12月27日に退院してから3泊4日目。
何となく慣れてきて、生活にリズムめいたものを見つけつつあります。

朝は深夜の授乳による断続的な睡眠を確保してもらうため、妻よりも先に起床します。
今朝は僕がムスメを寝室からリビングに移動してみました。

朝のムスメは活動的です。
どんなに環境を整えても、寝ることなく、元気に愚図ってくれます。
たいていの場合、抱っこしてやると収まります。

今朝からお餅をワッフル風に焼いて食べる、モッフルを再開しました。

 2011年年末のブログより

リビングに寝ているムスメをあやしながら、
時には片腕に抱きながら、朝食の準備を進めました。おっと危ねー。

あんこときな粉は控え目に。そのうちバニラアイスが登場するね、きっと。

モッフル 002_R

そうこうしているうちに、妻がリビングに登場。
ムスメを順にあやしながら朝食を食べます。


家事を終えたら、活発なムスメを妻にお願いし、
15kmほど早いペースのジョギングをしてみました。
始めは下っ腹が重くイマイチでしたが、後半は徐々に軽くなり、
久しぶりに気持ち良く走れました。
正月休みの間、焦らずにコンディションを上げていこう。

ラン後は昼食の準備開始。
年越しそばに福島から送ってもらったとろろを合わせて。
昼になると熟睡してくれたので、二人で一緒にズルズルと年越し。


午後のムスメはとてもおとなしい。
いつの間にか三人三様の場所で昼寝をしていました。

お祝いの品が複数、宅配されてきました。
みなさん、ありがとう。

モッフル 006_R




午後4時。ムスメの入浴時間。
3度目にして少しは慣れてきたとはいえ、どうしても緊迫した空気が流れてしまいます。
コツは沐浴布を外さないことと、身体を湯の中に入れ続けること。
外してしまうと手をバタバタさせてくるので、一触即発の修羅場になってしまいます。


そして晩御飯の準備。授乳など忙しい妻に代わり、台所に立ちます。
我が家は年末年始といえど、毎年普段通りですから、
頂き物を中心に、地味な晩御飯でした。


片付け後は、紅白こそやっているので大晦日という気分になりますが、普段通り。


去年の今頃、今年がこんなになっていることを予測できなかったと同じく、
来年の今頃、何を考え何をしているか全く解りませんが、
三人で仲良く暮らしていることだけを願って。

今年最後のブログでした。

新米両親は、腹をくくりました。

「とりかえしつかないことの第一歩 名付ければその名になるおまえ」
俵万智さんの短歌です。

もう、取り返しつきませんよ。
出生届け
↑某区役所の夜間・休日窓口にて、
のりのりさんが出生届けを提出してきてくれました。
この景色、懐かしいですね。
あの日は私も一緒に行きましたが、今日は娘とお留守番でした。

俵万智さんには、こういう歌もあります。
「読みやすく 覚えやすくて 感じよく 平凡すぎず 非凡すぎぬ名」
さて、わが娘の名はどうでしょうか。

新米おとうさんののりのりさんは大活躍で、
昨日から早速、楽しみにしていた沐浴にも取り組んでいます。

一ヶ月間しか使用しないベビーバス、うちでは購入しませんでした。
洗面台をキレイに洗ってから使っています。

入院中に助産師さんが上手に入れてくれていたので
お湯に入ること自体は、キライでない様子です。
沐浴1

顔と頭を洗って、手、お腹、足、と手際良く。
少しでも手間取ると泣かれます。

退院翌日は私ひとりでもやってみましたが、
沐浴2
この「背中を洗う」が難しくてギャン泣きされました。


沐浴3  沐浴4
泣きそうにもなりましたが、
ほとんどはおとなしくしていました。


初日、お風呂上りにバスタオルにおいてホッとしていたら、
やられました、じょー…っと。
今日は同じ過ちはすまいと、まずはオムツ!と
オムツをはかせた瞬間でした。テープを止める前に、じょー。危機一髪。
お風呂が気持ち良かった証でしょうかね。
「いい湯だな」という表情を見せてもらえるよう、精進します。


