2013.01.31 パーツモデル
ムスメの写真を保存しているフォルダを見ていたのりのりさんが
「顔ばっかりだなー」と言いました。

確かに、表情が毎日のように変わるのが面白くて
顔面アップの写真ばかり撮っていました。

「パーツも撮っておいた方がいいんじゃない」との提案があったので、


手とか、
手1  手2


足とか、
足1  足2
撮ってみました。むっちむち。

おしりとか、いい匂いのするつむじの写真も撮っておかないと。

さて、昨日は日中、4、5時間泣き続けたムスメ。
おむつを替えても授乳をしても、抱っこで揺らしても
部屋の中を歩き回っても、「ぎゃー」。

そこまで泣かれると「一体何が悪いの……」と気が滅入りますが、
泣くことで肺の運動にもなるというし、
カピカピに固まった鼻くそもすぽっと取れたりするので
泣き止ませることに躍起にならず、
ある程度は泣かせっぱなしでもヨシ、と思うことにしました。
こんなに泣き続けるのも今のうち、と自分に言い聞かせつつ。

今日は一転、よく眠るムスメです。
ただ、日中あまり眠ると、夜に寝ないのですよねー。
(ゆうべは連続して4時間くらい寝てくれました。)
どちらが楽かといえば、んんんー。

エルゴ(抱っこ紐)の新生児用クッション。
エルゴベビー
これにくるまれると落ち着くようです。お出掛け中もご機嫌。
ニヤけています。

のりのりさんは今日もムスメと入浴したさに、
ブッ飛ばして帰って来るそうです。
愛妻の日(1月31日)ですけどね。

日曜日に実現したムスメとの入浴。

月曜日も入浴時間を遅らせてもらい、一緒に入浴。

昨日は残業にて、叶わず。無念でした。

そして、本日。
夕方からそわそわし、後輩に仕事を預けてちょっと強引に帰宅し、
三度ムスメとの入浴を果たしました。


まー、とにかく楽しい、ムスメとの入浴。
こんなに楽しいと思いませんでした。
何が楽しいって、気持ち良さそうにするムスメの顔がかわいいこと。。

いつの日か、断られる日が来る事を忘れ、満喫しています。

近頃、グズグズと妻を妨害する時間が多くなってきたようですが、
入浴の時間だけは穏やかな表情で過ごしてくれています。


何となく興味本位で購入してみたタブレット。ネクサス7。

ネクサス 001_R


便利なような、それほどでもないような。
屋外で使用できるようになれば、ぐっと用途が広がるかも。
ポケットWi-Fiの契約をするか悩んでいます。
2013.01.28 二重あご
スポーツニュースを見ていて思いました。
ムスメの泣き顔は、気合をいれる高見盛にソックリです。

生まれたてはやせっぽっちだったのが
毎日母乳をゴクゴク飲んで、今やフェイスラインはこの通り。
あご1  あご2
立派な二重あご。


一方の私。
抱っこや授乳などで下を向く時間がかなり増えました。
ふと窓や鏡に映るその姿を見ると、あごにも首にもシワがくっきり。
赤ちゃんのそれと違って可愛くもなければ嬉しくもないですねー。
といって上を向きながら授乳もできないし。

妊娠中は妊娠線ができないようにと気をつけていましたが、
結局それより大きな帝王切開の傷ができてしまったわけで、
いまさらシワの一本や二本、と言われればそうですが、
なかなか受け入れがたいものなのです。

ムスメよ、二重あごを可愛いと言ってもらえるのなんて、
今だけですからね。そのぷにぷにほっぺもね。



今日も出勤でしたが、早く終わったのでムスメと存分に触れ合いました。

まずは、お腹に抱っこして初の外出。
近所のスーパーに歩いて行って来ました。
お腹同士をくっつけて密着しているので、ヌクヌクと暖かです。
寒がりなムスメも終始スヤスヤ寝てくれました。
妻の言うとおり、近場の抱っこ外出はとても安心です。


