いですね。
それに、カサゴの身そのものはとても美味しかったし。

大きなカサゴだったので、全部は食べずに、
半身は今日の晩御飯に。こちらはトースターでチン。

のりのりさんには、どうやって食べてもらいますかね。

2012.06.11 資格試験勉強
今年も第1種電気主任技術者受験の申込を済ませました。
一昨年に初受験し1教科だけ合格し、
昨年は無事に2教科合格。

この資格はややこしい部分合格ルールがありますので、
今年残り1教科に無事合格すれば、一次試験突破となります。

一次試験に無事合格しても、二次試験があります。
一次試験に合格した場合、同じ年と次の年まで受験資格が有効なので、2回チャンスがあります。

この資格は非常に難しい数式などがでるので、中年の身にはかなり堪えます。
元々、数字をこねくり回すねが大好きなので集中できれば楽しい作業も、
日常から捻出した限られた時間で効率的に学ぶのは、なかなか難しい。

しかし、合格の暁に会社より支給されるお祝い金欲しさに、チャレンジするわけです。

一次試験は9月始めなので3ヶ月を切りました。
マラソントレーニングにあやかり、受験勉強を始動する準備をしました。


電験


明日から社内研修のため、現在電車で移動中ですが、
夜は暇なので過去問をパラパラ眺めて、勉強をしてみようと企んでいます。


横浜に置いてきた妻は元気やろか。
久しぶりに、ナツコさんとのお食事会です。
(ナツコさん:ボリビアはウユニで出会った旅人でハマっ子。ご近所さん。)
再会の地は、のりのりさんのお誕生日祝いをした、シェ・ナカ。

デジュネB(Bランチ)を頂きました。

冷たいオードブル
naka 冷オードブル
パプリカのムースにウニ、ほたてのジュレ。
メニューに載っていたのはスモークサーモンのマリネだったのですが
品切れしてしまったからと、恐縮しながらこちらを出してこられました。
むしろラッキーだったかも。


温かいオードブル
naka 温オードブル
リードヴォーの軽いラグー。
仔牛が乳を飲んでいる期間しか取ることができない、仔牛の胸腺のことだそうです。
ホルモンらしいとろんとした食感ですが、臭みもなくさっぱり。


本日のスープは、
naka スープ
グリーンピースのポタージュでした。
冷たくても美味しいかもしれませんね。


メインは、のりのりさんが
naka メイン牛
ケベック産仔牛ロースのポワレ。

ナツコさんと私は
naka メイン子羊
ニュージーランド産骨付き仔羊のマスタードソース。

パンのお替りも頂いてお腹いっぱいです。


お楽しみのデザートは
naka デザート1  naka デザート2
フランボワーズのソルベ、マンゴープリン、バナナタルト、ナッツのケーキ

ご馳走さまでした。
さて、今日のテーマはこの美味しいお料理ではなく、
GWにキューバに行ってきたというナツコさんの旅話です。
我が家でも、何度か話題になったキューバ旅行。

写真を見せてもらったら、もう私がイメージするキューバの旅、そのもの。
スペイン統治時代の建築物、古いアメ車、コーヒー農園、
ギターをつまびくおじいさん、踊る人々。

帰国後、スペイン語とサルサ(などの社交ダンス)を習い始めたというのだから
よほど楽しかったのでしょう。
そういえば、トルコで出会った旅人も、
南米・中南米に行くならサルサを踊れたほうが楽しいよ、と言ってたっけ。

お土産に
チェ
コインを貰いました。
さすがナツコさん、私のゲバラ好きをよくご存知で。


そしてさらに私たちが前のめりで喰いついたのが
オマケで持ってきてくれた新彊ウイグル自治区を旅した時のフォトブック。
カシュガル、という響きだけでゾクゾクします。
建物の幾何学模様、市場に並ぶスパイス袋、さばかれた羊肉。
「異邦人」を口ずさみながら歩きたいような町並み。
のりのりさんは、カシュガルからフンザを目指し、
そしてパキスタンに入るのが夢なのだそうです。
いいなあ、いつ実現するか分りませんが。いつか。
興奮してしまいました。
ナツコさん、素敵なフォトブックをありがとうございました。