昼食にペンネ・アラビアータ大盛りを食べた直後、久しぶりに走ってきました。
24日以来、5日ぶりのランニングでした。

自然の中を気持ち良く走りたい気分だったので、
近くのハイキングコースに入ってみました。

年末午後の山道は、暇そうなオジサンたちが目立ちました。
みんなやることが無くて、ブラブラ散歩している感じ。

普段は尾根道を快走するのですが、今日は景色を見たい気分でしたので、
横浜市最高峰の大丸山(156m)に立ち寄りました。

 大丸山の紹介(所有者の京急HP)

トレイル 004_R トレイル 005_R


とにかく身体が重く、終始ドタドタと、12kmほど走ってきました。
一度休んでしまった身体を、休み中に元に戻したいです・・



昨年の今頃は伊豆大島合宿していましたっけ。

 昨年の12月29日


慣れないことの連続ですが、3人で仲良く暮らしています。


12月18日午後3時57分、2962g、50.3cmの女児を出産いたしました。

破水疑惑?に始まり、およそ3日続いた陣痛は
骨盤が砕けそうなほど痛く辛く長い時間でした。
フウセンも入れたし、陣痛促進剤も点滴しているのに、
思うように広がらない子宮口。

正直、「陣痛さん、来てくれてありがとう」も、
「陣痛の合間に訪れる、エンドルフィンによる高揚感」も
ほとんど忘れていました。

ですが、その間、フーフー言う私を見守ってくれた家族の存在は有難く、
とりわけのりのりさんは自身も寝不足になりながら
私の呼吸をリードしたり、お灸をすえてくれたり、
力がうまく抜けるようマッサージをしてくれたりと助けてくれました。
骨盤周囲へのマッサージは、翌日助産師さんにしてもらったのより
心地よかったくらいです。


思いがけず、帝王切開となってしまいましたが、
通っていた産院での自然分娩に拘らず
子供の安全優先で判断できて良かったと思っています。

転院先の助産師さんも
「急なことだったけど、納得いかなかったことはありませんか」と
何度か尋ねてくれましたが、納得のお産でした。

胎内で酸素摂取量が下がっていたことや
濁った羊水を飲んでいたことで感染症の恐れがあった娘は
しばらく小児科預かりとなり、自由にに会えない日々が続きました。
他のベッドのお母さんたちが授乳に呼ばれるのに、私はすることもなく。

3日目、酸素を送っていた保育器からベッドへ出られ、
私は微々たる量の搾った母乳をベビー室に届けることが出来るようにもなりました。
直接授乳ができるようになったのは4日目。
そして7日目、小児科を卒業。

「酸素摂取量が少ないからか、あまりお腹が空かないみたい」と
小児科で言われていた娘は、いつの間にか産婦人科のベビー室で一番お姉さん、
「母乳も良く飲めている!」とほめてもらえるまでになりました。

そして昨日、母子ともに主治医の許可が下りて無事退院となりました。


帰宅するとリビングにこんなデコレーションが。
退院3
嬉しいので、正月のお飾りを外すまではこのままにします。

出産した翌日から、最近のノロウィルスの猛威に対抗するため
病院は「基本的に面会禁止」となり
のりのりさんは私の病室立入は勿論、
小児科ベビー室の窓の外から娘の姿を見ることさえ出来なくなっていました。
ですから実に9日ぶりの父子対面でした。

そののりのりさんは、「授乳以外は何でも」と
オムツ替えも、夜中の抱っこも積極的なのでこれまた心強いです。

娘は、鼻から下は完全にのりのりさん似。
退院1  退院2
手足も、のりのりさんに似てスラーっとしてくれるといいのですが。


妊娠中から退院まで、多くの多くの方のお力添えを頂きました。
ありがとうございました。
これからは親バカぶりをお見せしたり
育児の先輩方にご相談申し上げることがあるかと思いますが
「横浜ふたり暮らし プラス1」、何卒宜しくお願い致します。
遅ればせながら、ご報告まで。

