ここ【ゴールデン・サンズホテル】は当初の読み通り子供連れにピッタリのホテルです。

まず、大きな屋外プールがあります。深さが異なるいくつかのプールがあり、滑り台もあります。



エントランスロビーを水着のまま通過しても大丈夫です。

ムスメのお気に入りは最も浅いプールで、
小学校低学年くらいまでの子供達で賑やかです。
(写真は夕方で空いてきた時のもの)

ぱっと見ですが、東アジア系4割、中東系3割、白人系3割って感じです。
黒 チャドルの方も多いです。
エレベータのドアが開いてチャドルの方が複数いた時、ムスメはビクッとしていました。
屋内の遊戯施設があります。

子供だけ入館料(2hでRM24 約500円)が必要です。
中央の赤と、左の青の滑り台は絶叫系です。
ムスメは初めていった時、青を一度だけやってみましたが(落ちる時も相当迷った挙句)、
その後、二度と滑ることはありませんでした。
(相当怖かったらしい=>半ベソ)
滑り台を囲うようにして、アスレチックになっているので、
虹色の滑り台と合わせて、楽しいようです。


こういうホテルでは普通かもしれませんが、
ムスメ曰く【夢のような朝食】も楽しみです。
ランニングして一汗かいた後は格別です。

時々【横浜に帰りたい】と訴えるムスメには少しかわいそうですが、
親には必要な休日なのですよ。
マレーシアのペナン島に来ています。
出発の1週間前、パスポートの有効期限が6ヶ月未満であることが発覚。
最短の発行予定日が出発予定日の翌日というあり得ない状況でしたので、
一日繰り上げ発行の温情を勝ち取ろうと尽くしましたが
下手な小芝居も小役人には通じず、ジ・エンド。
たった1日間に合わないということがとても悔しかったけど、
逆に見れば一週間の旅行でたった一日なので、
自分だけ遅れていくのもアリかなと考え、
片道の航空券を追加購入して前述の母娘先行旅になったわけです。
羽田空港のチェックイン時に持込荷物の規定重量7kgを大幅にオーバーしていたため、
着込んだりポケットに入れたりしても適わず、不要なモノを自宅に送り返す、
といった些細なトラブルはありましたが、
乗換えも大変スムーズで、10時にペナン島のホテルに到着しました。
朝食後、早速プールに浮かんでいたムスメと再会、
早速水着に着替えてプカプカした訳です。

妻と互いの旅路を話しましたが、
マレーシアのように治安も良く旅行しやすい国なら
今回のように移動日をズラすのはアリかなと感じました。