帰宅後、ついにムスメとの入浴を体験しました。
ムスメにとっても人生初の入浴ですから、始めはかなり緊張しているご様子でしたが。

初入浴 001_R

お湯に浸かるのが好きな我がムスメ、温まると緊張も解けてきました。
膝に乗せながら全身を石鹸で洗ってあげると、まんざらでもないご様子。

再び浴槽に浸かったときには、たいへんご機嫌のご様子でした。

初入浴 007_R

身体の芯まで温まったのか、通常は風呂上りにグズグズするムスメも、
今日ばかりは、スヤスヤ寝入ってくれました。



今日、仕事に向かう車中で、東京ガスのラジオCMを耳にしました。
(ネットで探したけど、見つかりませんでした・・)

ムスメとお父さんのやりとり。
小学生の娘さんが色々な理由をつけて「お父さん、一人でお風呂に入りなよ」と提案する。
なかなか解ってくれないお父さんに対して、最後の一言。

「もう、一緒に入りたくないの」


奇しくも、初入浴の日に耳にしたCM。
そんな日が来たときには、ひとり旅に出ようと思います。
2013.01.25 母子訪問

午後、区役所から保健師さんが「母子訪問」に来てくれました。
主に初めての赤ちゃんのいる家庭で、赤ちゃんの体重測定をしたり
育児相談などにのってくれるという事業です。

まずは気になっていた予防接種についてレクチャーを受けました。
母子手帳を貰ったときや先日の一ヶ月検診でも
予防接種の種類や受ける時期の一覧表などを見せられてはいましたが
どうにもややこしくて整理がついていませんでした。

なにせ、予防接種には定期と任意とあって、
定期は無料で受けられるけれど任意は有料で、
でも任意の中にも自治体の補助が出るものがあって、
さらに何種類もの予防接種をそれぞれ複数回受けなくてはならず、
小児科医によって複数のワクチンを同時に打ってくれたり
くれなかったりする、とかなんとかかんとか。
しかも「誰も呼びに来てくれないから自分で申し込んでね」というのです。

じゃあ、いつなにをどこで受ければいいの?ということを
時間を気にせずじっくり聞けたおかげでスッキリしました。
その他授乳のことや着せる物のことなど、質問はてんこ盛り。

次にムスメの体重測定(4300gでした)、
そのあと、保健師さんがムスメをくるりとひっくり返すので驚いて見ていると、
家庭訪問1
「あらー、上手上手。」とお褒めを頂きましたが、
いいんですか、こんなことして???

「2ヶ月くらいになったら、こんな風にしてみてね」とのことです。
筋トレみたいなもので、寝返りを打つ為の訓練になるそうです。
家庭訪問2
一生懸命です。

さらにおっぱいマッサージに授乳指導と、
気づけば2時間以上経っていました。
ここまでじっくりお話できると思っていなかったので、
お役所の仕事もなかなか有難いものだ、と見直した次第です。

毎月、来て欲しいです。有料でもいいから。と言いましたが、
さすがにそれはないそうです。

さて、予防接種デビューに向けてまずはかかりつけ小児科を決めねば。
歩いて行けるかどうか、あるいは運転して行けそうかどうか
週末にでもお散歩がてら何箇所か見に行ってみようと思います。

2013.01.24 チチと勘違い
娘を抱っこしている間に妻が入浴するという生活が続いています。
この時間帯は必ずご機嫌斜めなので泣く子を黙らすことに苦慮しています。

昨晩のムスメ。
目に涙を溜めて号泣していました。

あやさん 002_R

いやー、宥めるのが大変でした。。


今晩もグズグズのムスメ。
鼻が詰まっていたので、吸引機と綿棒で掃除してあげたら、それはそれは泣くこと。

困ったなーと思っていたら。

あやさん 011_R

ん?僕の肘の内側を吸い始めた。

あやさん 015_R

ほっといたら、ずっと吸い続けていました。
どうやら、母乳と勘違いしているようです。何も出てこないのにね。


仕事が落ち着きだしてきたので、週末ぐらいから走らないと。
もう2週間近く走っていないのです。こまった。
2013.01.23 1ヶ月検診

おかげさまで一ヶ月検診の日を迎えることが出来ました。

エルゴ(抱っこ紐)は数日前から装着の練習をして、
忘れ物をしないように荷物は前日に準備、指差し呼称を繰り返して。
それでも、お外に出るのは、私もムスメも退院の日以来とあって、
なんだか朝から緊張してしまいました。

