ニンプの妻が走れないので、ボチボチ独りでトレーニングしています。

平日は5時半ごろ起床して、8~10kmほど走ります。
先週ぐらいから朝晩冷え込んできたので、短パン+Tシャツだと走り始めがきつくなってきました、
週末は最低1回はロング走をやるようにしています。

コンディションは順調に上がってきました。

10月の総走行距離は190kmほど。
去年は湘南国際マラソンのための調整期でもあったけど、ほぼ同じ距離を走っています。

去年と比較すると追い込まれ感が少なく、楽しく走れています。
孤独なトレーニングですが、走ること自体が年々楽しくなってきました。

あとは、タイムを良くする為にスピード連をやっていくだけ。
これがなかなか独りじゃ出来ないものなのですが。。


近頃としては早く帰宅できたので、手土産を買って帰りました。

どらやき 001_R どらやき 003_R

文明堂のどらやきと阿闍梨餅
阿闍梨餅は高島屋の限定売場で買ってきたものです。

学生時代に京都通いをしていた妻は懐かしのか迷わずに阿闍梨餅を食べていました。


明朝は10km走りましょうか。
2012.10.30 33週4日目

まだまだ先でいいわ、と思っていた入院準備グッズ。
先週の母親学級で「もう準備しておかないと!」と言われ
ようやく買い出しを始めた、33週4日目です。

自分の身の回りのものは、今使っているものでなんとでもなりそうですが、
どこから手をつけていいのかも分らないのが、コチラ↓。

肌着1  肌着2
ベビー用品。まずは肌着から。
小っこいなー。
のりのりさんのシャツの隣に干すとまるで冗談みたいな大きさ。

ベビー用品のカタログなどの始めのページには、
肌着や衣類の種類が一覧になっていたりもするのですが、
「で、この中のどれをどのくらい用意したらいいの?」が
イマイチ分からず。

先日のりのりさんと一緒に言った教室では、
赤ちゃん人形はどの子も短肌着とコンビ肌着の重ね着だったので
それがまあ標準なのだろうと何組か買ってみましたが、
手にとって見ると、小ささに加えて生地も薄っぺらい気がして
冬生まれなのにこれでいいのかと心配になってしまいました。
店頭にそれしかない、ということはきっとこれで十分なのでしょうが。

じゃあ人形が着ていなかった長肌着とかボディスーツとかは、不要?
次の検診時に、もう少し詳しく助産師さんに聞いてみないと。


本日のお弁当は、
サバ味噌弁
サバ味噌弁。
サバの量が控え目だったので、卵焼きを多めで。
そういえば昨日たまたま見た「キユーピー3分クッキング」のメニューは厚焼き卵でしたが、
失敗じゃないかと思うくらい焦げ目を付けていたので驚いていたら、
ネットでもちょっと話題だったようですね。→


9月8日に受験した資格試験ですが、受験後の手ごたえはイマイチでした。

 9月9日のブログ

公式解答による自己採点の結果は、44点でした。

 9月14日のブログ

来年はもう受験するの止めようかな、と思っていました。

土曜日、試験センターから郵便が届いたので、
『不合格通知』だと思って歯を磨きながら開封したところ・・

なんと!合格通知 兼 二次試験の受験票じゃないですか!

合格発表 002_R


何かの間違いと思い、試験センターのWEBを見てみると。

 電気技術者試験センターの通知

僕が受験した『理論』科目の合格基準は43.32点。
1問当たりの点数が2点か3点なので、まさに薄氷の結果でした。
あぶねー。

いずれにしても、今年の二次試験は12月2日。
つまり横浜マラソンとブッキング。
準備不足なので合格の可能性は限りなく低いけど、来年を見越して記念受験してこようと思います。


二次試験の過去問をチラチラみたけど、まー、むずかしい。
来年の12月までボチボチやっていかねばなりません。

昨夜21時ごろから今朝方まで仕事だったのりのりさん。
なので今日は昼前まで寝て、午後は雨の天気予報ということで
久しぶりに家でのんびり過ごすことになりました。

お昼は
トマトソース
トマトとミックスビーンズのパスタを食べ、

夜は
進化中
キムチチゲを食べ。

週末は特にいつも同じようなメニューですが、
こう見えてパスタもキムチチゲも、
常にマイナーチェンジしているのです。


家でのんびり、といって
のりのりさんが本当に一日中じっとしているわけもなく
予定も無く、雨で走れないこんな日にはとアウトレットへ。

ふたりとも、趣味としてはショッピングをしないので
目的のはっきりしている買い物は、勝負が早い。

本日の目的のひとつ、
ズーム スピード ライト ST+4
NIKE ズーム スピード ライト ST+4
練習用シューズだそうです。
まー、鮮やかなこと。どんなウェアを合わせるのでしょう。

私も、手頃で可愛い冬物ジャケットを見つけたのですが、
着てみたらお腹のボタンが留まらず、
試着にならなかったのでやめておきました。
「小さめのお腹」と言っても鏡で見たら立派なニンプでしたねー。
あ、ということは、手持ちのアウターは今、ボタンが留まらないのかー。
来月や再来月、外に出る時は何を着たらいいのやら。
むー、考えていませんでした。




若干3〇歳、役所が主催する乳児の入浴教室に行ってまいりました。

まさか自分がこんなことになるとは思っておりませんでしたが、
確実に訪れるXデーに備えて、やるべきことはやっておかねばなりません。

全体はこんな感じ。夫婦で参加が10組、女性単独が2人ほど。
僕たちは上から2、3番目の高齢カップルか。

パパママ 007_R

助産師の説明を聞いた後は、実習開始の合図。

 ”まずはパパさんからやってくださいねー”

