あぁ私は哺乳類の動物なのだわ、と感じたことが。

10月、白斑や傷ができて乳腺炎にもなり、
どうにも痛くて右側の授乳をお休みしていました。
始めの頃こそ、張ってくると痛いので搾乳していたのですが、
そのうち痛いほどは張らなくなり、
搾乳しなくてもしこりができるようなこともなくなり、
ある日とうとう、萎んでしまいました。

区役所の母乳相談に行くと
「新生児の頃から片っぽだけの人もいるから問題はないけど、
また出るようにしたかったら単純。飲ませるしかないわね」と助産師さん。

しばらく飲ませていなかったので、
冷たくて黄色くてどろりとしたものが出ていたのですが
ムスメからは特に苦情もなく、
歯が当たっても切れて傷になることはなくなっていました。
養生作戦は成功だけど、こんなに早く萎むのは想定外。
でもまた頑張って母乳を作ってもらおう。

朝は冷えるからか、鼻水たらりのムスメ。
こより
鼻吸い器は嫌がるのに、ガーゼのこよりはキライでないらしく、
顔をこちらに突き出してきます。
Secret