5月並みの陽気が続いています。

水道で少々濡れてもへっちゃら。

小さな鼻の頭が日焼けしてしまいました。

この日は同い年のお友だちと一緒に遊びました。

そのうちの一人の女の子は年子の妹がいます。

ムスメ「ねえねえ、お姉ちゃんと妹なの?」

友だち「そうだよー」

ムスメ「じゃあ、4なんだー」→意訳:四人家族なんだ。

友だち「違うよ、2だよ」。→多分、二人姉妹の意。

ムスメ「私は3歳だよ!」

友だち「私も3歳!」

会話が成立している!

これがムスメと大人の会話なら、私が間に入って

「このあいだ四人家族という言葉を覚えたから、それを言ってるみたいです」

とかなんとか通訳するところですが、

3歳児同士なら、なんとかなってしまうものなのか!と新鮮な驚きでした。

大人が入って正確な内容(四人家族なのか、3歳なのか)を問いただすより、

こうやって会話が続いて行く方が楽しそうです。

午後はプレイルームに。

かくれんぼしよう、というムスメの提案で、ムスメが鬼をやっているところ。

その後、ムスメが隠れる側になった時も、同じ場所にいました。

そしてその時は頭が丸見えになっていたと言う…。

さて、春、4月といえばこの季節ですよ。

久しぶりに手に取ってみました。

9月まで続いたことはほとんどありませんが。

今年は何月まで続くかなー。

2016.03.27 春ですね
昨日は三人で「こどもの国」で一日中遊んできました。
我が家では「ソレイユの丘」「金沢自然公園」が2大観光地ですが、
マンネリ気味なので少し遠方ですが行ってみました。

ブログで報告するはずでしたが、
一眼で撮った100枚以上のデータを誤って消去してしまいました。

とても楽しかったので近々再訪して報告します。



さて本日は二人で「金沢自然公園」に出かけました。
※妻は一人で横浜駅周辺で息抜き




菜の花畑が満開です。
あと一ヶ月で同じ場所に鯉のぼりが吊るされます。




見慣れた風景ですが、桜が花を付けました。




長い滑り台も含めてルーティンを終了し、待望のおやつ時間。
ここ最近の大好物『イチゴソフトクリーム』です。
二人で交互に食べて、コーンを奪われた直後。





動物園に来ました。
必ず顔を出します。
成長の過程が記録されている気がします。




動物園ですが動物を見ている時間は僅かです。
例えばかくれんぼしてみたり。

※ムスメは隠れてるつもり。




珍しくコアラ側に来ましたが、本人はほとんど見ていません。




結局、手長サルと変な動物(のアート)を観たいというので、
空腹に耐えて付き合いました。







いつものレストランに直行し、
僕はいつものビーフシチューハンバーグ、ムスメはお子様カレーを
文字通りがっつきました。
お腹が空いていたので、美味しかった。





花がキレイです。春本番ですね。

幼稚園入園が近づいているせいか、

ムスメは最近やたらと抱っこ、おんぶをせがみます。

赤ちゃん時代もよくこうしておんぶで家事をしたものです。

今よりうんと軽かったけどね。

さて、話は連休に戻りますが

我が家のレジャーといえば金沢自然公園か、ここか、の

ソレイユの丘。

3月半ばに新しい遊具「ソレイユパイレーツ」が出来るというので、楽しみにしていました。

横浜横須賀地域以外でも話題になっていたのか(半信半疑ですが)