若い彼氏たちは遠慮がちなので、僕が先発することに。


ステップ1:浴槽に入れる前の洗顔

 ・目ヤニを取る。ガーゼを外側から内側へ向かって。
 ・石鹸を使って洗顔。ガーゼでふき取る。

パパママ 008_R



ステップ2:入浴(前面)

 ・左手で首の裏をしっかりホールド。(左写真)
 ・しばらく入浴させる。”気持ちいいねー”と笑顔で話しかけながら。(右写真)
 ・頭から足に向かって石鹸を使って身体を洗う。カブレている所を重点的に。
 
パパママ 010_R パパママ 009_R



ステップ3:入浴(裏面)

 ・裏返す時は、右手でしっかりと肩を持って。
 ・水面に顔を浸けないように気をつけて、石鹸を使って洗う。

パパママ 013_R


キレイになりました。
モデル4体の中で最も気持ち良さそうな顔をしていた男の子と記念撮影。

パパママ 014_R


他の参加者が同様の実習をしている間、妊婦体験を強要されました。

パパママ 016_R

同じウエイトでも身長150cmの妻と僕では影響が違いますから、
公平な比較とはいえませんが、不自由さを実感しました。
けど、一生に一度ぐらい僕も妊娠してみたいな、とは思いますが。

そんな感じで約2時間で教室は終了。


帰りに、いつもの中華料理屋さんで昼ごはんを食べていきました。

パパママ 024_R パパママ 025_R

僕は広東麺、妻は酸辣湯麺(サンラータンメン)。



入浴教室はとても参考になりました。
平日は無理でも、休日には我が子を入浴させてみようと思います。


予告どおり、「YOKOSUKA軍港めぐり」レポートです。

はるばる大阪から来たハハを、どこかには連れ出したいけれど
みなとみらいや中華街は以前にも行ったし、
鎌倉にも行ったし、と言って東京まで行くのは遠いし不案内だし、
と考えたときに思い出したのが、
2年前の「よこすかシーサイドマラソン」入賞賞品として貰った
軍港めぐりのチケットでした。

サイトを見ると、「人気なので予約を」と。
半信半疑で予約をし、当日もギリギリ乗船口に着いたのですが、

sea friend V
あら、ホントに結構な人の数。
列の後ろのほうから乗船すると、満席ではないものの窓際はほぼ埋まっていました。

45分間のクルーズ中、案内人があれこれ解説をしてくれます。
米軍基地を右手に見ながら出発。

自衛隊のお船がたくさんいました。

こちらは護衛艦「はたかぜ
はたかぜ
ソマリア沖海賊対処から帰ってきたそうです。

この、ナンバーも名前もないのは、
リタイア
リタイアしたお船だそう。

解説に、へー、ほー、といちいち感心しながら楽しみました。
案内人は若いイケメンだったので、
おばさまウケも大層よろしいようでした。

通常のクルーズ以外にも、夕暮れ時や年末年始のカウントダウンに合わせた
クルーズもあるようです。ちょっと寒そうですが。


さて、ハハも京浜急行や京急バスにも乗り慣れ、
横須賀にほど近いわが町の雰囲気にも慣れてくれたことでしょう。

そのハハと入れ違いに、今度はのりのりさんの故郷福島から
福島便
届いたのはみずみずしい大根にカブ、葉付き泥付き。
生姜、ねぎ、大量のじゃがいもなど。
カラダの温まるメニューで頂きたいと思います。


2012.10.25 婿生活
昨日から妻の大阪に住んでいるお母さんが横浜に来ています。

12月に生まれた後、大阪からしばらく応援に来てくれる予定になっています。
事前に独力で自宅に来てもらい、我が家の生活を知ってもらうために、
わざわざ来てもらいました。

昨夜帰宅してから、晩御飯を一緒に食べ、今朝は一緒に朝食を食べて出勤しました。

元来、僕は誰かに気を使う性格でもないので、基本的には普段どおりですが、
他人なので、遠慮することは無くもないです。

 ・トイレに入るとき、ノックする。
  トイレに入ったときに扉に施錠する。(ビックリ鉢合わせ防止)
 
 ・お風呂上りのスッポンポン徘徊。(照れる)

ま、そのうち慣れてきたらいつも通りになるかもしれませんが。


それと、当然ですが、使用する食器が増えました。
つまり、僕が洗う食器が増えた、ということ。

何か良いアイディアで少なくする努力をしようと思います。

そんな母子は、横須賀で観光をしてきたようです。

横須賀軍港めぐり

よこすか軍艦 014_R

明日大阪に戻る予定です。

次に来るときは、陣痛-出産の非常時ですので、活躍を期待しております。



2週に一度の検診の日でした。
体重と血圧の測定、後期の血液検査などを済ませ、
助産師さんがカルテに書き込みをしているのを見ていると、
彼女の眉間にシワが寄っていきました。

「あなたの場合、今の時点でこの体重なのはいいけど、
それにしても2週間で1.5kg増はちょっと増えすぎかもね」

これまで体重増加がゆるやかだったので
わー、体重が増えてきたわーと思ってちょっと喜んでいたのですが、
やっぱり、ダメですか?