これまでにたった1度しか行った事がない、近所のファミレス。

今週、その外壁に気になる内容の広告のぼりが。

 朝食バイキング 焼きたてパン食べ放題

妻も気になっているということが判明したので、早速訪れてみました。
早かったせいか、先客はチラホラ。

ブッフェスタイルです。
なぜかカレーなどもあるが、それはそれとして。

ココス朝食 003_R

見た目は地味なパンですが、食味は意外とアリです。
それに、朝からサラダを大量に食べられるのは、贅沢。
カレーをやめた代わりにシリアルとヨーグルトがあれば、時々通うかもね。



ところで、午後出勤しましたが、横浜駅周辺だけでなく最寄駅前にも制服警官の姿が。
最近の映像があれだけ公開されているのに、今のところ逃げ果せているようです。

誰かがかくまっているのか、既に横浜にはいないのか、
それとも、どこかに身を潜めているのか。
警察小説のように、刑事vs公安、警視庁vs神奈川県警、現場vs本庁など対立があったりして。
ホシをかすめるように接近しては離れていく捜査線。

今この時間も、もしかするとこの近くで、
追うモノと追われるモノの軌跡が交差していると思うと、
不謹慎ですが、ちょっと興奮します。逮捕は近いかね。

2012.06.08 走る広告塔

今朝の新聞でこんな記事を見ました。
ビブス
DeNAベイスターズが、市民ランナーに広告を入れたビブス(ベストのようなもの)を
着て走ってもらう「走る広告塔」を導入した、というニュース。
ハマスタでの試合がある日にランニングステーション「THE SPACE」を利用し、
ビブスを受け取って最低30分、みなとみらい地区などを走れば
内野指定席のチケット(ペア!)がもらえるのだそうです。

そういえば今年もハマスタに行こうという話は出ていましたが
まだ実現していません。
のりのりさん、ちょっとひとっ走り、行ってきてくれませんかね。
30分といわず、LSDでもいかがでしょうか。


さて、のりのりさんが楽しみにしていた(私もですが)
日本陸上選手権を見ています。
大阪は雨がじゃぶじゃぶ降っているのですね。
女子10000mが始まりました。
福士さんがぶっちぎる姿を期待していますが、
その福士さんにぴったりつけている吉川さんが
どう出てくるのか。
風がないとはいえ、このコンディション。
どんなドラマがあるのかと興奮してきました。




本日のお弁当
野菜多め
・ゆで鮭
・しらすと胡麻の卵焼き
・ひきな?ひぎな?ひきないり
・ピーマンゆかりあえ

今日は朝夕ともに走る予定がないので
カロリー控え目、野菜多めを心がけましたが、
かなりこってりと脂ののったハラスだったから、
どうでしょうか。


今日は都内で講習会に参加しました。
昨晩の不摂生により睡眠不足だったので、午前はほぼ睡眠学習。

研修は5時に終わったので、職場に立ち寄らずそのまま帰宅しました。
久しぶりに早めの帰宅。
妻がWOWOWで無料放送しているERを観ていました。最近はまっているらしい。
学生時代に深夜放送していたね、懐かしい。ジョージ若いし。


お弁当 003_R お弁当 004_R




夕暮れの天気が気持ちよいので、ジョギングに出掛けました。

5月20日の月例マラソン直後体調を崩し、
先週末から再びランニングを再開していますが、調子がイマイチ。
とにかく、走っている間ずっと胃の付近がとてもムカムカするのです。ジョギングなのに。
走り終わった後も、しばらくスッキリしない。

