2014.01.30 好き勝手に

午後から雨との天気予報だったので、午前中に公園へ。
公園 (1)

最近はブランコより滑り台がお気に入りで、
滑り終わると、必死に逆に登ろうとしては滑ってケラケラ笑います。
相変わらず、外で靴を履いてだとひとりで歩こうとしませんが、
私が両手を持ってやると、促さなくてもスタスタ歩くようになりました。

この時期の発達は本当に個人差があるなぁと感じます。
昨日も、室内ではとことこ歩き回るムスメを見て
ムスメより誕生日がひと月早い男の子のお母さんが
「ほらー、あんなに上手に歩いてるよー」と息子さんに話かけていました。
伝い歩きはするものの、一人歩きはまだ怖がっている様子なのだとか。

けれどその彼は、夜寝る前には「パイパイ、パイパイ」と言って
おっぱいを欲しがるのだとか。
ムスメは「まんままんまー」とか「いやいやいや」などと言いはしますが
食事ともイヤなこととも関係なく発音しているだけです。
ムスメにとって、ヘレン・ケラーの“water”のようなものは
一体どこでどんなふうに現れるのでしょうか。


それでも毎日変化はあるもので
公園 (2)  公園
箱から放り出すだけだったおもちゃを、箱に入れていたり
棚から全部引っ張り出した絵本も、元に戻していたり。
どれも教えたわけではないので、育児のセンパイたちの言う
「子供は勝手に育つよ」というのはこういうことか、と思います。
2014.01.29 チョイモビ
昨年の年末、前から気になっていたコレの登録を行いました。

 チョイモビ

横浜の市街地で時々見かけていて、誰が、どうやって利用しているのか、
ネットで調べて知りました。

まずはネットにて免許証情報などを入力。

指定された場所で定期的に行われている講習会を受講し、IDカードをもらう。

あとは、使用するときにネットで予約するだけ。


現在の事務所が横浜の中心地なので、利用できるステーションが近隣に多いため、
ちょいちょい(ほとんど業務中の移動ですが)使っています。

実際に利用してみての感想は、

良い点
 ・予約が簡単
 ・片道利用(乗り捨て)が可能
 ・利用料金が安い(20円/分)
 ・乗っていて楽しい(ゴーカートみたい)
 ・手荷物も楽々運べる

イマイチな点
 ・窓がないので寒い
 ・日中は予約取りにくい(人気だから?)
 ・ステーションが少々分かりにくい(迷っている間も課金されますので)
 ・利用時間が限定(AM8~PM8)


総じて使い勝手が良いため、すっかりリピーターです。


子どもを乗せることができない(チャイルドシートがつかない)が残念です。
もし、妻と二人暮らしだったら、妻を後ろに乗せてドライブしていたはずです。

春になったら、さらに気持ちよく利用できるはずです。


ムスメは最近、ままごとセットのお皿(プラスチック製)がお気に入りです。

P1272780.jpg

何が彼女の心をひきつけるのか、これについては全く理解不能です。
2014.01.27 ヒトらしく

昨日つつがなく「履き初め」ができたので
今日は朝から靴を履かせ、公園に出かけてみました。

ベビーカーから降ろし、そーっとベンチにつかまり立ちさせると、

読んで (1)
おぉ。歩いた歩いた。
まだ右手と右足が一緒に出る侍歩きですが、
しっかり地面を踏みしめて、数歩。

しかしこの後バランスを崩して手をついてしまい、
屋内とは違う土の手触りにびっくりしたのか
それ以降は私にしがみついて歩こうとはしなくなりました。
ま、今日のところはこれくらいで。
あとは抱っこでブランコと滑り台を楽しんで帰りました。


長く歩けるようになった以外に、
最近ムスメは読んでほしい絵本を持ってくるようになりました。

ひとりで遊んでいるときは、
めくると違う絵が出てくるようなしかけ絵本をよく見ているのですが、
私たちのところに持ってくる絵本は読み物の絵本ばかりなので、
はっきり区別をしているのだと思われます。

