昨日、重い腰を上げて約1年ぶりに車の運転をしてみました。
その1年前というのもやはり1年ぶりくらいの運転で、しかもわずか2kmくらいのことでした。
たまには乗らないとなーと思い続けてまた1年。

ちょっとした荷物を持って移動しなければならない用事があったので、これを機会にと一念発起、キーを手に取りました。

ところが、今や周りの状況も親の心情もなんとなく理解できるようになったムスメ。
今日はおかあさんと車でお出掛けよ、と言うと、
ハハの運転に恐れをなしたのか、私の緊張を感じたのか、
「自転車で行けばいいんじゃなぁい?」とか、
「わたし、いま、このえほん読みたいの」とか、なかなかうんと言いません。

これじゃいかんと、なるべく明るい表情で
「おかあさん、運転はそんなに下手じゃないのよ(まっすぐ走るだけならね。車線変更とか車庫入れとかはまた別よ。)」
「ほら、しまじろうのおかあさんも、おとうさんよりは上手じゃないけど、運転するでしょ」などと訴えるとようやく出掛けると行ってくれました。

運転というのは不思議と体が覚えているもので、
下手は下手なりに目的地まで予定通りに到着、
驚いたことに、大型スーパーの駐車場の、両脇に車の停まっているスペースへの車庫入れも一発クリア!

ミラー越しに見るムスメも次第にリラックスした表情に変わっていきました。


帰りなど、この通り。アッサリ夢の中へ。

ちなみに、スーパーでは駐車に成功しましたが、
自宅の駐車場(両脇にご近所さんの車)ではどうしても勇気が出ず、諦めてのりのりさんの帰宅を待ちました…。

用事を済ませて遊びにいった子育て支援施設では、


しばらくの間、ルーピングに集中していました。
無言で同じことを繰り返します。
気が済んだところで、「おうちかえるー」宣言。

繰り返す、といえば今日は幼稚園プレクラス。
段ボールを使った造形遊びをしたのですが、
指で糊を塗ることに急にハマったムスメ。
ずーーーっと、他の子どもたちが糊を塗ったところに色紙を貼ったりクレヨンで絵を描いたりしていても、
ムスメはただただ、糊を指に取っては塗り、取っては塗りを繰り返していました。(色紙は私が貼りました。)
そして突然気が済んだらしく「お手手あらうー!」。
自由人だねえ。
自由保育が方針のこの園に、合っているかもね。
私もこれくらい運転に熱中してみたいものです。


幼稚園からの帰りはいつも、自転車に乗って5分ほどで夢の中です。

Secret