あんまりピリピリするとムスメに伝わってしまうので
平静を装いながら、タクシーに乗り込みました。
一ヶ月
眉毛を描いたのはかれこれいつ以来だか。
顔がやや強張っています。

何かあったらどうしようと(何があるというのだか)思っていましたが、
一歩出てみると、よく知った街はよく知った姿のまま。
病院に着いてからもすべてスムーズに進みました。

まずはムスメの測定、検診から。
このひと月で体重は2962gから4190gに。
順調な増え具合とのことです。

のりのりさんは生まれた時すでにこれより大きかったのですね。
ご母堂はいかに苦労されたかと……。

検診ではその他も何の問題もなし。よかったよかった。
ただ、お着替えの嫌いなムスメは(いつもお風呂上りにギャン泣きします)、
検診のあと服を着せたあたりから泣きはじめました。
うー、これから私の検診なのに。

けれど、産婦人科スタッフは当然こういうことには慣れたもので
私の検診の間は「抱っこしていますから大丈夫」と
手を差し伸べてくれました。
おかげでムスメは看護師さんに助産師さん、
はては先生にまで抱っこしてもらっていたようです。

このまま泣き続けだったら大変、と思いきや
エルゴはよくできたもので、包まれる感じが安心するのか、
すっぽりおさまるとスヤスヤ眠り始めました。
あんまり静かなので、道中、「窒息してない?」と
何度かほっぺをつついたほど。
夜寝ないで泣くときは、エルゴで抱っこしてみるのもいいかも。

検診が終わると、妙にすがすがしい気持ちになりました。
ムスメとふたりのお出掛けは大変に違いない、と構えすぎていたのでしょう、
肩の力が抜けました。
雨上がりの空気もまたすがすがしかったので、帰りは徒歩で。
ジョギングの定番コースで、ムスメがお腹にいた頃もよく散歩していた道。
途中、ドラッグストアで普段の買い物をするのも、新鮮でした。

ムスメよ、出不精なハハですが、
これからはどんどん連れ回しますからね。


今日は母子で1ヶ月検診に行ったようです。
初の外出模様は明日のブログに譲るとして。

生後1ヶ月がたったので、妻の親友から頂いたジムにムスメを入れてみました。
ムスメのおもちゃ第一号です。

ジム 002_R

ムスメにはど派手なカラーが見えていないのか、
おもちゃ等には全く反応しません。視覚的には効果なし。

グズグズしたムスメに付属のメロディ(モーツアルト)を流してみたところ、
安っぽい電子音にも関わらず、速攻でおとなしくなりました。
聴覚的には効果あり。

これでムスメの妨害行為が減ってくれれば、妻も少しは楽になるでしょう。
期待したいです。


ムスメを洗面台で入浴させるのも、最後だったのかもしれません。
表情が固まっていました。

087_R.jpg

今週末は一緒に入れるかもね。
横浜ふたり暮らし、始めました。
日中の、私とムスメのふたり暮らしです。

産後は床上げまでは21日と言われますが、
年末年始、のりのりさんの冬休みが終わった後
実家のハハに2週間ヘルプに来てもらっていたので
たっぷり1ヶ月ほど、主婦業のお休みを貰いました。

産後は帝王切開の傷のうずくような痛みが続いて鎮痛剤が欠かせなかったり
腰痛や原因不明の胃痛もあって、気分もパッとしませんでしたが、
そういった不快症状もほぼなくなり、
さすがに自分でアレコレ動きたい気持ちも出てきました。

まずは手始めに、ジャージをやめて、
妊娠前に履いていたジーンズを履いてみました。
産後、体重が戻っても、
骨盤が開いて妊娠前のジーンズが履けなくなることもあるそうですが
なんとか入りました。
自然分娩に比べれば、骨盤の広がりも大きくないのでしょうが。