読んで (3)  読んで (2)
この日は『かおかおどんなかお』(柳原良平)でした。

あんよといい絵本といい、いよいよ本物のヒトらしくなってきたなあと思う今日この頃です。
昨晩~朝まで貫徹の仕事でした。
8時に帰宅し、昼まで就寝。

昼に目覚めてご飯を食べたあと、お待ちかねのイベント。


 ムスメに初めて靴を履かして、外を歩く


それほど歩けるわけじゃないから、玄関先でちょこっとですが。

早速、靴を履かせて立たせてみると、不思議な表情をするムスメ。

P1262756.jpg


手招きすると、不器用に歩き始めました。

P1262760.jpg P1262769.jpg


家の中ではトコトコ歩くようになったので、
靴に慣れてきたら、トコトコ歩くようになると思います。


僕の靴と比べると、こんなに違うのです。

P1262776.jpg


早く手をつないで散歩したいですね。

朝、ワイパーで床を拭いていると、
ムスメが「私もやる」とばかり、取り上げて持て行ってしまいました。
1579974_589513037791171_885737395_n.jpg
あぁ、本当にお手伝いができるようになるのはいつ頃なのでしょう。

さて、昨日、友人にチケットを貰っていた、
asuka (5)
『地中に埋もれた江戸時代の道具たち』を見に県立歴史博物館に行ってきました。
タイトルどおり、遺跡から出土した江戸時代の様々な道具が、
「食べる」「遊ぶ」「祈る」などテーマごとに展示されていました。
また、各コーナーに、それらの道具が描かれている浮世絵を一緒に展示してあったので
具体的なイメージがわいて興味深く見られました。
食器は現在のものよりはやや小ぶりのようですが、形などはほとんど同じだし、
おままごと用の器などは小さくて可愛らしく、
紅を入れていたと思われる器のへりにはうっすら赤い色が見えてなんだかドキッとしました。

asuka (4)
明治37年竣工の建物だそうです。

せっかく馬車道まで来たのだから、ちょっと散歩して行こうと、
寄港中の飛鳥Ⅱを見に大桟橋まで足を伸ばしました。
大阪にいた頃もよくお船を見たものです。
「クィーンエリザベス号」とか、「ちきゅう」とか、外国の帆船とか。

大桟橋を目指して歩いていると、時々大きな汽笛が聞こえてきました。

そして。
見えてきた、見えてきた。
asuka (3)


asuka.jpg asuka (2)
大きいですねえ。マンションとか、ホテルみたい。
飛鳥Ⅱはおやつが食べ放題なのだそうな。
ムスメにも見せたくて行ったのですが、
博物館に入ったころから、自宅最寄り駅に着くまでずーっと眠りっぱなしでした。


飛鳥Ⅱを見たら旅行気分が刺激され、エスニック料理が食べたくなりました。
P1242726.jpg
arroz con pollo(=rice with chiken)、コロンビア料理だそうです。
味付けには醤油を使うので、さほどエスニック感は強くありません。
ボリビアでもペルーでも、醤油はよく使われていましたっけね。

僕の将棋熱は相変わらずです。
通勤中の電車ではもちろん、
暇さえあれば定期購読している月刊誌「将棋世界」を読んで、
日々精進しております。

読み込み過ぎて、端がヨレヨレ。
P1222722.jpg

今月の表紙は森内名人・竜王。
知らん人には普通のおっさんですけど。

一日3回までネット対戦できるアプリ(日本将棋連盟公認)では、
未だに2級どまりですが、最近勝率が上がってきました。
もしかすると、春には1級に昇級できるかもしれません。

遅咲きのおじさん棋士です。

おじさんにも向上心があります。
将棋世界には日本将棋連盟が認定してくれる昇段コースがあります。

級位コース  僕みたいな駆け出し棋士
初・二・三段コース
四・五・六段コース

それぞれ4問質問があり、正否で昇段を認定してくれるものです。

今月の級位コースはこんな感じです。
次の最善な一手を答える、というもの。
P1222721.jpg

級位コースだけは3択。
ちなみに、段位コースは記述式。

応募は、往復はがきです。雑誌についている応募券を貼り付けします。

P1222725.jpg P1222724.jpg


先月、初めてチャレンジしました。
通勤中の電車で熟考し、満を持して回答。

これまでの人生、学校生活におけるこの手の問題に関しては、
かなりの自信があったので、内心、4問全部正解だと思っていました。

が。

慢心でした。

ヘタレ棋士のヘタレ解答=4問中1問のみ正解
P1222723.jpg


ポストから取り出した妻の印象。

 100点ってすごいと思ったよ。


へっ。

最近、
ベロ
ベロ出しがブームのムスメです。

昨年の7月から、月に一度町内会館で開かれる育児教室に通っていました。
区が主催するもので、赤ちゃんの発達や生活について、
保健師さんや地域の支援員さんから話を聞いたり一緒に遊んだりしていました。
12月にみんなで近くの公園に行き、公園デビューを果たして教室卒業となったのですが、
せっかく近隣のお母さんどうしで知り合ったのだから、
また会いたいねという声があがり、今日10組の母娘が集合しました。