久しぶりの休日です。

妻が陣痛で苦しんだうえに、仕事が忙しい日が続いたので、
家の中が乱れていました。

また、今週、妻と一緒に娘が退院してくる予定なので、
朝から片付けと掃除を徹底的に行いました。


やりだすと、かなりの仕事量があり、結局は夕方までかかってしまった。

例年この時期に行う大掃除メニューである、
窓拭きとかレンジフード清掃は時間切れのため、延期しました。
今週末できることやら。。

とにかく、忙しい年の瀬です。
残りわずかなので、何事もなく過ぎてくれると良いのですが。


訳あって昨日、クリスマスケーキを入手しました。
何の変哲もない、イチゴの生クリーム。

出産前後 018_R


一人じゃ食べきれないな、と思っていましたが。


晩御飯後にデザートとして食べたり、
朝食のパンの代わりに食べたりして。
結局、こんなに無くなりました。

出産前後 020_R


本日、賞味期限を迎えましたが、この後デザートとして食べ、
明日の朝まで延長し完食することになりそうです。


2012.12.21 近況報告
12月18日 我が娘がこの世に生を受けました。

客観的に見ると、大変な難産でした。

日曜日の夜、本格的な陣痛に苦しむ妻を再度産院に連れていったものの結果は、

 まだ、時期にあらず

ということで、再び帰宅。また辛い夜が・・と気分が重かった。

テレビを付けると衆院選の選挙報道が賑やかでした。


月曜日の朝、出勤前に病院に連れて行き、入院手続きをしました。
色々と処置したようですが、夜、病室で再会したときには、陣痛で苦しむ妻が・・

検診の結果は、

 まだ、時期にあらず

その夜は、僕が病室に泊まりました。
とてもとても辛い夜でした。


火曜日、僕が勤務している間。
総合病院に緊急転院し、そのまま手術室にて帝王切開したそうです。そして、出産。

手術室の外で始めてみた娘は、酸素カプセルの中。
しばらく後にベットに横たわって登場した妻は、顔面蒼白。



あれから2日が経ちました。
勤務後に面会で会う妻は日に日に元気を取り戻しています。
今日は久しぶりにシャワーを浴びたようで、さぱっとしていました。

僕は会えないのですが、妻は毎日娘に会っているようです。
今日は初めて抱っこしたようです。
回復も順調のようです。



いましばらくひとり暮らしが続きますが、心配事が少なくなったので、まあ元気になりました。


近況はそんなところです。

気がつけば、今年も残りわずかです。




金曜日の夜から腹痛が始まりました。



土曜日、出産に立ち会えるか微妙だね、なんて話して出勤しましたが、
夕方戻ってきても、状況に変化はない様子。
一日中、断続的な腹痛が続いていたようで。

晩御飯に鍋を作りましたが、少食気味でもちゃんと食べていました。
辛そうだけど、まだ余裕が残っている感じ(いま思えば)。

夜、周期が短くなってきたので、念のため病院で診察してもらいましたが、
 
 まだですねー、普通に話せるうちはまだですよ。

ということで、二人で引き上げてきました。


その晩は、とにかく、とても辛そうでした。
痛みのせいで、眠ることが出来ないようで、
楽な体制を取るため一晩中、身体を動いていたようでした。

どんどん憔悴していく妻。代われないからかわいそう。



日曜日の朝(つまり今日)、再度病院にいって先生の診察を受けましたが、
破水の疑いはあるけど、出産までには至っていないとか。
夜に再び来るように言われて、再び二人で引き上げてきました。

妻は一日中、痛みと格闘しています。
我慢強い妻がここまで憔悴しているのを見るのは初めてです。
食べるものも限られていて、おかゆとかおにぎりだけです。


早く出てきてやってね。

昨夜、三時半頃でしょうか。

「何か、出てきた」感じに目が覚めました。
まさか破水しちゃった?
でも、パシャーッほど派手ではなく、ジョロ、くらい。
確信は持てませんでしたが、
破水の場合は細菌感染の恐れもあると聞いていたので
産院に電話をしてみました。

