2016.06.26 SPAトレイル 
本日、SPAトレイルに出場しました。

現在、自宅に戻る電車の中です。

SPA=温泉でして、群馬県のスタートが四万温泉、ゴールが草津温泉、
距離が72km、累積標高が+4600m。

これだけ見ると、自分が参加したトレイルレースで最も過酷ですが、
林道が多く、激坂やガレ場が少ないので、他と比べると走りやすいコースでした。


今年の春最後のレースであることと、
数少ないラン仲間全員(僕を含めて3人)が出場するので、
この日のために厳しいトレーニングを積んできました。


結果、目標の11時間切りを達成し、
総合順位も160番台だったので、
心から満足しています。

天候も身体のコンディションも最高の状態でした。

たぶんそれほどダメージを受けていない(少なくとも2週間前の八重山トレイルやりは)ので、
少し休んだら、丹沢辺りをノンビリ山を走りにいきたいです。


写真集。


第2エイドステーション(野反湖、35km)

まだまだ元気でした。


第5エイドステーション(67km)

少しだけ余裕が残っていました。
ダメージをに比べると痩せてます。




日本のトレラン界で最も有名な鏑木毅さんと、野反湖をバックに奇跡のツーショット。
今回のコースプロデューサーです。




70km地点のこの表示は、
彼の手書きのメッセージです。



昨年春に出場した比叡山トレイルレースでも感動した。



10時間を、越えるレースは準備も大変だけど、満足度が桁違いです。

あー、楽しかった。
2016.06.24 六月病?

梅雨らしいお天気が続きます。

ある雨上がりの園庭は

ビオトープが氾濫(?)して、子どもたちは大喜び。

↓いつもは

こんな風に見えている橋も水に浸かってしまって、

どこまでがビオトープでどこからがただの水溜まりかわからなくなっていて、

そこをチキンレースのように三輪車やストライダーが駆け抜けていました。

毎日くたくたになるまで幼稚園を満喫しているムスメですが、

最近、入園時にはなかった姿が見られます。

同じクラスのお母さんに

「昨日の朝、ムスメちゃん、『おかあさーん』て泣いてたわよ」と聞かされました。

幼稚園に送って行くと振り向きもせずに教室に入っていたムスメが

最近は「まだ帰らないで」などと言う日もあって、

先生からも、始めはすんなりお母さんと離れられた子も、

5月、6月になって寂しがることがあるとは聞いていたのですが、

まさか泣きべそまでとは。

お迎えまであと十分ほど、と言う時にも

お母さんに会いたいと泣いたことがあったそうです。

まー、可愛いじゃありませんか。甘えていいのよ~。

もちろん、本人は泣いたなどとは言いませんが。

そんなことも五月病ならぬ六月病とでも言うのでしょうか。

またまた発熱で幼稚園を2日もお休みしています。

明日は幼稚園のお祭りだから、はやく良くなるといいですねえ。

久しぶりの投稿になりました。

ブログ更新が遅れてしまう原因。

①電車内で仕事をしてしまう(スマホかノートパソコン)
②帰宅後に余裕が少ない
③書こうとして力む

過去を振り返るツールとしてとても有効なので、
もう少し更新頻度をあげようと思います。


さて、去る6月12日に「八重山トレイルレース」に参加しました。
39kmなので、エントリーした数ヶ月前は
6月26日の70kmレースに向けた調整レースのつもりでした。

しかしいざスタートしてみるとホンキになってしまいました。

気温が高く、暑さに順化できていない身体が大量の汗をかいてしまい、
準備はしていたもののラストは熱中症の症状(吐き気、めまい)で
かなりきつい状況になってしまいました。