出産前は、地域の育児サークルの情報などを教えてもらっても、
出不精の自分が出かけていくだろうかと思っていましたが、
近くに行き来するほどの知人もおらず、つい孤立しがちな日々を過ごしていると
サークルや親子(特に母子)の遊び場の存在意義というものが良く分かります。

育児教室ではムスメは一番お姉さんの方だったので、
離乳食についてなどは質問を受けることの方が多いですが
もっと月齢の低い子どものお母さんたち(そして彼女たちの年も私よりずっと若い)から
教わることも多々。
何より同じくらいの年/月齢の子どもを持つ者同士で共感しあったり
励ましあったりできる場があることは心強いなあと思います。

お昼はお弁当を。
おにぎり
和室だったので、子どもたちが障子に近づく度にヒヤヒヤでした。

最近、おもちゃの鍋を見つけると蓋をしようとするのですが
(ピタリとは嵌まらず)、
今日は食べ終わったおにぎりのタッパーウェアに蓋をしてくれました。
(やはり嵌まりませんでしたが。)

2年前の同じ舞台は、朝から土砂降りでした。
妻と自己ベストを更新し続けた最後のシーズンで、
大本命のハーフマラソンでした。

自己ベスト更新は当然として、31分台、あわよくば・・・と狙っていただけに、
土砂降りには参りました。
QVCマリンスタジアムの大混雑、完走後の凍えるような寒さなど、
極めて思い出深いレースでした。

あれから、2年。
妻とムスメを横浜に残し、単身で再び同じ舞台。

思ったような練習はできていないけど、今シーズン最初で最後のハーフなので、
とにかく今の精一杯で走り切ろうと決めていました。
できれば、100分ぐらいで・・・ということで、
4:45/kmを基準ペースとして挑みました。

2年前と異なり晴天でしたが、風はあの時よりも少し強め。
行はよいよい、帰りは進まない、というレースでした。

スタートからの1kmラップ

5:17
4:51
4:49
4:48
4:44

0~5km 24:29 微妙なタイム 


4:43
4:58
4:58
4:46
4:42

5~10km 24:07 上げきれない、ヘタレその1

10km通過 48:36

4:49
4:51
4:50
4:51
4:46

10~15km 24:07 結局同じペース、ヘタレその2


4:36
4:50
4:49
5:06
4:59
5:02

15~20km 29:22 逆風に負けた、ヘタレその3

0.21

ネットタイム 1時間43分とちょっと。
不甲斐ないけど、ラスト4kmはフラフラでしたから、全力を出し切れたと思っています。

やはり距離を走らないと、走力が上がらないことを再認識。
これでは3月のフルマラソンは惨憺たる結果になってしまうので、
気を入れなおして頑張ろうと思います。トホホ


残業して遅くに帰ってきた今夜、誰もいないキッチンにこんなにかわいい靴が置いてありました。

P1212688.jpg


おお!ムスメの初めてのシューズ!
どんなに小さいかというと。

P1212690.jpg

てのひらサイズ。

週末、靴を履かせて外を歩いてみようと思います。楽しみだ。
週末、出産前まで通っていた茶道教室の先生にお招き頂き、
初釜に行ってきました。

一日出るのが難しければ、途中からでもどうぞと言って頂いたので
炭点前、懐石、濃茶はパスして午後、薄茶から参加しました。


初釜 (1)  初釜 (2)  
お軸は「松に古今の色無し」、
ツクバネの蓋置や、色絵手毬蒔絵の棗など新春らしいお道具、

初釜 (4)
お花は水仙とアカメヤナギ。
お釜からは湯のたぎる音が聞こえてきます。
これよこれよ、今の私の生活にないものは。
心洗われるというものです。

薄茶が始まったら、皆さんと積もる話をしようと思っていたら、
「じゃ、ともともさん、お願いしてよろしいかしら」と先生。
何をお願いされることがあるのかと思っていたら、
「薄茶、できるわよね」とにっこり。

えー、先生、「薄茶をどうぞ」と仰ってたのは
薄茶を飲んでいってね、という意味じゃなかったんですか?
「そんなの飲み逃げよー。はい、お菓子を出してね」

というわけで薄茶席の亭主役をおおせつかりましたが、
いかんせん1年以上のブランクがあって、
何から始めてよいのかも思い出せません。

初釜 (3)
正客席に座ったお仲間に逐一教えてもらいながら、
なんとかお茶を出すところまで。

この後は亭主役と正客役を交代してもらい
お菓子とお茶を頂いて、ようやく話に花を咲かせることができました。
いやはや、初釜で初冷や汗。

3時間ほど留守にしましたが、ムスメはのりのりさんとお出掛け、
車でも買い物先でもご機嫌にしていてくれたようです。
私がいなくてもよい時間がどんどん長くなっていきます。よしよし。

