ロスト〔lost〕

 失われた状態にあること。なくしていること。


トレイル・ランをしている人が使う場合、”道に迷った”ということになります。


今回のロング走は、三浦半島のアップダウンを走りきるつもりで、計画しました。
何よりもまずは地図と山歩きガイドブックを購入。

ロング走 008_R

知っているつもりでも、奥が深い三浦半島。
出来るだけ走れるトレイルを探して、
数コースを直列につなげて、三浦海岸駅を目的地としてスタート。


自宅からすぐの住宅街を抜け、早速トレイルに入ります。
地元で「やまなみルート」と呼ばれているそうです。
DSCF6002_R_20130323210644.jpg

左側は米軍池子住宅エリアにつき、立入禁止。
戦前から日本軍が弾薬庫として使用し、戦後は米軍に接収されたとか。
おかげで、こんなに深い森が残っているのです。
DSCF6003_R_20130323210646.jpg

しばらく走ると、分岐の標識。
DSCF6004_R_20130323210648.jpg

すぐに、果樹園を通り過ぎます。これが十二所果樹園。
看板はたびたび拝見していました。
DSCF6005_R.jpg

鉄扉とコンクリート塀。ミリタリー遺跡の宝庫。
DSCF6006_R.jpg

またまた分岐の標識。ここも直進します。
DSCF6008_R.jpg

次の分岐。普通はここで尾根から下るようです。
DSCF6009_R_20130323210716.jpg

なぜかというと、直後の標識には。
DSCF6010_R.jpg

しかし、前出のガイドブックに習い、直進し逗子駅を目指す。
道が急にヤブっぽくなり、不安になったけど直進。やや心細い。

しばらくして、下り分岐点。
ガイドブックとちょっと違う感じで、標識が無いけど、明らかに道が整備されている。
迷った挙句、下ってみることに。
DSCF6012_R.jpg

しばらく下ると、電力の鉄塔を連続して2基通過。
道はそこで終わり。どう探しても終わり。本日のロスト1回目。

渋々分岐点に登り戻る。直進する道は、ヤブでボサボサ。
くもの巣を顔面で蹴散らしながら、ヤブの中を走る走る。
DSCF6015_R.jpg


すると、おなじみの立入禁止表示の看板。なにやら書いてある。
おお!久木中、逗子駅と書いている!
DSCF6011_R.jpg

次の看板にはこんな表示。どうやら合っている。
DSCF6014_R.jpg

直後、すごく細い下り道を発見。ボサボサだけど、先がありそうな感じ。
おお!学校発見。ようやく、経由地の久木中に到着。ホッとした。
DSCF6016_R_20130323213353.jpg

こんな道を通って一般道にでます。標識は皆無。解りにくい。
DSCF6017_R_20130323213354.jpg DSCF6019_R.jpg

先ほどまでの不安が無くなり、穏やかな朝日を浴びてラン再開。
ネコさんも日向ぼっこしていました。
DSCF6021_R.jpg

地図に従い、住宅地を抜けると、逗子駅の山側に到着。第一チェックポイント通過。
自宅を出発して1時間。ちなみに、ロードなら7kmです。
DSCF6022_R_20130323213400.jpg


ボチボチ走り、葉山方面に入りました。このまま国道を走っていきます。
DSCF6023_R_20130323214211.jpg

葉山御用邸前の交差点。
DSCF6024_R_20130323214212.jpg

ここからは、相模湾を右手に見ながら、気持ち良く走りました。
長者ケ崎から江ノ島を見る。残念ながら富士山は見えませんでした。
DSCF6026_R.jpg

久留和海岸手前の公園で一休み。
顔面に張り付いたクモの巣を水で流し、ソイ・ジョイでエネルギー補給。
DSCF6028_R.jpg

次の目的地は湘南国際村。
車で行けば簡単だけど、前出のガイド本に習い旧道で目指すことに。

久留和海岸を過ぎて左に上っていく道をみつけ、上ってみる。
結構な勾配にまばらな住宅。
DSCF6029_R_20130323215155.jpg

ガイド本には「渓谷と森の気持ちが良い旧道」とある。これはおかしい。
もしかして、アッチの山じゃないか??
DSCF6031_R_20130323215156.jpg

せっかく登ってきた急勾配だけど、イヤイヤ再び国道134号まで下ることに。
本日のロスト2回目。無駄にした体力は相当です。。

都市地図をじっとみると、川が目印であることに気がつく。渓谷=川じゃないか。
正しい旧道はすぐにわかりました。
確かに気持ちが良い渓谷沿いの旧道です。
DSCF6032_R.jpg DSCF6035_R_20130323215200.jpg