ムスメが泣いて抱っこ要求スイッチが入ってしまうと
何もできなくなるので
(実際には片手できることは多いですが、キケンなので)
朝のうちに夕食の下ごしらえをしてみたり、行動は前倒し、前倒し。
生活パターンも試行錯誤してくことになりそうです。
……これを産後すぐ、誰の(オットや母親や義母の)助けも得ず
やっている人もいるのですよねー。立派です、本当に。

明日は1ヶ月検診です。
初のお出掛け、荷物を持っての移動も、
外での授乳もオムツ替えも、とにかく初めてづくし。
うまく行きますかねー。

日曜日のワンシーン。
居眠り
泣き疲れて眠るムスメと、
育児疲れにアームチェアで居眠りするのりのりさん。
ムスメが生まれて1ヶ月がたち、妻の体力・気力もだいぶ回復したようです。
年明けから家事の応援をしてくれた妻の母が大阪に戻りました。

あらためて僕と妻、ムスメの三人生活が始まりました。

僕の生活はまさに仕事ばかりです。
プロジェクトのクライマックスをむかえているので、大忙しです。

ランニングどころか、自宅で食事をすることもままならない毎日。
当然、妻に体力的・精神的負担が偏ってしまっています。

妻はムスメの妨害行為にめげずに、家事の一切を担ってくれています。
頼もしい。
休日の本日、助力になればと思っていましたが、僕も疲労が残っていて戦力にならず。
結局は昼寝をして、何一つ助けにならなかった感じです。

妻が育児ノイローゼにならないよう、サポートしていかなければ、と思う毎日です。


ムスメはそろそろ外出も出来るようなので、キャリー・バッグを試してみました。

031_R_20130120212859.jpg

僕がデカイせいか、ムスメがちっさく見えます。


一方の妻。
今週、1ヶ月検診のため単身病院に連れて行かなければならないので、真剣です。


始めはムスメの妨害行為にあいましたが。
046_R.jpg

どうやら、協力してくれるようです。
045_R.jpg


いよいよ、始まりましたね。
2013.01.16 父の姿
誰が想像できたかと思うのですが、
のりのりさんは今時の言葉で言うなら、イクメンです。

昨年、区役所の両親教室で沐浴指導を受けた時は
実際に小さな赤ん坊を前にしたら
「小さすぎて怖くて触れない」なんてことになるのでは?
と少ーし、疑っていました。
冬休み、それは杞憂におわりました。


また、立会い出産や育児に積極的な男性でも
「おむつだけはパス」という人が少なからずいるようで、
そんな愚痴をこぼす女性の声も聞いたことがあるのですが、
のりのりさんは平気の平左どころか、
ムスメが泣いていると「おむつ替えようか?」と言って
いろいろ話しかけながら替えてくれます。

この姿、学生時代の友人とか、職場の後輩くんとかに
見せてみたい。
ヨシヨシ
父娘の姿を見ながら、思うのでした。

もうひとつ、のりのりさんがとっても助かるのは、
寝つきの良さ、眠りの深さですね。

夜中、寝付かないムスメにギャーッと泣かれたりすると
どうしていいかわからないことに加えて
のりのりさんを起こしてしまう、とヒヤヒヤするのですが、
翌朝「ゆうべ、大きな泣き声が聞こえてたでしょ?」と聞いても
「そう?全然聞こえなかった」とけろり。

ムスメよ、ちょっとくらいの泣き声なら大丈夫よ。
泣かないでくれるのが、一番だけど。

2013.01.15 大雪の翌日
成人式の昨日は、横浜で大雪が降りました。2006年以来の積雪だったとか。

横浜駅西口でも、北国のような積雪でした。
帰宅するときに、除雪を余儀なくされました。

雪降り 007_R

首都高と横浜横須賀道路が通行止めになっていたので、一般道で帰ってきたわけです。


そして、本日。
夜には雪が止んだので、高速道路ぐらいは除雪されているだろう・・・
というのは、北国の常識でした。。
残念ですが、首都圏にはそれほど多くの除雪車がないのでしょうか。
通行止めは継続されていました。

