先日、奥歯の詰め物がぽろっと取れてしまい、歯医者に行かなければならなくなりました。
以前から託児所付きの歯科をチェックしてはいたのでムスメの預け先に困るということはありませんでしたが、
なにせほぼ初めての託児所。

予約していた時間にキッズルームのドアを開けるとまず目に入ったのはカラフルなボールプール。
ムスメも同じだったらしく、すすっと近づいていって保育士さんに勧められるまま入っていきました。
お、これは私がいなくなっても大丈夫かも、と治療に向かいました。
完全予約制でとてもスムーズに、問診票の記入から会計まで40分もかからなかったでしょうか。
待合室にはムスメの泣き声は聞こえて来なかったので、楽しく過ごしているかと思ったのですが、
歯科のドアを開けると、響いていました、泣き声。

キッズルームに飛び込むと、
10744825_755281647880975_273915799_n[1]
こんな感じでした。(この写真はまた別の時。)

保育士さんに聞くと、しばらくは楽しそうに遊んでいたものの、急に
「おかしゃん」と言い始め、私がいないことを思い出してそこからは泣きっぱなしだったとか。
前日から「明日は歯医者さんであなたは優しい先生と遊びながら待っていてね」と話はしていたのですが。

「ムスメさん、こんな風に、マイマイ!ってダンスします?」と
保育士さんが両手をおでこのまえでひっくり返しました。
あー、それ、「おしまい」のサインです。
「もうここで遊ぶのはおしまい!」と言ってたのですねえ。
ムスメよ、この機会にしばらく歯医者通いするつもりだから、協力してね。

今日は、園庭開放をしている保育園でバイオリンコンサートがありました。
violin (7)
お座りしながら拍手したり一緒に歌ったり、
飽きたら近くにあるおもちゃで遊んだりしていましたが、

violin (8)
寸劇が始まると、またも砂かぶりで鑑賞。
このあと、先生がトライアングルを見せてくれると
「ちょうだいー」と言うように手を伸ばしていました。
そして終了後、「活発ですね」と先生に声を掛けられました・・・。

violin (9)
お転婆度も上昇中。こんな遊び方している子、まだ見ません。
周りが「すごいねー」などと言うものだから意気揚々。
しかもぶら下がれるぎりぎりまでやるから、片手がパッと外れたりして見ている方は気が気でありません。
Secret