「急に増やすと負担になるからね。で、何で急に増えたの?」

えーと、仕事を辞めて家にいることが増えまして。

「それだけ?食べてるでしょ。甘いものか、果物だわね」

どき。

「ま、食後にりんごや梨を4分の1くらいならね、いいのよ、
あとは買うなら小ぶりなのをね」

んー、うちはふたりで1個です。それに、福島産の果物は大きいんです。
とは、答えませんでしたが。
ほどほど、心掛けます。
季節の
ツワリの時、やたらりんごが食べたかったなあ。
りんごの、思い出。


のりのりさんの提案で
「日常のひとコマ」を写真に残すことに。
とあるお天気の良い朝、出勤前のひとコマ。
カメラのタイマーをセットして……、

出勤前1
のりのりさん、なんでそんなおよび腰なの?
(タイマーに間に合いませんでした。)

気を取り直して、再度。
出勤前2
朝日を浴びて、爽やかですね。


行ってらっしゃ~い!
では、行ってらっしゃーい。

奥歯のインプラント手術をしてから3ヶ月が経ちました。

 7月19日 1回目の手術

その間、以前ブリッジで使っていた奥から2番目の歯に、
高級セラミック義歯を被せたので、これまでの出費は30万円を超えました。


そして、ついに昨日、インプラント手術(第2回目)をしてきました。
骨に穴を開けて埋めたベースが、骨と固着するのを約3ヶ月待ったわけです。

3ヶ月で歯茎が戻ったということは、歯を乗せるために再度歯茎をサクッと切るわけで。
それを想像したら、睡眠も浅く、勤務中も集中力が維持できず。

仕事が片付かず、バタバタしたまま予約時刻の16時過ぎ、病院に到着。
待合室で数分待ち、治療室に案内され。

さらに数分待って、いよいよ先生登場。心拍数が上がり、掌は脂汗がにじむ。

 先生 『その後、どうでした?』

 私 『ようやくこの日が来ましたね』と、ヘラヘラ笑うのが精一杯。


僕の麻酔嫌いと豊富な妄想力を知っている先生は間髪いれず、

 先生 『じゃあ、麻酔打っていきますね』

と言って、あとはなすがまま。
麻酔は前回に比べるとかなり少ない印象でした。
大きく鼻で呼吸し、自宅のネコさんカレンダーの写真を思い出して気を紛らす。

 麻酔が効いた後は、明らかにメスでサクッと。

 その後、ゴリゴリとほじくり返す作業。

 時々、何かをクルクル回して、ギューっと押し付ける作業。


約20分経過したとき、ようやく終わった様子。。

 先生 『じゃあ、確認のレントゲンを撮りましょう』

その後、上下の歯形を取って、手術完了。

麻酔が切れたあとも、1回目とは異なり腫れることなく、普通に生活できました。


結果こうなりました。
奥の黒いポツっとしたものが、歯の土台です。

インプラント 004_R

やれやれ、どうやらインプラント治療は山を越えたようです。

過ぎてみれば何でもないですが、もう二度とやりたくないです。

毎日の歯磨きとフロスを使った歯間ケアはもちろんですが、
定期的な歯医者でのメンテナンスを欠かさないようにしないと。

のりのりさんが結婚式で酒盃を重ねている頃、
私はバレエ鑑賞に出掛けていました。

渋谷のBunkamuraでKバレエカンパニーの
『ドンキホーテ』が上演されていたのです。
Kバレエカンパニーといえばご存知熊川哲也さん率いる人気のバレエ団。

熊川さんが出る回は、チケットのお値段が全然違うのですが
予約はすぐいっぱいになってしまうようです。
私が観たのは熊川さんの回ではありませんでしたが
それでも会場内の熱気たるや。

バレエ、やっぱり楽しいですねー。
舞台やお衣装がキラキラで、生演奏に胸が踊り、
重力などないかのようなダンサーたちの動きに
およそ2時間半、ずっと夢見心地。
歌舞伎や文楽も好きですが、
バレエの場合はダンサーたちのカラダを見るのも大きな楽しみ。
群舞の隅の方の人を見てさえ
「この人は食べたいものも我慢して故障とも闘って
このカラダを作り上げ、それでやっとココに立っているに違いない」
なんて思うと、その人がクルリと回るたびに泣けそうなほどです。

終演後のロビーでは、
熊川さんと
熊川さんの「パネル」と記念撮影をする多くの女性が。
せめてパネルだけでも!という熱いファンなのでしょうか。
さすが熊川さん。


今日は少し早めの帰宅だったのりのりさん、
お土産も買ってきてくれました。
パステル
パステルの季節のプリン。安納芋とモンブラン。
妻の好みをよく理解しているのりのりさんです。

実は今日の早い帰りもプリンも、
のりのりさんの「自分へのご褒美」なのですが、
何に対するご褒美なのかは、明日書いてもらうことにします。

昨日は会社の後輩の結婚式・披露宴に出席しました。

午前はランニングトレーニングをして過ごし、昼前に慌てて準備して横浜駅へ。

先輩や同僚と待ち合わせて乾杯の練習をしました。
場所は毎日AM10から開店している、このお店。

 一軒め酒場

ロング走後の生ビールは旨かった。

披露宴の挨拶をする予定の先輩(一人は乾杯、もう一人は主賓)は、緊張のせいで全く酔えないようで。
そんな先輩をイジっていたら、盛り上がり過ぎちゃいました。

乾杯の先輩のカンペ。
けっっこんしき 003_R

グイグイ飲んで飲んで、PM2時には水割り投入。

乾杯も6回ほど練習し、つまみを食べつくした頃、PM3時。

会場に向かうため休日の買い物客で混雑する横浜駅からJRへ。
パッと見は結婚式を終えたオジサンたちですが、実は本番はこれから。

桜木町駅では酔いを醒ますためにカフェでコーヒーを飲んだけど、
ちょっと気持ち悪くなってしまい、逆効果でした。


PM4時、自宅で横になりたいほど、疲れていましたが、
僕たちは小奇麗なチャベルに座っていました。

けっっこんしき 010_R けっっこんしき 011_R
 
PM4時半、ようやく披露宴会場へ。

挨拶する先輩二人は酔っているはずなのに、緊張のせいで顔色が無い。
式は普通に始まり、いよいよ乾杯の挨拶。

酔っ払っている素振りを見せず、最後はカンペに頼るも無事に乾杯終了。
おいしいシャンパンだったので、その後はしばらくシャンパンを堪能。

そうこうしているうちに、いよいよ主賓登場。
「普段なら関内で水割り飲んでいる雰囲気だな」
と話していた夜遊び大好きの先輩T登場。
これまた午後イチからガブガブ飲んでいる素振りを少しも見せず、無事挨拶完了。お見事。

