今晩は夜間の仕事があって、晩御飯は初めて訪れる家系ラーメンを食べてきました。

食券機でメニューを考えていたら目に入ってきた「ドラゴンラーメン」。
火が出るほど辛い、ということだろうから、食べてみることに。


ブログで何度も触れていますが、僕は大の辛党です。
四川料理、タイ料理、バンザイ。


カウンターに着席すると、厨房から感じのよい店員が「辛さの好みは?」と聞いてきた。

「選ぶんですか?」

「5段階ありますよ」

「じゃ、一番辛いのでいいです」と着席しようと思ったら。

「すごく辛いですよ。やめたほうがいいですけど」と忠告顔で、店員。

悩んだけど、そこまでいうならな「じゃ、4番目でいいです」、店員も納得。


調理の模様が見えましたが、ドンブリに唐辛子と思われる赤い粉末を4杯。
それ以外は、普通のとんこつスープのようだ。
たとえ一味唐辛子だったとしても、たった4杯では辛い味がする程度か。

数分後、出されたラーメンスープは、ちょっと赤いだけ。
飲んでみたけど、予想通り。


 辛いうちに入らない。


普通においしい家系とんこつラーメンでした。


最近、インドカレー屋さん、四川料理、どこにっても注文は「辛さマックス」。
おかしくなってしまったようです。



帰宅し、デジカメの画像を見たら、こんな写真が。

ドラゴン 008_R ドラゴン 007_R

玉葱が入ったビニル袋をブンブン振り回していたようです。
いよいよ、目が離せなくなってきました。

Secret