少し眠そうな(スミマセン)助産師さんに状況を説明すると、
破水かもしれないので朝イチ診察に来て下さいとのこと。
ただ破水でも、陣痛が来ないことには始まらないし、
冷えていると進みにくいので、カイロなどを貼って
お腹周りはポカポカにしておいて下さいねー、と言われました。

さて、朝。
まだ寝ぼけているところに
話を聞かされたのりのりさんは目をパチクリで、
朝食時に広げる新聞も今日はほとんどの記事をスルー。
そりゃあそうですよね。


産院に行くと、まずはNST(胎児心拍と子宮伸縮モニター)。
「よく動いてるわねー、どうやって出てやるかって作戦を練っているのかも」
そう助産師さんは言ってくれたのですが、
いざ、破水かどうかの検査をしたところ、
「ん?色が変わらない」。
試薬の色に変化がなく、どうやら破水ではないとのことでした。
あぁ、お騒がせ。

あちこち電話とかメールとかしなくてよかったー。
狼少年になるところでしたよ。
のりのりさんは今日も明日も外せない仕事があるので
破水でない方が「親孝行な子だ」との思いだったようですが。
今日が予定日でソワソワし始めた両親に、
まだ出てこないにしても「準備はしていますよ」と
教えてくれたのかもしれません。
気長に待つことにします。

この本もそろそろ終わり。
マタニティブック

いよいよこちらを
育児本
じっくり読まないと。


昨日の深夜、これまでにないほどお腹が動いたそうです。
30分以上も続き、その後はなかなか寝付けなかったとか。

睡眠不足気味の妻が話していました。

まさか、母親と同様、出産直前にグルリと回転し頭が上になってしまったか!
と疑いましたが、しゃっくりする位置に変化がないから、おそらく大丈夫だとか。

何とも落ち着かない日々が続きます。

土曜日は出勤予定ですので、土曜日の午後ぐらいに陣痛が始まって・・・
と都合が良く事が進んでくれれば良いのですが。

初めての体験を前に、妻は随分と落ち着いているように見えます。


おなか 007_R

こんなにかわいらしい服が・・・未だに実感がわきません。
昨日の検診は、NSTというお腹の張りと胎児の心拍モニターのみ、
エコー検査はなかったので、下がり具合ははっきり分りませんでした。
ただ、子宮底長も腹囲も前回より数字が小さくなっているので
「下がってきているのは確か」とのことでした。

ちなみに、私の通う産院では、陣痛の日まで内診はしないようです。
なので臨月によく聞く「子宮口が何センチ開いている」という話はなく、
「陣痛が来なかったら来週また来て下さいねー」とニッコリ送り出されました。

のりのりさん始め、周りの人、
のりのりさんの会社の人から宅配便のおじさんまでが
「まだ?」と気にしてくれますが、
こればっかりはいつだと答えようもありませんねー。


ただ、反省したことがひとつ。
「のりのりさんのいる時で、
先生と、助産師さんのSさんがいる時で、
一番大きい病室が空いている時に、
頭を下にしてツルツルっと出てきてねー」などなど
お腹に向かって勝手なお願いをたくさんしてきたので
いつ出るのがベストなものかと混乱しているのかもしれません。
「注文の多いおかんやなぁ」と思われていたりして。

もう注文つけませんので、いつでもどうぞ。
でも、「頭からツルツルっと」だけは聞き届けてほしいなあ。

お目汚しですが、記録のために。
パンパン
10日ほど前のお腹。おへそも出っ張って、もうパンパン。


そろそろ決めなければなりません。

決定の方法論を持ち合わせていないので、ずっーと困っています。
いよいよ時間一杯です。

理系の僕にとって、物事を決定するためには根拠が必要になります。
選択肢が複数あるときには、根拠に基づいて最適な解を選択する。
何事も論理的じゃなきゃダメなのです。

一方、どこの誰だかわからない人が書いた命名に関する本を読む気になりません。
妻も同様で、我が家には一切存在しません。

また、流行の名前をつけるほど野暮でもないです。

すると、名前を決めるキモは、

 好きか嫌いか

ということになりそうです。コレが一番苦手なわけで。

コレとコレはどちらが好きかということを
永遠に繰り返せばもしかすると決まるかもしれませんが。
こういうこともありえるわけです。


 AよりもBが好き A<B

 BよりもCが好き B<C

 CよりもAが好き C<A?