挨拶から開放された先輩二人は血の気も戻り、シャンパン、ワイン、と杯を重ね。
ドリンクメニューに久保田を見つけると、やめればいいのに、日本酒連杯。

その間もおめでたい式は普通に進行されていき、気がつけば花束+新婦メッセージ+人形贈呈。

飲み足りない顔をしたオジサンたちは、幸せ顔の新郎・新婦に見送られ、式場を後にしたわけです。


結婚式の楽しみ方を発見しました。




2012.10.19 陣痛さん

「陣痛が来たら、『陣痛さん、来てくれてありがとう』って思って下さいね」
今日の印象的な言葉。
今週も、両親学級で助産師さんのお話がありました。

「陣痛が来ないことには赤ちゃんには会えないのだから」と。
その助産師さん携わったお産のなかに、
陣痛が来てから出産まで数日かかったケースがあったそうです。
数年後、そのお母さんが二人目を生む時に、
「陣痛さんありがとう」の話をしたところ
そのお母さんは
「一人目の時は、陣痛イヤダイヤダ早く収まってとばかり考えていたから、
お産がなかなか進まなかったのかもしれませんね」と言われたそうです。

そんな話を、他でも聞いたような、読んだようなと思ったら、
こちらでした。
ばあちゃん先生
『大丈夫やで』(産業編集センター/坂本フジヱ)
御年87歳、現役助産師さんのアドバイス集です。

  「もう進んでもいいころだ」と思うのに、なかなか陣痛が本格的に
  ならないお産がありました。それは、妊婦さんの心の中で、
  お産を恐れる気持ちがあったんです。

  怖がるのと、畏怖するのとは別のこと。
  陣痛は、(中略)赤ちゃんからのノックですから、どうか恐れず
  楽しみに待ってあげてください。
  考えてみたら、おなかが痛くなって「よかった、よかった」なんて
  思うのは、陣痛だけですね。 

私が通う産院の先生の話では、陣痛の合間には
βエンドルフィンもばんばん出ているのだとか。
マラソン中と同じ(ランニングハイ)ですね。
「だから、陣痛の合間を楽しんでね」と、先生。

「陣痛さん、ありがとう」と、そんなに落ち着いていられる自信は
まだありませんが、少なくとも、怖がらず楽しみに待つことは
できそうな気がしてきました。

今日出会った猫さん。
にゃあ
歩いていたら後方からにゃあ、と呼ぶ声が聞こえたので
振り返ってカメラを向けたらこのビックリ顔。

最近すっかり猫好きになったのりのりさんも、
どこかで猫に出会うと
「今日な、あそこでこんな猫さんがいてね」と報告してくれます。

今週の日曜日は千葉アクアラインマラソンが開催されます。

 大会ホームページ

首都高速を車で走っていると、アクアライン通行止めの告知を見かけるようになりました。

もちろん僕は、大会の概要が発表されてから知っていましたが、
ランニングをしない人たちに対して、広く知られているとはいえないようです。

職場の同僚に、

 今度の日曜日、千葉にゴルフ行くときは時間に気をつけたほうがいいですよ。
 マラソン大会で通行止めになりますから。

と話すと、

 へー、トンネルの中を走るんだ。

というありさま。
なんと!職場の誰も知らなかったのです。


昨日の夕刊では、こんな記事が。

アクアラインマラソン 002_R

NEXCOやバス会社による通行止めによる損失補填の可能性もあるようです。

ま、千葉の万年青春知事の肝いりで決まったという大会ですから、
大会開催による影響を事前に熟慮しているはずが無いだろう、という先入観は確かにあります。
それを差し引いても、浅はかだなーと感じるのです。

職場の先輩が的を得たことを言っていました。

 千葉がアクアラインを使うなら、横浜ではベイブリッジ使えばいいのに、ね。

まさにその通り! 
ベイブリッジを日曜日のAM8-PM2まで6時間も通行止めに出来るわけない!!

マラソン大会ごときでアクアラインを通行止めにするべきじゃないと思うわけです。
いくら流行っているからといって、公道を一つの目的で利用させてもらうのだから、もっと謙虚であるべき。

千葉なんて、県土が広いからどこでも走れるのにね。

来年は中止か、コースを変更になることを願います。
今月は週に一度区で主催の「両親学級」に参加していますが、
昨日はその番外編のような会に出席してきました。
テーマは「陣痛時の過ごし方と呼吸法」。

母子手帳と同時に貰った冊子にも、
お産の経過とそれにあった呼吸法が載っていますが
「本番、テキストどおりに上手にできる人なんていませんから」ということで
いろんな呼吸法や姿勢、過ごし方を紹介してくれます。

とにかく大事なのは、
カラダに力は入れないで、
呼吸は「まず息を吐く」そして「吸うのは少し」。
ランニングと同じですね。
その上で、
「人によっては、こういうのが良いとか、こっちの方が楽とか……」と
ベテラン助産師さん、臨場感たっぷりの演技つきで
教えてくれました。なるほど、なるほど。

それにしても、こういう場で他のニンプさんの
「腰が痛くて骨盤ベルトなしでは歩けない」
「夜中に脚が攣って痛くて」
「耳鳴りが…」「貧血でフラフラ」などという話を聞くと
私は随分お気楽ニンプだなあと思います。


多少は、皮膚がかゆいとか(涼しくなってマシになりました)、
時々息が苦しいとか(マラソンのスピード練習よりは楽)、
お手洗いが近いとか、口が渇くとか
(そのためいつも何か飲んでいるので余計お手洗いが近い)
ゼロではないですが、今のところ大きなトラブルなし。
あっ、もちろん、家事に積極的なのりのりさんおかげで
楽をしているから、というのもあるでしょうが!

