2015.08.31 万華鏡アート
土曜日のことを振り返ります。


熱海のMOA美術館を訪れました。

MOA美術館のホームページ

夏休みに合わせて、子供でも楽しめる企画
「ふしぎな万華鏡ワールド」が開催中です。



美術館までの長ーい長ーいエスカレータは、
怖いということで階段を歩くことになりました。



美術館の外観。



常設展は素通りし、目当ての企画展へ直行。
室内が真っ暗なので怖がるかと思っていましたが、
平気の様子です。
「わぁー、ちれーい(きれい)」と鑑賞してました。



次の展示では影絵遊びが出来るようになっています。

舞台裏を先に見せるとこんな感じ。
(かなり暗いので画質は良くないです。)



学芸さんが手作りした型板が置いてあり、
自由に使うことが出来ました。
ムスメはミッキーマウスの人形を持って、
何度も何度も裏側に入っていました。
きっと、映写されるカラフルな光が綺麗だったのでしょう。

 

妻も自慢の影絵を披露。これはカニです。



朝イチに入場したので始めは貸し切りでしたが、
他の家族も来だしたので、
名残惜しそうにしているムスメを次へ誘導。






最後のエリアでは、万華鏡の製作体験ができます。



どちらかというと、妻が夢中になっていたようです。
どうやら自分が万華鏡好きであることに気がついたようです。

ムスメは片目で覗く事ができないので、
目を寄せたり、オデコにつけてみたり、悪戦苦闘。

 


最後は自分が万華鏡に入ってしまいました。





隣接する建物でお抹茶休憩。
半練りの茶菓子を頬張る。花より団子。




こんな場所(名前がわかりません)で手を洗ってみたり。
注)アニメのキャラクタが湧き水で手を洗うシーンを真似てます。




ムスメよ、アートに触れましたか?

2015.08.27 ホラーマン
ノンタンに続いて、絵本の話です。

アンパンマンは好きだけどバイキンマンが怖くてアニメも絵本も見られなかったムスメでしたが、
徐々に怖さも薄れ、映画まで見にいけるようになり、


地区センターの図書コーナーでは、ノンタンとアンパンマンの絵本を「このえほんよんでー」と何冊も持ってきます。

数ある(実に、身の回りの食材はすべて?)キャラクターの中でムスメを釘付けにしたのは、ホラーマンというガイコツのおじさん。
バイキンマンは怖いのに、手下のホラーマンのことは「気に入っちゃった!」そうです。

それならば、と

アニメで聞き覚えたとおり、声を震わせ気味に、
「~ですねえ、ホラ~、ホラ~」とやっていたら、

「わたし、ホラーマンこわいから、もうアンパンマンの絵本は読まない!」と涙目で言われてしまいました。
うわー、悪かった、ムスメよ。
やり過ぎ注意と、節分の鬼退治の時に学習したはずだったのに。
また時間が癒してくれるのを待とう。


そういえば私も子どもの頃、ポンキッキでやっていた「ホネホネロック」が、「気になるけどキライ」だったなあ。


ムスメが得意気につけているネックレスは、

シリア、パルミラ遺跡で、のりのりさんが購入したラクダの骨ネックレス。
そしてミッキーさんにつけてあげているのは、同じくダマスカスのゴールドマーケットで私が立派な髭のおじいさんから買ったブレスレット。
どちらも、たやすくは手に入らなくなってしまいましたね。
それをムスメが理解する頃には、またシリアの地が踏めるようになっているでしょうか。
2015.08.24 シーズンイン
昨日、資格試験を受験してきました。
午前中の科目が終わって独りでランチを食べていると、
むらむらと走りたくなってきました。

午後の科目が順調に回答できたので、
終了時刻よりも40分ほど早めに退室し、
自宅到着後すぐにランニングしてきました。

正確には忘れましたが、6月10日ぐらいから
一歩も走っていなかったので、約2ヶ月以来。

近所を6kmほど、ボテボテと走りました。
今シーズンのロードレースの勝負レースは

ハーフ 12月の湘南国際
フルマラソン 2月の別府大分

と決めましたので、無理をせず上げていこうと思っています。

帰宅後「おとうさん!お勉強終わったの?」と
喜んでいたムスメに

 「今度はかけっこするよ」

と話したら、ブスッとしていました。
ムスメよ、すまんが理解しておくれよ。



話は変わって週末の事。
土曜日に二人で近所の動物園に行ってきました。
(直前に試験勉強できなかった。)

