上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.08.21 ハチ刺され
昨日、久しぶりにムスメと二人で動物園に行きました。
天候不順で屋外プールって気分じゃないのと、
前日にカブトムシの新聞記事を読んだからです。
おしゃべりしながら自転車に乗るのは楽しいです。
幼稚園のザリガニがなぜ死んでしまったのか、ムスメなりの仮説を聞いたり。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
真っ黒な雲のせいか、日曜には混雑している【長い滑り台の公園】もガラガラでした。

ひとしきり遊んで動物園へ。
夏期限定のカブトムシ会場へ。 
ここは2年前の夏にも二人で来ましたね。
あの頃はカブトムシに触れることを、周りの子に自慢していました。

中は家族連れで混雑していました。
ムスメは3世代で来ているらしい大家族が取り囲む飼育槽へ仲間入り。

カブトムシをシゲシゲと眺め、独りおしゃべりが始まりました。
(自分は少し離れて観察)
『おんなはどこ?』
大家族のおばあちゃんが、ビクッと反応。
どうやら、オスしかいないので気になったらしいですが、自分はあえて放置。
大きな声でムスメが続けて。
『オトコを探しているんだよ』
大家族のお母さん、近くのお母さんたち、みなさん失笑。
ムスメはその後、何度か繰り返していました。
確かに他の飼育槽でもオスばかりだったので、
ムスメはその疑問に対して
【オンナはオトコを探しに行ったので不在】
という仮説を立てているようでした。
同じ場所で2年の成長をシミジミと感じたわけです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
起伏に加えて広大な敷地なので、全部歩くのは結構大変です。
自分と一緒の時は、後半必ずダッコまたはおんぶになります。(妻との時は何とか歩くそうです)
しかし、今回は約1.5kmを”ほとんど”全部歩きました。
ほとんど、というのはハチに刺されたからです。
少し目を離していたら(ムスメの積んだブロックを戻している間)、
焦った顔で走って来たムスメ。
『ハチに刺された』
どこを?と聞くと、膝の内側を指差し。確かにプクッとしていました。
どんなハチだったか聞くと。
『このぐらーい』と10cmくらいの大きさ。
たぶんそんなに大きくないよ、と聞くととても小さいハチの様子。
ムスメの様子も変化ないので大事じゃなさそうだけど、腫れても大変なので入場口まで抱っこして走りました。
ハチに刺された時の処置については山雑誌で散々読んで、一度は実践しています。
•針の有無を確認 →見当たりませんでした
•ポイズンリムーバーなどの器具で幹部のを抜く→自宅に置いて来たのでどうしよう!?
•水で流す
入場口のお姉さんにハチ刺されを伝えたら、
すぐに救急箱を貸してくれました。
そしたら何と!毒抜き用のシリンジが常備されていた!素晴らしい。
注射と勘違いして嫌がるムスメをなだめて処置開始。

液が出て来たので、たぶん大丈夫。水で流して、ムスメを安心させるためカットバンを貼って完了。

この間、泣くこともなく、終わったら
『お腹すいたからハンバーグ食べよう!』
と話すムスメに、再び成長を感じたわけです。
来年も来ましょうね、カブトムシ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。