どうかこのままあと2ヶ月、過ごせますように。


のりのりさんも気に入ったお灸も効いているのかもしれません。
お灸教室で聞いたツボ以外にもすえてみようと

ツボ本
本を見ながら、モクモクさせています。


妻のブログにあったように、昨日は雨の中ペース走をやりました。

 19km-平均4分45秒

去年の同じ時期だと、休みの度に二人でトレーニングしていたっけ。

 夫婦で足柄峠ラン

今更ながら気がつきましたが、現在の妻は日焼けもしていないし、顔もふっくらしています。


あー、楽しかった。
週末の予定を決めて、準備して、二人で一緒にトレーニングしていました。
一昨年は、平日も一緒に走っていました。


それに比べて、今はツマラン。あー、ツマラン。

昨日も、雨が降っていたとはいえ、久しぶりに肌寒くラン日和でした。
しかも、風光明媚なよこすかシーサイドコース。

自分としては追い込んでいるつもりでも、
妻を追いかけたり、振り切ったりするときほど追い込んでいるとは思えず。

二人で走っていたら、最初は気持ち良く、最後はガチンコ競走だったことでしょうに。

けど、徐々にペースも距離も上げてきたので、調子は上向きです。
明日は朝早く起きて、気持ち良くジョギングしてきます。


妻が産後復帰するまでは独りでボチボチやっていくしかなさそうです。


今晩はエスニック料理でした。

トマト煮 009_R

手羽とオクラをトマト+クミンで煮たモノ。ご馳走さんでした。
横須賀に、やって来ました。
今週もペース走ののりのりさんです。

navy1  navy2
ストレッチ中。
最近しっかり走っているので、カラダが締まってきたようです。

では、行ってらっしゃーい。
navy3
少しアップした後、折り返して観音崎方面へ行くのだそうです。
先週と同じ、よこすかシーサイドマラソンのコースですね。

これから2時間弱、私は近辺をウロウロ。

うみかぜ公園へと歩いていくと、なにやら良い匂い。
navy4
芋煮会とか、バーベキューとか。
でも、あいにくと小雨が降ってきました。
天気予報では、晴れ、最高気温24℃、降水確率0%、だったのに。
最近の予報はさっぱりアテになりませんねー。


navy5
釣り人と猿島。寒そう。

冷たい風が強くなってきたので、ウォーキングは諦め、
ショッピングセンターへ退散。

買い物などしているうちに、のりのりさんが戻ってくる時間に。
今回、走らない私がついてきたのは、
お昼を横須賀で食べようと決めてきたから。

目的地は、2年ぶりのドブ板通り
お店も決めてきました。

navy10
鉄人28号が目印、レストランバーTSUNAMI

navy6  navy7
アメリカンな?メキシカンな?店内(2F)。
海軍の味を再現したネイビーバーガーは、
レギュラーサイズだとビーフ100%のパテが227g、クォーターで113g。


navy8  navy9
私はアボカドチーズバーガー、のりのりさんはベーコンチーズ。
どちらもクォーターサイズで、ポテトとドリンクのセット。
セサミたっぷりのバンズはほの甘く、
パテは味付け控え目、ケチャップとマスタードでお好みの味に。
ポテトは始めからスパイシー。
どれもどっしり噛み応えがあるのでお腹いーっぱいになります。

18km走ってきたのりのりさんと、ニンプの私、同じ量だけ食べました。
いいのか?
ご馳走さまでした。

2012.10.13 門限破り
昨晩(今朝)は会社の先輩とお酒を飲んでいたらついつい飲みすぎてしまい、
門限破りをしてしまいました。 すいませんでした。

なので、今日は起床が昼で、午後も昼寝をしてしまってアッという間の一日でした。
結果として久しぶりに何もしない休日になりました。

夕方、近所のスーパーに行った際、東北食材フェアで見つけました。

栄太郎 なまどら 001_R

前にもこのブログで同じような記事を書いたナー、と検索してみたら。

 2011年10月15日のブログ

なんと!今回と同じく深夜帰宅を妻にたしなめられ、翌日に生ドラを購入。
全く同じ一日を過ごしていましたか。

しかも、10月13日と15日と2日違いとは。
歴史は繰り返されますね。
2012.10.11 小さいお腹
「もし周りの人から、お腹小さいわね、なんて言われても気にしないでね、
赤ちゃんはしっかり育ってるから」とは、
昨日の検診でエコーを診てくれた助産師さんの言葉。

どうやら、私のお腹は8ヶ月にしては小さめらしいのです。

ニンプは二人分せっせと食べなくてはならないというのは今は昔、
少し前はできるだけ体重増加は制限するのが良いとされましたが、
最近では、体重の増えなさ過ぎも将来の糖尿病リスクにつながるとも聞きます。
私の場合はBMIに照らして9~12kgの体重増加をと言われましたが、
現在、8ヶ月後半で増えたのは4kg弱。
これで大丈夫だろうか、と思わなくもなかったのですが
「(胎児の)推定体重は1,600gだから週数相当ですよ」とのこと。

先週参加した区の両親学級でも
「もし体重が増えていなくても、子宮底長の数字が毎回大きくなっていれば大丈夫」
と聞いていたので、母子手帳の記録のページを見ると
2週間で3cm大きくなっていました。よかった、よかった。

