しまじろうコンサートを観覧するため、山下町の神奈川県民ホールに行ってきました。

しまじろうをご存じないかたは、こちらを参考。

 しまじろうコンサート

ずいぶん前から予定していましたが、三人とも体調良く迎えられてよかった。
開演20分前、ロビーは同じような家族でごった返していました。
こんな雰囲気に慣れてきたのも、ここ2年の成果です。

並んで撮る気にもなれず、他人の写真です。
20141213200738991.jpg

ムスメは開演前から好奇心オーラを発散していました。
観覧中はずっと僕の膝に乗ってくれました。

しまじろうが登場したり、強調した演出の場面では、身体を前にぐっと乗りだし、
まばたきするのも忘れているように、じーっと観覧していました。
集中力があるのか、好奇心が強いのか、とにかくじーっと。
そんなムスメの姿を眺めているだけで退屈することなく過ごせました。

子供向けなので、第一部は40分ほどで終了。

休憩中は写真OKとのことで、自分撮り。
20141213200931758.jpg

2部の後半はさすがに疲れたようですが、最後までうろつくわけでもなく、愚図るわけでもなく。
親としてはとても楽でした。

ランチタイムはマリンタワーのカフェで。
我々は無難なイタリアンコース、ムスメは子供向けプレート。

20141213201002925.jpg

とにかく、食べるのが好きで、大食いのおかわりちゃん。
このプレートをペロリと平らげ、「もっと!」と催促。
それを完全に予想している妻もたいしたもんで。
ムスメの大好きな「おいもさーん」を出してあげると、これまた瞬時にペロリ。

20141213201108541.jpg

再び「もっと!」と催促するムスメに妻は「またあとで」とうけながす。
この辺も完全に予想している様子、さすが母ですね。

かくいう僕も、お上品なイタリアンだけでは食べたりず、
目前の山下公園でこんなものを買い食いしてしましました。

20141213201125357.jpg

ドネルケバーブ、トルコでお世話になりました。
イスタンブール最終日、トルコリラ不足でやや高価なビーフケバブが買えず、チキンで我慢した夜を思い出す。
セマーを観覧した夜でしたか。

 2009年10月3日のブログ

Secret