2014.07.03 明日は最終日
退職に伴う業務引き継ぎが順調で、明日、現職で最後の勤務となります。

退職のプロセスを通じて、色々なことを経験しました。

15年ほど勤務した会社なので、少しは寂しい気もしますが、ほんの少しです。

15年勤務したといっても、勤務地やメンバが幾度となく変わっているからだと思います。
15年間通して変化がないこと(モノ)として

 ・作業着
 ・会社名

ぐらいです。
これらとお別れするのが少しだけ寂しい気もします。

世話になった人と、もしかすると二度と会えない、と思うと少し寂しい気もします。
既に、お酒を飲んだ人、メールをやり取りした人、電話でお話しした人など、
退職の件を伝えた人は多数ですが、ほぼ共通して感じることは、

 自分が世話になったと強い印象が残っている人は、相手も同じく感じている

ということです。
退職するとなって、相手に求められ、初めてお酒を飲んだ人も多い。

反対に長く時間を共有していた人でも、親しくないと感じている人の反応はクールです。
二度と会えなくても、互いに何とも感じない、ということです。


それと、もう一つ。
転職の動機は、結局なんだったのか、と自問することがあります。
ひとに聞かれることも多く、親密さや関係によって様々に応えていますが、
どれもピンと来ていない気もする。

答えは、意外と簡単なのかも、と思うようになりました。

 ~したい

の”~”は思うとことはありますが、今は内緒にしておきます。

新しい環境でしばらく働き、この転職を振り帰った時、
その答えが実現(~できた、~できている)していることを願うばかりです。



P7035007.jpg P7035030.jpg

ムスメよ、有給期間中はお手柔らかにね。
Secret