今週の土曜日に京都のトレイルランニングレースに出場します。

比叡山トレイル公式


50km、3700mという過酷なコース設定に加えて、
季節外れの気温に苦しむことになるでしょう。



道志村トレイルのあと、左足のアキレス腱付近の痛みが取れず、
2つの異なる治療院で治療をしてもらいました。

始めに訪問したのは鍼灸、カイロ、あんま等を総合的に施術する治療院。先週の木曜日のこと。
アキレス腱じゃないよね?と問われ、
期待を込めて「腱は大丈夫だと思います」と答えたので、
ふくらはぎ周りに鍼をうってもらいました。
張りが取れてだいぶ楽になりました。

試しに日曜日、軽くジョギングしてみましたが、
最初は良かったけど5kmぐらいから違和感を感じ、
最後は弱い痛みに。。。

もしかしたら、アキレス腱自体が傷んでいる?と不安になり、
ネットで調べたらこんな治療院を発見。

つるかめ鍼灸院

早速電話予約し、火曜日の夜に施術していただきました。
マンションの一室で、ひっそりと。



痛みに対するツボを探り当て、鍼や灸を当てる方法です。
患部からだいぶ離れたポイントも探っておられました。
元は地元の住民を対象(肩こりなど)にした鍼灸院で、
2年前からアキレス腱治療に力を入れた結果、
僕のように遠方から訪れる患者が増えたようです。

アキレス腱については、リピーターが少ないとか。
つまり、一度で完治される患者がほとんどとのこと。

最後に数カ所「置鍼」をされました。

置鍼の解説

薬局で見かけて買おうか迷っていました。
先生曰く、自分でやるならお灸のほうがやりやすいとか。


つるかめ以降、当然ですが
日常生活でアキレス腱痛を感じることはありません。
普通で言えば、完治。
しかし僕の目的は土曜のレースでベストを尽くすこと。
レース中、最後まで痛みが出ないことを祈るばかりです。


レースが土曜日なので、
明日金曜日まで働いてから京都まで移動です。
仕事を含めた平日の日常生活における疲労を
スタートラインまで極力持ち込まないため、
今晩、酸素カプセルに入ってみようかと企てています。


 やれることは何でもやる(コストは度外視?)


今晩、自宅で荷物の最終チェック後パッキングを行い、
明日は大型バックパックを背負って出勤です。


道志村以降、トレイルを走っていないので、
比叡山周りを走るのがとても楽しみです。

何の根拠も無いですが、
9時間30分を切ったら自分を褒めようと思います。

完走記をお楽しみに。

Secret