行きの道路はいつになく混み、

入場口すぐのアトラクション券売機でも長い行列ができていて

園内は見たことのないほどの混雑ぶりでした。

とはいえ、大手テーマパークのように120分待ち、などということは起こらず、

基本的にはメロウな雰囲気のソレイユ。

ムスメも大喜びで新しい遊具にかけよりました。

大きいです。

回廊をひと巡りして、

滑り台

一番人気は下段のトランポリン。

ネットよりも布張りのトランポリンが人気で、ここだけ芋洗い状態になっていました。

新しく、そして遊びこなすには少し難しいので

「もう遊ばなーい。わたし、ウサギさんのところに行きたいの」

などど言ったムスメでしたが、

ウサギと触れあい、お昼を食べたあとは

「やっぱい、もっと遊ぶー」。

今度は、おとうさんと一緒に。 

先程のトランポリンに再挑戦したところで年上の男の子とぶつかってしまい大泣きしましたが、

ムスメがほぼ確実に泣き止む魔法の呪文(たいそう品の良くない言葉です)を唱えて事なきを得ました。

最後にもうひと遊び。

ロープウェイにも、ひとりで掴まっていられるようになりました。

混雑が落ち着いた頃、また行こうね。

今日は第6回鋸山トレイルランレースでした。

大会ホームページ

距離こそ32kmですが、千葉の房総半島ですから標高もそれほどでもないので、
初心者向きの大会のようですが、自宅からアクセスも良いので、エントリーしていました。

雨の予報通り朝から荒れ模様でしたが、やる気満々でしたので、
予定の工程で会場に向かいました。

◆自宅から最寄り駅まで原付
◆京急線で京急久里浜駅まで
◆京急久里浜駅からバスで久里浜港へ ※実際はバス停をロストして乗り遅れ、タクシー利用
◆久里浜港から東京港フェリーで金谷港(約50分)
◆金谷港から徒歩で浜金谷駅へ(10分)
◆JR内房線で浜金谷駅から保田駅(5分)
◆保田駅から会場まで徒歩で15分

原付、電車、タクシー、フェリー、電車と乗り継ぎ約2時間半で会場に到着。


マジですか?

20160319204901317.jpg


大会ホームページでは早朝にアナウンスされていたようです。
自宅を出る前に確認しなかった自分のミスではあるのですが。。



あまりにもショックな時は、意外とすんなりと受け入れることができるようです。

すぐに心を切り替えました。



●Google mapで現在地からフェリー乗り場である金谷港までのルートと距離を確認。

 結果  約5.2km

●次のフェリー出港時刻を確認。

 結果  9:20発

●現在時刻を確認。

 8:40


つまり、5.2kmを30分で走らないとフェリーに置いて行かれる。

25Lのハイキング用リュックを背負っていたし、ほとんどの荷物は防水袋に入れてきたので、
荷物の重量さえ何とかなれば、すぐに走れる格好。
キロ6分でギリギリだけど、良い目標になるだろうと判断し、雨の中を走って向かうことを決意。

レインパンツを脱いで短パンになり、シューズの紐を絞め直して、早速スタート。
走りだしてすぐ、荷物の重さにひるみましたが、『これもトレーニングだ!』と信じて走りました。

海沿いの国道127号をビチャビチャになりながら、走り抜けたわけですが、
2か所あるトンネルは大型車のすれ違いが難しいぐらいに狭く、
当然、ランナーが走ることを想定していないので、チラチラ振り向きながら走らないとおそろしい。。


頑張った甲斐があり、出港時刻4分前に搭乗できました。
雨で全身ビチャビチャです。

20160319205119992.jpg



着替えを済ませて一息ついたので、ガラガラのカフェコーナーでコーヒータイム。

20160319205141613.jpg


結局、10時には横須賀に戻れたので、
走れなかったストレスを解消するため、
横浜駅近くの山グッズ専門店「カモシカスポーツ」で買物しました。

ただ、レースが終わった後の着替えしか手持ちがなかったので、
雨降る少し肌寒い天気でしたが、僕の格好かこんな感じでした。

20160319204945467.jpg

短パン、クロックス。 僕は42歳。



連休中はレースの疲労を休めようと思っていましたが、予定変更。
早朝、近所の山を2日連続トレーニングすることにします。

ムスメの大好きな遊びのひとつが、かるたです。

しまじろうやノンタンのアニメに出てきたので、

試しに買ってみたですが、アニメでルールは理解していたし、

ひらがなが読めなくても絵で覚えるので札を取るのは簡単なようです。

繰り返すうちに、読み札も暗記してしまいました。

そのうちに、ひらがなも少しずつ覚えてきて、

初めの字が分かればあとは暗唱、

まるで本当に読み上げているように見えます。

そして、一番面白いらしいのが、絵札隠し。

札を読むと

「あれえ?どこにもないなあ~、あ、あった!

