2015.02.09 えのすい

土曜日のいちご狩りに続いて日曜日は新江ノ島水族館(えのすい)に出掛けました。

10時の開館を狙って早めに出ると、
雨の天気予報のせいで観光客が少ないのか、
波のないせいでサーファーが少ないのか、道はスイスイ。
ムスメもぐずったり眠ったりすることなく、ご機嫌のうちに到着。

年間パスポートがあるのでチケット購入に並ぶこともなくこれまたスイスイ入館。

入ってすぐの大きな水槽を見るとムスメは駆け寄って行き、


ガラスに鼻をこすりつけるようにしながら見入っていました。

出掛ける前「おさかながたくさんいる所に行くよ」と言うと
「ゾウさん見る~」との返事が返ってきたのでやや心配でしたが、
ヨシヨシこれなら楽しんでくれそうだ、と嬉しくなりました。

ところが、順路を進みながら、
「あそこに大きなカニさんがいるよ~、真上に四角いエイが泳いでいるよ~」と指し示すも、
ムスメはというと抱き上げられればその方向をちらりと見るくらいで、
傾斜のついた通路を速足でサッサカ下って行きます。

えのすいの見所のひとつでもあるクラゲコーナーも、
絵本や映像なら「えんじんさん!」と喜ぶペンギンも、ほぼスルー。

あっという間に外に出てしまいました。

そして、大きな海ガメをちらりと見たあとは、
海ガメのプールを囲むように作られたスロープを、

上っては、


下り、


そしてまた上る。
まー、何周したことでしょう。

近所の公園に行っても、ブランコより砂場より、坂道上り下りが一番好きなムスメです。

追い回すのに疲れた両親にスロープから離され、


タッチプールでヒトデやアメフラシに触りました。
私も初めてアメフラシに触ってみましたが、
予想に反して(ぬるっ、ぽよん、としているかと思ったら)張りがあってツルツル。
悪くない感触でした。

ちょうど時間になって、席にも余裕があったので、

前の方でイルカショーを見てみることに。

カラフルな衣装のお姉さんたちが踊るのをなんとなく見ていたムスメも、
イルカやシャチが派手に水しぶきを上げながらジャンプすると
「じゃぶーん、じゃぶーん!」と大きな声を出していました。
ちなみに、プールに向かって少し左手の最前列が空いていたので座りかけたのですが、
そこは一番激しく水がかかる場所だったようです。
皆さんよくご存じで。危なかった~。

イルカショーも、オープニングを見ただけで「おしまい!」と相成りました。

お土産コーナーでは、

ペンギンのぬいぐるみをいくつも抱えてなかなか放しませんでした。
やっぱり好きなのね、ペンギンさん。
実物はほとんど見ていなかったけどね。

ずっとご機嫌だったので、水族館は楽しいけど、水槽を見るだけが楽しみではない、ということのようでした。






Secret