上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大型連休明けの一週間は大忙しでした。

仕事については、ひと山超えて平時に戻りました。
5月5日にイヤイヤ出勤しておいてよかった。

先週日曜に走った道志村トレイルのダメージも
かなり良くなり、通常歩行に支障がなくなりました。

水曜までは筋肉痛はもちろん、全身の疲労感が抜けず、
ロングトレイル・レースの厳しさを改めて痛感しました。

道志村はひとつの区切りになりました。

というのも、公開されたリザルトをみると、
自分がそこそこ走れているということがわかったからです。

出走者 809名
完走者 458名 完走率57%
僕の順位 150~199番台

出走者の上位25%以内ということです。


2月の泉州国際マラソンで比較すると、
完走者 3744名
僕の順位 450~499名

出走者の上位15%、ロードだと大会によりますが10~15%です。

トレイルレースでも相対的な順位として
ロードレース並に走れるようになりたい、
と精進しているわけです。

次は5月30日、比叡山を舞台に行われるレースです。

比叡山 International Trail Run

第1回大会なので、口コミなどもなく全く未知のレースです。
公開されたコース情報によると、

距離50km、累積標高3700m

ということですから、道志村よりも10%増しといったスペック。
ただし、標高800mそこそこのエリアで3700mなので、
主要なピークは6回あるのが特徴的です。

しかも、制限時間が11時間で途中に2度の関門。
予想外の渋滞などに巻き込まれると、
不本意な形でリタイアさせられる可能性もありそうです。

体調を整えることだけでなく、
レース戦略を怠らないようにして当日を迎えたいです。


道志村のレース写真を2枚購入しました。
厳しかった反面、思い出深いレースになりました。

Facebook用データなのでサイズが小さいです。


左手に富士山を見ています。




たぶん35kmぐらい?です。

カメラマンに
「こんな山奥まで歩いてきたの!?」
と聞きながら通り過ぎました。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。