お尻の下に隠れてたよ~」という自作自演です。

これもノンタンの真似っこ。

そして最近、隠し場所はお尻の下だけでなく、

お腹も加わりました。

このふくよかな腹回り!

「にこにこにしきへびはにんきもの~」

「あ、あった!またお腹の中だった!」

カルタクイーンもびっくり。

さて、公園では引き続きかくれんぼをよくします。

なかなか、自分が隠れるということは理解しにくいようです。

自分が目をつぶれば周りが見えない=鬼にも見えていない、という認識なのでしょう。

「もういいよー」と返事が返って来たので探しに行くと、

丸見えやないか。

最近の週末は、ほぼ同じパターンです。

今週は、土曜日にムスメ中心の一日、日曜日は始発で再び箱根に行ってきました。

まず、土曜日。

前から楽しみにしていたしまじろうの映画に、二人で行ってきました。

劇場版しまじろうのわお しまじろうと絵本の国

去年の同じ時期に初めての映画鑑賞に二人で挑戦し大変でしたが(→ブログ)、
今年は妻は自宅でノンビリ過ごしてもらいました。

映画館に来ても全く不安のないムスメは、どっかりと椅子に座って鑑賞していました。

20160313192848571.jpg

大きくなったなあ、と実感。
いつか必ず「えー、お父さんと映画観に行くの? やだー!」と言われるのでしょう。


映画後のランチは同じビルのファミリー向けハンバーグ店へ。
前回は妻も含めtえ3人で訪れましたが、今日は二人です。
子ども用プレートをパクパク食べて、僕のハンバーグもお代わり。
近頃、ものすごい食欲です。少食の成人なみでは?

20160313192920600.jpg


運動不足による肥満を回避するため、食後のムスメをデパートの屋上に連れ出しました。
妻から教えてもらった場所です。驚くほど広いスペースが一般開放されています。

20160313192943835.jpg
20160313192959073.jpg

遊具が平凡なので、二人で追い駆けっこして遊びました。
う〇ちが出た、とのことでデパートの多目的室でおむつ交換。
その後、デパート内のプレイルームで少し遊んで、駐車場まで戻りました。

自分の考えを話せるようになったので、ほとんど困ることが無くなりました。
また、僕が話していることも理解してくれるので、
例えばコーヒーショップでテイクアウトするために並んでも、
手をつないで待ってくれるようになりました。

今回は約5時間ぐらい二人で出かけることができましたが、半日ぐらいなら何とかなりそうな気がします。
今週末の3連休は、挑戦してみよう。





本日、日曜日は始発に乗って小田原駅までいき、バスを乗り継いて箱根関所まで。
7:00、箱根駅伝のゴール地点は閑散としていました。

20160313193205196.jpg

ここから、箱根外輪山といわれる箱根をぐるりと囲む山々を時計回りに回る予定で(した)。
どうみても山には雪があるとは思っていましたが、途中は確かにこんなに気持ちが良いコースもありました。

20160313193305138.jpg


しかし、北側の斜面はこんな感じ。

20160313193052538.jpg

走りたいけど、単独なので万が一トラブると気温が低い(1℃ぐらい)面倒なので、歩きを余儀なくされる感じ。
スタートして1時間20分後、トレーニング効果がないと判断し、引き返す決断をしました。