普段なら車で1時間の通勤も、電車で2時間。朝からヘトヘトでした。


通勤中、転倒する人を何人か見かけました。
皆さん、雪上・氷上を歩くのがヘタです。
かかと荷重であるいちゃダメです。爪先荷重でソロソロ歩くのです。

明日は高速道路が通行できることを祈るばかりです。


自宅前にも雪が積もりました。
ムスメは初雪写真を撮るため妻に起こされて、ご機嫌が良くなかったようです。


P1000151_R.jpg

2013.01.14 耳の次は鼻
気掛かり、その二。

2、3日前、呼吸音に鼻が詰まっているような音が混じるので
よく見てみると、鼻の穴をふさぐ様な鼻クソがぶらぶら。
寝ているときはまだしも、
おっぱいを飲む時には、鼻が詰まって苦しくて飲めないのか、
銜えては苦しくて泣き、また銜えては苦しむことを繰り返していました。
見かねたのりのりさんが、ペンライトと綿棒を手に
思い切って鼻掃除をすると、まあこの小さな鼻のどこにと驚くような
大人の指先ほどのブツが出てきました。、
綿棒を突っ込まれたせいでしばらくは怒って興奮していましたが
スッキリしたのかその後は快眠。

今日はまた反対側の鼻がズーピーいうので、軽く掃除してやると
くしゃみとともにズボっと大物(やっぱり指先大)が飛び出てきました。

赤ちゃんて、そんなに溜め込むものなのでしょうか?
それとも、のりのりさんの蓄膿症を引き継いでしまったのでしょうか。
ぎょうざ耳に続いて、目下の気掛かりです。

最近は、
笑顔2  笑顔3
一生懸命、笑顔の練習をしているようです。


笑顔1
こんな顔の時もありますが。同一人物か?

ようやく休みになりました。今週は多忙でした。

ムスメと戯れ、ロング走をやる予定でしたが、中年の肉体疲労がそうさせてくれず。
特に背中がパンパンに張っていたので、近所のマッサージ店に予約を入れ、
午後イチ、80分の施術をしてもらってきました。

首やら背中やらゴリゴリに張っていた部分を緩めてもらったら、既に夕方。
ランニングする気も起きずに、本日は終了。
明日は朝から大荒れの天気なので、走れるかどうか。

まったく、ランナーとして不適切な休日を過ごしてしまいました。

明日は溜まりに溜まった仕事を片付けるため、事務所に出勤予定。
2月までは勤勉サラリーマン生活が続きそうです。。


お歳暮でいただいたカタログギフトで選んだ品物が届きました。

フルーツ 001_R

まー、贅沢なこと。
早速、ブラジル産のマンゴーをいただきました。
ちょうど食べごろで、ネットリとして極上の甘さでした。

毎朝、何を食べるか楽しみです。
今のところ、ムスメには母乳だけ飲ませています。

出産前は「本当に出るかなー?」と心配だった母乳。
出産直後の搾乳では、わずかに数滴がポタポタ程度だったので
ますます不安になりましたが、
その時手伝ってくれた助産師さんが
「この様子ならよく出ますよ」と言ってくれました。
「妊娠中にきちんとケアしてきたんですねえ」とも。

取り立てて早くからケアをしていたわけではなく、
むしろお腹が張るので、毎日マッサージするようになったのは
妊娠37週以降でした。
毎日飲んでいたたんぽぽ茶の効果もあったのかどうか、
助産師さんの言うとおり、吸われているうちに出るようになり
母乳の悩みは今のところありません。

といっても、入院中は授乳前後にムスメの体重を量り
どの程度飲んでいるのかが数字でわかっていたので
足りてる足りてると安心していたわけで
退院後は一度も体重測定をしていないので
実際のところはわかりませんが。
(これで全然体重が増えていなかったらショックかもー。)