長い滑り台の公園は一番乗りでした。

注)写真の向きがへんなのはスマホアプリのせいです。




動物園も一番乗り。




「ねえねえキリンさん、お父さんはどこに行ったのー?」




先日、妻と来た時には怖がって触れなかったカブトムシ。



教えてあげると、あっさりこの通り。



おがくずを敷き詰めた3つの住処に点在するカブトムシを、
1箇所に集めだすムスメ。我が使命のように。





その結果、一か所だけがやけに混雑してしまいました。
後に来た家族連れの男の子が怖がって触らないでいると、
ノシノシ近づいて。

「ねえねえ、お兄ちゃん! 怖いのー?」



猿が長い腕でブランコのように揺れていると。



「ねえねえお猿さん! 危険だよー」


象の前では手すりの上を歩きたい、ということで
脇の下を抑えて何度も往復しましたね。




小動物に餌をやれるコーナーでは、
かかりの人から人参を受け取ると、
一際高いテンションで近寄り「はい!どうぞ!」











先日、客との会食で「いつも楽しそうだよね!」と言われました。

ムスメよ、これは遺伝ですね、きっと。
2015.08.21 ノンタン

夜、寝る前に「ノンタン」の絵本を読むのが最近の日課です。


絵本は新しい作品も次々出ていて面白いものも多いですが、
30年以上もの間ベストセラー、という作品は大人が読んでもなるほど面白く、子どもを惹き付けるのもよく分かります。

ノンタンシリーズもまたベストセラーで、私も子供の頃好きだった絵本です。
ただ、まだまだイヤイヤ期も脱しきらないおしゃべりなムスメに読ませるには、少ーし躊躇するところもありました。

主人公ノンタンは、(人間でいうと?)5歳くらいの猫の男の子。
ちょっとワガママで、ブランコを独り占めしたり、妹にイジワルしたりします。
まあそこが、友だちと仲良くしよう、小さな子には優しく、というような教育的内容にもつながるのですが、
案の定ムスメは、そのイジワル部分、「やだやだ!だめだめ!」を面白がって真似ています。

私が絵本を選ぶとつい優等生的な登場人物やしつけ目的に偏ってしまうので、
だからこそムスメもノンタンにぞっこんなのかもしれません。

私も子供の頃の逸話(誰とケンカしたとか泣かせたとか)はよく大人たちから聞かされましたが、別に無闇と他人を殴る大人にはなっているわけではないので(当たり前か)、
ムスメが今現在、おともだちとケンカしようがイヤイヤ言おうが、神経質になりすぎず気長に言い聞かせていくしかないなあと思いますが。

ムスメよ、やだやだ!だめだめ!だけじゃなく、ノンタンの勇敢なところも真似っこしてね。
(やっぱりしつけ的。)

真似、といえば。
最近夕食の後片付けをしているとムスメがやって来て、布巾でお皿を拭きたいと言います。
落としても問題なさそうなプラスチックの蓋などを渡すと「お茶碗がいい」と言うので、既に拭き終わった軽い汁椀などを持たせると、
形ばかり手を動かしてから
「おかあさん、おかげで片付けがはやくおわったわ、って言って」と感謝を強要されます。

さらに続けて「おかあさんの作ったお料理、おいしかったデス」と突然の丁寧語。

この一連のやりとりが続いたのでのりのりさんに聞いてみると、やはりしまじろうアニメの真似っこでした。

ちなみに、何がおいしかったの、と聞くと、それはアニメにはないやりとりらしく、んーと考えてから
「ふりかけご飯とか、トマトとか~」との答え。
それ、料理じゃないですねえ。

でも、美味しかったという「きゅうり」は、

今年初めて挑戦したぬか漬けのきゅうりのことだから、私の料理ということにしておきましょうかね。




9月の大型連休に国外某所への旅行を計画しています。

エアーチケットは数ヶ月前に予約を済ませています。

宿泊について、ムスメがいない時代には
現地で安宿を見つけることを原則としていましたが、
彼女が少し大きくなるまでは、
事前予約をすることと家族会議で決定しました。