箱根駅伝6区を小田原までやろうかと思いましたが、既知のコースでつまらないので、
湯河原方面に峠道を抜けてみることにしました。
走りだしてすぐに「湯河原23km」の看板。
その時点で11km走っていたので、結構なトレーニングになりそうな予感。

5kmほどひたすら上り。ご褒美のような絶景。
芦ノ湖と富士山。富士山の手前は、予定していた箱根外輪山です。

20160313193119267.jpg

しばらく登ってから、あとはずっと下りでした。
峠道なので、うるさい車とバイクが時折走ってくる程度で、くねくねしたコースを集中して走れました。

上り坂の筋肉は筋トレとか坂道ダッシュで何とかなりそうだけど、
着地に必要な筋肉のトレーニングは、長い下り坂ランに勝るものはない気がしていました。
後半は上体もブレてしまいましたが、湯河原駅に無事に到着。

20160313193233865.jpg


結局、トータルで34km、累積標高1100m、3時間55分でした。

思ったよりも早く帰宅できたので、その後も十分にムスメと遊ぶことができた!
(眠気はカフェインキャンディーでごまかしたりして・・)。


毎週末強いトレーニングができているので、来週から始まる春のトレイルレースが楽しみです。

しばらく雨がちだったのでなかなか雛人形を仕舞えずにいましたが、

ようやくカラッとしたので、ひな祭りを数日過ぎてようやく片付けることができました。

過去三回はムスメが昼寝しているうちに済ませたのでスムーズでしたが、

今年はムスメが参戦手伝ってくれるというので、

お雛様に触りたがるのを、お道具にハタキなどをかけてもらうことでどうにか気をそらし、

お雛さまとお内裏さまのお顔とおぐしを守ることができました。

ムスメは満足気に「おひなさまー、またねー」と手を振り、

帰ってきたのりのりさんにも、自分が片付けたと報告していました。

ところで、驚いたのですが、

ひなあられって、関西と関東で違うのですね。

お皿に出してビックリ。

私の知っているひなあられは、粒状のおかきで、

塩味とか醤油味とかたまにチョコレートコーティングしてあるのが入っていて、

やったー、当たり~、と喜んだものですが、

こちらのは米菓は米菓でも柔らかいパフ状で甘々。

昨年は確か大阪の実家から貰ったものを食べたから、気づかなかった。

こういう、「関西出身あるある」はほとんど経験済みだと思っていましたが、

久しぶりにカルチャーショックを受けました。

おかきのつもりやったから、食べた気ぃせえへんわー。

関東ならではの食べ物でも、好きな物はありますが。

ちくわぶとか、ひたし豆(こちらは北関東?)とか。

ムスメの味覚は、東西どちら寄りでしょうね。

年度末に大きな影響を受けないはずの業務なのですが、
去年と同様に、忙しい感じがします。

ただ、昨年とは中身がだいぶ違っています。
転職して1年半が過ぎましたので、自分で考えて行動できるようになっているので、
個人的な感覚として、非常に充実しています、

平日の睡眠時間が不足気味の生活です。
通勤時間が長いのと、ランニングトレーニングを押し込んでいることが要因です。
いずれも本質的な問題なので、仕方がないので納得しています。


昨日も20時過ぎまで会議があり、帰宅が22時。
普通なら「明日はゆっくり寝るか」と考えるでしょうが、
予め作成しておいた【持ち物リスト】を利用してちゃっちゃと準備し、就寝。

4時間の睡眠(=仮眠の練習)で始発の電車を乗り継ぎ、
まだ薄暗い箱根湯本駅にバスで到着したのが6時30分。

20160305204003400.jpg

通勤電車内でトレイルランニングの計画をするのが、最も幸せな時間です。
今回は箱根湯本~金時山の箱根メジャールートから足柄峠側に向かい、
ロードトレーニングで何度も世話になっている足柄峠を通過し、
トレイルをつないででJR山北駅の「さくらの湯」を目指す33㎞の少しハードなプランです。
ワンウェイなので、入浴後の着替えなどを全て背負っていくので、極端に荷物を制限しました。

