2014.10.21 浄瑠璃風

いつの間にか・・・

こんなことができるようになりました。
この後、さらに高く積んでから派手に崩して大喜び。

言葉も日に日に増えてきています。
まだカ行やガ行が苦手で、「ミッキー」は「じ」、「牛乳」も「じ」、「くつ」は「うじゅ」、
今朝は玄関を指さして「あっちあっち」というので外に行きたいのかと思ったら
玄関脇に置いてある「柿」のことでした。

場合によっては「か」の発音もできて、長らく「か」と言っていた「かさ」はそれらしく言えるようになりました。
そしてこの2カ月ほどやはり「か!」と呼ばれてきた私はとうとう「かかさん」に昇格しました。
しかも、お茶を飲んでいる時、食後の果物を食べている時などに
「かかさんも」(お母さんも食べて)のように言われるので、まー、嬉しいものです。

でも「か、か、さん」とゆっくり言われると、文楽の義太夫節を思い出してしまいます。

    もう、父様(ととさん)や母様(かかさん)に 別れてから 伯父さんの お世話になり

    お前と一緒に 育てられ 三つ違いの 兄さんと いうて暮らして いるうちに~

    「壺坂観音霊験記」

今のところ、「ととさん」はまだ聞かれていませんが。

よく熟れた柿。とろっとして美味しいです。
10743801_746615302080943_2049323351_n[1]
でも、食べすぎると身体を冷やしたりお通じが悪くなったりするそうです。要注意。
Secret