昨日から自分も出張だったのですが、
事務所に立ち寄らず直帰してムスメの帰りを待つことにしました。

待つこと30分。
夕暮れの玄関先で待っていると、タクシーが上ってくるのが見えました。


妻に抱っこされているムスメは普段と変わらずキョロキョロしていました。
自分の顔を見るとはじめは微妙な表情でしたが、
しばらくして思い出したのか、ニコッと笑って照れたような表情をしてくれました。


気のせいか、髪が伸びたような、背が伸びたような。


暑くてお互いにベタベタしていましたが、胡坐の上に座らせて再会を喜びました。

再会 003_R


明日から、普段の生活に戻るわけです。


ムスメよ、今晩は旅の疲れを癒して、ゆっくり休んで下さいね。

Secret