激務が続いているのりのりさんの心を癒すムスメとのふれあい時間を、

のげやま (12)
今日は野毛山動物園で過ごすことにしました。
ここに前来たのはちょうど三年前でした。


車の中で気持ちよく眠っていたムスメは、
のげやま (1)
起こされてたいそう不機嫌そうな表情でしたが、
一度寝たので、前回のようなことにはならないでしょう。


小雪がちらつく極寒、動物たちはどうしているのでしょう。
まずはキリンさん。
いた、いた、と思ったら、
のげやま (3)
キリン柄のユンボでした。

のげやま (2)
ざ、ざんねん。

ほかにも、
のげやま (11)
ライオン【非展示】だったり、
大きなアムールトラは外に出てこなかったり、
「しろくまの家」は空き家だったりしましたが、

野毛山動物園の看板動物、ツガルさんに会えました。
のげやま (4)
推定38歳、人間でいうと100歳過ぎ。
最近はほとんど寝ているそうですから、起きている姿を見られたのはラッキー?

のげやま (6)
ツキノワグマ。

このあたりから、
のげやま (5)
ムスメの機嫌もなおり、動物たちの姿に笑顔が出てきました。
ムスメは動物が好きなのか、散歩中の犬を見ると、必ず声を上げて笑うのです。

小動物と触れ合える「なかよし広場」で、
ムスメもベビーカーから降りて一緒に遊ぶことに。

のげやま (7)
モルモットに恐る恐る手を伸ばし、
パクリと甘噛みされ、びっくりして手を引っ込めたそうです。

そのせいか、
のげやま (8) のげやま (9)
ヒヨコにもラットにも、やや腰が引けていますが
泣いて嫌がりはしなかったので、興味はあるようでした。

暖かくなって、すべての動物が見られるころにまた来ましょう。

さて、「なかよし広場」では、ちょっとしたモメゴトが勃発しました。
もともとは広場のそばにある休憩所で一休みするはずだったのです。
お茶でも飲んで、小腹が空いたから肉まんでも半分こして食べよう。
そういって肉まんを買ってきて、むしゃむしゃ食べ始めたのりのりさん、
お茶も飲まずに「はいこれ」と残り半分の肉まんを渡し、
ムスメと広場に入ってしまいました。

広場内はおやつ禁止。そりゃそうですねー。
肉まんを手に私は、広場に入ってムスメの写真撮りたいしー、
でも冷めたら美味しくなくなるしー、と考えた末、
パクパクっと食べ(お茶も飲まずに!)、
追いかけて広場に入ったわけです。

すると迎えたのりのりさんの第一声、
「肉まん食べちゃったでしょ!まだ食べたかったのに!!」
えー、だって、広場内は…以下同文。
しばらく(いえ、今も)、肉まんを食べてしまったことを
責め続けられております。
以上、小っさなモメゴトの話でした。

のげやま (10)
気を取り直して(?)温かいコーヒーを飲みながら
放し飼いのクジャクと戯れました。


お昼は久しぶりに「ヤンさんの台所」へ。
のげやま (15)のげやま (13)
スンドゥブ定食。
チーズトッピングなどというオプションが増えていました。

ムスメは市販のお弁当を、
のげやま (14)
大人しく食しておりました。
Secret