母乳の出って、大きさや形に関係ないのですねえ。
「いいおっぱいですよ」と褒められたのも初めてのことでした。
モチロン、助産師さんたちにです。

妊娠中、おっぱいのケアのために
初めて助産師さんに胸を出して見せた時は照れもあったものです。
それが、新生児室に行けば、あっちでもこっちでも
ぼろんぼろんと胸を露出させるお母さんたちと
母乳の出具合、おっぱいの形ややわらかさをチェックしたり
搾乳を補助したりする助産師さんたち。
なかなか衝撃的な光景でしたが、
あっという間に自分も違和感なく仲間入りしていました。

そして母乳をやっていて嬉しいのは、
私自身の食欲がもりもりあるのに、
食べても体重が増えない、ということ。
おかげさまで、妊娠前の体重に戻っています。
ムスメよ、これからもしっかり飲んでおくれ。

生後すぐは保育器の中で、
保育器
こんなに頼りなげでした。

生後20日もすれば、
くちぱく
ほっぺプニプニ。
舌を見せてお口をぱくぱくさせているから、そろそろおっぱい催促ですね。
我が家の日記として始めたこのブログ。
特定の方向性に固定することなく、我が家の総体をまんべんなく書いてきました。

二人でランニング中毒的生活をしていた一昨年~昨年は、
極端なランニングブログ化を懸念していました。
読む人によっては、完全にランニング夫婦だったでしょうけども。


妻の妊娠以降、懸念していたのは極端な”子育てブログ化”です。
連日子供の写真を掲載し、我が子のかわいさ自慢に没することは避けよう、
と念じていました。

それは、ブログばかりでなく、生活そのものも同様に。


しかし、出産後は特に子供ネタばかりになってしまいました。
理由はいくつかあると思いますが、

 ◆妻は子育てに専念しているので、他のネタが無い。

 ◆一方の僕は年始後、たいへんな業務多忙なので、仕事以外していない。

 ◆我が子は、思いのほかかわいい。

こんなところです。

我がブログをブックマークしている常連さんは、こんな内訳かな? 

 ランニングする人  ・・・30%

 夫婦の知人     ・・・20%

 家族ウォッチャー  ・・・20%

 釣りファン     ・・・5%

 その他何となく   ・・・25%


これから子育て同志が増えていくとは思いますが、
これまでの常連さんも懲りずに宜しくお願いします。


僕の手に比べるとこんなに小さいです。

向き癖 004_R

2013.01.08 ぎょうざ!
気がかりなことは、ムスメの向き癖です。
すっかり、右を下にするのが気に入ってしまったようで
(病院にいた時からそうでした)
向き癖2
たまに頭を動かすと、右耳はこの有り様。

そっとつまんでみても
向き癖1
これくらいしか開かず。
まだ、生後わずか3週間なのに。

できるだけ、反対を向かせようとするのですが、
すぐ、右を下にコロン。
ムスメよ、将来後悔するからね。それとも、親を責めるのか?

日に日に、表情や動きのバリエーションが豊富になるムスメ。
退院直後は「まあ、なんておとなしい!」と感心されていたのに、
ぐずりっぷりも激しくなってきました。
「抱っこ!抱っこ!抱っこじゃないとイヤなの!」というスイッチは、
一体どこにあっていつ入るのでしょうか。
今も、そのスイッチが切れた隙をぬって更新しているわけです。
「泣く?寝る?」という親の緊張感が、良くないのかもしれませんね…。

2013.01.07 仕事始め
仕事始めでした。

朝は二人で事前に取り決めたように、僕のタイミングで起床し朝食は自分で準備しました。
ちょうど授乳時間と重なったため、妻子は食べているときにリビングに登場。
僕はそのまま一人で朝食を食べ終わり、身支度を完了。
眠っているムスメに対し、初の”いってきます”をして出勤しました。