ただねえ、のりのりさんは出生時、ナント4,290gもあったというのです。
そんなに大きくても、困るかも。
ほどほどに生まれてね、と言い聞かせる毎日です。


専業シュフ生活に新たな楽しみを、と


池坊1  池坊2
生け花の体験教室に行ってきました。


すると早速、言われました、言われました。
「8ヶ月にしては小さいわねぇ」と、複数の人から。

助産師さんの言葉がなかったら落ち込んでいたかもしれません。
教室は、とても楽しいものでしたが。







2012.10.10 お灸
おかげさまで、仕事が忙しくなってきました。

平日、妻と一緒に晩御飯を食べられない日も増えてきました。

独り淋しく過ごしているのだろうなあ、と心配していましたが、
どうやら夫の居ない夜を自宅でノンビリ楽しんでいるようです。


一方、急に涼しくなってきたので、走りやすくなってきました。
自然とランニング距離が伸びてきました。
近頃は、週に50kmほど走るようになりました。


これまでは、疲労を感じたとき高級アミノ酸を飲んだりしていましたが、
新たな楽しみを知ってしまいました。

ニンプの妻が冷えを防止するために始めたお灸。
やってみると、ほんのり温かく、何となく調子が良くなる感じ。

お灸 001_R お灸 005_R

肘掛イスで寛ぎながらお手軽に楽しんでいます。
山中伸弥教授のノーベル賞受賞というおめでたいニュース、
昨夜から我が家でも話題です。

といっても、私は何度新聞の解説を読んでも研究内容が理解できないので
(ヒッグス粒子のニュースよりは理解できたかも)、もっぱら
「山中先生、お肌つるつるやわ」とか
「いやー、東大阪のおっちゃんやんか!」とか、
「娘ふたりも医大生!?(絶句)」とかですが。

そして、ジョギングが日課でフルマラソンも走られるのですよねー。
会見でも研究をマラソンに例えて話されていました。
大阪マラソンでは4時間29分、
京都マラソンでは4時間3分というのですから、
忙しい研究生活の合間には、
「毎日30分のジョギング」以上の練習もされているはず。
多くの市民ランナーが、親近感をおぼえそして敬意を持ったことと思います。

ちなみに、4時間3分がどのくらいの記録かというと(ランネットで検索してみました)、
昨年度フルマラソンを走った49歳男子5052人中1885位でした。


フルマラソンといえば、話は変わるのですが!

この本の中に
なっとく
『「なっとく出産」応援事典』(春秋社)
「出産はフルマラソンと同じくらい体力を消耗する」という一文がありました。

「フルマラソンと同じくらいやったら、楽勝とは言わへんけど、
なんとかなりそうなくらいのタイヘンさじゃない?」とのりのりさんに言ったところ

「それは、マラソンなんて走ったことない人にとってだろうね」とそっけなく。

やっぱりそう思うぅ?
ウルトラマラソンかスパルタスロンくらいの覚悟はしておけ、
ということでしょうか。

いやいや、2月は270km、3月は170km、4月でも100km走っていたのを
パタリと走らず、といってたくさん歩いてるわけでもない今、
体力はガックリ落ちているはずで
フルマラソンでも十分おそろしい距離ですけど。


本日の晩ごはん
エビチリ
海老と卵のチリソース。
四川豆板醤でパンチのある辛さに。

引越し後も空いている部屋に何となく置いて使っていた衣装ケースですが、
連休を利用してキチンとしようということになりました。

新しいクローゼットに合わせた衣装ケースをネットで検索し、無印良品に決定。
ネットで購入すると結構な額の別途送料がかかってしまうことから、
横須賀某所の無印に予約し、朝早く受け取ってきました。

ペース走 002_R

車に納まるか不安でしたが、助手席まで使って何とか収容完了。
妻を置いてきたことが幸いしました。


せっかく横須賀まで来たので東京湾沿いの気持ちがよいコースを使って
ペース走をすることにしました。

よこすかシーサイドマラソンのコースにもなっている、走水~観音崎を巡るコース。

往復15km、平均5分/km以内と決めてスタート。
ペースを気にして走るのは久しぶりなので不安でしたが、馬堀までは追い風で快調な前半。

走水のアップダウンはきつかったけど、多くのランナーが走っていたのが刺激になり
ペースを落とすことなく観音崎~たたら浜まで快走できました。

折り返してから、強い向かい風で何度かふらふらしましたが、
走水のアップダウンまでを、平均4分55秒/kmで通過。

馬堀以降のフラットで脚にきましたが、何とか何とかゴール。
15km 平均4:56/km、いよいよコンディションが上向いてきた感じです。
とても気持ち良く走れました。

ちょうど15kmなので、今年の30km走はこのコースの往復がよいかも。
辛いけどやらなな。



午後、妻と二人で衣装ケースの大引越しを完了させました。
この機会とばかりに、多くの服を引退させました。こちらもスッキリ。

ペース走 005_R

引越しのドサクサがほとんど無くなったので、明日からさらに気持ち良く暮らせそうです。
2012.10.07 浅草旅気分
3連休の中日ですね。
9月の連休はあいにくのお天気でしたが、
この週末は気候も良さそうだし、たまにはちょこっとお出掛けでも、と、
電車に揺られて1時間、

浅草1
とってもベタな観光地ですが、浅草は雷門です。

しばらくはバックパック背負っての旅行などできそうもないのですが
とはいっても旅気分も味わいたい、
ならバックパッカーの多そうなところに行ってみれば、というわけです。

天気予報はやや外れてつめたい小雨でしたが、
おかげで観光客は少なめ、仲見世のそぞろ歩きもスイスイ。

中国語やどこかわからないけれどヨーロッパの言葉が飛び交い
旅気分、盛り上がってきましたよ。

匂いにつられるまま
浅草2
おやつの食べ歩きをしたり、


浅草4  浅草6
五重の塔に見入ったり。(のりのりさんは塔好きなのです。)