思い出すのは、去年の湘南国際マラソン前の体調不良。
あの時もこんな調子でした。
暑さが原因のような気がしますが、どうしたものか。


明日から、陸上の日本選手権です。→公式HP

見所は、1万m。タレント揃い。

 女子・・・・明日 20:05

 男子・・・・土曜 18:50

楽しみです。


明日も都内で講習会です。
川崎駅付近は、逃亡している手配犯を追う捜査員が群がっている様子。
帰りに途中下車してみようかね。


次に見られるのは105年後という金星の太陽面通過のため、
日食メガネを大事にとってありました。
しかし、残念ながらまたしても、雨。

お昼頃ようやく明るくなってきたので
メガネを持ってベランダへ。
太陽の形はハッキリ見えましたが、
風が強く、雲がカーテンのようにユラユラかかるので
金星確認ならず。
そもそも、太陽って普段感じているより
ずっと小さく見えるんですもんねー。
にわか「宙(そら)ガール」体験、終了。

さて、6月6日です。
今日はお茶のお稽古日でした。

芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われているそうで、
(茶道を芸事に入れるとお叱りを受けるかもしれませんが)
せっかくこの日にお稽古があるのだから気持ちを新たに、と臨んだのですが。
それはもう、まるで本当に今日からお稽古を始めたかのように
初歩中の初歩の初歩、「袱紗さばき」で何度もご指摘を頂いてしまいました。
肘の角度が、とか
手の甲の向きが、とか
指の位置が、とか、
あちらを正せばこちらが、という有様で。
自主練しなければ。



ナムル
渋谷・表参道Women’s Runの参加賞で貰ったナムルの素。
すっかり忘れ去られて棚の奥に眠っていました。
(モランボンは社長さんがランナーなのですね。)
明日はこれで、ピビンパにするかな。

2012.06.05 年金と老後
ネタが無いので、最近気になっていることを書きます。

自分には(何の根拠も無いのに)輝かしい老後が待っていると考えていました。
多くのの退職金を元手に海外旅行に行ったり、釣りをやったり。
生活費は年金以外だけでなく、専門を生かした割りの良いアルバイトによる収入が支えて。
あとは、健康で長生きするだけ・・・・と。

ところがここ数年、様々な現実に触れるたびそれは淡い夢だと気がつきました。
公的年金の受給額低減だけでない。
定年退職は65歳とも70歳とも言われている。遊べる期間が短くなる。
そもそも、割りの良いアルバイト、なんてものは存在しないようだ。
この辺の誤解は、少年~青春時代がバブル期だったことが要因だと思います。


一方、高齢者が増えている昨今、いわゆる有料老人ホームも多様化している。
新聞広告などで目にする『高級老人向け施設』には驚かされることが多い。

ホテルのような外観、有名料亭監修の食事、音楽鑑賞や旅行などのイベント・・・・
付加価値(+高コスト)を生み出すメニューやオプションは多種多彩。

そして、最後に驚くのはその価格。
首都圏の人気地区だと、入居だけで1億、月々20万円、なんて物件がある。


つまり、夢のような老後をハード面から支えてくれるのは・・・お金以外にない、というわけ。


そんな現実を知るにつけ、貯蓄に無関心だった自分が変化してきました。
これまで、人に言えないぐらいしか預金が無かった。

 このままじゃ、老後釣船にも乗れない・・・

という危機感が、そんな自分を変えた気がします。
具体的な方法は内緒ですが、結構積極的に貯め始めました。


ただ、貯めることを優先し過ぎるとツマラナイ生活になるからね、気をつけないと。



新聞で紹介されていたので図書館で借りてみたら、嗚呼おもしろや。

木下是雄著 『理科系の作文技術』

理系本 001_R

ブログを書くことも文章を書く訓練になっています。
先月、テレビで映画版を見て、読んでみました。

トヨトミ
『プリンセス・トヨトミ』(文春文庫/万城目学)


