2017.04.06 春休み
春休み最後の日は、


お花見がてら、金沢自然公園と動物園へ。


草ボーボーの奥に、オカピがいます。
オカピは舌が50㎝もあって、自分の目や鼻まで届くそうです。

キリンさんに話しかけて、オカピを見たら


坂道をずーっと上ってゾウさんを目指すのが定番コースです。


風に舞う桜の花びらを追いかけています。
今年の桜は、満開を見る前に風と週末の雨で散ってしまいそうですね。


ちょうどゾウの調教タイムでした。
体重を計ったり、身体中に異変がないかチェックしたり。
背中の上は、ゴロンと寝転がせて確認していました。
向かって右のヨーコさんは足に出来たおできの治療中です。
…と、飼育員さんによるそんな話をじっと聞いているムスメでした。

左はチャメリーさん、25歳。
ここには出てきていない、オスのボン40歳との間に「赤ちゃんが生まれるように応援してね!」と書いてありました。
お家のために15も年上の男の元に嫁にやられたみたいでなんだかなあと思わなくもないですが、ゾウ世界ではこの年の差は一般的なのでしょうか。


昼食後は再び遊具の方へ。


この春は桜よりも菜の花とコブシの方が印象に残りそうです。

よく歩いたしよく遊んだし、さあ帰ったらゆっくりおやつ…と思ったら、

自転車を降りてすぐに近所の公園で2回戦~。


母娘密着の春休みも終わり。
(と言ってもしばらくは長い短縮保育期間がありますが。)
いよいよ年中さんになります。


2017.04.04 福島巡業
先週末、福島のおじいさん・おばあさん向けの巡業を果たしました。
寒い時期は避けて、ということでこの時期になりましたが、
4歳で好奇心豊富の反応を見てみたくて、
スキー場に連れて行きました。
車窓の風景は標高を上げるにつれ一変し、
スキー場近くでは真っ白な銀世界でした。
眠そうだったムスメも好奇心に満ちたクリクリの黒目で眺めていましたから、
自分の予想は確信に変わりました。
ゲレンデに着くなり『やったーー!』と叫んで走り出したムスメ。
 
早速、ソリをやって見ました。

2歳の時に雪上でソリをやったことは、
本人は覚えていないようです。
それでも、ソレイユの丘の人工芝ゲレンデでやっているので、上手に滑れました。
コケて一瞬泣きそうな表情を見せましたが、
どこも痛くないことに気がついて。
雪上の特徴をこうして知るわけですね。

寒さに弱い妻は写真の取れ高が確保できたら、レストハウスで待機。
僕は北国育ちですから、ムスメとずっと遊んでいられます。
雪合戦したり。この口元、喜んでいる証拠。


ツララを取ってみたり。

再びソリをしてみたり。
2時間ほど遊び倒しました。
最後はスキー場内にある日帰り温泉に入って。
ムスメは旅館以外では初の温泉でしたが、
たいそう気に入ったそうです。
(新しいし豪快な露天風呂は自分も気に入りました)
横浜だとなかなか体験できませんので、
来年以降は福島冬巡業を2度ほど設定し、
スキーなどを教えたい、と勝手に考えています。