浅草5
安産祈願もばっちり(?)。


そしてまた、おやつ。
浅草7
テレビでもよく紹介されるというだけあって、美味しいメンチカツでした。
メンチだけどフニャフニャじゃなくて、脂が甘い。
のりのりさんは「もう1個食べようか」と名残惜しそう。
お昼ごはん、食べられなくなりますよ。

そのお昼ごはんは、
浅草ですが天ぷらでもすき焼きでもどじょうでもなく、
浅草11
ロシヤ料理「ラルース」

これまで通りがかったお店はどこもいっぱいでゴサゴサしていましたが、
こちらの店内は落ち着いた雰囲気、静かにゆったり過ごせます。

浅草  浅草9
のりのりさんはビーフストロガノフ、私はキャベツロール。
どちらも蒸したライ麦パンがつきます。
想像以上のボリュームでした。
お肉の量もですが、キャベツロールはそのクタクタ具合からして
かなりたっぷりのキャベツが入っていると思われます。
いわゆるデミグラスソースとも、トマトソースとも、
ひと味違うように思うのですが、ロシア料理ならではの味付けとは何なのでしょう。

浅草10
こちらもセットに含まれるロシヤンティ。
お砂糖の変わりにジャムをスプーンに2杯ほど入れて。
日本の普通の家庭で、子供が紅茶にジャム入れたいって言ったら、
たぶん叱られますよねえ。

辛いものを食べたわけではないのに、体ポカポカ。
やはり寒いところの食べ物はあたたまるようにできているのでしょうか。


本日のもうひとつの目的は、かっぱ橋道具街。

折りしも「かっぱ橋道具まつり」が開催中で
浅草12
この人だかり。
お祭りと言っても歩行者天国になるわけではないのですねー。

ぱっと目に付いたお皿などを買って(そのつもりでリュックで来ました)、
比較的人の少ない厨房用品店などひやかして、
そのうち人だかりに息が詰まってきたので本日のお買い物終了。
本当はのりのりさんの釣果用の包丁もじっくり見たかったのですが。

でも、「よし、絶対お買い得品を手に入れる!」という強い意志があれば
きっと楽しいお祭りです。
ちらっと見ただけでも、え、これも100円?というようなものが
わんさか積み上げられていましたから。

再び浅草駅の方へ。
甘味屋で休憩したり(何度目のおやつ?)、商店をのぞいたり。
東南アジアにあるような薄暗くて大衆的なニオイのする商店街も歩いて、
旅気分、かなり満たされました。


本日のお買い物。
浅草13
・浅草の七味唐辛子(大辛)
・道具屋筋にてお皿2枚、ガーリッククラッシャー
・大沢屋の甘納豆
・乾物屋さんで深山産きくらげ300グラム入り。

そして、早速、
浅草14  浅草15
食卓にのぼりました。

さてこれからお茶を入れたら、甘納豆をポリポリ、してしまうかもしれません。


先週と同じく、土曜出勤→帰宅ランレポ。

横浜駅西口をスタートし、岡野の陸橋を越えて戸部方面へ。
午後3時過ぎ、西日が差してとても暑い。

日ノ出町まで来た時には、汗びっしょりでした。

日ノ出町から川沿いを走るとそこは、黄金町。
かつては風紀が乱れていたとか。

 かつて黄金町は風俗街

小さなカフェなどが店を構えていましたが、人はまばらでした。
イメージアップのため、色々と活動しているようです。

街の外れには、かつてを想像させる面影が残っておりました。

帰宅ラン 002_R 帰宅ラン 005_R


鎌倉街道に出て、上大岡方面に向かいます。
鎌倉街道を走るのは初めてでしたが、歩道が意外と広いから走りやすいです。

出発して1時間、ようやく上大岡の高層マンションが見えてきました。
自宅までの中間点。

帰宅ラン 007_R


上大岡を過ぎ、笹下釜利谷通りに入ります。
車でよく利用する道路ですが、走るのは初めて。

いつも気になっていたお店で立ち止まり、ショーウインドウを覘いてみました。

柴犬屋さん。
帰宅ラン 008_R

うー、かわいい。汗ダラダラでニコニコして、

 なー、かわいいなあ、こっち向いてえな

と独り言を話していたら、自転車で通りかかったオバさんに気味悪がられました。


約20km、後半はペースアップして気持ち良く走れました。
走行距離が伸びてきて、走力も少しずつ戻ってきたします。

明日から2日休みなので、もう一度ロング走やろうかね。
2012.10.04 両親学級

昨日は冷たい雨の中、区が主催する「両親学級」に参加してきました。
平日なので「両親」で参加しているのは一組だけでしたが。

4回講座の第1回目だったので、簡単な自己紹介で始まりました。
すると、半数以上が
「結婚で横浜に移ってきたので、周りに友達がいなくて」と言うではありませんか。
私だけじゃなかろうかと思い込んでいたので
そう聞いただけでホッとするものがありました。

予定日も皆だいたい近いので
「最近、階段のぼるのが辛くて」「わかるー、息切れでゼエゼエ」
「あと貧血も」「8ヶ月過ぎるとねー」と共感しどおし。

講座の中で助産師さんや歯科衛生士さんがした話も
(母乳育児準備や、妊娠中の歯の健康、歯ブラシ指導など)
ネット上や本などですでに知っていたことが多かったですが、
直接聞くのはより安心感もあるし納得もできます。

なるほど、母子手帳をもらいに区役所に言った時
「両親学級はいいですよー」と保健師さんが勧めてくれたのは
参加率を上げようといったケチな考えではなかったのですねー。