そのムスメは、先週末からまた鼻水を垂らしています。
鼻吸い器は全身で拒否するので、
こより (1)
こよりで、

こより (4)
くしゃみをさせて、鼻水をふき取る作戦。

こより (21)
反対側もね。

こより (23)
涙目。
これ以降、こよりも拒否されるようになってしまいました。

美味しくなくて話題のカゴメ、甘熟トマト鍋スープ。

ネットで「マズイ」とうわさ

P1182658.jpg

とうとう、我が家でも試してみました。


ソーセージ、キャベツ、しめじ、ロールキャベツ、トマトなど、
具材を煮ていると、とてもおいしそうな香りが。

とても、マズイようには思えない。
一部の酷評家だけのものだったのか。

P1182659.jpg

早速、妻と二人で食べてみる。

 ん?

美味しいとはいえない。
というより、甘すぎてとても食べられるものじゃない。
たまらず、クレイジーソルトを振りかけて食べてみる。

うわさ通り。甘すぎて、ケチャップを食べている感じがする。

絞めにご飯を足して、パルメザンチーズを振って食べたけど、
甘すぎて少し気味が悪い。


ネットには真実に迫るうわさもあることを、再確認しました。
もう、二度と食べることはないでしょう。

もしかすると、子供は好きかも。


ムスメは最近、おもちゃ箱をひっくり返すのがブームです。

P1172645.jpg P1172646.jpg

何度片付けても、ぶん投げるようにおもちゃを取り出します。
おかげで、部屋中に散乱してしまう。
一日に何度も、片づけをしてあげます。
本人はとても楽しそうです。


明日は千葉マリンでハーフ走ります。
今週、走りすぎたので、少し疲労が残っていますがベストを尽くしてきます。
2014.01.16 『永遠の0』
TOHOシネマズが行っている赤ちゃんと一緒に見られる上映会、
「ママズクラブシアター」に行ってきました。

今月の作品は『永遠の0』。

あらすじ: 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。

テレビのCMでは「感動しました」と目を真っ赤にしている人がいたり、
安倍さんが「特にラストシーンが」と声を詰まらせたりしていたので
館内ではあちらこちらですすり泣きの声が聞こえてくる…のかと思いましたが
そうでもありませんでした。
赤ちゃん連れで、集中しきれないのもあるかもしれませんが
私も、うーん、「泣ける!」だけなら「風立ちぬ」の方が泣けたなあ。

良いストーリーだし俳優陣のお芝居もすべて良かったけれど、
あの時代に「生きて帰るのだ」と周りを憚らず発言し
部下たちもできる限り生還させようとしていた宮部が
どうして特攻を志願したのか、については結局尻切れトンボというか。
144分もある映画ということは原作はもっとボリュームがあるだろうに
それにしては随分端折ったのでは?と思います。
原作が読みたくなりました。
でも、岡田くんの端正なお顔を楽しむにはいいと思います。
それに、映画館で映画を見られるという贅沢感を十分に味わえたので満足です。

連れて行ったムスメはというと、
戦闘機の音などが刺激的すぎるかと思いきや、
上映時間が普段午前寝をする時間だったので
授乳しているうちにグッスリ眠ってくれました。

zero
たっぷり寝てスッキリしたような顔です。

一時的にマンション事務所で仕事をしています。
基本的に一人なので、言わばやりたい放題です。

場所が港町横浜の中心地なので、
あわよくばランニングしようと狙っていましたが、
昨日の夕方、ようやく実現しました。

赤レンガ前を通りみなとみらいへ。
折り返して山下公園まで戻り、大さん橋。
夕暮れの夜景や汽笛が夢のようにきれいです。
かなりいいです。クセになりそう。

平日にも関わらずすれ違うランナーも多いです。
あの風景ですから、気落ちはよくわかる。

社会人のモラルを守りながら続けたいです。

この調子で走行距離を延ばして、調子を上げていけると良いのですが。


ムスメは同齢の女の子と比較して、身体が大きいようです。
しかも、声も大きいとか。

ますますかわいいのう。

P1012349.jpg
2014.01.14 奈良遠足
話は先週にさかのぼりますが、
帰省中、ムスメとふたり奈良まで足を伸ばしてきました。

数年ぶりに近鉄奈良駅を降りて商店街を歩くと、
何やらお洒落な雰囲気のお店が増えていてビックリしました。
奈良というと、大阪や神戸のような繁華街もなければ海もない
遊びに行くところなんかないやろー、とからかったものですが。