色々な予約サイトがありますが、僕はこれを愛用しています。

Booking.com


スマホ用のアプリは非常に使いやすく、
物件数も豊富、情報も見やすく整理されていて、
何より多くの場合「事前キャンセル無料」なのが、いい。

したがって、暇があればホテル情報を閲覧し、
良いと思ったらとりあえず予約してしまいます。

あるときは、

 観光地・繁華街が近いホテル

を探してみたり、次の日は

 静かなロケーションのホテル

を予約したり、また次の日は

 キッズルームがあるホテル

を探してみたり。

既に、旅行が始まっている気分です。


前回のベトナム旅行では、
必ずしもムスメ目線の旅行工程ではなかったので、
今回は動物に触れたり、プールに入ったりと、
みんなが楽しめる計画にしようと思っています。


ムスメよ、いずれはゲストハウスと
長距離バスの旅行も経験しようね。



2015.08.17 最終日

お盆休み最終日の昨日は、ムスメが「水族館に行きたい」というので、
父娘2日連続の八景島シーパラダイスに行きました。

踵の絆創膏も貼り直したので、前日、靴擦れが痛いからと歩かなかった大橋もご機嫌で渡りました。

私も一緒に行ったのですが、水族館入館料をケチって(そして2日連続のおひとりさま時間を楽しむため!)フードコートで待機。
コーヒーを飲みながら読書などしていました。

のりのりさんからは、ムスメの様子が随時LINE で送られてきました。


ムスメに水族館で何を見るの、と聞くと必ず「エイ」と答えます。


アシカのショーも見たようです。
ベネッセの教材に出てくるから、以前より興味が深まっているのかもしれません。

そろそろ見終わったかな、と思っている頃
「まだしばらくかかりそうです」との連絡が。


水族館は出たものの、

土産物店で手に取ったシャチとジンベエザメ、どちらにしようか思案中。

そして10分後、登場したムスメは、

うわー、両方持ってる。
父ちゃん、甘っ!

これ何?と聞くと「イルカと、ザメ!」という答えが返ってきました。ジンベエ、が言えません。


ランチ後も、おとうさんと遊びたい一心で昼寝をしなかったムスメですが、
夕方も公園でたっぷり動き回ったので夕食を食べ始める頃には既に目がとろーん。

半分ほど食べたところで、お父さんのお膝に乗りたいと言ってお膝の上で食事を続けていましたが、

最後のきゅうりのぬかづけを噛み終わった18:20、完落ち。(半裸で失礼します。)
よく遊びました。歯磨きは特別免除。

おかげで久しぶりにのんびりとした夕食後の時間を過ごすことができました。
夏休み(第一弾)も、終わりですね。




計4日の盆休みも本日で3日目です。

夕方から仕事で、他言できないのが残念なほど
面白い実験に立会いをするために外出するので、
午前はムスメと二人でデートしてきました。


水着を着させて海に行ってみましたが、
どうにもテンションがあがってこない様子。

水遊び用シューズを履かせたので、
以前のように砂浜を歩かない、
ということはありませんでしたが、
あまり綺麗でない砂浜と、
海藻が打ち上げられてヌルヌルする水際は、
ムスメにはちと厳しかったようです。

予想していた事なので、さっさと気替えをさせて、
シーパラに歩いて行くことにしました。

歩きだしてすぐに、抱っこを要求するムスメ。
要因は靴擦れです。

先日、裸足で長靴を履いて出かけたばかりに、
靴擦れを起こしてしまいました。



剥がれかけた絆創膏を剥がそうとすると、
強硬に反対するのでそのままにしていたので、
歩くと靴と擦れて痛かったようです。


注記)先ほど寝ているスキを狙って剥がしました。


話はシーパラに戻ります。
ギラギラ日差しの中、15kgの巨体を抱っこするのは重労働です。
涼しい顔で抱っこされているムスメに、

 オトモダチも歩いているから歩こうよ

と誘ってみても、

 オトモダチは靴擦れしていないよ

とまっとうな理屈で返してきます。
恐るべし、おしゃべりムスメ。


あまりの暑さに、悪いのは剥がれかけた絆創膏と思い、
強引に剥がして新しいモノに張り替えようと説得したら。



「お家に帰ってオッパイ飲むー」と泣かれました。
以前なら慌てましたが、自分も少し場数を踏みましたので。

まずは練乳カキ氷で甘いものを食べさせ。
注記)氷は冷たすぎるのでほとんど食べず、舐めるだけ



メリーゴーランドに乗せてみて。





ご覧に通り、雨のち、快晴。



結局移動は全部抱っこでしたが、
いつもの絵本屋さんで大好きなクレヨンの絵本を読んだり、
お土産屋さんを冷やかしたりしたあと、
おむつを交換して(ここがポイント)シーパラを後にしました。

