2014.07.14 悠々自適生活
有給生活が2週目に入りました。
曜日の感覚はもちろん、既にありません。

こうして暇人生活をするのは学生時代以来です。
仮にムスメがいなかったら、外国を貧乏旅行しているでしょうが、
そういうわけもいかないのです。

以前も書きましたが、一般的には夫から子育てを期待されている妻は
とても大変な役割であることに改めて気が付かされます。

昨日、気晴らしに茶会に呼ばれた妻に代わり、
9時~12時半までムスメと二人きりで過ごしました。

先日買ってやった三輪車に乗せて、後ろから押して馴染みのスーパーに行きましたが、
途中からカートを降りてウロウロしだしたムスメをみながらでは、弁当も満足に選ぶことができず。
晩御飯のお肉をリュックに入れて帰宅中、三輪車から降りて歩こうとするムスメ。



どうやら、この地域のお祭りの御輿に遭遇してしまったらしい。
遠くからムスメの名前を呼び掛けてきた女の子は、その母親とお祭りを見に来たようで、

お母さんは?

と聞かれる始末。
幸い日曜日だったので「妻が気晴らしにいったので。。。」とごまかせたものの、
平日だったら相手はどう思うのだろうか、と心配になりました。
(実際、平日の昼下がり、ムスメと二人で歩いているわけですが。。)

話はそれましたが、ムスメの気まぐれに付き合ったら時がたち、
背中のお肉が腐敗しないか心配になる、という経験は貴重でした。

そうした主婦経験の一方、ランニングはきままにやらせてもらっています。
昨日は、近くの公園で日曜に活動している走友会の練習会に参加してきました。
10km+のコースをほぼ全力で疾走し、良いトレーニングになりました。

残り約3週間、貴重な有給なので、存分にダラダラしようと思います。
Secret