内容を知らずに映画を見たら、
なんとも懐かしい大阪の空堀商店街が舞台!
高校時代3年間、この「空堀商店街」を通って通学していたのです。
その後も教育実習やらひとり暮らしやら、
なにかとご縁のあった「はいからほり」。


   5月31日の木曜日、午後4時。
   突如として大阪府で一切の営業活動、商業活動が一斉に停止した。
   物語はそこからさかのぼること10日前、東京から訪れた会計検査院の調査官3人と、
   空堀商店街に住む2人の中学生の、一見何の関わりもない行動を中心に描かれる。


豊臣家の末裔である「プリンセス」が危機にさらされた時、
密かに存在する「大阪国」が一斉に立ち上がる、という荒唐無稽な物語ですが
根底にあるのは父と息子、家族、地域のつながりといったテーマで、
作者の大阪(というか地元)愛も感じられて、ほんわかします。

映画と原作では、登場人物や設定に違いはありますが、
おおむね雰囲気を壊さず映像化されていると思いました。
また、映画を見た時は「父と息子って、オンナは何してるん?」という
不満が残りましたが、原作ではそれもキッチリ解消させてくれています。

ただ、玉木宏みたいなクールなたこ焼屋の兄ちゃんは、原作には出てきません。
あんなたこ焼屋さんいたら、通いますとも。
大河ドラマも玉木宏が主人公だったら、もっと見たのになー。


本日の一品は
スパニッシュ
スパニッシュオムレツ。卵焼き器で焼いたので四角いのです。
外はカリっと中はしっとりできました。ケチャップたっぷりでどうぞ。

朝5時半、ネットで鋸南町の天気予報を確認。
午前中は雨の予報・・・・気が乗らないから鋸南ヒルズの参加は中止と判断。


代わりに何して過ごそうかな・・・なんて、悩み無用。

 そうだ!釣りに行こう。

というわけで、先週に引き続きボートシロギスをやるべくそそくさと準備。
朝食を手早くいただき、7時から営業している相川ボートに向かいました。


金沢漁港内は多くの釣船が営業しているので、7時前はオジサンたちの熱気がすごい。
その割りには、相川ボートの小屋周りに人が少ないなー、と思ってお店の人に声をかけたら。

 今日は風が強いから、中止、ごめんねえ。

げげげー、ショックで目の前が真っ暗になりました。
先週購入した船シロギス専用竿を使って釣りをしたかった・・・

傷心したまま、自宅へ戻る。
ニコニコ顔で出掛けた夫がすぐに戻ってきたので、驚いた妻に事情を話す。
同情されたまま、再びパソコンに向かう。

 これからシロギスを釣る方法は他にないか。

僕を救ってくれる解がすぐに見つかった!
普通より遅めに出発するシロギス乗合→ 黒川丸

早速電話をしたら、混んでいるけどまだ空いているとか。
はやる気持ちを抑えることができないまま、車で現場に急行。
受付を済ませ乗船してみると、子供を含む団体がミヨシを占拠している!

黒川屋 シロギス 001_R


他にはシロギスのベテランとおぼしき男女(女性も2人)が半分程度。

15分ほどで金沢八景沖に到着。重い雲が天を覆い、風はやや冷たい。

黒川屋 シロギス 004_R


シロギス釣りはこれで2回目。前回は手漕ぎボートでしたので、乗合船は初めて。
大部分は同じ要領なんだけど、一番驚いたのは、

 混んでいて、隣が近い・・・ということ。

潮が効いてくると、アチコチでお祭り騒ぎ。僕も何度も巻き込まれた。
申し訳ないけど、ラインをたるませ過ぎる子供たちが前に乗っているせいで、お祭りが多い。
しかも彼たち、絡まった糸を外そうともしないのです。乗合船なのに・・・

