仕事がたまりにたまっていたので、大雪の予報にも関わらず出勤しました。

朝から降り出した雪は一日中降り続け、
事務所から見える港町ヨコハマがみるみる真っ白になっていきました。

夕方に風が出てきて、吹雪いてきました。
もはや、故郷の福島かと思うほどの荒れ模様。

通りを見下ろしても、歩行者はもちろん、
車すらほとんど通過しないほど閑散としていました。

電車が動いているうちに、ということで18時に事務所を出たら、
ヨコハマを代表する夜の繁華街、関内はひっそりとしていました。
地方のさびれた飲み屋街のような風情。

IMG_0531.jpg IMG_0528.jpg

足早に通り過ぎるホステスと思われる女性。
大雪でも接客しなければならないとは、ご苦労様です。


電車はもちろん遅延し、土曜の夜にも関わらず大混雑していましたが、
何とか最寄り駅まで到着。

バスは運休、タクシーを待つ非常に長い列。
タクシーすらほとんど走っていない道路を見て、歩いて帰ることにしました。

同じような人が吹雪の中、大通りの歩道をトボトボと歩いていました。
僕は暖かいダウンと上下ゴアテックスのレインコートを着ていたので、
傘をささずにサクサクと歩いてきました。

自宅までは約3km、ランニングならすぐに到着する距離です。

途中、人通りが少なくなってきたころ、突然街灯が消えました
続いて、辺りの住宅やマンションが一斉に暗くなった。停電発生。
妻の携帯を鳴らしてみると、自宅も停電した様子。

ムスメと二人心細いだろうから、と急ごうと思っても、辺りは雪灯りのみ。
防寒対策が出来ていたから不安はありませんでしたが、
仮に薄着だとしたら、遭難してしまうかもしれないほどの悪コンディション。
すれ違う人もなく、真っ暗な道を急ぎました。

しばらくすると、再び電灯がともりました。
我が家の周辺は、こんな感じ。驚くほど積もっています。

IMG_0535.jpg


明日も出勤しなければ月曜締切の書類が間に合わない!

どうなることやら。
Secret