将棋の話。

始めは父親が相手でした。
兄貴と駒の使い方を覚えて、遊んでいました。

大学のバイト先のオヤジさんが将棋好きで、
休憩時間に八百屋のオヤジと夢中になっているのを観戦していました。
時々駒落ちで相手をしてもらって、少しだけ上達しました。

その後は、時々オフラインゲームでやる程度でした。

タブレットを入手してから、アプリで通信対戦をしています。
一日に3局だけ対戦できるサービスを利用しています。
(電子クーポンを買うと制限解除できるようですが)。

30級からはじめ、1級以上は有段者。
8段ぐらいまでの人を見かけます。
上級に勝てば昇級するようです。

勝敗がほぼイーブンになるように、対戦者を選んでいるようで、
僕は3級で勝率5割を行ったりきたりしています。
つまり、実力が3級程度・・・というわけです。


向上するため、努力を始めました。

将棋 024_R

毎日3局づつ。負けが続くと、少しだけ落ち込みます。
ネット対戦ですから、勝者の得意顔を見なくて済むのがせめてもの救いです。

子供や女子が相手・・ということもありえます。

小学生の子供に
 
 「オジサン、弱いね。あの手筋が悪かったと思うよ」

なんて言われたら、たぶん泣いてしまうと思います。


そういう意味では、通信対戦はオジサンにやさしいシステムかもしれません。
何事も目標が無ければ向上しないので、今年中に1級を目指して鍛錬しています。


日々成長しているムスメ。
幼いころから将棋に慣れ親しませ、女流棋士になってもらおうかしら。

将棋 023_R
Secret