あいにくのお天気でしたが、
おかげで日本人観光客は少なく、どこへ行っても静か。

奈良 (7)
興福寺の五重塔。
塔好きののりのりさんに見せたいですねえ。

のんびり見た後、国宝館で阿修羅さまと再会。
ムスメが寝てくれていたので、思う存分ご尊顔を拝しました。

お昼は、
奈良 (5)
釜めし。
美味しかったですが、それよりも添えられている奈良漬の美味しかったこと。
昔は好きじゃなかったなあ、奈良漬。

奈良 (8)
最近、指先で小さなものを摘まめるようになったムスメですが、
食べ物を口に入れるときは相変わらず掌で押し込んでいます。

続いて、東大寺へ。
奈良 (3)
初めて見る鹿に、ムスメは始めぽかんとしていましたが、
次第に声を上げて笑いながら見ていました。

奈良 (6)


1085305_581764708566004_1269403391_n.jpg
大仏さま。

奈良 (10)
四天王の、広目天。

奈良 (9)
バンビちゃん。

東大寺というと大仏さまくらいしか見たことがなかったので
初めて二月堂まで行ってみることにしました。
でも歩き出して、その広さを舐めていたことを後悔。
しかも結構階段もあるし。

休み休み歩くと
RIMG0005.jpg
こんな景色が。あれは生駒山かなあ。

二月堂の隣には広い無料休憩所があり、
熱々のほうじ茶が頂けました。
奈良 (2)
明治2年製造のお釜。現役。

次回はムスメの手を引き引き、散策するのでしょうか。
鹿せんべいやったりしてね。
このブログにも度々登場している、元同僚でランニング仲間の先輩Kが、
昨日ハーフマラソンを走ったことをFacebookで知りました。

3年前の同じマラソン完走記

しかも、タイムがすばらしい。1時間35分台。
やっていないと、なかなか出ないタイムだと思います。

これには、僕も妻も刺激されました。
特に、僕は来週日曜に千葉マリンでハーフを走ります。
妻は、2月に神奈川でハーフ。
かなわないけど、少し目標を上方修正しなければ、恰好がつかない感じ。

正月休み最終日以降、1週間走っていませんでした。
そこで、昨日は山道・アップダウンを含めて12kmをゴリゴリと。
今日はロードでビルドアップ走、14kmを平均4分50秒で走りました。
久しぶりのトレーニングで、少し刺激が入りました。

仕事が一つ落ち着いたので、今週は平日もうまくつないで、
日曜日に良いコンディションで走るように調整したいと思います。

目標は100分、何とかなりますように。


ムスメはこの2日、両親の愛情を注入され、笑顔が戻りました。
ゆで卵がとても気に入ったようです。

P1132550.jpg P1132552.jpg


そういえば、無謀にも5月に近くで行われる100kmにエントリーしました。
宿泊の必要もないし、コースを良く知っているので、長距離を気楽に楽しめると思います。

ムスメよ、今度こそゴールで待っていてくれよ。肩車でゴールしましょうね。
連休中日(のりのりさんは昨日出勤でしたが)、
寒いけれど風はなく陽射しのあたたかな朝となりました。

あちこちでマラソン大会だ開かれているであろう今日、私たちは、
zoo (3)
金沢自然公園の動物園へ。
公園内を散歩したことはありますが、動物園は初めてです。

普段は抱っこばかりですが、動物が見えやすいようにと
ベビーカーに乗せてみると、
zoo (4)
思ったよりもご機嫌。よしよし。

zoo (5)
キリンさんですよー。首長いねー。
当然ムスメはキョトン。

やっぱりもっと近くで見ないとよく分からないようです。

テナガザル。
zoo (6)
サービス精神旺盛なお猿さんで、一生懸命うんてい遊びをしたり
木から窓枠に飛び移ったりを繰り返していました。
これにはムスメも声を上げて大喜び。

