金曜日から僕とムスメが鼻風邪をひいてしまいました。

それに加えて、先週は業務が充実していて少し寝不足だったので、
始発電車で遠征しロングトレイルを走ることを中止し、
近所のトレイルを走るにとどめました。
(といっても20㎞を超えてしまったので、それなりに疲労した。。)

ムスメは38度ほどの熱があり、土曜日に一度だけおかゆを食べましたが、
主な症状は鼻水だけで、食欲もいつも通りに回復しました。

公園や動物園に行きたい、というわけでもなく、
辺りに響き渡る笑い声もないので、おそらく元気が出ないのだと思います。

出掛けたといえば、徒歩で”上の”公園と川で鯉に餌をやりに出掛けた程度。

かくれんぼは、上手に隠れることができるようになりました。

20160228213539361.jpg


土曜、日曜とも車に乗って外出することもなかったので、
珍しく一度も外食することもなく、地味に暮らしました。

fc2_2016-02-28_21-33-16-020.jpg


二日とも、ムスメの昼寝に合わせて、僕も妻も昼寝をしてしまいました。

ムスメの寝姿の代表パターンに「リゾートスタイル」と呼ぶものがあります。

fc2_2016-02-28_21-32-24-676.jpg

リゾートのプールサイドで転寝している感じです。

この寝姿、実は妻にそっくりなのです。
土曜の朝、早起きしてトレランに出掛ける際に、並んで寝ている二人をみたら、
二人ともリゾートスタイル(肘の角度が全く等しい相似形)だったことに驚きました。

近頃、成長するムスメを観察すると、親子とはどこまで似るものなのか、と驚くばかりです。
2016.02.22 動物園セット

暖かい日曜日でした。

「レッサーパンダの動物園に行きたいなー」とムスメが言うので、

野毛山動物園へ。

(外壁にレッサーパンダの絵が描いてあったり、

入ってわりとすぐにレッサーパンダがいるので。)

今回は父娘デートでなく

「おかあさんも連れて行ってあげる」とのことでしたので、私も一緒に。

「レッサーパンダの」と言うわりにはレッサーパンダの前はささっと通過。

ふれあいコーナーで、「おおきいネズミさん(モルモット)」をいい子いい子してあげるのが楽しみです。

「触ってみる?」と誘うと一度はトライしかけましたが

「やっぱりできなーい」と手を引っ込めました。

蛇は首に巻けるのにね。

動物を見るのはそこそこで、

おやつ。

アイスクリームの写真が続きますが、

グミもチョコレートもラムネも食べたことがなく、

ジュースもほとんど飲ませてもらっていないムスメにとって、

アイスクリームは最も美味しいおやつ、

それも、お父さんだけが買ってくれる特別のものなのです。

「今日は暖かいから三人で食べようね」と、私もお相伴に預かりました。

さて、動物園のあとはランチ。

前回は福富町の韓国料理店でしたが、

「オムライスが食べたい」とのムスメのリクエストにより、

動物園のすぐ近く、中央図書館のカフェテリアへ。

のりのりさんとふたりでもよく来たなあ、と思い出に浸るそのそばには今はムスメが。

オムライスの他に、私の炒飯やのりのりさんのハンバーグもちょこちょこと。

せっかく図書館に来たので、昼食後、絵本コーナーに行ってみました。

中央というだけあり、絵本も普段行く地区センターの図書コーナーや最寄りの図書館よりも豊富で、

ムスメもこちらの本棚からあちらの本棚へと移動しながら

気になる絵本を取り出しては読んでくれと持って来ました。

のりのりさんは紙芝居を見つけて

初めての紙芝居読み聞かせ。

「…サッとめくる」ってそれ、ト書きですよ。

野毛山動物園→図書館、このセット、今年何度か繰り返しそうな予感です。

2016.02.19 仲良くしてね
他の人を詳しく知っているわけでは無いですが、
一般的な感覚でいうと、妻はかなり温厚です。

否定系で表現すると、

 怒りっぽくない
 わがままでない
 自己主張が強くない
 
肯定的にいえば、

 優しい
 協調性がある
 控えめ


自分は気が短く、気分屋なので大変助かっています。


ムスメを客観的に見ると、やや自分よりなので、
ムスメも助かっているはずですが、
3歳の一人娘は、知る由もなく。

怒らないことに甘えて、勝手な態度を取ることもあるそうです。

特に寝起きとかは迷惑をかけているようです。




さすがの妻も、四六時中一緒にいるので、耐えかねることがあるようです。

そのとばっちりを感じることが、ごく稀ですがあります。


しかし、普段は仕事しているので『二人が揉めている現場』に居合わせることは、まずありません。


なので、帰宅後、妻からムスメの傍若無人ぶりを聞くのが、実は楽しみです。

ムスメからすれば、母親が『余計なこと』を父に話していると気がつくのか、
知らんぷりをするか、『しーっ!』と話を遮ります。

それが、ますます面白いのです。


ムスメよ、いずれ優しい母に育てられたことに気が付くときがきますよ。






明日は春の嵐が予想される休日ですが、
三週連続で山でロングランさせてもらいます。

すいませんが、仲良く過ごしてくださいね。


 