車も通らないから、トレーニング向きだなあ、なんて考えていたら男女のランナーとすれ違う。
知っている人は使っているのね。

道中にはこんな場所も。御滝不動尊。
DSCF6037_R_20130323215215.jpg
煮沸しなさい、と書いてあるけど、飲んでみました。今のところ異常なし。


湘南国際村への道中「子安の里」というエリアを通ってみました。
ガイド本には「ひなびた情景」と紹介されています。
結構なアップダウンが続きます。
DSCF6039_R.jpg DSCF6042_R.jpg

さて、湘南国際村。ずずっとロードを上っていくと、ヘンテコな建築物がずらり。
そもそも湘南国際村って調べてみると、バブル後に三井不動産が開発放棄し、県に譲渡されたとか。
住宅もあるようだけど、気の毒な感じを受けます。
周辺の環境とのミスマッチが奇天烈すぎるわな。
DSCF6044_R_20130323220309.jpg

再奥の駐車場前。横須賀最高峰の大楠山までの標識があります。

DSCF6045_R.jpg DSCF6046_R_20130323220312.jpg


この先は開発放棄地につき、車両は進入禁止だけど、一本道が続いています。
周囲の山は削られ、視野が広く不気味な土地だけが残されています。
DSCF6047_R_20130323220314.jpg DSCF6048_R_20130323220331.jpg

ロードを気持ち良く走ると、ほどなくトレイルの入口。
DSCF6049_R_20130323220334.jpg

ここからは登り階段の連続でした。
既に20kmを超えていたので、足はふらふら、息はゼイゼイ。
DSCF6050_R_20130323222428.jpg

ようやく、大楠山山頂に到着。自宅から23km。第2チェックポイント通過。
いやはやバテました。ベンチで休み、補給してから出発。
DSCF6052_R_20130323222429.jpg DSCF6055_R_20130323222431.jpg

下りは誰もいないトレイルをボチボチ走る。
途中にいくつかの分岐点。
DSCF6057_R.jpg

一般的には衣笠公園にいくようだけど、三浦海岸とは方向が違う。
事前に、ロードを下っていく作戦を考えていました。
ほどなくして、そのロードと思われる地点に到着。地図と比べても間違いないようだ。
DSCF6059_R_20130323222845.jpg

途中に何度か分岐点があったけど、勘と地図を頼りに下り進む。
ちょっと違うかなー、と思いながら下ると、産業廃棄物の処分場で車道が終わり。
ぎゃー、再びのロスト。本日3回目。
落ち着いて見渡すと、車は無理でも人は通れる通路があり、その先に民家発見。助かった。
DSCF6061_R.jpg

車が往来する道に出る。右折で下り、左折で上り。
上りたくないから、右折で下りを選択。
まずは自分がどこにいるかランドマークを探しながら走る。

ほどなくして、川発見。橋の名前と川の名前を見て、地図を広げると・・
DSCF6062_R.jpg

いやー、想定とは全く違う場所を、しかも三浦海岸方面から離れる方向に走っていた。
おそるべし、思い込み。しかたがないので、Uターン。


どうにかこうにか、方向を修正し、ホトホトに疲れたとき。
ミニストップ発見!迷わず入る。
山を下っているときから、味噌汁が無性に飲みたくなっていた。おにぎりと共に。
DSCF6063_R.jpg


ミニストップで癒された後は、再びロードを南下。
予定では武山という山を越える予定でしたが、疲労が強いので断念。
ロードで東京湾を目指す。

DSCF6064_R.jpg

この通りは桜並木が見事でした。
DSCF6066_R_20130323224211.jpg

右手には断念した武山の山頂が見えます。
DSCF6069_R.jpg

上がらない足をボチボチ運んでいくと、ようやく東京湾が見えた。
DSCF6070_R_20130323224213.jpg


あとは浜沿いの国道をひたすら南下するだけ。
ゴールは近いけど昼時でお腹が空いてきた。
とその前、あの看板が・・・ 再び味噌汁+おにぎり補給。
DSCF6073_R.jpg DSCF6074_R_20130323224547.jpg


お腹が満たされたあと、1kmほど走りゴールの三浦海岸駅に到着!
DSCF6075_R.jpg


結局38km走りました。まー、疲れたわ。

帰宅したあとGPSの軌跡をみると、ロストしたところがハッキリ。
高低差は約800m。思ったよりもきつかった。
久しぶりに良いトレーニングになりました。
三浦半島は手ごわいぞ。
Secret