さて、次はゾウさんですよー。
ところが、まあある程度予想はしていたのですが、
zoo (7)
午前のねんねタイムに突入してしまいました。

zoo (9)
ゾウさんですよー。

zoo (10)
オスのゾウさんは立派な牙があるねー。

zoo (11)
ほらー、今度は角の立派な動物もいますよー。

……ぐっすり。
初めての動物園、これにて終了。

zoo (13)
寝てスッキリしたような顔をしています。

本日のランチは、年末からのりのりさんが行きたがっていた、
ファミリーレストランのロイヤルホスト。
何でも、テレビで紹介していたコース料理が美味しそうなのだとか。

前菜。
zoo (14)
野菜のテリーヌ。

メイン(のりのりさん)。
zoo (16)
リブロース。

私は
zoo (17)
チキングリル・レンズ豆ソース。

以前のようにフレンチレストランなんてなかなか行けませんが
十分、レストラン気分を満たしてくれます。

しかも、ロイヤルホストは(他のファミレスにもあるかもしれませんが)、
離乳食も対応しているのです。

zoo (15)
アレルゲンフリーの米粉パンに、鮭とポテトの煮物。
煮物の方は市販のレトルトベビーフードのようですが、
温めて器に盛ってサーブしてくれます。

zoo (18)
これに家から持って行ったゆで野菜を加えて。

zoo (19)
食べたりず、私のパンに手を伸ばすムスメ。
あげてもいいけど、ゆっくり食べましょうよ。

乳幼児用の椅子にも座れるようになったし
一緒に食べられるし、外出がどんどん楽になってきました。
ファミレス、なかなか悪くないですね。

何度も思うことですが、ベビーカーを押して動物園に行き、
ファミリーレストランでランチなんて生活が、
私やのりのりさんに当たり前のこととなるとは、人生予測不能。

秋口に買ったウサギさんニット帽、嫌がらずに被るようになってくれましたが、
zoo (2)
あっという間に小さくなってしまいました。すぐ脱げるのです。

まだまだ寒い日は続くので
zoo (1)
新しいのを購入。今度はワンちゃん。
2014.01.11 別居生活終了
普通だったら1か月ぐらいかけてやる仕事でした。
月曜日の夜から始まり、木曜日の深夜に完了。

延べで300人が稼働する一大プロジェクトが無事に終わりました。

当初のスケジュールでも、帰宅は困難なことが分かっていたので、
母子を大阪に返し、マンション事務所に布団を、
自家用車の後部座席には寝袋を持ちこんで挑んだのが正解でした。
これまでの人生で、これほど寝なかったことはありませんでした。


月曜 朝から働いて貫徹
火曜 昼前に事務所でシャワー+布団で2時間睡眠貫徹
水曜 昼前に事務所でシャワー+自家用車で1時間半睡眠、24時に事務所で睡眠
木曜 5時に出勤、23時に事務所に帰宅

つまり、この間に布団で寝たのが、8時間半ほど。

高揚していたから身体は何とか動けていましたが、
終わったらぐったりと疲労を感じました。


金曜日の夜、自宅でムスメと妻と再会したときのこと。
玄関で僕の声を聞いたムスメ、普段はニコニコ笑って迎えてくれるのに、
泣きそうな、うれしいような、困ったような、照れているような、
何ともいえない表情で迎えてくれました。

しばらく動揺していたムスメも、次第に慣れてきたようで、
笑顔が戻ってきました。

P1102451.jpg


ムスメよ、長いこと不在でさびしかったでしょうね。
明日とあさっては、ベタベタして過ごしましょうね。


2014.01.07 ふたり旅
ムスメとふたり、大阪に帰省しています。

お正月休みも終わったところだから
空いているだろうと思った新幹線は結構な乗車率。
隣の席は出張サラリ-マン。

ムスメは乗車前に寝てしまい、
おかげで私はゆっくりお弁当を食べられたのですが、

乗車後まもなく目を覚まし、
離乳食が済むと動きたがってなだめるのに難儀しました。
取って置きのおもちゃで遊んでも、授乳しても、
動きたいものは動きたい!とばかり手足をバタバタ。
結局デッキでしばらく抱っこして過ごしました。
はー、長距離移動は大変。

それでも、多目的室のある11号車だったせいか
同じような乳児連れのお母さんが多く、
あっちで泣き声、こっちでも騒ぐ声が聞こえ
私だけじゃないのだわーと少しホッとしました。
同志の存在は心強い。
また、幸いにも隣の席の男性は子供連れに寛容で、
ムスメが蹴飛ばしたり、度々の離着席で落ち着かなかったことを
降りる際にお詫びすると
「いえいえ~、ちっとも。可愛いねえ」と笑ってくれました。
皆が皆こうではないのでしょうが……。