 ・・・・・・・・ 解なし ・・・・・・・・・



一方の妻は、早い段階からとても明確な絞り込みをしていました。

 音がA・A = あ、か、さ、た、な、は、ま、や、ら、わ の組み合わせ

日本語を学問として学んだ彼女なりの好みなんだろうと思います。


実は、それに乗っかろうと思っています。
候補もいくつかに絞れてきました。
ついでに読みだけでなく、漢字も妻に絞り込んでもらっています。

意思がないのではなく決める方法を知らない、ということを主張しておきたいと思います。



我が家のネコさん観察台から。新顔です。
いつものソックスの子の兄弟かしら。

ねこ 002_R ねこ 003_R

ねこ 004_R ねこ 005_R
2012.12.10 胃がスッキリ
ここ数日、胃の圧迫感がなくなってきた気がします。
「赤ちゃんが下がってきたら胃がスッキリして食べられるようになる」と
聞いていたので、これがその状態?と思うのですが、どうでしょうか。

思えば、ツワリは軽い方だったし、
腰痛も恥骨痛も脚の浮腫みもなかったし、
いまだに仰向けで寝ていることもあるし、
夜中に目覚めることも日によってあったりなかったりだし、
臨月の人たちが言う「アバラを蹴られて痛いのよー」ということもないし、
本に書いてあることや人の言うことは、
少し当てはまったり、全く当てはまらなかったり。

この胃のスッキリ感は、「当てはまる方」かどうか、
明日の検診が楽しみです。


今週のお花は
ポインセチア
ポインセチアのクリスマス用壁掛け。

毎度、先生の手直しを受けた直後は
花器の中にコスモを感じるのですが、
家で生け直すと、雑木林になってしまうのです、うぅ。

水曜日に発症した喉の腫れ・痛みは木曜日にピークを迎えました。
悪化して発熱することは無かったのですが、
土曜の鎌倉トレイルは大事を取って欠場しました。

おかげで、土曜日は溜まっていた仕事をやりきることができたので、
本日は心安らぐ休日になりました。

午前はゆっくりと起きてから、リビングに扇風機を設置。

扇風機 006_R

オイルヒーターで暖められた空気が部屋の上部に溜まってしまうので、
対流を促すために設置しました。
テストしてみましたが、足元付近が暖かくなった気がします。効果ありです。


昼ご飯後は、テレビを観ていたら二人とも居眠りしてしまい、
気がついたら2時間もたっていました。

病み上がりとはいえ、全く走らないわけにはいかないから・・

日が西に傾き、まだ強風が残って寒そうでしたが、
ランウェアに着替えてエイヤッと出発。
3日空いたので身体が軽く、15kmをキロ5分を少し越えるペースで走ってきました。


その後は、いつもの日曜日の通り、鍋を食べてNHK大河を観て。


予定日は今週とのことですから、今日が最後の二人暮らし日曜日だった・・
ということになるかもしれませんね。少し淋しい気分です。

2012.12.07 39w0d
39週0日です。

先週あたりから、前駆陣痛とか、ブラクストンヒックス収縮というのでしょうか、
下腹部の締め付けるような張りと鈍痛そして腰痛を、頻繁に感じるようになってきました。
夜中にそのせいで目を覚ますことも。
その度に、お!いよいよ?と思うのですが、
なかなかホンモノの陣痛さんは来てくれません。

両親学級で知り合ったニンプちゃんたちの近況も、
チラホラ聞こえてきました。

本物の陣痛と間違えるほどの強い前駆陣痛に何日も苦しんだ後、
予定日を少し過ぎて無事出産したという人、
36週で破水、早産してしまったという人、
里帰り先が爆弾低気圧の影響で大雪に見舞われ
日課の散歩ができずにやきもきしているという人、
そんな情報を教えてくれた人は
「最近血圧が上がっちゃって、
予定日目前なのに大きな病院に転院の危機!」なのだとか。
んー、お産って十人十色。