この子たちね。
黒川屋 シロギス 007_R


そんなイライラも手伝って、船中ではポツポツ釣果が出てきたのに。
開始1時間で、釣果ゼロ。

黒川屋 シロギス 005_R

ま、近頃の自分にとっては、いつものことです。
だいたい、シロギスの当たりなどほとんど分っていないから、気長に気長に。

イライラにも慣れ、新しい竿の感じも分ってきた頃。
明らかな当たりに、思いっきり合わせたら、でかいシロギスが釣れました。
続いて2匹目。これで気が落ち着きました。

黒川屋 シロギス 006_R


その後、八景沖からさらに沖へ移動し、終了時刻の13時まで流しました。
その間、僕の釣果はボチボチ、船中はマチマチ。

竿頭は46.その後、40、30台複数・・・・僕は9.
おそらく、少年たちを除くと下から何番目ぐらいの数です。

けど、二人でいただくには多いぐらい。全体的に型もいいし。
帰宅後、早速調理開始です。

うろこを取り去ったところ。透き通るような肌。

黒川屋 シロギス 011_R

もっとも巨大な型、約23cmをさばく模様です。だいぶ手際が良くなりました。

黒川屋 シロギス 012_R黒川屋 シロギス 018_R 
黒川屋 シロギス 021_R黒川屋 シロギス 023_R

定番の天ぷらでいただきました。
ご経験のある人はご存知でしょうが、釣りたてキスの天ぷらはフワフワして絶品です。

黒川屋 シロギス 026_R


これでやめよう、今週でやめよう、と思いつつ毎週釣りに行ってしまう。
夕方、歯医者で治療してもらっている間も、
シロギス釣りの場面を思い描いて現実逃避していました。
シロギスシーズンが終わったら、太刀魚のシーズンが始まるしね。


楽しみな夏になりそうです。
明日6月3日、千葉県鋸南町で開催される「2012きょなんヒルズマラソン」に
エントリーしているのりのりさんです。


ところが、数日前からの週間天気予報は
日曜日の傘マークがだんだん大きくなり、
今日午前の時点では一日中2~3㍉の雨、風も5mほどの予報。
雨のレースといえば千葉マリンの悪夢が……。


タイムを狙うわけではなく、練習代わりにエントリーしたレース、
雨と分っていていて出たものかどうか。
今回はフェリーに乗ったりもするので結構交通費がかかってしまいます。


一旦はDNS(Did Not Start)とし、
代わりに夕方トレイルを含むコースにジョギングに出たのですが
帰宅後、再度天気予報を確認すると走る時間帯は曇りに変わっている!

曇りなら絶好のコンディション。
というわけでレース用の荷造りをし、
夕食もプチ・カーボローディングメニューとなりました。


プチカーボ1  プチカーボ2
皮もちもちの餃子に、マカロニサラダ、酸辣湯などなど。
応援するだけの私もなぜかカーボローディング。

多めに炊いたご飯でおにぎりも握り、準備万端となったところで、
再々度の天気予報チェック。
今度は、走る時間帯だけ、雨になっています。
あぁ、翻弄されています。

どうなる、きょなんヒルズマラソン出場。
明朝の天気予報で最終判断です。
昨日は、明るい時間からお酒を飲んでおりました。

場所は、60年前から営業しているという酒場。

みのかん

内部の写真は残念ですが、撮っておりません。食べログを参照願います。

かなり渋いお店です。
昼からカウンターに座って一人で飲んじゃっているオジサンがいます。

色々なことが不思議なお店ですが、もっとも不思議なのが男性用のトイレ。

とにかく狭い。
奥行きが50cmぐらいしかありません。
便器に向かって、真上から用を足す感じです。


ここで、昼からビール、日本酒、ハイボールをガブガブ飲んだものだから、
陽が暮れた頃にはすっかりヨレヨレになってしまいました。

関内で2回戦をやり、帰宅したのが0時ごろ。
9時間以上も飲んでいたので、今朝は眩暈と胃のむかつきで就業不能と判断。
結局、昼過ぎに出勤することになったわけです。