車に戻った直後。

 眠くなっちゃったなー、おうちでオッパイ飲みたいなー

外を無表情で眺めるのは眠い証拠。



バックミラーで様子を見ていましたが、
母親がいないからといって、暴れる様子もなし。

しばらくすると、コトン、と寝てしまいました。

久しぶりに独り時間を堪能した妻をピックアップし、
外食の代わりに二人分の弁当を買って帰宅。




ムスメはこの通り。
おむつ替えも済んでいるからぐっすり寝てもらいました。


来週の資格試験の勉強はまずまずやりこんだので、
最終日の明日もたくさん遊びましょうね。

2015.08.12 虫愛ずる姫君

日曜日に母娘で行った金沢動物園では、夏期限定の「かぶとむしの森」(かぶとむし放し飼いコーナー)が開設されていました。


ムスメは終始おそるおそる、といった表情。



しばらく木切れでつついて、でも触れあいたい気持ちはあるので
「おかあさん、ほら、持ってごらん」と私にやらせたりしていましたが、

ようやく素手でツンツン。

最近は、虫嫌いの母親の影響で虫に触れない子どもが増えている、と聞くので
出来る限り、たとえ自分が苦手な蛙などでも無闇と怖いの気持ち悪いのと発言しないようにしよう、と思っていますが、
この様子だと、その逆の、
「おかあさん、蛙のお土産よ!」などという恐怖を味わう心配は、今のところしなくてもよさそうです。

それでも、どの動物を見るよりも長い時間、かぶとむしコーナーにいたので惹かれる気持ちはあるようでした。


去年は嫌がった水着も今年は毎週のように着ています。

来年はかぶとむしの角くらい、摘まんで振り回すようになっているかもしれませんね。





夏も盛りです。
平日、仕事で都内を歩いている時は、暑さがイヤになりますが、
週末となると話は別です。
せっかくなので、夏らしい天気がよろし。

土曜日 午前:子供の国 午後:自宅プール
日曜日 午前:お勉強(二人は長い滑り台の公園) 午後:自宅


大きなプールに連れていきたい、と思っても、
おむつが取れていないムスメにはあまり選択肢がありません。

前夜、候補は二つに絞られました。

大磯ロングビーチ

こどもの国 屋外プール

大磯ロングビーチは、かつてのアイドルだらけの水泳大会でおなじみ。
僕たちにとっては、湘南国際マラソンのスタート・ゴール地点として思い出深い場所。
夏には行ったことはありませんが、ムスメのためならば、
あり得ないほどの高額な入場料も支払えると考えましたが、
レンタルパラソルがすでに予約で一杯だったので、諦めました。

こどもの国は、これまでもなんどか話題になりましたが、
自宅からかなり距離があるので、一度も訪れたことがありませんでした。

渋滞を避ける目的で電車を利用しましたが、
ムスメが途中の駅で「おうち帰る―」とグズリはじめるトラブルがありましたが、
何とかなだめすかして、無事に到着。

開放的で浅いプールと、大きなテントがあり、まさに家族向け。
fc2_2015-08-09_12-42-37-165.jpg fc2_2015-08-09_12-39-39-052.jpg



プールをみるやいなや、駆け出すムスメ。
先ほどまでぐずっていたのが嘘のようねぇ。

fc2_2015-08-09_12-40-03-008.jpg


準備体操はしまじろうアニメの通り。

fc2_2015-08-09_12-40-31-183.jpg fc2_2015-08-09_12-42-07-206.jpg


深さが30㎝~60cmのプールなので、とにかく安全です。

fc2_2015-08-09_12-41-01-066.jpg


昨晩、急遽購入した小さめの浮き輪は、
ムスメの体重(15kg超)に対して、少し浮力足らずでしたが、
現場で購入したスイカのビニルボールや、ぞうさんのジョウロを使って、
たくさん遊びましたね。