ムスメが相変わらず「おばけのホットケーキ」の歌を気に入っているので、

休日の朝、

一緒にホットケーキを作ることにしました。

おばけが卵を割ってます~

おばけが小麦粉ふってます~

おばけが牛乳はかってます~、

と歌いながら。

「次は、♪おばけがお砂糖つまみぐい、だよね」と

ムスメの目がきらっと光りましたが、

残念でした、これはホットケーキミックスだからお砂糖は入れなくていいのですよ。

袋の表示通りの牛乳だと少し生地が固そうに思えて多めに入れたのですが、

フライパンに流し込むとダラーンとなってしまいました。

焼きながら気づきました。

あ、私、お好み焼きの生地と間違えてるわ。

お好み焼きはちょっとゆるめの生地が好みです。

ダラーン、でしたが、それなりに完成。

お皿をテーブルに持って行ってね、とムスメに頼むと、

何故か食卓でなく、おやつ用のミニテーブルに。

朝ごはんだから食卓に、と言っても

「ケーキだからこっち(おやつ用)」と譲りませんでした。

結構な量だったので、多かったら残してねと言うと、

「おとうさんも食べたいかもしれない」と、数切れ残そうとしたムスメ。

のりのりさん喜ぶだろうなあ、冷めていても。

そう思いつつも

「お父さんはかけっこで帰るのはお昼ごはん食べてからよ」

(のりのりさんは早朝からトレイルランニングへ)

と言うと、

「やっぱり食べる」とパクパク平らげてしまいました。

背も高いですが、お腹周りもむちむちのムスメ、よく食べます。

趣味、相撲ごっこ。どすこい。

帰ってきたのりのりさんと公園で遊びながら

「今度は三人でホットケーキ食べようねー」と話していたそうです。

妻がランニング大会で10kmを走るので、
ムスメと散歩しながらデートしました。

昨年の同じ大会のブログを読むと、ムスメの成長を感じます。

一昨年の同じ大会の記事を読むと、ムスメの成長もそうですが、
妻が産後も一定の走力を維持していたことを思い出しました。

今年は幼稚園に通う時間にランができると意気込んでいるので、
来年の同じ大会では、きっと表彰台に返り咲くでしょう。


さて、本日の話に戻ります。

午前中、陸上トラックでトレーニングしてきたので、
妻がアップして整列する間に、二人でランチを食べました。



写真のイナリ以外を完食後、
僕のサンドウィッチにも手を伸ばしていました。

スタート号砲が聞こえてしばらくして、妻が目の前を通過。
ムスメは大きな声で応援してました。




芝生を駆けっこしたり、相撲をとったりして過ごしたあと、
おしゃべりしながら、散歩しました。

その途中、再び妻と遭遇。
応援の大きな声が青空に響いていました。






ソフトクリーム食べる?との問に、速攻で『食べる!』

お母さんに内緒ですよ(LINEで写真送ったけど)。

一心不乱にソフトクリームと向き合う。







すっかり満足顔のムスメと、散歩しながらゴール地点に戻っていると、
妻が三度目の前をして走り抜けていきました。
少し疲れているようでしたが、ムスメに手を振る余裕あり。

ゴールタイムは48分ほどだったようですが、
晴天に恵まれて、気持ちよく走れたようです。



公園内のハンモックでお兄ちゃんに遊んでもらいました。






とても穏やかで我が家らしい一日でした。

大阪に、帰省していました。

別大マラソンをキャンセルすると言うのりのりさんに、

じゃあ私たちの大阪行きをどうしようかと言うと

「行っておいでー」と快く送り出してくれました。

その目がキラリと光ったような気もしましたが……。

新幹線ではよく眠り、起きている間は機嫌よく静かに過ごしてくれ

移動も楽になりました。

今回は実家からさほど遠出はせず、

いつもの公園に行って、

サッカーやシャボン玉をしたり。

雪がちらつく中でのシャボン玉、凍えました。子どもは風の子ですね。

近所の川で鯉さんにパンをやったり。

ショッピングセンターにてアンパンマンショーを見たり。

かぶりつき席の整理券は2時間前から配布とか。

一階から三階までギャラリーは親子連れで埋め尽くされ、

八尾中の0~3歳児が集まっているかという賑わいぶり。

さすが、アンパンマン。

で、

ムスメに大阪で何が一番楽しかったかと聞くと

「おばけごっこ」との答え。

仏前で布団を被るムスメ。

何をしているかというと。

ムスメが最近気に入って繰り返し見ているアニメーション、

「おばけのホットケーキ」(東京ハイジ作)、

タイトル通り、おばけが台所に現れてホットケーキを作るのですが、

その家の男の子が布団を被っておばけにまぎれ、

一緒にホットケーキの生地を混ぜるというストーリーの、

男の子の真似をしているというわけです。

なぜか、仏壇のかね、ロウソク、鐘木が

ムスメには格好の小道具に見えたようです。

罰当たりな~!