妻はその後ゆっくりと朝食を食べたようです。
休暇期間中にすり合わせしただけあって、実にスムーズにできました。
そうそう、朝はこんな感じでやっていきましょう。


9連休だったので、始動まで時間がかかりました。
何となく眠いまま本日の業務は終了。


夕方帰宅すると、妻の応援に来ていた妻母と対面。
二人は既に晩御飯を済ませたようです。これもすり合わせ通り。

僕はマイペースで晩御飯をいただきました。これでよし。

プラスワンによるサラリーマン生活初日はこうして無事に終了しました。


さて、帰宅をした僕を玄関で待っていたamazon段ボール。

お祝い品 001_R

自分はアマゾニストですが、この大型段ボールには注文の記憶が無い。
同じくアマゾニストの妻が何か購入したか? 聞けば違うらしい。

どうやら、妻の大阪の親友がムスメの誕生祝を送ってくれたらしい。
しかも昨晩、携帯メールでリクエストしたモノ。amazon恐るべし。

お祝い品 002_R お祝い品 003_R

おもちゃがたくさんついたジムです。
amazonのレビューを参考にリクエストしました。

1ヶ月ぐらいたったらジム内に入れて反応を観察してみましょうか。
2013.01.06 初めまして
冬休み最終日の今日、
Uターンラッシュを避け、福島からのりのりさん両親が
ムスメに会いにきてくれました。

「お祖父さんとお祖母さんに初めて会うのだから、いいお顔してね~」と
朝から繰り返して言い聞かせていましたが
「何かがいつもと違う」ことを感じたのか、興奮気味のムスメ。
なかなか布団でおとなしく寝てはくれません。
それでも、お祖父さんお祖母さんに交互に抱っこされれば
「いいお顔」で営業活動もしてくれました。
よしよし、第一印象が重要よ。


帰る間際に、集合写真を。生活観溢れる背景だー。
集合写真
ムスメの鼻から下はのりのりさんによく似ていますが、
のりのりさんはというとお母さん似なんですよねー。
(頭の形はお父さん似ですが。)
これから、私のどの部分に似てくるのかは楽しみなような不安なような。

ムスメよ、お祝いをたくさん頂いたのですよ。
いつか福島に、お礼に行ける日が来るといいですね。



二人で暮らしているときには気にならなかったパソコン台(2012年1月末から使用)ですが、
ムスメが横になると、少し邪魔に感じていました。

今後、ムスメが這いずり回るようになると、ますます邪魔になるだろうなぁ・・
と休暇中ずっと考えていました。

 
 ま、這いずり回るようになってからやれば、いいか


しかし、どうにも気になっていたので、思い切って整理することにしました。
休みが終わる直前にやらなくてもいいのに、とは思いますが。


パソコン周辺のイライラするほどたくさんのケーブル類を整理し、
テレビを移動し、有効スペースの最大化に成功。

要らなくなったパソコン机・イスを近所のリサイクル店で処分してもらい、
代わりにちゃぶ台風の机を購入してきました。

思った以上によく収まってくれました。

鼻なめ 019_R


あー、すっきりした。これで思い残すことは無い。月曜からせっせと働きに行こう。



☆☆☆おまけ☆☆☆

愚図るムスメに顔を近づけて説得していたら、鼻にかぶりついてきました。
どうやら、母乳と間違えたようです。

鼻なめ 014_R

しばらく吸い続け、機嫌が良くなってくれました。
2013.01.04 脱皮中

あー、我慢、我慢。と自分に言い聞かせているのは、

カサカサ1  カサカサ2
ムスメのカサカサ肌。

「新生児落屑」というのだそうです。
羊水の中で潤っていた皮膚が、急に外気に晒されて乾燥し、
こんな風にカサカサ、ポロポロ剥けてくるのだとか。
無理に剥がさず、自然にきれいになるのを待つように、と
病院でもらった冊子にも書いてあるのですが、
日焼けした背中の皮を見ると剥きたくなるように
ついつまみたくなります。あー、我慢、我慢。
早く脱皮完了して、すべすべ肌になるといいのですが。

ここ数日のムスメは手指の動きが活発になってきました。
抱っこしている私やのりのりさんのシャツをむぎゅと掴んだり、
自分のほっぺたをモミモミしたり、鼻や目に指を突っ込んだり(ヒヤヒヤものです)。
今日は授乳中に、さまよわせていた指をお乳と自分の口の隙間に捻じ込んで
その拍子に口からお乳がパカッとはずれてしまい、
「お乳どこー?!」と泣き出す始末。
こんなことがいちいち面白い、親バカってこういうことなんですね。