その後の地下鉄などではおとなしくなったムスメ、
長旅に少し疲れたようでしたが、
慣れない実家にも場所見知りすることなくご機嫌です。

これまで、バナナもりんごも梨もおいしそうに食べていましたが、
mikan.jpg
甘酸っぱいみかんのおいしさは比べ物にならないようで、
実家に着いても、リビングに落ち着くなりテーブルの上のみかんを取り、
皮ごとかじりつきました。
ワックスがついているかもしれないからと取り上げると大泣き。
手の届くところ、目に入るところからみかんは撤去です。

明日以降、木曜日まで、某所でとても重要で困難な仕事が控えています。
僕自身が取りまとめをするので、今日は準備作業をするため出勤しました

年末の土曜日に出勤したので、メールボックスにはメールが数通のみ。
これが、平日返上で旅行に行ってきた初日となると、
メールチェックだけで午前中が終わってしまうものです。

休み中にあれこれと頭の中で段取りしていたことを処理していたら
あっという間に昼になりました。

近所の四川料理屋で名物の激辛麻婆豆腐をいただき午後も続き。

これまたあっという間に夕方になってしまった。
休憩場所として使用するマンションにあれこれと持ち込み、準備完了。

あとは、実施のみ。うまくいくと良いのですが。


ムスメよ、明日からしばらく会えないかもね。母のいうことを聞いて、良い子でね。

P1042430.jpg



冬休みも終わりが近づいてきました。
のりのりさんは明日出勤なので、最終日の今日をどう過ごすかとアレコレ考えていましたが、
結局はムスメとべったりの一日を選んだようです。

午前はおつかいがてら抱っこでムスメとふたりきりで散歩、

午後も夕飯の買い物の前に公園に寄って、
ブランコ (3)
ブランコに乗ってみたり。

ブランコ大好きなムスメが、キャッキャッと声をあげて笑っていると
通りがかったおばあさんに声をかけられました。

「まあ、楽しそう。可愛らしい笑い声を聞いたら元気が出たわ。ありがとうね」

笑うだけでひと様に感謝されるなんて。
ムスメよ、1歳にして社会貢献していますね。

ブランコ (4)
満更でもない顔です。

よく遊び、たくさん歩いた(のりのりさんが)おかげでムスメは
ブランコ (5)
ぐっすり。

冬休みの収穫は、父娘の距離がぐっと近づいたことと、
ムスメがニット帽に慣れてきたことでしょうか。

あまりに父娘べったりだったので
明日からの母娘ふたり暮らしにやや不安をおぼえます。
2014.01.03 お買いもの
釣り船でアジでも釣りに行こうかとも思いましたが、
休みも残りわずかだし、妻が年明け早々に発した一言、

 洋服買う=ユニクロじゃ、全身ユニクロになっちゃう

という趣旨のクレームに応えるため、我が家としては珍しく、
昼越しで買い物に出かけました。
といっても、行先はいつものアウトレット。

11時過ぎに着いたら、すでに多くの買い物客。
店内がごった返していたので、妻の洋服探しは一人でおまかせ。

僕はムスメを抱っこしてベンチでワンセグにて駅伝観戦。
どうやら、東洋大学が逃げ切れそうだ。
なんかしらんけど、駒沢大学のランナー達は出し切れんね。
プレッシャーなのか、コンディションなのか。

15分ぐらいして、妻が登場。
いつもは悩んで買いそびれる妻は、珍しく袋を抱えてきた。
すまんね、こういう機会を増やしますね。

昼時になり、施設内のレストランを物色してみる。
なんとなく、ブッフェスタイルのレストランに並んでみた。
我が家が旅行以外でブッフェ式を利用するのは初、なはず。
10分ほど待っただけで席に呼ばれました。

エスニック、洋食、中華とさまざまですが、お約束料理ばかりじゃないので、
とても楽しめました。たまにはええね。

さいごに、デザート。
店内に入ってすぐ目に入ったチョコレート滝
(チョコレートファウンテンというらしい)を体験してみました(人生初)。
ミニカステラ、マシュマロ、バナナを串にさして、チョコレート滝に突っ込む。

20140103213119.jpg 20140103213021.jpg


まー、これはおいしいこと。特にマシュマロがいい。
溶けたチョコをバナナムースにべったりとかけて食べるのもグッド。
大きなスプーンか、お玉を滝に突っ込んで、そのまま飲みたい気分。