結局、水に顔を付けることはできませんでしたが、
来年はきっと出来るようになっていますよ。


盛夏の思い出として、忘れられない一日になりました。

子どもの国に来る度に思い出すんだろうねぇ、長津田駅でごねたこと。
もう口にするのも飽きましたが、毎日毎日とにかく暑くて参ってしまいます。

暑い上に、プレ幼稚園も各種教室も夏休みとあって、ムスメを連れていく場所に頭を悩ませています。

幸いムスメは、室内遊びや絵本が好きなので、外に行きたいと言うわけではないのですが、
多少は体を動かさないとエネルギーが有り余って夜になっても大騒ぎしてしまうので、やはり外出が必要になってきます。

そんな昨日も、買い物行ってー、地区センターで絵本読んでー、唯一やっている保育園のプール解放に行ってー、と算段していたのですが、
さあ出掛けようと靴まで履いて玄関のドアを開けた瞬間
「わたし、行かない!」と、ムスメが靴を脱いで部屋に戻ってしまいました。
そして、おへやであそぶー、と片付けたばかりのおもちゃをガラガラ~。

まあ私も冷静に、「あら、そうなの」と部屋に戻ってエアコンでも入れればよかったのでしょうが、予定を狂わされたことに「なにを~っ」とばかり、出掛ける出掛けないの押し問答勃発です。

結局、

ムスメが通う幼稚園併設の子育て支援施設へ。
ムスメが行きたいと言い出しました。

子どももこの暑さにイライラするのでしょうかね~。
ここは、赤ちゃんも多いので走り回ったりはできませんが、ムスメの好きな絵本を読んだり、ひとりでもおもちゃで遊んだりしていたので、
私もコーヒーなど片手にゆっくりできました。

そしてまた今日も同じ施設へ。

自分もミルクを飲む口になっているムスメ。

出掛ける前に「せんせい、いるかなー」とぽつり。
どうやら、幼稚園を思い出して行きたくなったようです。
ムスメよ、かあちゃんも早く幼稚園始まってほしいのですよ。

今日はプールを出してくれる日でした。

まだお顔つけはできませんが、頭や顔が濡れるのには慣れ、ワニさん(腹這い)もできましたー。

お弁当を食べた後、もう一度入りたい、でも濡れた水着は着たくない、とのことで、

肌着で失礼します。

さー、明日はどこに行きましょうねえ。

2015.08.03 真夏の週末
土日の事を、月曜の通勤電車で書くことが増えています。
週末の夜に試験勉強などをしているせいで
のんびり書けないからだけでなく、
月曜の浅の憂鬱が少し軽減する効果があります。


土曜
午前 アンパンマンの映画鑑賞 3人で
午後 八景島で水遊び 2人で

日曜
午前 勉強(妻とムスメは近所の室内遊び場)
午後 自宅+近所の花屋



アンパンマンの映画は大変面白かったようです。



バイキンマンを怖がる風でもなく、
日曜日の朝も
「アンパンマンの映画観に行くー」
と要望するほどでした。


午後は自宅から水着を着せて近くの海に連れて行ってみましたが、
砂浜だと本人が行きたがらず、
かと言って岩場だと足元の貝殻などで怪我するのもいやなので、
水着姿のまま八景島に歩きました。

目的はここ、陸橋下の水たまり。
前から存在は知っていましたが、
もしかしたら夏の子供の遊び場所では?と狙っていました。
水はぬるいですが、日陰でなので親も快適です。




前回じゃぶじゃぶ池の反省を活かして、
ゾウさんじょうろとゴムボールを持参したので、
石に水をあげたり、お兄ちゃんとボール遊びしたり。
(注:このお兄ちゃんはカラチ出身だそうです。)

 


ゴロンと寝そべることも出来るようになりました。




帰り際、約束通り初のカキ氷を食べることにしました。
お母さんにバレないようにね。

 

「冷たーい!」と大騒ぎ。
シロップは自分でかける店なので、極薄味にしておきましたよ。


駐車場までの帰り。
トレーニング中に妻と幾度となく競りあった八景大橋。
水着姿のムスメと渡ることになるとは。





今週も始まりました。