2014.05.07 ボート・キス
ボートキス釣りのシーズンが開幕しました。
庭の花々といい、東京湾の魚といい、動植物が季節を運んでくるかのようです。




そういえば、昨年の同じ時期もボートに乗ってキスを釣りました。

 2013年の記録

具合が悪いのに強行したため、珍しく船酔いし、自宅に帰るのに四苦八苦したっけ。


船宿のおばさんがその事を覚えていました。

「あー、去年、具合が悪くて帰ったお客さんだ!」と。

大正解。覚えていてくれましたか。


今年は体調・睡眠十分でした。
朝一番(6時)に出船し、いつものエリアにアンカーを落として開始。

1投目から当たりがあり、間もなく1匹目がヒット。
まあまあのキスからスタート。

それ以降はコンスタントにつれ続け。
当たりが無くなり、30mほど移動してみると、再び釣れ始め。

9時ごろには、二人分の食卓に十分な数が釣れました。
もちろん、小さい型はリリース。

余裕がある釣り人は、魚に、自然にやさしいものです。


どうせなら帰宅後にさばいて、昼に食べようと思いたち、LINEで妻に連絡。

お持ち帰りは18匹。

P5054417.jpg

父親の留守をとがめるムスメをなだめながら、さばきました。

天ぷら作りも上手になった気がします。
揚げたてが一番おいしい。


P5054419.jpg


船宿のおばさん曰く、この時期ではとても良い釣果だそうで。
海上で近くをすれ違ったお父さんは「当たりがない・・」とぼやいていました。

このところ、キス釣りは失敗がないので、分かってきたのかもしれません。


海上で一人、小物釣りに興じるのは、とても風流なのです。
この時期のボートキスは、毎年の恒例になりそうです。


夏前にもう一度、三浦半島の金田港でやってこようか。
マゴチをホンキで狙ってみるとか。
Secret