2015.01.26 東京30k
一応、大会形式ですが、趣旨はレースとは異なります。
フルマラソンに効果的と言われている30kmトレーニングを
同じぐらいのレベルのランナーたちと一緒に行う、というものです。

東京30k ホームページ

フルマラソンをやらない人には、
練習のために6500円を支払う意味が分からないでしょうが、
僕のようにランニングクラブに属さない孤独なランナーにとって、
30km走を予定通りに実施するには、
非常に強い意思が必要になります。

つまり、フルマラソン本番を意識したペースの30km走は、辛いのです。

一人だと寒いからとか、子供と遊びたいとか、
25kmでも効果が上がるとか、
言い訳してやらない可能性があるのです。

だから、2月15日の泉州国際マラソンの3週前の土曜日に開催される
この大会にエントリーしておいたわけです。


結果として、とても良い調整ができました。

30km走ったように見えない笑顔。
(撮影してくれたランナーの指が映り込んでいます)


トレーニング量もピークなのでやや疲労が残っていましたが、
当初の設定である4:45/kmを超えるペースで、
しかも、少し余裕を残して走り終えることが出来ました。




この時期の30km走は仕上げのトレーニングであると同時に、
本番のレースペースを決めるという重要な意味もあります。

4:42ペースをフルに換算すると3時間18分ほどになります。
今回は風も弱く、日差しも時々さす程度で気温も低すぎず、
フルマラソンとしては100点満点のコンディションでした。

それらを考慮すると、本番ペースの上限と考えるべきでしょう。


  マラソンにまぐれはない


練習以上に走れることは絶対にない。
謙虚にそう考え、途中どんなに余裕があっても
少なくとも35kmまでは4:42ペースできっちり走ることに専念したいと思います。

つまり泉州国際では、妻超えは狙わない。
残念ですがまだ実力が足りません。


しかい、本番が楽しみになってきた。
自己ベストを5分も更新できたら、
自分が大好きになってしまいそうです。

Secret