堪能しました。


ムスメよ、3歳ぐらいになったら、存分にやって良いですよ。
ただし食にうるさい母が許してくれたらね。

P1032361.jpg

背が大きくなりました。
大阪にいた頃は、まーったく関心のなかった箱根駅伝ですが、
横浜に来て多少土地勘ができると、
「あー、あそこを走ってるのね」と少し興味が出、
マラソンを始めてからはテレビにかじりついて見るようになりました。

今日のレース展開には何度もハラハラさせられましたね~。
応援していた大迫くんが失速してしまったのは残念だったけれど、
「山の神」がいなくなっても再び強くなって往路優勝した東洋大学の、
設楽兄弟の活躍はお見事でした。
「3年前はあんなににおぼこくてどこか不安げだった悠ちゃんと啓ちゃんが…」と、
まるで近所のおばちゃんのような心境です。
明日またドンデン返しがあるのか?楽しみです。

それにしても、解説の瀬古さんだけでなくアナウンサーまでもが
「『山の神』柏原なきあと…」と繰り返すのが気になりました。
亡くなってないから。卒業しただけだから!

駅伝に刺激されて、というわけではなく冬休みに入る前からの予定どおりですが、
夕方、のりのりさんと交代で走りに行きました。
帰り道はすっかり暗くなっていましたが、
やはり駅伝に刺激されたのか、いつもよりランナーの姿が多く見られました。

最近の月別走行距離を振り返ると、
10月は65.5㎞、11月が102㎞、12月は31㎞とバラバラ。
ムスメのご機嫌や、のりのりさんの休日出勤などの環境にもよりますが
今年はもう少し長い距離を、コンスタントに走れるといいなあと思います。


今日もよく泣きました。
泣き顔 (4)

泣き顔 (1)泣き顔 (5)
お腹が空いては泣き、食事が終わると泣き。


引き続き、みかんLOVE。
泣き顔 (2)泣き顔 (3)
あんまり食べてはいけませんと言っているのですが、
のりのさんはコッソリ与えているようです。


新年あけまして、おめでとうございます。

今朝はニューイヤー駅伝のTV観戦を見送り、9時に自宅を徒歩で出発。
ハイキングコース経由で鎌倉に向かいました。

ハイキングコースまでの道は、ランニングで度々利用するコースですが、
ムスメをおんぶしながらだと、かなり勝手が違います。
途中の公園で一休みして、200段の階段を一気に登り林道に到着。
再び一休み。
途中まで居眠りしていたムスメも、いつもと違う雰囲気に、辺りをキョロキョロ。

PC312218.jpg

林道を鎌倉方面へ。
破魔矢を持つ人がチラホラ、みな鎌倉に初詣するのでしょう。
天気が良いので、お喋りしながら気持ちよく歩いていきます。

PC312232.jpg PC312238.jpg

しばらく歩くと、この分岐点。

PC312245.jpg


鎌倉へは主に3つのルートがありますが、今回は二階堂地区に降りるこのルート。
前に一人でボチボチ走ったことがあります。

 2012年秋のトレラン

天園休憩所には、いつものねこさんがいらっしゃいました。

PC312250.jpg

天園を過ぎると、ずっと下り。風が強くなりました。
ムスメは僕の背中にじーっとくっついていて、
時々ポンポンと弾んでやると、ケラケラと笑ってくれました。

PC312252.jpg PC312261_20140101215130e2b.jpg


2時間ほど歩いて、鎌倉宮に到着。

PC312266.jpg

思ったほど混雑していないので、初詣を済ませました。
妻曰く、背中のムスメも眉に力をこめ、神妙な表情だった、と。


昼近くなったので、食事するところを探しながら、金沢街道を八幡宮方面へ。
鎌倉で和食を食べるのもなんだか芸がない。
僕のリクエスト、辛いエスニック料理を食べたい顔をして歩いていると、
おあつらえ向きのタイ料理屋さんを発見。
毎度毎度、バスから見かけていた気もします。

 バーンウエンター

店内のテレビでは、ニューイヤー駅伝の4区で激走する選手たち。ナイス!
注文後、ムスメにお弁当を食べさせました。

PC312274.jpg PC312276.jpg


スパイシーな香りとともに、我々の料理ができました。

PC312286.jpg PC312288.jpg PC312290.jpg

エビチャーハン トムヤンクン バッグラバオ(辛い)

まー、辛いこと。スパイシーでとてもおいしいタイ料理でした。


大混雑の小町通を避け、鎌倉駅まで向かってゴール。

P1012295.jpg
P1012297.jpg

帰りは逗子を経由して電車で戻りました。


ムスメよ、ハイキング初詣は元旦の恒例としますから、来年は歩いてくださいね。