今朝の新聞では、
1月に引退したマラソンランナーの嶋原清子選手が現役復帰の意向、と
読みました。→公式ブログ

予定日ぴったりで、2680gの赤ちゃん!(嶋原さんの身長は154cm。)
なんと理想的な。
「具体的な日程はまだ」とのことですが、
引退レースだった大阪国際女子マラソンで復活の走りを見せてくれたら、と
ファンとして気の早い期待をしてしまいます。
(さらには私も同じレースを走れたら理想も理想なのですが。)


サンタさん
毎年恒例ミニツリーとミニサンタさん登場。
予定日+2週間は正産期。
サンタさんと陣痛さん、どちらが早いでしょうねえ。

2012.12.06 朝ラン日記
今年の冬は寒いです。

昨日の朝は特別に寒かったので、朝ランするときにはビビッて厚着しすぎました。
ラン後は、僕の汗が水蒸気となってモヤモヤしました。

モヤモヤが見えますでしょうか?
プロフィール 003_R

この後にシャワーを浴びると体温が異常に上昇し、ポーっとしてしまいます。


極寒中のランニングのせいか、喉を痛めてしまったようです。風邪の初期症状。

土曜日は鎌倉アルプス・トレイルランに出場予定です。

なんちゃってトレイルコースで8マイルなので、少々風邪気味でも何とかなると思いますが、
体調悪化が懸念される場合には、キャンセルかな。
シリーズ50周年だそうですが、恥ずかしながら私、007を観るのは今作が初めてです。
007skyfall
『007 スカイフォール』

諜報モノの好きなのりのりさんに聞いていたので
(それと、テレビでチラっと『カジノ・ロワイヤル』を見ていたので)、
あまりに都合の良いと思える展開にも、ツッコミを入れたくなることなく
007の世界に浸ってきました。

冒頭はイスタンブール。
手始めにグランバザールでバイク・チェイス。
スピード感に興奮して目をくるくるさせていると、
後半ではボンドの「トラウマ」にも迫るなど、
迫力のアクションと哀愁感じるシーンとのメリハリも面白い。

敵役のハビエル・バルデムは『ノーカントリー』でも
夢に出てきそうな不気味な役柄でしたが、
こちらでも悪役としての魅力を発揮しています。

恐らく、ですが、50周年ということもあって、
古くからの007ファンをニヤリとさせるような仕掛けが
散りばめられているのだろうと思います。
初007の私には具体的には解りませんが、
なんとなくそれらしきニオイがしました。

ま、何より単純に、私はダニエル・クレイグが好きなので、
2時間23分、惚れ惚れ~だったわけですが。

そうそう、エンドロールをぼんやり見ていてびっくり。
これ、話題になっていたのでしょうか?→「007に…」

それにしても、滅多に見ない映画で立て続けにイスタンブール登場
絵になりますもんね。
イスタンブール!






2012.12.04 記念受験
12月2日(日)第1種電気主任技術者の二次試験を受験してきました。
全く準備していなかったので、来年のための記念受験のつもりです。

場所は早稲田大学でした。
構内のイチョウがとてもキレイだなー、と気楽な気分で会場へ。

早稲田大学 001_R


試験は次の通り。

 午前2時間 6問中4問選択
 午後1時間 4問中2問選択

午前10時、午前の試験開始。
お気楽な気分で問題をめくると・・・・問1は問題の意味も理解不能。
問2、問3・・・と読み進めると、解答できそうな問題が無くもない。

けど、全問解答するなら、ペースは30分/問。
どうやったら達成できるのか。

せっかくシャープペンシルも持っていたので、2問ほど書き込んでみました。


そうこうしているうちに、1時間経過して11時になった。
試験官の合図で、途中退席が可能になった。
しかし、誰も立ち上がらない。

・・・・ま、来年がんばろうか。

ということで、部屋で最初の途中退席者としてリタイアしてきました。


早稲田の父、大隈さんの銅像とシンボルの講堂です。
早稲田大学 004_R


来年は合格するつもりで訪れることができますように。
2012.12.02 シュトレン
数日前に誕生日を迎えました。

「ケーキ、何がいい?」と、のりのりさんが聞いてくれたのですが、
最近はふわふわでクリームたっぷりのケーキよりも、
ザクザクっとしたものの気分です。タルトとか、
季節的にも、あれが良いなあ、とリクエストしてみました。

