昨晩は一人で前泊しました。

河口湖の定宿のケイズハウスが満室だったので、
会場から少し離れたゲストハウスを利用しました。

まいさんちのゲストハウス



写真の通り、寝室は2段ベット×2のドミトリーです。
利用したことがない人には意味不明なはず。
他の3人は全て男性ランナーで、日本人、シンガポール、台湾。
目的が一緒なので、21時には静かに消灯しました。



明けて当日、気になっていた天候は見事に晴れました。
気温は低め、風弱く!絶好のマラソン日和になりました。





7時20分には会場入りし、ストレッチや軽くアップしたりして、
スタート30分前に整列しました。
開会式は、瀬古+有森の豪華な組み合わせのおかげで、
退屈せずに済みました。
ちなみにこの両名は20km手前で船から応援し、
その後上陸した両名とハイタッチしました。


9時スタート。

直後、愛用するGPS時計に異変あり。
距離やペース表示が動かない。
やっちまった!GPSの機能をONにし忘れた。
1km毎の表示でラップを確認するしかない。。


今日はとにかく3:23:23の自己ベスト更新。

これまでは時計とにらめっこしてマイペース維持に注力したけど、
周りとうまく調和して走る作戦。
それと、20km以降にある西湖までの長い上りを意識して、
前半は脚を使ってでも多少の貯金をする。

ラストはどんなに辛くても諦めない。


公式ページで5kmごとのラップとスプリット(通過タイム)
が公開されていたので、紹介します。

0-5k 23:09

寒さで足に裏が硬い感じだったので、
もう少しゆっくり入っても良かったかも。。
Aブロックだと仕方ないけど、みんな早いね。


5-10k 22:59 10k通過 46:08

そのまま乗せられて、走っちゃいました。
このペースで走りきっても、妻のベスト3:13には届かないのですが。


10-15k 23:12 15k通過 1:09:20

そのまま、飛ばして走った結果です。
まあ、なんとかなるだろうと、あまり気にせず。
この辺の気楽さは、2年前には無かったことです。
勇気がでたということだろう、と自己評価してはいますかと


15-20k 23:44 20k通過 1:33:04

貯金ができたとわかったので、 少しペースが落としました。
平均4:45/kmは目標設定通り。


ハーフ通過 1:38:20

フルはこの2倍なので、このまま行けば3:16:20。
通過タイムを見て、飛ばしすぎたな、とは感じました。
脚も少し重くなってきたし。長旅の予感はしました。

20-25k 25:23 25k通過 1:58:27

西湖までの上り坂に苦しみました。
周りも歩くぐらいのペースまでガタ落ち。
ラップを見るのも怖いので、道路だけ見て走りました。
ちなみにこの坂、2010年のチャレンジ富士五湖(100km)でも僕を苦しめました。あの時は暑かった!

25-30k 24:32 30k通過 2:22:59

坂で体力を使い、ペースも乱れてしまった。
少し追い越されることが増えてきて、
kmラップが時々5分を超えていたので、精神的にきつかった。

30-35k 24:09 35k通過 2:47:08

脚もも体力もカラータイマー点滅といった感じで、
河口湖までの長い下りを利用して、少しだけ稼いだ感じ。
32km通過タイムが確か2時間33分弱だったので、
残り10kmを50分、つまりkm5分を切らないと
自己ベストに届かない、ということが判明。
普段ならなんてことが無いことですが、
あの状況ではかなり厳し目のペースでした。


35-40k 25:09 40k通過 3:12:17

ほぼ、気力だけで前を走る背中を見つめて、腕を振って。
1kmごとのラップが5分をギリギリ切る程度だったので、
まさにおしりに火が着いた状態でした。
ずっと諦めたいと思いながら、必死で腕を振りました。

100m先にFinishラインと号砲後のグロスタイムが見える。
3時間22分台。
この瞬間、ギリギリとはいえ目標が達成できたことを確信しました。
もちろん嗚咽開始。
それに気がついたのか、後ろのランナーが背中を軽く叩いてくれた。

ゴールタイムは自己ベストを10秒ほど上回るタイム。
ラスト5kmで諦めていたら、結果は変わっていたでしょう。





次のフルは今年のメインレースで2月の泉州。
サブ3.5つまり3:15切りを達成したい、と思っています。

そして、3月の板橋シティでは、
2012年に同レースで妻が叩き出した、
あの輝かしいファミリーベストを更新したい。

けど、今日の前半ハーフでも全然足りない。。
妻は、どうしてあんなに早く走れたのだろうか?
Secret