29日(土)から休日6日目。
ニュースでは本日が帰省ラッシュということなので、
残念ながら明日が仕事始めの働き人も多いのでしょう。

僕の休みは日曜日まで続きます。


この年末年始、僕(たち)の生活は良くも悪くもムスメが中心です。
ほとんどは、ムスメの寝顔を眺めて穏やかな時間です。

ムスメは日に何度か、とても元気な時間帯があります。
顔面を真っ赤にして、全てに対して抵抗します。
それが不幸にも就寝時や食事時と重なると、不自由な生活になります。

ようやく落ち着いたムスメの寝顔を伺いながらホッとすることも度々。

やってみて気がつきましたが、子育てとはとても不自由な生活を強いられます。
たったひとりの人間が相手です。
自分の子供という自覚だけでほとんどの場合納得してしまう(させられてしまう)。
母親目線だと違う解釈かもしれませんが。


こんな生活ですから、自由時間はなくとも遊びに行く気にもならないので、
マラソントレーニングを順調に進めています。

12月中旬は週に2度、20kmぐらいしか走れていなかったので、
11月までの好調がリセットされてしまいましたが、
年末年始休みに入り、12km、15km、15kmと山道アップダウン中心に
身体と気持ちを上げてきました。

そして本日、日体大優勝の勢いそのままに、自宅発着の気儘なロング走をやってきました。
21km超を平均5:12/kmで走れました。後半は5分/kmペース。
休み中に30km走できるかな?やるとしたら5日(土)か。
休みが明けてもトレーニングを継続し、東京マラソンでピークを迎えられるかな。


子供が唯一の被写体にならぬよう日々気をつけていますが、結局はこうなってしまいます。
顔を真っ赤にして泣いているムスメ。

あやさん 030_R

血管が切れてしまうのではないか、と心配になります。

2013.01.01 根競べ
明けましておめでとうございます。

横浜ふたり暮らしは「プラス1」となりましたが、
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、「プラス1」の新年です。
新生児との生活は何が大変だといって、
夜中の授乳だと聞いたり読んだりしていました。
赤ちゃんによっては1時間おきに泣いて起こされてクタクタ、とか。

ところが、我がムスメ、今のところ夜中はとてもおとなしく、
私がだいたい3時間おきに目覚ましで起きて、
ムスメを起こして授乳しています。
だからある程度まとまって寝られるし、
起床後日中はのりのりさんが家事のほとんどをやってくれているので
身体もかなり休まっています。

ところが今朝はいよいよ目覚ましどおりにならず
早めの起床となりました。
そしてその後が大変でした。
いつもはお腹がいっぱいになったら、
ゲップもしないうちにすーすー寝てしまうのに
今日に限って、布団に寝かせようとしたら
目をパッチリと開き、しばらくすると、泣くわ泣くわ。
こういうことは、朝の短い時間ならこれまでにもありましたが、
今日はとにかく、何が気に入らないのか
お膝の上じゃないとイヤ!とばかり泣くのです。

起きてきたのりのりさんとは、
新年の挨拶もそこそこに交代で朝食。
そのままずっと抱っこで過ごし、昼食も交代制。
ニューイヤー駅伝が終わっても、抱っこ。
のりのりさんがジョギングに出掛けても、抱っこ。
そして、泣いては授乳。
お腹が空いているというよりは、おしゃぶり代わり。

根競べの一日でした。
ようやく疲れ果てて寝てくれたのが夕方。
夕食はようやくふたり向かい合って食べることができました。
「置いたら泣いちゃう」赤ちゃんがいることも
日によってそんなことがあることも聞いてはいましたが、
実際にその洗礼を受けると……のりのりさんがいなかったら
どうなっていたやら。
ふー。
「うちの子に限って」はないということがわかりました。
またいつでも、来るなら来い、根競べ。

元日のムスメ
↑「おとなしい子だねえ」と言っていた昨夜は平和でした。