「シュトーレンが食べたいです。」

のりのりさんはキョトン顔で、
何度繰り返しても「シュトーレン」が覚えられなかったので
(大学での第二外国語はドイツ語だったらしいですが)、
果たして無事手に入れられるか心配でしたが、

外出先から職場に戻る途中、買ってくれたそうです。
わざわざ、どうもおおきに。
シュトーレン1
おぉ、デメル

デメルといえば、猫さんのパッケージのチョコレートが有名ですね。
猫の箱
↑何年も前に貰ったソリッドチョコの箱、
取ってあります、小物入れにして。

さて、シュトーレンです。
シュトーレン3
のりのりさんが言うには、
デメル以外のお店のは「粉砂糖が少なくて美味しそうじゃなかった」。

このお菓子は、クリスマスの到来を待つ間に
スライスして少しずつ食べるものなのだそうです。
日々熟成が進んで美味しくなるのを楽しみながら
クリスマスを待ち望むという習慣がドイツにあるのだとか。
と、ネットで調べたのですが、
「Stollen」は、「シュトーレン」よりも
「シュトレン」の方が正しい発音だとも書いてありました。
そうなんですか?のりのりさん。

慣わしどおり、薄くスライス。
シュトーレン4
スパイスの効いたフルーツとナッツがみっしり。
確かに、昨日よりも生地に風味が移っているような?いないような?
いずれにしても、美味しいです。あー、もう一切れ食べたい。
クリスマスまで、持ちそうにありません。

それにしても、いまだ「シュトーレン」が言えないのりのりさん、
一体どうやって広い百貨店の洋菓子売場でシュトーレンに
たどり着いたのかは、謎です。
カタカナでも、地名ならすぐ覚えるのにねえ。不思議。

2012.12.01 極寒ロング走
横浜駅から自宅までロング走やりました。

先週はよこすかシーサイドで激走したので、スピードよりも距離・時間優先で。

みなとみらいには、人がが多かったです。
風が強かったせいか、走っている人は少なかったです。

ロング走 011_R

横浜港も寒々しい。
ロング走 013_R


横浜スタジアムまで続く日本大通のケヤキもキレイに色づいていました。
ロング走 015_R


明日は横浜マラソンです。
僕もエントリーしていますが、資格試験のため残念ながらDNF。

スタート地点の山下公園前は、例年通り見事な紅葉です。

ロング走 016_R

会場設営もだいぶ進んでいました。

ロング走 018_R


今日はとにかく寒かった。
短パン+ロングT+薄手ウインドブレーカーだったので、まー寒いこと。
オマケに昼ごはんを食べずに走り始めたので、空腹で体温が下がってきた。

約10kmのコンビにでエイド休憩しました。熱々のピザまん。
寒さのせいで、手が真っ赤になっています。

ロング走 022_R


再び走り始めるものの、どうも調子が上がってこない。
ピザまんひとつではカロリーが足りなかったようで、ガス欠気味。

約15kmのコンビにで再び、エイド休憩。熱々のブリトー。

ロング走 023_R

これは良かった。温かいしカロリーもそこそこだったので、ようやく元気になりました。


結局27kmをキロ6分で走りました。
あまりペースを上げなかったせいか、ちょっとやり残し感は残りましたが、
ボチボチ良いトレーニングとなりました。

シャワー後、途中で購入したブリトー(ローソン版)をいただきました。

ロング走 025_R

同じようなものばかり食べている・・


晩御飯ではビールを頂いた後、大好物のコレで。

ロング走 026_R

たくさん走った日は、ビールもキムチチゲも美味しいこと。