今シーズンのマラソントレーニングは、
家族に最低限の配慮をしながら、非常に順調です。

現在は11月30日の富士山マラソンで、
自己ベスト(3シーズン前の東京マラソン、3時間23分)を更新するため、
月間200~240km程度のトレーニングをしています。

転職の結果、継続的なトレーニングをできるようになりました。
一頃は、リュックを背負って帰宅ランしたり、
早朝に走ったりしていましたが、
練習会に参加する機会を得るため、
平日夜に皇居を走ることが増えました。

自社のみならず、クライアントのビルに近いランニングステーション
の開拓も進めています。
何事もこだわりすぎず、目線を新たにすると、
良い結果につながるものです。


前置きが長くなりましたが、
本番5週間前の昨日、30km走をやりました。
それも、単独です。

フルマラソントレーニングの仕上げで最も効果的と言われ、
同時にとても辛いトレーニングです。
練習会を利用したりして、強制的に発奮させないと、
サボりたくなるものです。

けど、やりました。
スタート前のペース設定は初回なので控えめにキロ5分20秒。
とにかくペースダウンだけは絶対にしない覚悟で。

15km折り返しの平均がキロ5分20秒。
20km以降は、うまくビルドアップできて、
結果としてキロ5分14秒でした。

気温が高かったことと、ラスト5kmの呼吸と脚の感じだと、
もう少し早い設定でもなんとかなりそう。

思い通りに走れなかった2年間を取り戻した実感があります。
ムスメの誕生と仕事の過負荷で止めていた自己ベストへの欲求が、
さらに強まってきました。

来週は故郷で10km、再来週は思い出の大会でハーフを走ります。
3年前の自己ベスト達成は微妙だと思いますが、
短距離レースの醍醐味を存分に感じたいと意気込んでいます。


目標物10kmは42分台、ハーフは93分台、
切れたら自分にご褒美します。




週末のムスメ。

足が届かずに、たいそう深刻そうな様子。

s-PA245691a.jpg


s-PA265731.jpg

鼻風邪を引いたようで、胸にヴィックスべポラップを塗ってもらいました。
中年サラリーマンのようなお腹。

Secret