と言ってお祖父さんが怒って出てくるかもよー。

でも、ご先祖さまというのは子孫を守ってくれるもの、

化けて出てくるのはもはやただの怨霊だと三輪明宏が言ってたし、

うちの父親なら笑って許してくれると思うことにししょう。

ムスメよ、もう少し大きくなったら、

おばあちゃんとお出掛けが楽しかった、とか、

おじさんの手料理が美味しかった、とか、

お愛想も言って下さいね。

別府大分マラソンは欠場としました。
妻は娘を連れて、実家に帰省しました。


完全にフリーの週末、向かったのは、伊豆半島。

朝4時半に自宅を出て、電車を乗り継ぎ、
伊豆の修善寺駅に7:24分に到着。

K先輩(何度もブログに登場している48歳)と待ち合わせ、
7:38発のバスに揺られること30分で、『戸田(へだ)峠』に到着。





ここから伊豆山稜線歩道と言われるハイキングコースを、
天城峠目指して走り抜けるという企画です。


伊豆山稜線歩道の紹介

では出発。




防寒着や着替えを含めた荷物(今回は約5kg)の荷物を持って、
縦走するのは初の試みです。
これが出来れば、遊びの可能性が飛躍的に広がるので、
事前に十分な準備をして望みました。


天気が良かったので、富士山も綺麗に見えました。




日陰には残雪があり、かなり手こずりました。




気持ち良いスカイラインは、風の音しか聴こえません。




小休憩を4度ほど取って、ほぼ予定通りのタイムで、
目的地の天城峠に到着。
トータル32km、疲れました。




湯ケ島温泉口、というところでバスを下車し、
1kmほど走ったところにある『テルメいずみ園』という日帰り温泉へ。


テルメいずみ園


そこで信じられない展開。

工事のため、臨時休業。アーメン。





手前にある『いろりの宿 三吉』ダメ元で訪ねてみた。

 テルメが臨時休業だったので、風呂を貸してもらえないか


いかにも善人そうなおかみさん、快諾。

 今は風呂が空いているから良いですよ。
 休憩場所として、ソファを使ってください。


まぁ、なんて良い人なのよ。
俺たちは都会の生活に慣れすぎてはいないか?


貸切風呂で、近くの商店で入手した冷え冷えビールを頂きました。



休憩所のポットの湯をお借りして、どん兵衛を頂きました。
美味しくないはずがない。



アルファ米にもお湯を頂きました。
バスの発車時間が近づいていたので、手持ちで出発。

すっかり世話になりました。





湯ケ島温泉発のバスはさらに本数が少ない。



バスの中でアルファ米を頬張る41歳。



ごちそうさまでした。


とにかく楽しいトレランの旅でした。

ムスメよ、こんなに楽しいことなので、たまには行かせてあげてね。
2016.02.03 リアクション

幼稚園に行く日の朝、あまりに寒いので私のニット帽を被らせてみたら、デザインもサイズも予想以上にしっくり来ていました。

一旦は被ったものの、ぴたりとしたニット帽は好きではないらしく投げ捨てられてしまいましたが。

遥か遠いペルーのチバイ村というところで買い求めたものです。

さて、この日の幼稚園プレクラスは、季節柄、節分の鬼のお面作りと豆まき…はしませんでした。

キリスト教教育だから当然かー。

少し複雑な指示も聞いてその通りに動けるようになってきた子どもたち、

紙相撲を作って遊びました。

画用紙に描かれた動物力士に子どもたちが色を塗り、親たちがはさみで切って完成。

この切り方で力士の強さが変わってくるので、親たちも結構真剣な顔でした。

先生お手製の土俵が各テーブルに配られるとそこここでトントン、勝った負けたと盛り上がりましたが、

人一倍リアクションと声の大きいムスメは、

勝てば「わたしの勝ちー!」とバンザイをし、

負けても「わたしの負けー!」と声を上げて、勝った人より喜ぶ(?)という楽しみぶりでした。

よく遊びよく食べました。

それ、私が食べようと思っていた焼きそばですよ。