昨日、ランニング仲間と食事をしました。
基本的には他人と触れあうことを避ける傾向にあり、
特にグループに属するイベントはまず不参加という性質があるので、
個人的にはかなり異例です。

理由は簡単で、参加者の二人とも尊敬していて、
いずれもランナーだからです。

一人はこのブログで度々登場するK先輩。
もう一人の先輩Sさんは前の会社の社員であり
「社内で最も有名で有能な技術者」と言われる先輩です。
彼はここ数年ランニングに目覚めて、体型が全く変質しました。


去年のクリスマスイヴの晩に初めて三人で集まり、
皇居3周をビルドアップしました。
今回もトレーニングする予定でしたが、
雨のせいで食事だけになったわけです。

今回の発起人であるK先輩が「話したいこと」としていたことは、
予想通り転職の件でした。
元々は三人とも同じように会社の社員でしたが、
K先輩はこれで三度目の転職です。

珍しく「大手企業」に入社するということ
(ベンチャーでないという驚き!)、
神奈川に単身赴任する(大学2年生の長女と同居交渉中とか!)、
とかで、これからは一緒にトレーニングする機会も増えそう。
僕がエントリーを悩んでいた6月のロングトレイルレースも、
彼が出場予定ということなので、出場してしまいそうです。

妻よ、ムスメよ、遊んでばかりですまないね。


もう一人のSさんは、なんと!トレランレースにエントリー済みとか。
今年はトレラン元年としながら、
僕がムスメが生まれた翌年の2013年に完走した野辺山ウルトラに出場予定とか。


二人とも40歳台後半なのに、
ランニングを通じて自己と向き合っているし、
リミットを取り払おうと挑戦し続けています。
自分も常にそうありたいと思っているので、話が尽きませんでした。


ビールも3杯飲んだだけで、食事は四川風の麻ラー刀削麺。




こういう人達とこういう形でつながることができるランニングって、
改めてすばらしいスポーツだと感じた夜でした。


Secret