おかげで、帰りの電車内は短パンでした。(3日前に42歳になったおじさんです)


話は戻って、トレイルラン。湯本から尾根筋である「塔ノ峰(566m)」まではひたすら登り。

◆塔ノ峰 スタート(湯本駅)から1時間16分
20160305204835254.jpg

舗装道を経由し、勾配が急な上りでもう一段高い尾根へ。
大文字焼きで有名な「明星ケ岳(923m)」に到着。ガスが濃くなってきました。

◆明星ケ岳 塔ノ峰から35分
20160305205007860.jpg


宮城野分岐付近まではガスがたちこめて神秘的でしたが。。
20160305205723822.jpg

晴れてきて、雲海のように美しい風景を左手にみながら、
刈り込まれた走りやすい尾根道を爽快な気分で走ることができました。

20160305205610883.jpg

20160305205553850.jpg


明神ケ岳(1169m)到着。
雲海がなければ大涌谷も見えるそうですが、これはこれですばらしい。

20160305210448677.jpg

ハイカーの方に撮ってもらいました。
20160305210401109.jpg


火打石岳、矢倉沢峠を経由し、日本300名山である箱根の名峰「金時山(1212m)」に到着。
気温が上がってきたので、最後の上りはかなり脚にきました。

◆金時山 明星ケ岳より67分
20160305210918831.jpg

富士山がきれいに見えました。すばらしい。
20160305210848706.jpg


ここで10分ほど休憩し、足柄峠側へ。

ここは2009年4月のマラニックイベントで妻と二人で走っています。
終了後、妻はグロッキーになったっけ。

妻が大嫌いな、しかも巨大なカエルに遭遇した「カエル沼」は健在でしたが、
皆さんはお留守のようでした。
20160305211624782.jpg


◆足柄峠 金時山から38分
見慣れた風景なので写真なしです。。

かなりへばっていたのと、トレイルの分岐が多く、地図とにらめっこしながらのランだったので、
ここからの写真はなしです。
矢倉岳(870m)の付近を通過するトレイルはなかなかご機嫌なコースでした。


21世紀の森という、
とても微妙な総合公園のような場所を通り過ぎ、洒水の滝へ抜ける林道(一部舗装)を通り抜け、
走りなれた山北町の道路を経由しJR山北駅に到着。

◆山北駅 足柄峠から1時間28分 


本日のまとめ

走行距離 32km
トータル 5時間5分
累積高度 1838m


今週42歳になりましたが、今年も肉体を絞りあげて、今回のようなミニトッリップを楽しみたい。

楽しかったです。


2016.03.02 前夜祭

明日はひな祭り。

ムスメが生まれてから忘れ去られがちですが、

のりのりさんと私の亡くなった父の誕生日でもあります。

残念ながら明日当日のりのりさんは会食予定があるので、

フライングでちらし寿司を作ってみました。

あちこちに飛び散らせながら混ぜ混ぜ。

恥ずかしながら初めて「すし太郎」でなく、酢飯から作りました。

市販の味に慣れていると、やや物足りなさは感じてしまいますが、

甘さを調整できるのはやはり良いですね。

これでも結構な量のお砂糖入っているし。

寿司桶がなくて、ホットプレートを転用しているのはご愛敬~。

錦糸玉子がちっとも「糸」じゃないのもまたご愛敬~。

具材は逐一、つまみ食い味見しながら載せていきました。

ムスメは酸っぱいものが大好きです。

酢飯に酢れんこん、さらに卵とかエビとか、ちらし寿司は好きなものしか入っていないという状態。

今日もまた驚くほどの量を平らげました。

あ、やっぱり誕生日祝いというよりも、ムスメのための献立になってしまいましたね。

今年のひな祭り工作。

顔を顔らしく描けるようになりました。

来年はのりのりさんにバースデーカードが書けるでしょうか。