途中まで目標のタイムを上回るペースでしたが、
残り5kmで不本意なペースになっていまい、
結局は8分ほどオーバーしてしまいました。



翌日の月曜日、歩くのが困難なほどの筋肉痛。
翌日も激痛でした。しかも強い疲労感。
過去を振り返ると、ここまでひどいレースはあったかな?と思うほど。


こういう時、酸素カプセルやマッサージという手段もありますが、
今回は初めて「ニンニク注射」を試してみました。

前の週にたまたま受診した職場近くの皮膚科で、
初回2000円という貼り紙を思い出し、
水曜日、外出先から戻る時に寄り道してうってみました。

まー元気になること。疲労感が抜けました。
しかし筋肉痛は依然として抜けず。

金曜日にも再びニンニク注射を打ち、
本日土曜日になってようやく走ることができました。


いよいよ来週は春のメインレースである、SPAトレイルレースです。

楽しみだー、天気が荒れませんように。


2016.06.12 蒔田公園

トレランレースのため、のりのりさん不在の日曜日。

公園遊びもどうせなら休日気分でいつもと違うところに行きたい、

でも大きな公園というと遠かったり電車だと行きにくい場所にあったり、

車に乗れない母娘で行ける公園を探していたら、ありました、ありました。

蒔田公園。

京急の南太田駅から徒歩7分ほど。

わりと街中だというのに、この広さと巨大遊具。

ぐいぐい登ります。

危なげなくなりました。

遊具のあるところが丘になっているので、

けっこうな高さがあります。

下から見るとこんな感じ。

こういう場所で、前に人がいても押したり無理に抜かしたりしなくなったなあ、

幼稚園効果だなあ、降りてきたら誉めようと思った矢先、

滑り台では前の男の子に追突~。

よそのお姉ちゃんの真似をしたいけれど、難しかった。

これまた、お姉ちゃんのように鉄棒に座りたくて、

まずは真似して裸足になったところ。

定番のブランコや平均台、

もっと小さなこどもの向けの遊具もあって、

公園はとても賑わっていました。

お昼はシートを広げてサンドイッチを。

「お父さんと三人で食べたら良かったねー」。

ムスメよ、お父さんは今ごろ山で己と闘っているのですよ。

お土産あるはずだから、帰って来たら労ってあげてね。

 

2016.06.07 食べモノ寝言
今朝、空がうっすら明るくなってきた午前4時、
ムスメの大声で起こされました。

 ソーセージ、ツルツル!

ビックリして薄暗い部屋を見渡すと、
頭と足の位置が逆さまのムスメが、
グーグー寝息をたてています。

寝言だったようです。
あんまりにもビックリして面白いので、
しばらく寝ることが出来ませんでした。


つい先日も同じような大ボリュームの寝言に起こされました。

 レーズン食べたい! (怒り気味に)


意味を持つ寝言は大部分が食べモノ関連です。
どんな夢をみているのでしょうか。



幼稚園はとても楽しみに行っているようです。
友達っぽい子もいるようです。
放課後に園庭で遊ぶことも多いようです。




月曜日は人生初の給食でした。
メニューはカレーだったようです。

月曜の朝には「給食イヤだなー」と話してましたが、
お迎えの時、先生がお代わりした事を教えてくれたそうです。

とにかくよく食べます。



言葉だけでなく、色々なことが少しづつできるようになっています。



サンタクロース、だそうです。
言われれば、そう見えなくもない。



子育ての転換期なんだな、と感じる毎日です。

6月2日は横浜市制記念日とかで、市内の幼稚園はお休みでした。

他の市町村ではあまり聞かないように思いますが、

横浜出身の人はこの日が休みだったり、

卒入学式などには市歌を歌ったりするそうで、

東北✖関西ハーフのムスメも、ハマっ子として歩んで行くようです。

さて。

幼稚園では、2時に先生とさようならをした後も、

3時までは園庭で遊んでよいことになっています。

上級生のお姉さんたちを見て、やってみたくて仕方のない登り棒。

見よう見まねで、足をかけるものの、

残念、年少児では登れない距離に設置されているのですよ。

いつかはそこから、お猿のようにシュルシュル降りてみたいですねー。

登り棒はまだまだですが、最近克服しつつあるのが、

泥んこ遊び。

砂をすくってきてはビオトープにドボン。

跳ね返って汚れるのも平気になりました。

メダカたちは水底で息をひそめていることでしょう、お気の毒さま。

濁った水に手を入れたり、泥まみれのボールをつかんだり、

少し前までは苦手だったのに、変わりました。

帰る前には自発的にお道具を所定の位置に戻したり、感心なことです。

家ではやらないのにね、とハハはつい余計なひと言が出てしまいます。