次回は体操指導もあるようです。楽しみ。



この間、なにかの拍子に「ミロ」の話が出て、
ミロ
無性に飲みたくなって買ってきました。
小さい子供の頃、よく飲んだような気がします。

ココアパウダーも入っていますが、
「大麦を発芽させた麦芽のエキスを主成分とした麦芽飲料」なのだそうです。
カフェインレスではありませんが、カフェイン量はインスタントコーヒーの
20分の1、いわゆる「カフェインレスコーヒー」と同程度だとか。
なら安心。カロリーはそこそこありますが。
近頃、自分の匂いが気になっています。

まず、枕。
タバコを吸っていた時代は、鼻をつく刺激臭でしたが、今は違う。
生臭い部類のイヤーな匂いです。

次は、寝巻きとして着たシャツ。
特に首筋の匂いが強いのです。枕の匂いと同じ生臭系。
朝の身支度に、首筋を濡れタオルでゴシゴシ拭くことが日課となりました。

最後に息。
出勤前にランニングしていると、ものすごく臭い場合があります。
かつて喫煙ランナーだったとき、これがイヤでタバコを辞めようと思ったものです。
ノンスモーカーに戻ってから一時とても爽やかな息に戻ったのですが、
最近、再び悪化しています。爽やかな朝が台無しになるような生臭さ。


たぶん、40歳を前に肉体が朽ちてきたということでしょう。

妻も同様の自覚症状に困っているようです。
妻の場合には、首の後ろが「生タマネギ臭い」ようです。
確かに言われてみればそんな匂いがしました。


25日に実家からもらった黄金桃が食べ終わりました。
来年まで桃はお預けですね。

代わりに、晩御飯に栗ご飯が登場。
生栗を買ってきて炊いてくれました。
大変な作業だったでしょう。


栗ご飯 001_R


本格的な秋ですね。

2012.10.02 お灸講座
私の通っている産院では毎月いろいろな講座が開催されているのですが、
今日はそのひとつ「お灸講座」に行ってきました。

冷えや肩こり腰痛などの解消にお灸が良いのはニンプでも同じなのだそうです。
そして逆子直しにも効果があるのだとか。

25週の頃、「逆子ちゃんですね」と言われ、
「まだまだ動く時期だから心配はいらないけど、冷えには気をつけて」と
注意をされていました。
幸い、逆子ちゃんは毎日の説得を聞き届けてひっくり返ってくれましたが、
腹帯やレッグウォーマーをしても足やお腹の冷えが気になっていました。

検診でもむくみチェックのために足に触れた助産師さんに
「冷たっ!お灸とか、やってみたら?」と勧められていたのです。


今日の講座に集まったのは5人、
予定日はさまざまで(今週まさに予定日の人も)、
悩みも眼精疲労、腰痛、冷え、逆子ちゃんといろいろ。

お灸について説明を聞いた後、実際にお灸をしてみることに。

鍼灸院の先生は治療では勿論、もぐさを乾燥させたものを
適宜ちぎって使うそうですが、素人でも扱える簡単なお灸で体験。

お灸
裏にシールがついていて張り付くので簡単。

まずは婦人科系に万能のツボ、三陰交に印をつけてもらい、
片方の足にだけおいてみました。

煙がなくなって、「熱!」」と感じたら、
熱さを我慢せずに外してよいのだそうです。
(我慢すると火傷して水ぶくれになります。)
その間わずか一分弱、それを三回(お灸三個。)

三個終わったところで立ち上がって両足を見比べてみました。
すると、お灸をした方の足は色が白く(赤くではなく!)、
皮膚に透明感が出ているように見えました。

個人差はありましたが、5人ともお灸をした方の足が引き締まって見えたり、
血管の浮き方が違っていたり。
ツボまわりだけでなく、体もポカポカ。
もぐさの香りも良いですね。

その後は、5人それぞれの悩みに適したツボを教えて貰い、
自身も小さな子供がいるという先生の話を聞きながらお灸タイム。

↓マジックで印を付けてもらいました。
三陰交
三陰交(くるぶしの骨から指4本分上)以外に、
冷えと胃腸の働きを改善するツボ。(それぞれ、くるぶし近くと親指近く。)
この他、小指の爪のキワも安産のツボだそうです。

温まるのは勿論、足踏みしてみると心なしか脚全体も軽くなったようです。
再び逆子ちゃんになることのないように、
冷え対策のお灸、続けてみようと思います。
ランナー向けのツボも聞いてきたらよかったですね。
のりのりさんに、お灸をすえてやれたのに!
「熱いのを堪えた方が効果がありますよ~」とか言ったりして。




2012.10.01 主婦復帰初日
先週末で仕事(バイト)を辞めた妻にとって、主婦復帰初日。
週末から何度も「何をして過ごすの?」と聞いたのに、これといって解が無い模様。

自宅で何もすることなく、ボーっと過ごすことができる妻に対し、

 これまで何度代わりたいと思ったことか。

と羨ましげに話す僕に対し、
 
 のりのりさんは務まらんよ。

と、生来ジッとしていられない僕に対して余裕すら見せる妻。


仕事をしている間も、自宅でボチボチ過ごしている妻を想像しては気になっていました。
帰宅後、何をして過ごしていたかを尋ねたところ。

 午前;昼寝、家事

 午後;読書、晩御飯の買出し、家事

すでに主婦生活になじんだ様子。さすがです。


僕にとって、一つだけ有難いことがあります。
朝ご飯の食器を洗わなくて良くなったこと。忙しい朝には助かります。

しかし、晩御飯の食器はこれまで通り私が洗っております・・



週末、久しぶりに姿を見せてくれた猫さん。
今日も妻は見かけたようです。お元気そうでなにより。

ネコさん 008_R ネコさん 013_R